FC2ブログ

最近徒然なるままに…明日はおじさんの命日 

 土曜日はおじさんの墓参りに行った。おじさんの親族も一緒だ。
 墓地に笹がはびこっていて、このままでは遺骨を入れている部屋が壊れてしまうと石屋さんから言われたので修理をした。その様子を見るためでもあった。

 おじさんの家の墓は東京都の郊外にあるカトリックの墓地だ。明るくて公園みたいにきれいだ。修理をしたという墓には、砂利が敷き詰められている他は何の植物も植わっていなくて、少し殺風景な気がしたが、草むしりが大変なことを考えればこの方がいい。

 おじさんは男なので好きな花と言ってもピンとこないが、オレンジや黄色が好きだったので、そんな色の花を買って花瓶に活けた。みんなで墓に水をかけて手を合わせた。

 お義父さんの隣は一人分空いている。ここにお義母さんの名前がいずれ入る。おじさんの隣も一人分空いている。ここにはそのうち、くうみんの名前が彫られるだろう。

おじさんの墓
いずれはくうみんが入るおじさんの家の墓

蝶1
 どこからか蝶がやって来た

蝶2
 



 お参りした後はみんなで会食。個室を取った。おじさんの小さな遺影をテーブルに置いてみんなで食べた。一年前より笑顔の多い会食。
 食事は冷たいものは冷たく、熱いものは熱く、おいしかった。

会食1
 まずは先付

おじさんのバカ
 まったくバカなんだから… 

 月曜日はドジ霊能師照玉師に来てもらって法要。照玉師は日蓮宗の尼僧であられる。おじさんの家はキリスト教なので本来神父さんに来てもらうべきだが、本人は信仰しておらず、神父さんには来てもらえない。
 見知らぬ宗教家より、良く知った宗教家の方がいいと思い、法要をお願いした。

 お経を読んでいただいているうち、思い出がよみがえるのか涙があふれて仕方なかった。

 おじさんは今、同じ日、同じ時刻に亡くなった人たちと一緒に天国への道を歩いているそうだ。
「これから修行をして天国に行くのだから、帰ってきて欲しいとか、呼び止めてはダメよ」

 死んでから3年たてば、おじさんは天国に到達して呼べばいつでも来ることができると言う。それまで待つようにと。

 薬

 今日、火曜日は病院へ行ってきた。貰った漢方薬が体に合わず、臨時に予約を取った。本日の漢方薬3か月分約3.4キロ。

 明日はおじさんの命日。宿命の日。



 これもよろしく

 

面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 日々の中で・・
ジャンル : ライフ

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR