FC2ブログ

ひねくれくうみんの家探し顛末記 気になるくうみんの決意とは?

 どこも部屋を貸してくれない。貸してくれるのは誰も入りたがらないようなボロボロアパートばかり。これはなぜと言われたら、仕事をしていない=信用がない、と言う現実だった。この現実はくうみんにとって大いに衝撃だった。

 この年でどんな仕事ができるだろう?やはり正社員は難しい。パートで100万円~150万円程度を稼ぐのが関の山だろう。その道の通に聞いてみると、この程度の年収では、部屋を借りるのはやはり難しいらしい。 

 おじさんは税理士だった。この仕事は最近あまり稼げなくなったので、おじさんも、夫婦で食べて行ける程度の稼ぎしかなかったけれど、信用だけはピカイチだった。それなのに、今のくうみんは…

 そう言えば、おじさんが亡くなってから、クレジットカードを作るのを断られたことがあった。向こうから「ぜひ作ってください」と言って来たのに、断るなんて。
「どうしてですか?」
「それはお答えできません」
 わかっているよ、収入がないからでしょ?それはわかっていたけど…

 飲み会お食事会で、マダム冷ややっこに愚痴った。
「今の家はうるさいから、早く出て行きたいのに…」
「でも、ハスの花は咲いたし、見損なったけど月下美人の花も咲いたんでしょ?植物が育つところって、いい気が流れているんじゃない?」
「う~ん…」

 そう、くうみん以外はみんな喜んでいるみたい。
 メダカは前の家では、卵は産むけど孵化しなかった。こいつらみんなで食べてしまうらしい。ひょっとしてメスばかりで、卵は産むけど未受精卵ばかりなのかも…など思っていたけど、ここにきて子供メダカが泳ぐようになった。
 ハスや月下美人だけでなく、おじさんが好きだったパキラも、ここに来てずいぶん大きくなった。
 
 みんな終の棲家だと思って喜んでいる…
「お母さん(くうみんのこと)、ここ、いい所だよ!」
「ほら、こんなに大きくなったよ!」

 引っ越すことになれば、引っ越し当日はまたストレスを与えることになるだろう。そして、メダカの何割かは死んでしまうだろう。さらに、今のくうみんが入居できるところは日当たりの悪いボロアパート…この子達はボロなんて気にしないだろうが、「気がいいか悪いか」は、大いに気になるところだろう。

 子供たちが気に入ったなら、それでいいじゃないか。
 騒音も、窓を閉めれば気にならない程度。最近なんとなく慣れて来たし。

 マダム冷ややっことの飲み会お食事会を終え、家路についたくうみん。
 ポーチのドアを開けると、玄関先のパキラや、コニファー、ガジュマルがくうみんを迎えてくれる。

 ”おかえりなさい!”

 部屋の中にはセロームの鉢と、くうみんが作った観葉植物の寄せ植え。バルコニーのメダカはもう寝ているだろう。
 持ち物を片付け、部屋着に着替えると、くうみんは冷蔵庫からビールを取り出し、グラスに注いで、ごくごく飲んだ。

 わーった。子供たちが満足するなら、お母さんもここに住もうじゃないの。

 メダカ
 4匹しかいなかったメダカが、こんなに増えた
 
このつぼみ、咲くかしら
 見損なった月下美人だけど、このつぼみが咲けばなあ

パキラが元気いっぱい
 おじさんお気に入りのパキラが元気いっぱい
 
と言う訳でここに住む決心をしました。

 

 


 



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR