FC2ブログ

その昔、エロで躓いた男 エロでトクするのは男の夢か?

 エロと言えばとんでもないバカ男を思い出した。この男こそ、エロで人生を棒に振ったと言えるだろう。
 その男はくうみんの大学時代のサークルの先輩だった。

 彼は、不細工だったが、気がいい、人がいいと言うのが取りえだった。何か失敗しても、ずるいことをしても、その笑顔で何か憎めない、とくな性格をしていた。 
 しかし、そんな彼が思い違いをしてしまったのだった。

 それは彼が悪所に行ったことが原因だった。いつの頃からか、女性の特殊なサービスを受けるところに、彼は頻繁に通うようになった。そこの女性に、
「あなたってテクニックが素晴らしいわ」
 と褒められたらしいのだ。一人ではなく、複数の女性から言われたことで、彼は大いに自信を持ってしまった。
「俺のテクニックは最高や!」

 それから彼は、サークルの飲み会で女子にさわりまくった。それも「テクニック」を披露するためだからもう大変!

 ポン!と触る程度ならまだましなのだが、「テクニック」披露のためなので、ネチネチくねくねと嫌らしく手指を動かして触りまくる。もう何十年前のことで、セクハラという言葉さえないときだ。
 女子たちは嫌なのだが、そういう時はつい笑ってしまう。すると彼は「喜んでいる」と思って、さらに被害者を多くしていくのだった。

 くうみんはどうにかしなければ…と思った。素面のときに思い切っていってみた。
「Tさん、飲み会のとき、さわるのやめてください!」
 かなり強い口調で言ったのだが、彼はきょとんとした顔をしていた。まだわからないか!そう思ってなおも続けた。
「みんな迷惑しているのがわからないんですか?」
 彼は意外そうだった。
「みんな喜んでいるんやないのか?」
「どうして喜ぶんです?」
「気持ちええから」

 くうみんは頭が痛くなった。
「猫じゃないんですよ!みんな嫌がってます!やめてください!」

 すると、彼に助け舟を出すバカがいた。彼より一つ上のMさんという先輩だ。
「いや~、T。お前のテクニックは最高だよ。お前に乳首を吸われると、俺も変な気分になるからな」
 今までうなだれていたはずのTは、またうれしそうな顔をして上を向いた。
「あっ、Mさん、やっぱりそうですか?うれしいな~」

 くうみんはゾッとした。この二人、そんなことを…

 もうこれ以上言っても無駄だった。自衛策としてはなるべく彼には近づかないことにした。どこかにコネでもあったのか、誰でも知っている大企業に就職を決め、彼は卒業して行った。

 その後同窓会で彼に会うことがあった。どうやら南の某国の悪所に行って、そこの女性に、
「帰らないで!!」
と泣かれたと言う。
「俺だけやで」
 また自信を持ってしまった。同窓会でも近くにいる女子にさわりまくっていたが、会社の飲み会でも同じようにしているようだった。

 彼は自分のテクニックを会社の飲み会で披露しまくった!
 
 どうだ!いいだろう!

「いつかいい子がいたら、結婚したい」
 そんなことも言っていたが、これで本当にモテようとしていたのだろうか?

 彼と縁が切れて久しいが、彼が50歳時点で、独身と聞いた。今年で確か、61になるはずだ。

 普通に暮らしている人柄のいい人でも、異性と縁がない人もいるだろう。
 しかし、彼の場合はこんな勘違いさえしなければ、自分の良さを正しく把握していれば、家庭を持てたのではないかと、くうみんは思っている。

 助け船のつもりで
「お前のテクニックは最高だよ!!」
と言ったMさん。あなたは罪深い人だ。
 
  今どうか知らないが、
「専属ホスト募集!いいとこの奥様の情事の相手が仕事!」
 という、張り紙がくうみんの近くに貼ってあったことがあった。
 こんなのウソに決まっているじゃん。数十万円の会費を取られてそのままとか、某奥様に気に入られて、専属ホストになったつもりが、あの手この手で金むしり取られたとか、そんな話ばかり聞く。

 Tと言い、「専属ホスト」に乗ってしまう男と言い、エロで女を虜にするとか、稼ぐと言うのは、男にとって夢なのだろうな。

 しかし、くうみんは断言する。

 こんなの、ね~よ!!

 



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : なんだかなぁ、、、、
ジャンル : 日記

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR