FC2ブログ

どひゃ~!!なんと○○会入会のお誘い だから親切にしてくれたのか?!

 食事の後はビンゴゲームをして童心に帰ったのだが、その合間に爺さん連中が愛想よく日本酒を勧めてくれた。
 帰りは電車で帰ることもできるので、勧められるままにかなり飲んだ。周りは爺さんが多かった。その中に婆さんも一人いた。そのうちの一人の爺さんがくうみんに話を切り出した。
「私はIと言いますが、あなたは?」
「くうみんです」
「くうみんさん、老人会に入りませんか?

 えっ、今なんと?!
「はあ?老人会ですか?」
「ここら辺に座っているのはみんな、老人会のメンバーなんですよ」
 するとすぐそばにいた婆さんが口を開いた。

「月曜日と金曜日の10時に、自治会館に集まってみんなで健康体操をするんです」
「は、はあ。健康体操ですか、楽しそうですね」
 近くの爺さんがにこやかに言った。
「おかげで腰痛も治ったし、気持ちいいですよ」

 健康体操…
 サブフォー復帰と入賞を目指す、俊足のくうみんが健康体操…

 しかも、老人会の勧誘とは!!

 くうみんは混乱する気持ちを悟られまいと、笑顔をキープした。少し引きつっていたかも知れぬ。不自然だったかも知れぬ。
「そうですか、入会するときは月曜日か金曜日の10時に、自治会館に行けばいいんですね」

「そう、ぜひいらしてください」

 このことがあったからと言う訳ではないが、やはり帰りも歩いて帰った。

「またお会いできるといいですね」
 一緒に歩いた人たちと別れた。帰りはほとんど普通の歩道で、5キロほどだったが1時間半くらいで家にたどり着くことができた。

 老人会へ初めてのお誘い。

 かなりショックだった。私ってそんなに老けているかしら?まあ、このくらいの年なら、孫がいても当然だから、老人会に誘われてもおかしなことではないかも知れない。

 くうみんは老人会に入ったら、どんなメリットがあるか考えた。
 とりあえず一番の若手だから、爺さんたちにちやほやされることは間違いあるまい。それに以前、スーパー銭湯専用バス停で話をしたばあちゃんから、
「老人会でスーパー銭湯の割引券をくれるのよ」
 と、聞いたことがあった。その割引額も、かなりいいので、老人会はいいな、と羨ましく思ったことがあった。

 しかしな~、とりあえず時間の無駄のような気がした。
 確かに老人会に入ってもおかしくない年齢なのかも知れないが、やはり健康体操よりもマラソンランナーであり続けたい。

 そのためにハードなトレーニングを再開したんじゃないか。

 老人会には入らん。もう少し悪あがきをしたい。

 若い者にはまだまだ負けたくない。 

面白い形の山
 面白い形の山
 
帰りも歩いて帰る人たち
 帰りも歩いて帰る人達
 
渋柿だった
 甘ガキだと思ったら渋柿だった。ペッペッ!
 
干し柿作り
 干し柿にしよう





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : なんだかなぁ(ーー;)
ジャンル : 日記

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR