FC2ブログ

写真再掲 ツワモノどもが夢の後 そして栃木愛

 前の記事にアップしたばかりの写真だが、もう一度見て欲しい。

廃墟1

廃墟2

廃墟3


 伊東園グループやおおるりグループ、そして星野リゾートは、このようなイケなくなった旅館を、安く買いたたいて、営業しているのだそうだ。建物が安い分、個人営業の旅館、ホテルより安く提供できる。

 これを商業倫理として許せない!と言った寿司屋の店主がいた。
「個人では、こんな芸当ができる訳がないじゃないですか?ルール違反だよ」

 このときは寿司屋のオヤジの機嫌を損ねたら大変と思って、「そうですねえ」と言っておいたが、こんな廃墟を見ると、取り壊しもろくすっぽ出来ないのなら、安くても買い取ってもらった方が、当人も近所もいいのではないか?と思うのですよ。

 取り壊しには多分一千万円単位でお金がかかるだろうし、それを支払える人ってそういないんじゃないかしら。だからこんな廃虚群ができてしまった。それに、危険だ。

 おじさんと一緒に泊った旅館のうちの一軒も、廃虚になってしまった。あそこの露天風呂は山がすぐそこに迫っていて、また行きたいと思っていたのに、寂しいな。

 もう鬼怒川は卒業か?いや?

 今の住まいからは、遠くなってしまったけれど、やっぱりまた行きたい。東武鉄道の車掌さんの、栃木弁アナウンスをまた聞きたい。
 くうみん母は、栃木県出身だが、妹が生まれるとき、くうみんは栃木の田舎に預けられた。その時、栃木弁が移って、幼稚園で、「訛りがある」と指摘されたことがあった。
 今では残念なことに、栃木弁を話すことはできない。あの、ネイティブでないと、絶対にまねのできないイントネーション。子供の時は出来ていたはずなのに…

 今になって栃木愛に目覚めてしまったのだよ。
 

 





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 旅先での風景
ジャンル : 旅行

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR