勘違いでも恋は恋

 かつて主婦だったくうみんは、時々パートの職を得て働くことがあった。そこもそんな一時の小遣い稼ぎの職場だった。
 そこは原則、月曜日から金曜日までの営業だったが、お客様の要望で日曜日も営業することになった。
 しかし、その職場は非常にケチで、日曜日は5時を過ぎるとお客さんのいない事務所の電気が一斉に消えた。くうみんは接客の方だったので、5時を過ぎても明るい店内にいた。お客さんが帰った所でしまうべきものを事務所に持って行く。

 夏はまだ明るい5時過ぎの事務所は、秋を過ぎるとだんだん暗くなり、冬は真っ暗になる。その真っ暗い事務所で課長と課長代理が談笑している。課長は女子、代理は男子、どちらも50代独身。 

 この光景を見るたびに、オバくうみんは、思っていた。
「ヤバい」

 人間の心理として、暗い所にいると、ヤらしい気持ち、セクシャルな気持ちになると聞いたことがある。好きであると勘違いするのだ。
 しかし、二人とも50過ぎたいい年の、色気もへったくれもないオジオバである。まさかね、と思うこともあるが、いや人間、歳行ってもそう大して変わるものではないかも…など思っているうち、二人は結婚した。

 みんな驚いていたが、くうみんは一人、思った。
「やっぱり…」

 暗い所にいてセクシャルな感情が湧き、結婚に至った訳であるが、そんな事情の結婚だったからか、二人とも個性的で相手に歩み寄ることができなかったためか、何年も経たないうちに別れたと、その職場を離れた後に風の便りで知った。

 暗い所で二人でいるとその気になってしまう…これは本当にあるらしい。

 婚活している皆さん!これはチャンス!まさにタイムリー!

 花火大会なんてムード満点でいいではないの?はて、花火大会はもう終わってしまっただろうか?それなら盆踊りや、肝試しなんかどうか?もっとも、肝試しで男の方が怖がるのはカッコ悪いので、怖がり男子はやめておくように。

 好きな人がいたら、試してみる価値はあると思う。ダメでもともと。

 好きな人といると胸がドキドキするが、好きじゃなくてもドキドキする場合も、好きだと勘違いして、本当に好きになってしまうらしい。
 運動や、怖いところ、もちろん肝試しもそうだが、例えばつり橋を渡るときなんか、ドキドキすると思う。ぜひ、試してみるように。 

 くうみんも一応独身だが、いつもおじさんが見ているような気がするので、やめておく。試しにやってみても、おじさんが阻止するであろう。
 いい雰囲気になったら、おプーが出てしまったりして。

 
 


面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 婚活を応援するブログ
ジャンル : 独身・フリー

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
fc2アフィリエイト
アフィリエイトです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR