FC2ブログ

私に似た人

 超昔、若い頃に「山田由紀子にそっくり」と言われたことがある。山田由紀子さんは、えくぼ洗顔フォームのコマーシャルに出ていた、健康美あふれる女優さんだった。そのコマーシャルソングを歌っていたのが松田聖子さんだったが、聖子ちゃんはえくぼができなくて、コマーシャルには出られなかったそうだ。

 山田由紀子ちゃんは、それはもうかわいいえくぼができていた。似ていると言われるとうれしくなってしまう。
 由紀子ちゃんは「それ行けレッドビッキーズ」という子供向けの番組で、野球部の監督(主役)をしたり、ドラマでチョイ役をしていたりしたが、そのうち芸能界から姿を消した。
 なんでもスキャンダルによって、ということだが、大方事務所と折り合いが悪くなったんじゃないかとにらんでいる。

 彼女はかわいい顔をしていたが、美人に似ているからと言って美人とは限らないのが悲しいところだ。

 くうみんはブスだ。

 そんなことはないとうれしいことを言ってくれる人もいるが、大学を卒業してから、かなり努力して普通程度になったのだ。大学時代はひどいものだった。
 何しろビンボーで金がなかった。だから母が「リサイクルショップで300円で買った、とっても生地がいい服」や、「スーパーの店じまいセールで買ったすごいお値打ちの服」を着るしかなかった。
 髪の毛も、カットに行く金がなくて、伸ばしっぱなしにしていた。

 しかし、若いくうみんはそんなおのが姿が、どのように見られていたかなど知る由もなく、
「私は美人、何しろ山田由紀子ちゃんに似ているのよ。それにこの長い髪は男子の憧れのはず」
 などと勘違いをしていたのだった。

 大学に入ると、次々に周りにカップルができるのに、くうみんに言い寄って来る男がいないのが大変不思議だった。
「なぜだろう?私はここで待っているのに」

 甘い幻想が敗れたのは、大学2年の合宿でのことだった。勉強系のサークルに入っていたのだが、合宿でも毎日厳しい勉強をした。
 その合宿で、ある日みんなで「合歓の里」と言う、遊園地のようなところに遊びに良く行事があった。そこで電気自動車に乗って移動することになったのだが、これを運転するには免許が必要だった。

 免許のある男子はモテモテになって、女子はそれに乗せてもらおうと免許のある男子の所に集まった。
 もちろんくうみんも乗せてもらおうと、寄って行ったのだが、もう一杯で乗せることができないとすべての車から断られてしまった。周りを見渡すと女子はくうみんを除いて全員車に乗っているではないか!!
 残っているのはくうみんの他は、若干の男子だけだ。彼らは自転車を借りに、貸し自転車屋の方に向かっている。

 くうみんは何とか車に乗せてもらいたくて、車数台を回って歩いた。
「私も乗せて!!ねえ、私も乗せてよ!」
 そんな叫びもむなしく、車に乗ったみんなは、
「あはは~、行ってきま~す」
と言いながら、行ってしまった。

 くうみんは仕方なく、200円払って、自転車を借りてみんなの後を追った。

 マジ悲しかった。涙が出てきた。

 しかし、これでくうみんはサークル一のドブスなんだと気付いたのだった。こいつなら何をしても大丈夫だという性格も影響していたかもしれない。

 やはり気づかなければ人間何もできないものだ。格好に使うお金はなかったが、ある偶然でくうみんは痩せ始めた。痩せると目鼻立ちがクッキリしてくる。
 そして4年になると、就職活動をすることになった。さすがのくうみん母も、会社訪問に行くスーツは百貨店で買ってくれた。髪の毛もそれじゃまずいと、町で一番センスがいいと言われる美容院に連れて行ってくれた。化粧も人並みにした。

 するとそこそこ見られるようになったのは、以前にもブログに書いたと思う。

 会社勤めをするようになって、都会の服屋さんに初給料を握りしめて行ったことは忘れられない。
 しかし、絶世の美人になった訳ではない。まあまあ中くらいになっただけだ。

 その後似ている芸能人と言えばハイキングウォーキングQ太郎で、高校時代の複数の友人から言われた。
「くうみんに息子がいたらあんな感じだ」

 なるほどねえ、自分そっくりの息子か。

 しかし、最近お笑い芸人で発見した。私そっくりの人を!!あの、ドブス時代の私にそっくりな女芸人を!

 いくらお笑いだと言っても、「ドブス」と名指しするのは憚られる。直接には言わないが、この人に似た人がそうです。

ドブス
 いや~、中身もそうだがこのセンス、ひどいものだ



  
面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : お笑い芸人
ジャンル : お笑い

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR