FC2ブログ

おじさんが読んだ本 料理と善人ばかり出て来る

 おじさんはよく単行本を図書館で借りて読んでいた。何を読んだのか、小さなノートに書き記してある。
 はじめに読もうとする本を選んでいたのか、読んだ本には印が付いている。

 それを読むべき本の参考にするのだが、時代小説で、しかも料理をテーマにしている物がほとんどだ。中には山本一力や、鳥羽亮のような普通の時代小説もあるが、まあ、よくこんなに食べ物のことばかり考えていたというくらい、食べ物屋の本ばかり。
 和田はつ子の「料理人季蔵捕り物控」をはじめとする諸作品、高田郁のみをつくし料理帳、そして今井恵美子の立場茶屋おりきシリーズなど。

 読めばまあまあ面白いのだが、絶対自分じゃ選ばないな…そう思うけど、時々参考にさせてもらっている。

 でもなあ、あまりにもいい人ばかり出て来るのでなんだかな、と思うシリーズもあるのですよ。

 今読んでいる、「立場茶屋おりき」。
 この小説は、やっぱり料理を出す店が舞台になっているんだけど、出てくる人がみんないい人。誰一人悪人はいない。気の荒い人は出て来るけど、
「本当はいい人なんだわ」
と思わせるエピソード。

 なさぬ仲の子供をかわいがる継父に継母…

 奥さんの連れ子をかわいがる旦那。その旦那さんの間の子供が、お腹にできた。奥さんに一抹の心配事が。
「あの人は自分の子供は要らないって言っていた。連れ子の○○をかわいがれなくなるかも知れないからって」
 相談を受けた女性は
「そんなことありゃしないよ、あの人はそんなに料簡の狭い男じゃない。○○が病気になったときは水垢離までしたじゃないか?!」
 そして子供ができたことの報告。もちろん、めでたしめでたし。

 こんなのあるはずないだろ!!ということばかりが、書いてある。

 安心して読めますよ。何もハラハラすることはない。最後はめでたしめでたし、で終わる。

 でもなあ、一人も悪人が出てこないって、何だかつまらないんだよね。水戸黄門でさえ、ベタではあるが、悪代官をはじめとする、悪人が出て来たではないか。

 仮面ライダーにもショッカーが出て来たではないか。

 そう考えると、世の中も、嫌な奴がいるから面白いのかなと思ってしまう。

 それにしても、こんなにも料理のことが書いてある本ばかり、よく読んでいたな。そう言えばお料理番組も好きだった。自分じゃ作らないくせに。 
 おじさんが食道楽だったかというとそうでもない。

 なんで料理の本なんだ、おじさん。



 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : ぼそりと独り言
ジャンル :

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR