FC2ブログ

どひゃ~!!なんと○○会入会のお誘い だから親切にしてくれたのか?!

 食事の後はビンゴゲームをして童心に帰ったのだが、その合間に爺さん連中が愛想よく日本酒を勧めてくれた。
 帰りは電車で帰ることもできるので、勧められるままにかなり飲んだ。周りは爺さんが多かった。その中に婆さんも一人いた。そのうちの一人の爺さんがくうみんに話を切り出した。
「私はIと言いますが、あなたは?」
「くうみんです」
「くうみんさん、老人会に入りませんか?

 えっ、今なんと?!
「はあ?老人会ですか?」
「ここら辺に座っているのはみんな、老人会のメンバーなんですよ」
 するとすぐそばにいた婆さんが口を開いた。

「月曜日と金曜日の10時に、自治会館に集まってみんなで健康体操をするんです」
「は、はあ。健康体操ですか、楽しそうですね」
 近くの爺さんがにこやかに言った。
「おかげで腰痛も治ったし、気持ちいいですよ」

 健康体操…
 サブフォー復帰と入賞を目指す、俊足のくうみんが健康体操…

 しかも、老人会の勧誘とは!!

 くうみんは混乱する気持ちを悟られまいと、笑顔をキープした。少し引きつっていたかも知れぬ。不自然だったかも知れぬ。
「そうですか、入会するときは月曜日か金曜日の10時に、自治会館に行けばいいんですね」

「そう、ぜひいらしてください」

 このことがあったからと言う訳ではないが、やはり帰りも歩いて帰った。

「またお会いできるといいですね」
 一緒に歩いた人たちと別れた。帰りはほとんど普通の歩道で、5キロほどだったが1時間半くらいで家にたどり着くことができた。

 老人会へ初めてのお誘い。

 かなりショックだった。私ってそんなに老けているかしら?まあ、このくらいの年なら、孫がいても当然だから、老人会に誘われてもおかしなことではないかも知れない。

 くうみんは老人会に入ったら、どんなメリットがあるか考えた。
 とりあえず一番の若手だから、爺さんたちにちやほやされることは間違いあるまい。それに以前、スーパー銭湯専用バス停で話をしたばあちゃんから、
「老人会でスーパー銭湯の割引券をくれるのよ」
 と、聞いたことがあった。その割引額も、かなりいいので、老人会はいいな、と羨ましく思ったことがあった。

 しかしな~、とりあえず時間の無駄のような気がした。
 確かに老人会に入ってもおかしくない年齢なのかも知れないが、やはり健康体操よりもマラソンランナーであり続けたい。

 そのためにハードなトレーニングを再開したんじゃないか。

 老人会には入らん。もう少し悪あがきをしたい。

 若い者にはまだまだ負けたくない。 

面白い形の山
 面白い形の山
 
帰りも歩いて帰る人たち
 帰りも歩いて帰る人達
 
渋柿だった
 甘ガキだと思ったら渋柿だった。ペッペッ!
 
干し柿作り
 干し柿にしよう





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : なんだかなぁ(ーー;)
ジャンル : 日記

自治会主催のハイキングに参加

 引っ越した先では、古式ゆかしい回覧板が回ってくる。千葉に住んでいた時は、回覧板などなかった。
 そう言えばおじさんと新婚時代を過ごした横浜のマンションでは、回覧板が回ってきたっけ。神奈川の人は回覧板が好きなのか?
 
 市や自治会、学校からのお知らせが書かれており、
「今月の刃物研ぎの日」
「○○神社七五三のおしらせ」
 などの情報に交じって、
「○○町自治会館よりハイキングのお知らせ」
 と言うのが目についた。

 自治会館から〇○公園までの道のりをハイキングします。健脚向けのコース、のんびり歩きたい方のコースなど、自分に合ったコースがあります。お昼は○○公園で焼きそばを食べます。事前申し込みの必要はありません。気軽に参加してください。

 へ~。面白いな。
 新しい土地では、買い物と家との往復になってしまい、みすみす楽しみを逃してしまうことが多い。くうみんはマラソンコースは確保したものの、一つのコースだけで、もうちょっとバリエーションが欲しいと思っていた。
 緑豊かな道をのんびり走るのは楽しいことだ。よし、行ってみよう。

 そんなこんなで結構楽しみにしていた日がやってきた。

 しかし、奈良県天理市では、25年も住んでいる人を「よそ者」と言って、自治会費を取って置きながら自治会の行事には参加させないだけでなく、ゴミ出しはさせないわ、電気は通させないわの「村十部」状態にしているという。
 どうしよう、よそ者は来るなとか言われたら。食事の時、焼きそばの具が少ないのを渡されるなど、差別されたら。

 恐る恐る集合場所の自治会館の前に行った。
 思ったより参加者が多く、5、60人もいただろうか?くうみんは一番長い健脚向けのコースを選んだ。目的地は同じなのに、どうして長いコースと短いコースがあるのかと言うと、短いコースはショートカットできる道を選ぶんだそうだ。
 これも役員さんが、誰でも参加できるようにと考えたことらしい。

 出発時間になって、プラプラ歩き始めた。GPS機能付きの時計をセットして、いざ出陣!
 こっちの方向はまだ来たことがない。駅前は大都会だけど、こっちは相当など田舎だ。でも、いいな。

出発だ!
 出発だ!

 参加者の中に、足の速い自慢の女の子がいて、その子がみんなを引っ張った。
「リレーの選手かい?足が速いね」
 など、爺さんに声をかけられてその子は得意そうだった。

 何の、このくうみんだって健脚だ。カリスマ鍼灸師のオーケーが出たので、最近はかなりハードな練習をするようになった。10キロ走はスローなだけでなく、スピード走もするようになった、苦しい苦しいインターバルトレーニングも再開した。まだサブフォーや入賞を諦めている訳ではない。

「おばちゃんも速いんだよ!」
 そう言いたかったけど、大人げないのでやめた。

展望台からの眺め
 展望台からの眺め
 
自然の森のような公園

イノシシ注意

次々に到着

 昼食会場である公園には、12時くらいに着いた。行程は9キロだったので、山道だったのを考えると結構いいペースだ。
「お疲れ様です。飲み物がありますから、好きなのを取ってください」
 役員さんは焼きそばやトン汁の支度をしている大変んなんだよな~、これ。
 
たのしいお昼ごはん
 ブルーシートに座るなんて何年ぶりだろう

役員は大変
 役員さんは大変だ

 品行方正の自治会の昼食だから、飲み物はお茶だろうと思っていたら、なんとアルコールが。なんとさばけた自治会なんだ!

第3のビール
 予算の都合かビールではなく第3のビール

日本酒
 日本酒まである!

 焼きそばを一杯、トン汁は2杯いただき、いつもは飲まない缶チューハイ、たまには飲んでみようと手を伸ばす。

なんとアルコールが!
 たまにはチューハイでも飲むか

「これも飲んでみなさい」
 近くのじいちゃんが一升瓶の日本酒を勧めてくれた。
「これはなかなか売っていない、この辺の地酒なんだよ。冷やすともっとおいしいんだけどね」
「あら~、そうなんですか?」
 うん、おいしい。

 良かった。受け入れてくれたようだ。よそ者なんて言われなくてよかった。

 飲めないと思っていた酒を昼からたらふく飲み、腹いっぱい食べ、ビンゴゲームでは子供に帰って、一喜一憂した。久々に楽しいひと時を過ごしたくうみん。

ひらめく自治会旗

 仲間外れにされなくてよかった…

 しかし、この後、くうみんにとって予想だにしないことが起こるのであった。

 続く

 
 
 

面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : お出かけ日記
ジャンル : 日記

くうみん母は昔から変だったが…

 ブロ友S様より、次のようなご指摘が…

 年金生活なので、税金なんか払っていないっておかしいです。

 はい、誤解を受けるような書き方をしてしまいました。年金生活でも、受け取る年金が多ければ、住民税が課税されます。ただ、そのような人は私の周りにはいなかったもので…不快な思いをされたなら、お詫びいたします。ごめんなさい。

 こほん、それでは。
 くうみん母は昔から変だった。認知とは別に、自分にとって都合の悪いことは「なかったこと」にする。

 今回も、
「学生時代のお前の日記なんか読んでいない」
と言い張るが、これは紛れもない事実。これってひょっとしたら、そう言う病気なのかも?今はそう思って、
「わかった、私の勘違いね」
と言うことにした。 

 しかし、先日、「たけしの家庭の医学」を見ていて、気になったことがある。認知症の初期として、においがわからなくなるということがあるそうだ。だから何を食べてもおいしくない。
 味だと感じていたのは本当はにおいだったりする。例えば鰹節の香りなんか。
 この段階で、適切な治療を行うことが特に大事だと。

 そう言えば… 

「最近、口がまずくて何を食べてもおいしくないの」
 母が、そう言っていたのを思い出した。
 どうしよう?認知が始まっているのをみすみす看過してしまうのは良くないし、でも、言い方が難しい。

 認知症かも知れないから、医者に行きなさい、などど言って…下手すりゃ、
「人をボケ呼ばわりして!」
 とまたお冠になってしまう。

 う~ん。そうだ、初期症状ではなく、前段階と言うことにしよう。

 くうみんは母に電話をかけた。
「はい」
「あの、くうみんだけど。この間、味がわからなくなったって言っていたよね、耳鼻科に行った?」
「行ってない。もういいわよ」
「味がわからないって言うのは、においが分からなくなったからだと思うの。この間たけしの番組で言っていたんだけど、それって…」

 くうみんは一呼吸置いた。
お母さんに限って、そんなことはないと思うんだけどね、認知症の前段階かも知れないよ。ほら、前がん状態ってあるじゃない?まだがんじゃないけど、そのまま放っておくとがんになるって言う状態。それと同じようにこのまま放っておくと認知症になるんだって」
「ふ~ん」

 怒っていない!!うまく行った!

お母さんに限って、とは思うんだけど、年齢的にはとっくの昔にボケて当然なのよ。早く医者に行った方がいいわ」
「でも、ここら辺にはろくな医者がいないのよ。この間も医者が薬を出し過ぎて…」
 
 また、この間の話を延々と続ける。しかし、認知症の人に「それは聞いた」など言ってはいけないというので、ひたすら話を聞いた。
「だからさ、そのやぶ医者に紹介状を書いてもらって、大きな病院に行くのよ。大きな病院に行くには、最近は紹介状が必要なのよ」
「そう言えば、この間、直接I病院に行ったら、すごい待たされてお金もかかった」

 また、いかに待たされたか、いかに高い金を取られたかを延々と話し出す。トホホ… 
 話が終わるのを待った。 
「そうよ、医者の紹介状がないとそうなるのよ」

 くうみんは、くうみん母の機嫌を損ねないよう、必死の思いで病院行きを説得した。まあ、行く気にはなったようだ。

 認知症の治療って、どのようにするのかわからない。算数を毎日するとかだったら、あの婆さんはやらないだろうそもそも治療薬は本当に効くのか?
 本当に病院に行くかどうかも、今の時点ではわからない。

 でも、言うことは言ったぞ!
 
 後は神様の言う通り。

 



 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

何やっているんだよ~。くうみん母のふるさと納税

 喧嘩していたくうみん母から電話があった。
「もうあんたとは会わない!」
と、啖呵を切ったのが信じられないような口ぶりなのだった。どうも都合の悪いことはすべて忘れてしまうらしい。これは若い頃からそうだった。

 曰く、今まで体調が大変悪かった。フラフラして歩けないし、トイレに行こうとしたら倒れてしまった。それを医者に相談したら、お薬手帳を見せるように言われた。すると、薬の量の多さに医者が驚いて、何剤か処方されていた薬を大幅にリストラした。すると体調もすっかり良くなった。


「まったくあの医者、自分で薬を出しておきながら、こんなに飲んでいたのかって言うのよ。無責任にもほどがある!」
 たぶん母が、
「この薬も欲しい、これも出してくれ」
 と言った結果なんだろうと思ったが、黙っていた。

「そうそう、私、ふるさと納税したのよ。北海道のホタテを頼んだの。2万円払ったけど、戻って来るんでしょ?」
「えっ、ふるさと納税?だって税金払ってないじゃん」
 母は年金生活なので、税金なんか払っていないはずだ。毎年、念のため確定申告の計算をしてみるが、申告しない方が得なのでしていない。収入が年金のみの場合は申告しなくてもいいのだ。
「払っているわよ、介護保険料」
「あれは税金じゃないの!」
 介護保険料も税金と言えるが、そんなことを言ったら、このばあさんの理解を超えてしまうので、そんなことは言わない。

 もう払ってしまったって、どうなるんだろう?相手方の自治体が、
「あなたは税金を支払っていないので損ですよ」
などと親切に言ってくれることはあるまい。

 母の源泉徴収票を確認すると、わずかばかりの税金は源泉徴収されている。
「この金額が差し引かれるのかなあ?
 こんなこと、おじさんがいれば一発でわかっただろうに。まったくあんたの仕事はまだ終わっていないのに、さっさと逝ってしまいやがって。

 PC検索で調べてみると、やはり住民税非課税の人はふるさと納税ができず、ただの寄付になってしまうらしい。母のような年金生活者だけでなく、アルバイトやパートで生計を立てている人など、差し引くべき住民税がない、あるいはごくわずかの場合はふるさと納税は損になってしまうケースがあるという。

 そのことを伝えるべく母に連絡した。
「やっぱり、お母さんは住民税を払っていないから、ふるさと納税はできないの。税金払っていないから、ただの寄付になってしまうのよ。ホタテに2万円払ったって言ってたけど、それなら普通にお取り寄せした方が得だったのよ」
「あら~、そうなの~」

 どれくらい理解できたかはわからない。またやってしまうかも知れない。仕組みがわかっていないくせに、テレビの情報だけはキャッチしている…

 ふるさと納税が話題になって久しいが、こういう人って結構多いのではないか?特にリタイアして、年金で生活している人は、自分のことをそんなに貧乏だとは感じていないだろうし。
 現役のサラリーマンなら、確実にお得だろうが、低収入の人は、自分がどれだけ住民税を払っているか、確認してから申し込んだ方がいい。

 さて、私もビンボーです!ビンボー仲間の皆さん!テレビの話を鵜呑みにしないよう、気を付けましょう!

 
 
  
 
  
面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



テーマ : ふるさと納税
ジャンル : ライフ

日光最後の逆転劇 山で失せものをしたときは 

 日光に行った日から2日ほど、用事のある日が続いた。
 今まで住んでいたのが千葉だったので、そちらからは行きやすいが、神奈川からはだいぶ時間がかかる。大した用事でもないのに、半日仕事、一日仕事になってしまう。

 部屋に干しっぱなしのリュックやウエアは、もう乾いているだろう。あるべきところにしまわねば。リュックはクローゼットにしまった。ウエアはゴアテックスのレインウエアだが、防寒着にもなる優れもの。昔のレインウエアは水蒸気を通さないので、蒸れて防寒着にならなかったが、これなら大丈夫。

 ウエアを折りたたんでいると、何か当たるものがある。何だろう?ポケットに何か入っている。これはもしかしたら…
 くうみんはポケットの中に手を入れた。すると、あった!ストックのキャップだ!

 あって良かった。日光では去年もまだ新しい帽子を失くしてしまって、今度はキャップだ。そう思っていたので日光は鬼門、もう二度と行ってはならないと思っていた。でも、鬼門と言う訳ではなさそう。
 
何でこんなところに入っていたんだろう?リュックのポケットに入れたと思っていたのは思い違いだったのか?それにしてもここだって、手探りで探したよなあ。
 前記事のリンクを見ない人たちのために教えて進ぜよう。山で失せものをしたときは…

 男のモノを出すのじゃ!!

 ひょっとして、見えないけどそばにいたおじさんがひそかに、出してくれたのかも知れぬ。

 ありがとう。そして済まぬ。霊になってもそんなことさせてしまうとは。



 関係ありませんが、月と火星の写真です。

左下に火星、右上に月
 月と火星のランデブー
 
月と火星のランデブー
 月と火星がこんなに近くに見えるなんて






面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

日光へ 逆転!逆転!また逆転!その二 天国から地獄へ おじさんがいればなあ

 次の日も朝風呂に浸かって持ち込みのビール(第3のビール)を2本飲んだ。朝ごはんはブッフェだ。朝カレーもある。
 おいしかったのだが、餃子がすべて冷え切っているものばかり。
「熱いのを食べたいんですけど」
 と言うと、電子レンジで温めたものを持って来やがった。

餃子
 いくら宇都宮餃子でも作り置きではね

 朝食
 第一弾

たくさん食べた
 第二弾

 あまり遅くならないうちに帰りたいので、9時半ごろ出発。このとき登山用のストックを取り出した。山岳用のストックは山道を歩くのが、非常に楽になる。くうみんは、ストックの先についている防護用のキャップを外し、リュックのポケットに入れると、ストックを使って歩き始めた。

湯ノ湖
 湯ノ湖近辺 紅葉は葉っぱが傷んでいるのでイマイチ

 天気も良く、いい気分だ。
 湯ノ湖近くの草地にキノコが生えているのを発見した。これはナラタケではないか?そう思って人目を避けながらキノコ狩りをした。なぜ人目を避けたかと言うと、こんな所で何かを採取するというのは良くないことだということもあるが、くうみんが採っているのを見た人が、
「あれは食べられるキノコなんだ」
と思って採ってしまい、本当は毒キノコだったらまずいからだ。

ツチヌメリスギタケ
 ナラタケだと思ったら違っていたキノコ(ツチヌメリスギタケ・軽毒)

 キノコをスーパーのレジ袋いっぱいに採って、また歩き始めた。秋の日が優しく感じられる。
「最高だねえ!おじさん!」
 くうみんは姿の見えないおじさんに話しかけた。

 この数日、天気の悪い日が続いて、昨日今日の天気予報もあまり芳しい予報ではなかった。それなのにこんないい天気。きっとおじさんが、根回ししてくれたに違いない。

 湯瀧
 湯瀧
 
湯滝から戦場ヶ原へ
 湯瀧から戦場ヶ原へ
 
キノコ
 こんなキノコもありました
 
立札倒れた
 台風の足跡 立札が倒れた
 
水草
 なんて言う水草だろう?
 
男体山 
 男体山です

木も倒れた
 木も横倒し
 
竜頭の滝
 紅葉の紹介でよく使われる竜頭の滝

 くうみんは上機嫌で湯ノ湖を回り、戦場ヶ原を横断して竜頭の滝に到着した。バスもあと10分もすれば着くだろう。くうみんは用済みになったストックを仕舞おうと、キャップを探した。すると、ない!リュックのポケットにしまったはずのキャップがない!チャックを閉めていなかったから、どこかに落ちてしまったのだろうか?そんなに簡単に出てしまうものなのか?
 仕方ないので風呂敷バッグで先端を覆い、リュックの横にあるポケットに収めた。
 バスが到着した。うまいこと座れたが、後から乗ってくる人の中には、座れない人がかなりいた。

 くうみんは座りながらキャップを探した。どこに行ったんだろう?リュックと言わず、来ている服のポケットも入念に探した。

 ない。

 キャップはなくしやすい。今日持って来たキャップも、この間買ったばかりで今日初めて使ったのだ。石井スポーツで一個580円(税別)で買ったのだ。それを二個…トホホ…

 さっきまでの上機嫌はどこへやら。もうキャップは買わずにいよう。
 何か、シンデレラフィットするものがあれば、それを使いたい。
 シンデレラフィットとは、まったく用途の違うものだが、なぜかぴったり合うものを言うそうだ。ハーゲンダッツのアイスクリームのふたと、カメラのレンズがそれに当たると。

 さすがハイシーズンだけあって、いろは坂から渋滞している。山を下りたあたりから、もっとひどくなり、運転手が放送した。
「これから神橋まで40分ほどかかります」
 バス内にどよめきが起こった。普段なら10分くらいの距離なのに。

 そう言えば、情報収集していたら、
「混んでいるときは神橋から歩いた方が早い」
 と書いてあったな。そうしよう。

 バスはのろのろとやっと神橋についた。くうみんはここで降りたが、なんと渋滞はここまでで、バスは風のように去って行ったではないか!

 なんてこった!もう、こうなったら早く帰りたいのに…

 神橋から駅まで約1.5キロを20分近くかけて歩いた。悔しいのでお土産に日光のけっこう漬けを買った。540円。
 特急券を買うと、駅前の水場で名水を汲んだ。これ以上落とし物をしないよう気を付けたのは言うまでもない。

何の実?
 歩いている途中に見かけた庭になっている実。何だろう?

 ストックのキャップをなくしてしまった。
 こんな時、おじさんがいれば…
 この意味は、ずっとくうみんブログを読んでいる人ならば、わかるであろう。わからない人のためにリンクを張ったから見るように。めんどくさい人は右側の列、「月別アーカイブ」と書いてある、ちょっと上の方から始まる文章だけ読めばよろし。

山で失せものをしたときは

 くうみんは失意のどん底で、売店でビールを買った。このビールは本物のビールだ。アサヒスーパードライ500ml。いくらだか忘れた。

関東平野はのどかだな
 関東平野のこんな田舎の風景はのどかでいいね

 たかが千円程度のものをなくしたからと言って、こんなにガックリ来るのは変だと思うだろうか?いや、変ではない。買ったばかりで、初めて使って失くす…この失意はただモノではない。

 ガックリしながら家に帰ったくうみんであった。片づけながら探してみたが、やはりどこにもない。
 取ってきたキノコを調べてみると、どうもナラタケではなく、ツチヌメリスギタケと言うキノコのようだ。これは杉の木に生えるヌメリスギタケそっくりだが、ヌメリスギタケが食べられるのに対し、土に生えるツチヌメリスギタケはNG。食べる人もいるが、どうやら消化が悪いか、軽い毒があるのか、大量に食べると腹痛を起こすらしい。
 くうみんは迷ったが、君子危うきに近寄らず、と言うことでせっかく取ったキノコだが、捨てることにした。

 日光の山を散策しているときは上機嫌~。
 ここにきて気分は最悪~。

 トホホ~。

 しかし、またこの後、逆転劇があるのだった。


 




 

 


面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

一人日光へ  逆転!逆転!また逆転!その一

 くうみん母と仲たがいしたくうみんは、不思議な解放感に浸った。
 どこか、山に行きたい。本当は立山にでも行きたいけど、台風で道が悪くなっているかも。あそこは本格的な登山になるから、台風の多かった今年は行かない方がいい。
 そう思って軽くハイキング程度のできる日光へ行くことにした。

 いつも一人で苦労するのは宿だ。しかもハイシーズンなので二人以上の客でないと泊めてくれない所が多い。いろいろ検索して奥日光にある「湯守り釜屋」のガーデンハウスに泊ることにした。ここは湯治客が対象とうたっているが、自炊もできなければ湯治とは言えまい。この近辺には食料を調達できるような店は皆無なので自炊はできない。要するに安めの宿である。

 日光ではいつだったか、駅前の名水を汲みに行って帽子を忘れるという失態をしでかした。もうそんな馬鹿なことはするまいとくうみんは誓った。

 雨続きの日々だったが、当日の朝もやっぱり雨。これは思いやられる、と思ったが日光ならそんなに困ることもあるまい。リュックに荷物を積めていざ日光へ。

 日光と言うと、フリーパスがお得なのだが、比較したら今回の場合は歩く距離が多いので、普通にバス代を払った方が得のようだ。しかし後で知ったことだが、、東武鉄道さんはサービス精神が旺盛なので、都内からのお得な切符もあるらしい。

 インターネットで指定席を予約した。普通一人だと隣に人が来ないものだが、今回は違った。弁当を食べていると、隣に人が来た。周りを見渡すと、ほぼ満席だった。

昼食
 まさか隣に人が来るとは…

東武日光駅
 青空クッキリ東武日光駅

 朝は降っていた雨は奇跡のように上がった。
 東武日光から歩いて東照宮まで行った。その近くにある神橋は、以前なら入場料を払ってまで渡る人間は少なかったが、外国人観光客が増えて大勢の人が神橋を渡っていた。ほとんど外国人なんじゃないかなあ。

神橋
 人がいっぱいの神橋

 東照宮、二荒山神社、輪王寺は、拝観料を取る。有料の所はパスする。有料の所に入ったのは、小学校の修学旅行と、あと一回くらいは、おじさんと入ったように記憶している。一回行けば十分だ、とくうみんは思う。

値段
 こんなん、何回も行くか!!
 
五重の塔
 みんなが撮っていたので撮った五重の塔

ここより有料
 ここより有料

神社入り口
 二荒山神社
 
大黒様
 この大黒様をなでると、ご利益があるそうだ。こんなん、いつの間にできたんだ?
 
手前の石がウサギの形
 手前の石にウサギの模様が浮かび上がっているぞ、と
 
ライオンのような狛犬
 ライオンのような狛犬。これも新参者だろう
 
なぜに篠原ともえがプロデュース?
 何で御朱印を篠原ともえがプロデュースするんだ!!住職がファンなのか!!

 東照宮近辺を散策したら、次は表参道バス停でバスを待つ。5分ほど待って、バスが来た。進行方向に向かって左側に席を取る人が多かったので、これは何かあると思い、くうみんも進行方向左側の席へ。中禅寺湖がこっちの方角と言うことで、山の景色は右側の方が良かった。

 今宵の宿は、湯守り釜屋のガーデンハウス。

なぜに座禅の間
 なぜかあてがわれたのは座禅の間

今宵の宿
 部屋はこんな感じ。一人なら十分な広さ
 
窓からの景色
 窓からの景色はこんな感じ
 
風呂とトイレ
 トイレが部屋にあるの必要最低条件。この風呂入る人いるのかなあ?と思ったが、外国人なら入るかも知れない

 部屋に入って持ち込みのビールを冷蔵庫にしまうと、近くを散策した。湯の湖近くに格安旅館「おおるり」がある。ここは6千500円とか格安なのだが、食事は給食みたいだと言う評判。
 ここにはコンビニがある。
「どなたでもご利用できます♡」
 ありがたい。ビールが足りなくなった時の酒を購入。
宿近くの紅葉
 台風でかなり葉っぱが落ちてしまったようで、紅葉はいつもより冴えなかった
 
廃屋
 見るといつも心配になる昔の商店。倒壊危険の立て札が 

 部屋の配置
 部屋の配置図

 こちらにも大浴場はあるが、本館の風呂にも入れる。露天風呂付き大浴場、普通大浴場、ガーデンハウスの大浴場と、はしごした。ガーデンハウスの大浴場はもちろん他の風呂に比べて小さいのだが、他の風呂はだいぶ水で埋めてあるせいか、ぬるい。
 その点ガーデンハウスの風呂はあまり入る人がいないから、あまりいじくっていないので、温泉本来の湯が楽しめる。こっちの湯の方が色も濃い。

 風呂三昧して、家から持って来たビールをぐびぐび飲んで、出された食事を食べて…
 普段は自分で用意しなければ食事ができないけど、旅館では向こうが出してくれる。後片付けもしないでいい。これは食事の支度をせねばならない立場の人間にとっては夢のようなことだ。

 心配していた天気も良かったし、食事も、そこそこおいしかった。寝る前にも風呂に入り、いい心持で酔っぱらった、くうみん。

 しかしこのオバさんは、何か一つはしでかしてしまうもの。

 このオバさんはその後、どうなってしまうのでしょう?
 

 
 
 
 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

食欲の秋 イワシの刺身はうまい

 よくコメントを下さるミコリー様はオーストラリア在住のカウンセラーであらせられる。夫婦関係のカウンセラーをなさっていて、くうみんにはもう関係ないようだが、夫婦関係ばかりでなく、他の人間関係においても、解決の糸口となることがよくある。興味のある方は、リンクの「幸せ男塾!女塾!」をご覧くださいませ。

ミコリー様のブログ

 この方は、家事のうち一番嫌いなのは料理だそうだ。それなのにオーストラリアは外食が高いので、外食に行くのはかなりためらいながら行くそうで、引退したら外食の安いアジアに移り住もうかと考えていると。

 くうみんは料理をするのは苦ではない。家事の中で一番嫌いなのは掃除。やってもやってもきりがないでしょ?

 そう言うと、ミコリー様はおっしゃった。
「料理が好きな人は掃除が嫌いで、掃除が好きな人は料理が苦手なのよ」
 なるほどねえ。

 「第二の性」を書いたシモーヌ・ボーボワールはその著書で、「女の仕事はつまらないものばかりだが、料理は楽しい」とおっしゃっているが、この方も掃除は苦手だったのだろうか?

 くうみんは一人になっても毎日料理をする。ただし、料理の幅は狭くなった。おじさんのリクエストがなければ、作らないものはたくさんある。
 例えばカツどんとか、お好み焼きがそうだ。揚げ物も掃除を考えるとしないようになった。
 おじさんがいなくなってから、作るようになったものもある。サラサラカレーだ。おじさんはルーを使ったもったりしたカレーが好きだったが、くうみん一人になると、ルーを使わないカレーを食べるようになった。この方が量を調節できるし、健康に良さそう。肉も薄切りを使う。薄切りをカレーにも生姜焼きにも使う。

 物価高神奈川に引っ越してからは、ずいぶん物価に関する感覚が変わってきた。千葉に住んでいた時は、長ネギは一束3本、100円以下でなくては安いと思わなかったのに、ここでは198円であれば「安い!」と思うようになった。
 そう遠くはない所に「ザ・ビッグ」と言う安いスーパーがあるのがわかったので、野菜はここで買うか、イオンの見切り品を買っている。イオンの見切り品はそんなに傷んでいない。さすが大手スーパー。

 刺身は、安く売っているカツオのたたきや天然ぶりをよく買っていたが、最近はイワシの刺身を作るようになった。サンマの刺身もおいしいんだけど、アニサキスが多いので、刺身はお勧めでない、とスーパーに掲示が。
 アニサキスって昔からあったと思うんだけど、最近になって大騒ぎするようになったのはどうしてだろう?

 イワシは千葉では4尾198円なら買い、それ以上は高いという感覚だったが、カツオのたたきやブリの方が高いということに気付き、250円なら買いとした。

 これをさばいて刺身にすると、おいしいよ~。ショウガ醤油と刻み葱で食べると、今は脂が乗って最高~。リンクしてある壮路様は料理好きなおじさまですが、今まではアジの刺身を贔屓にしていたのだが、
「イワシがおいしいですよ!」
 と、くうみんに吹き込まれ、早速作ってみたのがハマったようです。
「イワシがこんなにうまいとは!」
 と、感激なさっています。

壮路様のブログ

 皆様も是非お試しくださいね。



マツタケ
 見切り品のマツタケ、198円。すき焼きに入れて食べた

焼き芋を作った
 焼き芋を作った。ウオーターオーブンで25分ほど加熱。ラップで包んで冷凍保存。

 アルミホイルで包んで中華鍋に入れて作ることもできる。弱火で30分ほど。そばにあるのはマツタケのすき焼きの残り汁で味付けした卯の花。貧乏人は何でも食べ尽くす。



テングタケ
 かの有名なテングタケ

緑いろのキノコ
 緑色のキノコ

キノコ2
 これは毒っぽい。ドクツルタケかな?

キノコが目的だったけど
 キノコの他にあるのはランの花

こっちの方が気になる
 なんて言うランでしょう?

エリンギそっくり
 エリンギそっくりのキノコ。キノコ高騰の折、取って食べられればいいのだが、やめておこう 

ヒガンバナ花盛り
 こんなに花盛りだったヒガンバナも

ヒガンバナも終わり
 こんなになってしまって

危険です
 台風24号で、公園がこんなことに

野分のまたの日こそ
 これは危険だ!




 



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



テーマ : これは美味い!!
ジャンル : グルメ

月に一度の女子会

 月に一度くらいのペースで、おじさんのお姉さん達と会って食事をする。食事代はおじさんのお母さんが「おばあちゃん基金」から出してくれる。死んでからも奢ってくれるありがたいおばばだ。
 お姉さん達は神奈川なので、くうみんが千葉から神奈川に移ったので、集まるのも楽になった。

 話題はおじさんの思い出話や、お姉さん方の場合は子供の結婚問題。
「まったく、どうして相手がいないんでしょ~」
 銀子姉さんは、独り身の息子のことを嘆く。くうみんは刺身をつまんだ。
「そうですよねえ、結構いい男だと思うんだけど」 金子姉さんは茶碗蒸しを口に運ぶ。
「そうよねえ、背も高いし」
「勤め先だって一流どころでしょ」
 金子姉さんはふと気づいたようにスマホを出した。
「そう言えば、これ見てよ、ギリーったらこんなことしているのよ!」

 金子姉さんちの長女ギリー。ちなみに二女のカスミちゃんはとっくに結婚した。
 ギリーは、滝の上に立って、ヘルメットとライフジャケットを付けている。
「へっへ~、行ってきま~す!」
 そう言って滝から飛び降りるギリー。
 場所を変えたのか、滑り台のようになっている滝の岩肌を頭を下にして滑り降りるギリー。
 同じところを今度は足から滑り降りるギリー。

「何これ?会社の旅行?」
「いい年して、こんなバカなことしているのよ!早く結婚しろって言うの!」
 金子姉さんは憤慨していたが、なに、金子姉さんだって結婚は決して早くはなかったはずだ。
「アハハ~!金子姉さんに、ギリーを嘆く資格はない!」
 天ぷらを天つゆにつけながらくうみんは言った。

 和食屋さんから今度はドトールに河岸を変えた。お昼に集合して、帰りは4時近くまでしゃべり続ける。女3人寄ると姦しいというが、まあよく話が続くと思う。

「それじゃ、また来月」
 そう言ってそれぞれの家路につく。

 お姉さん達はおじさんがあまりにも早く逝ってしまったので、くうみんのことを、気にかけてくれているんだと思う。お姉さん達とはうまくやっている。

 でもなあ。くうみん母とは…旦那の家族とうまく行かないって言うのは良く聞くけど、なんでうちはこうなんだろ?

 もうちょっと放っておこう。



 
 



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 人間関係
ジャンル : ライフ

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR