FC2ブログ

ほとんど一人で観光

 Mの旦那は、もともと早起きのようだ。6時頃から起き始めた。
「朝のお勤めに行くよ」

 朝のお勤めと言うと一般人はおトイレのことを言う。しかし、ここはお寺なので坊さんがお経を読んでくれる。普段なら寝ているが、せっかくなので行くことにした。廊下は屋内なのに温度計は0度だった。家の中でもコートは必須。コートを着つつ、椅子に座り、坊さんのお経に耳を傾ける。

廊下0度
 廊下なのに0度!

 前に置いてある名簿のようなものに、Mの旦那の名前と、亡くしてしまった大切なご子息の名前が記してあった。おじさんも、供養してもらおうかな。だけどここにはそんなに来ないだろうから、かえって寂しい思いをさせるだけか?など思いつつ、30分ほどの読経を聞いた。

 朝のお勤めが終わるとすぐに食事だ。がんもの煮つけがおいしい。
朝食

 昨日水がしみてしまったウォーキングシューズは部屋の中に入れておいたのですっかり乾いていた。雪がまだ残っているので水に浸さないように気を付けよう。

 奥の院までMの旦那に付き合ってもらう。奥の院の裏には、ろうそくや線香を供える場所があった。Mの旦那はろうそくを一本供えた。なのでくうみんも真似してろうそくを供えた。一本50円とあったが、50円がないので100円出して2本供えた。

 現の世ならぬどこかには、人の寿命のろうそくがあって、まだ長いのや、もうすぐ終わるろうそくがたくさんあるそうだ。短くても長くてもいいけど、取り残されるのは嫌だ。
 おじさんのろうそくの方が長いと思っていたのに、おじさんのろうそくはすぐに燃え尽きてしまった。

 くうみんはろうそくを風の吹きこまないところを選んで2本並べて火をつけた。こんな風に同じ長さだったらよかったのに。

「私、宿に戻るわ。これから一人で回って」
 Mの旦那が言うので、これから一人旅。

背中に哀愁が漂う
 背中に哀愁漂うMの旦那の後ろ姿
 
吉宗公の墓
 由緒正しい方々のお墓がたくさん

 歴代天皇陵と言うものもあった。天皇は神道だが、高野山は宗教問わず何でもオッケーの心の広い宗派なのでおかしなことではないそうだ。

化粧地蔵
 このお地蔵さんはみんなから化粧をされている。化粧をしてあげると美人になるのかな?

心の正しい人には軽く感じられると言う
 善良な人は軽く感じると言うみろく石。結構重かったので私は悪い奴だ

 奥の院までの道中、中の橋付近に姿見の井戸がある。この井戸をのぞき込んで顔が映っていなかったら、3年以内に死ぬそうだ。くうみんは顔が映ったので3年は保証された。

 主な施設の拝観料は200円から600円だが、セットになった券を買うと、2200円分の拝観料が1500円で済む。これはお値打ち!これを買って、寺巡りをした。
 1500円分を回ったときは「これで元を取った」と思った。それ以上行った時は「ああ、得した」と思った。どうも普段の金銭感覚で考えてしまう。

猫がいたが…
 なかなかきれいな猫がいたので写真を撮ったら…
近づく猫
 こちらに近づいてきて…かみついた!! 手袋していなかったらケガするところだった。

思いのほか凶暴な猫
 凶暴な猫!

 お寺内部では写真はNGだ。それなのに金剛峯寺でバシバシ撮っている親父がいたので、渋い顔で睨んでやったが知らん顔している。派手なスタジャンを着ている。胴体の色は白で背中に大きな赤い丸い模様が3つ、重なるようについている。胸の部分には赤や青で派手な刺繍が施されていて、腕の部分は青と言う日本人離れした派手さだが、こいつは間違いなく日本人だ。
 大師教会で阿闍梨の受戒の時、隣に座った男だ。確かN県出身。

 見兼ねて言った。
「さっきから写真バシバシ撮っているけど、そんなことしていいんですか?!」
「えっ」
「さっきから写真撮っているけど、そんなことしていいんですかと言ったんです!」

 すると写真を撮っていたスマホを仕舞った。
 その後も真正面で睨んだり、わざと隣で見学したりしていたら、不気味に思ったのか、そそくさと靴を履きに行った。なので、なおもそいつを追いかけて、くうみんも隣で靴を履いた。
 男はすごいスピードで山門を出て行ってしまった。

 くうみんは山門の前に立って腕組みし、仁王立ちしてそいつの後ろ姿を睨みつけた。
「今日はこれくらいにしといちゃる!!」

 さて、観光も終わったし、宿に帰るか。

今宵の夕食
 今宵の夕食



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。


FC2Blog Ranking
 


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR