FC2ブログ

大人はみんな知っている

くうみんはフィットネスクラブが休みのときは、銭湯やスーパー銭湯に行くことにしている。フィットネスクラブの広い風呂に慣れた身には、家の風呂は狭くて夏は暑いし、冬は寒い。そして何より掃除するのが面倒くさい。

 いつもは安い銭湯に行く。おじさんがいた頃はいつもスーパー銭湯だったが、ひとりなら普通の銭湯で十分だ。しかしこの日は雨が降っていた。雨が降る日は自転車で10分かかる銭湯に行くのは大変なので、送迎のあるスーパー銭湯にに行くことにしている。

 このスーパー銭湯にはプールが併設されていて、そこに子供向けの水泳教室があるので、同じ送迎バスに子供が乗る。

 くうみんはバス乗り場からバスに乗った。次のバス乗り場で、何人かの子供が乗ってきた。小学校3年か4年であろうか。その子供の一人がなんと、性的なことを言いだした。
「僕のペ○スが…」
「セッ○ス…」

 他の乗客は知らん顔をしていた。もちろんくうみんも。
 その時、運転手の男性が怒りを含んだ言葉を発した。
「ここは一般のお客さんも乗るんだから、そういう話は学校でしなさい!」

 その一言で子供は一瞬ギクッ!という顔をして、黙ってしまった。

 何で小学校3年や4年の子供がそんなことを口走ったのだろう?その子供はたぶん、色気づく年頃の兄ちゃんがいるのではないかと推測する。兄ちゃんからそういうことを教わったその子供は、自分が一つ大人の扉を開けたように思ったことだろう。

 そしてお母さんあたりに聞いたのではないか?
「お母さん、ぺ○スって何?セッ○スって何?」」
 慌てたお母さんは、動揺しつつこう言ったと思う。
「知らないわ」(あくまでくうみんの妄想)

 子供は思った。
「フッフ、こんなことを知っているのは僕だけだ。チ○コとか言うのはわかってしまうけど、英語で言えば誰にも気づかれない…」(あくまでくうみんの妄想)

 そして公衆の面前でこのようなことを口走ったのではないか?

 お母さんもお母さんだ。知らないなどと言わずに、
「知ってるわよ。でも、そういうことはあまり人前で言わない方がいいわ」
 と、毅然というべきだった。(あくまでくうみんの妄想)

 しかしな、大人は何でも知っている。そんなことは年が行けば自然にわかることだ。
 いつの日か、君が本当に大人になったとき、今日のこの出来事を
「ギャ~~~~!」
と叫びたい衝動にかられながら、思い出すことだろう。

 大人をバカにしちゃいけない。

 大人は何でも知っている。


 


面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR