FC2ブログ

痛恨のネモフィラツアー 老人問題

 くうみん母には前の日の夕方にうちに来てもらった。近くのすし屋で一緒に食事をした。ここは昼は手ごろな値段で食べられる手打ちそばと寿司のセットがあるのだが、夜はお高くて本当にたまにしか来ることができない。

 くうみん母の誕生日が4月であったので、ここで誕生祝をしようとくうみんは考えたのだった。寿司屋だけど、お任せのコースがある。それが一番安いので、それを注文した。
「おいしい」
 くうみん母も満足そうだった。塩味は薄いのだが、出汁が良く効いているので濃厚な風味がある。寿司の他に、魚の煮物や天ぷらも出てきた。
 くうみんはビールを2杯飲んだ。くうみん母は女が酒を飲むなんてとんでもない!みんな飲んでいるなんて、言い訳にならないとくうみんを脅していたが、最近はそんなことも言わなくなった。

 おいしい食事に満足してくうみん達は家に帰った。明日は早いので早寝をした。

 年寄りは朝が早いと言うが、くうみん母はずっと寝ていた。くうみんが起こしに行くと、ぐっすり寝ていたが、起こさない訳に行かない。簡単な食事をして待ち合わせ場所に。

 集合10分前だったが、くうみん達が一番遅かったらしい。くうみん達が乗ると、すぐにバスは発車した。
 天気も良く、そんなに渋滞もなくバスは目的地に向かった。昼食会場にはかなり早めに着いたので、買い物をして時間をつぶした。刺身や干物などの生ものが安いけど、道中長いのでそういったものは買えない。くうみん母は残念そうだった。昆布とサバのみそ漬けを買っていた。
 昼食は海鮮定食で、そこそこおいしかったが昨日のお任せコースを食べたばかりだったので、ついそちらと比較してしまった。あっちの方がダントツでおいしかったな…

 ネモフィラがきれいだったのは先に紹介した通りだ。
 ネモフィラの見物をした後はいちご狩りがある。
「いちご狩りは30分一本勝負ですよ~。最後の人がハウスに入ってから30分ですからね、あわてないでください」
 添乗員さんがみんなに呼びかけた。

 いちごはもう、終わりのようだ。機動力に優れたくうみんは、あっちの列、こっちの列とひらりひらりと飛び歩いた。しかし、くうみん母は、いくら足腰丈夫でもさすがに89だけあってそうはいかなかった。
「ちょっと、手を引っ張ってよ」
 道を替えるのも、よっこらしょっと大変なことだった。

 いちごは10分もしないうちに跡形もなくなり、あると思うとカビが生えていたり、腐ったりしたものだった。みんなハウスから出てしまったが、くうみんは一人ハウスに残って食べられそうなイチゴを物色するのだった。
 もう食べられるいちごも底をついたので、仕方なくくうみんもハウスを後にした。

何もないいちご狩り跡
 何もないいちごのハウス。たまにあるのは腐ったいちご
 
 このインチキいちご狩りが!!どこに30分も食べられるほどのイチゴがあると言うんだ!ツアー代が高いのに許せん!クラブ〇―リズム!!

 ここからは帰るだけの行程だ。くうみん達の座席に、何か乗っていた。これは車内販売でくうみん母が買ったまんじゅうだ。添乗員が来て確認をした。
「お土産、置いておきましたからね」
 くうみん母は機嫌よく言った。
「どうもありがとう」
 くうみん母はくうみんの方に向き直った。
「何をくれたのかしら?」
「くれたんじゃないよ、これ、お母さんが買ったんだよ」
「えっ、そうなの?」
 今までの上機嫌がなくなりくうみん母は、怒りの様相を呈した。
「何よ!まるで押し売りじゃない!こんなの買った覚えはないわよ!」
「何を言っているの?車内販売でお母さんが買ったんじゃないの。こんなの買ってどうするのって言ったら、施設のお兄ちゃんやお姉ちゃんのお土産にするって」
「…全然覚えていない。お金はどうしたの?」
「お母さんが払ったわよ」

 なんと、朝の車内販売で買ったのを全く覚えていないのだった。これで良く、「○○さんがボケてどうしようもない」なんて言えるもんだ。
 そう言えば、朝から同じことを繰り返し言っている。
「私が○○さんにシチューを作って持って行ったら、そのお皿を食堂の方に持って行っちゃったのよ」
 この話を何十回も繰り返していた。こう言うのを「さっき聞いた」と言うのはよくないと言うので、うんうんとうなずいていたのだが。

 家に帰るとくうみんはフィットネスクラブの風呂に入り、くうみん母は家の風呂に入った。今日は疲れたので家で食事。こうしてネモフィラツアーの一日は終わったのだった。

 次の日、くうみん母は、帰ることになるのだが、何やら小田急線の渋沢にいる友達に会いに行きたいと言う。
「なかなか行けないからこのついでに」
 と言う。千葉県某市のくうみん最寄駅からは、何回か乗り換えなければならない。若い人ならどうってことないが、このぼけ老人では…
「一人で行けるところまで、私も行く」
「そう、済まないね」

 都営新宿線に乗るルートと、千代田線に乗るルートがあるが、千代田線ルートを取った。地下鉄を乗り継いで代々木上原まで行ったが、あいにく小田原方面に行く電車ではなかった。
「ちょっとここも無理」
 くうみんは母と一緒に電車に乗り込んだ。

 くうみんも、小田急線はあまり詳しくない。この線は間違って乗ると、とんでもない方向に行ってしまう。
 車内の路線図をにらみながら、乗り換えの駅に着いた。相模大野だ。

 くうみんは、母と一緒に向かいに止まっている電車に乗り込んだ。
 これに乗って行けばいいはずだけど、急行の止まる駅かしら?大丈夫だ、これに乗って行けば8つ目の駅で降りればいい。
「お母さん、この電車に乗って行けばいいんだよ。それじゃ、私降りるからね」
 そう言ってドアを見ると、ドアは閉まり、電車は走り始めた。
「あら~、ごめんね、世話をかけて」
「…」

 次の海老名までは、3つほどの駅を通過して、やっと着いた。
「ここから7つ目の駅だからね」
 ここなら大丈夫だろうと、くうみんは電車から降りた。そして新宿方面に行く電車がすぐに発車するのに気付いた。

「ぬおっ、負けるもんか!!」
 くうみんは階段を駆け上り、そして階段を2段抜かし、3段ぬかしで駆け下り、新宿行の電車に飛び乗った。
 一億歳超のオバさんが、2段ぬかし、3段ぬかしで駆け下りる…なかなかできることではない。くうみんもこういった非常時でないとこの芸当はできない。火事場のばか力と言うものだ。

 自分は大丈夫と思っているが、危なっかし過ぎるぞ。おっかあ、介護保険受けろや。と言っても、「私は耄碌していない!!」と言い張るんだろうなあ。トホホ。

という訳で、 くうみんは往復4時間かけて、家に戻ったのだよ。


 
 くうみん母からの土産。自作の煮物や山菜の冷凍品

冷凍食品
 約2キロあった。引っ越しまでにすべて食べねばならない。トホホ

謎の冷凍食品
 訳の分からない謎の冷凍品。解凍して食べたらタケノコとガンモの煮物だった。いい加減霜が張り付いていたが、何年前のものだろう?

こんな古いものを
 賞味期限2016年9月の柚子味噌。ビンテージものである




  



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : なんだかなぁ、、、、
ジャンル : 日記

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR