FC2ブログ

せっかく来た富士山 ひどい話だ

 しばらく平らな道を行った。行く手に小さなプレハブの事務所のようなところがあった。そこは富士山保全協力金を徴収するところだった。

 任意だが、千円支払った。ブレスレッドと、木で出来た札をくれた。これをぶら下げて登山を続ける。急な岩や高過ぎる階段を登った。

千円協力金をお願いします
 ここで千円払ってから頂上を目指す
 
青空
 この時は結構天気が良かった。空の色がむらさきがかって見える

 なんだか、風が強い。そして、空気が薄いのが分かる。一足登るたびに、息が切れる。足が疲れるというより、息が切れる。若い人はそうでもないようだ。こんなに心肺機能が悪くなったのかと愕然とする。
 一歩一歩前進する。上るばかりで、下る道がないので、意外と距離が稼げる。

ミツバチさん
 ピンぼけだが、こんな所でもミツバチさんが
 
 くうみんは自分の靴の色がいつもと違うことに気付いた。
「あら~、靴、間違えたのかも」
 グレーのはずなのに、緑がかった色に見える。でも、履き心地はいつもと同じ。靴って履き古すごとにその人の癖が出るはず。

 ちなみに、下山した後で見たが、その時はいつものグレーに戻っていた。標高が高くなると、色の見え方も違ってくるのかも知れない。

トリカブト
 かの有名な毒草、トリカブト

なんて花だろ?
 なんて花でしょうね?

もうすぐ第一の山小屋
 もうすぐ一番下の山小屋

一番下にある花小屋
 
思えば遠くへ来たもんだ
 雲が下に見える

 休み休み行ったが、3時15分、3時間45分ほどのコースタイム通りの時間で目的の山小屋、「元祖室」に到着した。

 今宵の宿元祖室
今宵の宿、元祖室(がんそむろ)

 入り口で、バスの中で配られたバウチャーを宿の人にわたすと、今宵の寝床に案内してくれた。
 そのスペースは、驚きのものだった。一人のスペースは50センチもないのではないか?くうみんは小柄・痩せ型だが、それでも苦しい。

 一般人の部屋
 一般人の部屋

 修行のためか、坊さんもいた。坊さんの部屋は少しスペースが広く取ってある。

坊さんの部屋
 坊さんの部屋。修行のためならむしろ狭くすべきではないか

 食事は4時半から。到着順らしい。発泡スチロールの入れ物に盛られたカレー一杯。これで足りるのかと思ったが、食欲がない。胃の当りが重苦しい。高山病になったようだ。

 カレーライス
 普段なら絶対足りない量

 近くの台湾人夫婦が、ビールを飲んでいた。酒豪くうみんは、飲む気にならなかった。向かいに座った若い男女がカップヌードルを注文しているのを見て、みんな元気だな~と、感心した。

 ちなみにビール、カップヌードルは各600円。500mlミネラルウォーター500円。ビールが600円で水が500円だと、ビールの方にお得感があるが、高山病のため、飲む気にならない。
 
 隣は白人男性で、ポットの扱いに難儀していたので、ポットを取ってお茶を入れてあげた。
 しかし、今回は外国人が多いな。バスも半数位は台湾人だったし、ここも白人系や中国系であふれている。

 5時ごろから狭苦しい寝袋で寝ていた。山小屋の人は1時半に起こしてくれるそうなので、睡眠時間だけは十分だ。
 隣に寝ているのは、食堂で隣になったのとは違う、体のデカい外国人男性だ。一行に女性もいるのに、どうしてこんなんが隣に来るのよ!と思っていると、その女性はいびきがひどいのに気付いた。彼らなりに気を使ったらしいが、男性も彼女のいびきがうるさいので、こちらを向いて寝ている。
 そのむさくるしいこと。夜中にたまらず、ぺちっ!と彼の腕をたたいた。一瞬寝息が止んだが、すぐに安らかな寝息をし始めた。

 幸せな人…でも、もう少しで出発だわ。しかし!

 その期待は次の瞬間、虚しく消えてしまうのだった。

 相変わらず風が強くて、風がうなるのが聞こえる。大丈夫か?

 山小屋の人が突然アナウンスを始めた。(もちろんマイクなし)
「強風のため、頂上に行けません。今、風速20メートルを超える風が吹いています。非常に危険なので、登頂は中止です」

 ガ~~~ン!!

 なんてこった!このむさくるしいのも、もうちょっとの辛抱と思っていたのに!何よりも、頂上に立てない?

 最初から登れないなら、お金も返金されるのに、ここでダメなら返金もされない。最悪のパターン!



 このオバさんは、これからどうなるのでしょう?







面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR