FC2ブログ

九州で大雨!頑張れ人吉!

 九州はいい所だ。行くまでは、四国と同様、一生行かないかも、と思っていたのだが、行ってみると、食べる物はおいしいし、風光明媚で物価も安い、大変住みやすそうなところだった。

 ゆくゆくは、九州に移住しようかしら?福岡なら、大都会だし関東よりも住居費も安そう。
 など思っていたら、今回の大雨!

 ここまでの被害はなくても、関東よりは台風の災害は多いし、やっぱり関東者は関東が一番住みやすいかも?今回、氾濫で報道されているのは、熊本県を流れる球磨川だ。
 この川は初め、おじさんと車窓から見た。その時も雨もよいだったが、ヒスイ色の水がゆったり流れていた。指定席を取ったが、自由席の方が空いていたので自由席に移動した。
 近くに座っていた年配の男性が、
「自由席の方が球磨川がよく見えますね」
 と、九州なまりで、話しかけてきたのを覚えている。

 そして電車は人吉駅に着いた。
 この時は人吉には、駅から眺めただけで観光はしなかったが、いつか来たいと思った。

 時は過ぎ、おじさんがいなくなり、一人で九州旅行をすることにした。おじさんと一緒に行った場所にも行ったし、その時行きたいと思った場所にも行った。

 おじさんと一緒に行った時、行きたいと思った土地のひとつが、人吉だ。人吉は温泉が出て、球磨川が流れていて、のんびりした風情ある町だ。
 一人旅だったので、泊まれる宿は限られている。一人は受けないところもあるし、バカ高い所もある。その中で、一人旅オーケー、値段も手ごろな旅館を見つけた。

 それが人吉旅館だ。

 手ごろな値段だったので、あまり期待していなかったのだが、とんでもない!
 老舗の旅館で、磨き込まれた廊下と、球磨川の見える広々とした部屋。温泉は昔ながらの情緒あふれる名湯。飲泉もできたと記憶している。
 食事は、もちろん地のものを使った、どちらかと言うと、山の幸の多い食卓。そして女将手作りのキムチ。
 ここの女将は、韓国人で、観光の通訳としてこの地に来て、この旅館の跡取りに嫁いだのだと言っていた。食事の時に挨拶に来てくれた。
「韓国の方が、日本旅館なんて大変でしょう」
「これも運命ですね」
 和服姿で微笑んだ。

 2泊して、近所の寺社仏閣、城跡を歩き回った。観光地なのに俗な所が全くない、また来たいと思わせる土地だった。

 その人吉が!!

 朝の番組で人吉が大変なことになっていると聞いた。
「人吉旅館の女将はどうしているのか?!」
 そう思ったら、テレビ画面に人吉旅館の女将が写っている。涙目に見えた。
「もう旅館が泥まみれです」
 旅館に入ろうとするが、靴が脱げて泥に埋まってしまった。それを抜き取ろうとするがなかなか取れない…

 親切にしてくれた女将さん。

 女一人だと、バカにする宿もある中、人吉旅館は、とても親切だった。

 私をバカにした宿は、評判のいい宿だったが、それは二人以上の場合であって、どうも一人は軽んじるらしい。くうみんだけでなく、一人の人は食事の席も末席で、窓側のいい席は二人以上の客だ。
 ましてや、女一人だと、無意識にそれが出てしまうようだ。

 わかっていないだろうな!霧島温泉の〇〇人山荘!二度と行かないぞ!

 そんなことはどうでもいい。
 人吉の皆さん!後片付けするのはあなたたちだけじゃない。必ずボランティアの人が人海戦術で手伝ってくれる。私が近所の被災地でしたように。その人たちが来れば、すぐにきれいになる。
 
 私もできればその地に行って、ボランティアををしたい。でも、今は新型コロナの時だから、行った方がいいか、複雑なところがある。
今回は、多少なりの寄付をするのが無難だろうか?

 人吉の方たちだけでなく、被災した皆様には心よりお見舞い申し上げます。一日も早く、元の生活に戻ることをお祈りいたします。






九州横断特急記念撮影
 今は亡きおじさんと。幸せでした


 一人で行った人吉

人吉駅
 人吉駅

今宵の宿は由緒ある宿
 人吉旅館は由緒ある旅館。それなのに高くない

家族風呂
 家族風呂

部屋からの眺め
 部屋からは球磨川が見える。こののどかな球磨川が氾濫するなんて

部屋
 広々した部屋

青井神社
 近くにある青井神社

公衆浴場注意
 公衆浴場に入るときの心得

人吉城3ノ丸からの眺め
 人吉城3の丸からの眺め

 この美しい風景が、早く見られますように。







面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR