FC2ブログ

ひねくれくうみんの家探し 顛末記

 せっかく買ったマンションだったけれど、前にある幹線道路の騒音が気になって、引っ越したばかりなのに、引っ越しをしたいくうみん。
 酔っぱらったはずみでPCのサイトで、「マンションの売却査定」をクリック、査定をお願いしてしまった。

 2軒の不動産屋から引き合いがあり、一軒は
「大体〇○万円から〇○万円(すごいアバウトな金額)ですね。お金が必要で急いでいるならもっと値を下げた方がいいですよ」
と、なんとなくいい加減なムード。こっちはパス。

 もう一軒からはメールでは挨拶だけ、後日電話がかかってきた。
「突然失礼します。K不動産ですが…」
「あ~、お世話になります。あの~、このマンション、買ったばかりなんです。だけどうるさくて…」
 するとその不動産屋は、答えた。
「買ったばかりと言うのはわかっております。そうですか、一度来店願えればと思うのですが」

 なるほどね。ちょっと行ってみようか?でも、おじさんのお姉さん達は「早まるな」って言っているし、売るんじゃなくて貸すんだったらいい、みたいなことを言っていたな。

 何日か後に、その不動産屋さんに行ってみた。鉄道系の不動産屋さんで、経営母体はしっかりしていそうだ。
「買った時は気づかなかったんですけど、騒音が気になるんです。売却するのは反対の声があるので、ここを貸して他に移り住もうと思っているのですが」

 不動産屋さんの担当者は、くうみんの前に座っていた。
「貸すより売却した方がいいと思いますよ。今が上げ止まりです。今なら買った値段よりも高く売れますよ」

 ちっくしょ、売り付けたあの担当者、これからも値上がりが期待できるなどと。しかし、どっちが本当だろ?

「売りのはちょっと待てと身内から言われるんですよ。貸すならいいと」
「それではまず、引っ越しですね。売るにしても貸すにしても、まず物件を空にして候補者が内覧できるようにしておかないと」
「そうですか、売るにしろ、貸すにしろ、こっちが引っ越すのが先ですね」
「はい」

 今のマンションを貸す場合は、子の不動産屋さんで管理を代行してくれるという。家賃の5%で、集金や、苦情処理もしてくれるそうだ。
 受け取る家賃より家賃の安い所に移り住めば、多少の収入にもなるだろう。

 と言うことでくうみんは引っ越し物件を探すことになった。これが7月末くらいのことだった。
 
 くうみんは、案外年回りや占いを気にする。くうみんは、申酉天中殺で、月運天中殺は8、9月。今年動いていいのは西、および南西、あるいは東。
 田舎の方なら家賃も安いだろうが、まだまだ都会のネオンが恋しい。都内のカリスマ鍼灸院にも用事があるし、飲み会のお誘いも都内だ。
 それならこのあたり、と言うことで某市A区あたりをターゲットにすることにした。

 しかし、8、9月は月運天中殺。ここで動くのはよろしくない。なに、引っ越し先なんてすぐに見つかるさ。あまり早く動いて、すぐに引っ越さなきゃならなくなるのも困るから、8月の終わりくらいから動き始めることにしよう。

 そうやって高をくくっていたのだが…

 さあ、このオバさんはどうなってしまうのでしょう?
 
 


 
 
 



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR