FC2ブログ

ブラック内職のたった一ついい所 男女差別一切なし

 くうみんに二人のお得意さんが付いた。そのうち一人は気に入ってくれて、
「仕事ありませんか?」
 というと、
「あるよ」
 と、仕事リストを見せてくれる。うれしくなってその中から二つくらい選んで書くことにした。でも、専門知識がなければわからないことばかりで、受けるといつも後悔する。

 胃が痛い思いだが、この胃の痛いのをどうにかするためには書くしかない。図書館で本を借りたり、ネット検索してテーマについて調べるのに数時間。そのあとは…

 書く!書く!とにかく書く!

 字数は千字以上、つじつまが合わなかろうと、支離滅裂だろうと、とにかく千字以上書いてからそれを校正していく。だんだんと文章として成り立って行って、最後に完成する。
 納品して、オーケーを貰うと、天にも昇る気持ちになる。

 そんな時に、
「くうみんさんの文章はわかりやすいから好きです。もっと書いてくれませんか?」
 なんて言われてみなさい、うれしくなってまた受けてしまう。

 そしてまた地獄の2、3日が始まる…

 先日、そうやって納品した文章は、とりあえずオーケーだったものの、返信に余り喜びが感じられなかった。

 あまり気に入ってくれなかったんだろうか?手続きに必要な書類をずらずらと書き過ぎたきらいもあったけど、「必要書類、手続きの仕方」も書くようにって言われたし…

 こんな時は2パターンくらい用意して、「どっちにしますか?」って聞くべきだったか?クライアントが喜んでくれるのが、何よりうれしかったのに。ああ、後悔。

 でも、とにかく少し休もう。これは勉強のつもりなんだし。

 私が大学を出て就職したころは、男女差別は当たり前の時代だった。今は知らないけど、男だからという理由だけで昇進し、女だからという理由だけで地位はずっとそのままだった。

 それになぜか、くうみんが頑張って仕事をこなせるようになると、その仕事が安くなるのに気づいた。
「女の子でもできる仕事」
 だって。

 電算室に配属されて、会社で使う帳票のプログラミング、必死の思いで覚えたのに…悔しかった。

 くうみんは次第に腐った社員になって行った。やってもやらなくても同じなら、仕事なんかさぼっちゃお。サボるから評価も低くなる、腐る、その悪循環…
 当時のくうみんは、すごい使いにくい、嫌な奴だったと、今は思う。

 でも、今のブラック内職は、男だから、女だからって一切ない。文章がうまく書けさえすれば、こうして使ってもらえる。これって考えてみれば当たり前のことなんだけど、でも昔の会社はそうじゃなかった。
 
 この年になって、レベルは低いものの、実力勝負の世界に来たんだなあ…

 なんだかしみじみしてしまうくうみんであった。






面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : アルバイト
ジャンル : 就職・お仕事

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR