FC2ブログ

未亡人くうみん おじさんのお告げは本当だった

 ビール売ってるぞ。

 おじさんのお告げがあった。本当かしら。だって見渡す限り田んぼと畑じゃないのさ。こんなところで酒屋がある訳がない。それよりも今日は6時40分ロビー集合で初日の出ツアーがあるらしい。日の出の見える屋外にでも行くんだろう。さて、着替えて行くか。

 ロビーに行くとすでに30人ほどの人たちが待っていた。
「皆さん、こちらです」
 ホテルの人の先導でエレベータに乗った。我先に乗り込もうとする人が多かったが、日の出までまだ時間がある。先に行っても寒い思いをするだけだよ。
 屋上階のボタンを押せというのに、そこにいる人がボケで、途中階で帰ってきてしまうエレベータもあった。エレベータを操作する場所には、気の利かない親父がいるとみんなが迷惑する。

 普段はお客の行かない屋上に着くと、日の出はもうすぐ…
朝日1
 はっはっは!私は偉いんだぞう!と言っているかのような鉄塔

朝日2
 太陽が遠慮するように顔を出してきた

朝日4
 主役は私、私はお日様。そのうちもっと高く上るんだもの、鉄塔がいたって構わないわ。と言うかのような太陽さん

朝日5
 鉄塔が邪魔だと皆ぶうぶう文句を言っていた。

 この後、風呂入って朝食を食べる。朝食は食べホ。だけど食べすぎないようにしなけりゃな。
 朝食会場にはおなかをすかせた皆さんが料理に群がっている。負けるものかと決意を新たにして、係のお姉さんに朝食券を渡す。
「何名様ですか?」
「一人です」
「二名様?」
「一人です」
 一人しかいないだろうに、なぜ聞き返す?ひょっとして、おじさんが後ろにいるのかな。

朝食は毎日同じ
 朝食は毎日同じものばかり。カレーの種類くらい変えてくれよ。おいしかったけど…

 午前中はロビーで新聞を読んだり、読書をして過ごしたが、午後は肥満防止のためウォーキングをすることにした。例によってマスクと帽子をかぶった怪しい姿だ。
 本当にビールを売っている店があるのか?昨日は向かって左側に行ったから、今日は右に行ってみよう。歩いて20分ほどした時だ。何かのお店があった。正月のこととて閉まっている。

お店があっても閉まっていてはね~

 店の横に自販機があるのに気づいた。
「酒の自販機はないんだよね~」
 など思っていたら、なんと奇跡のように酒の自販機があるではないか!おじさんの言ったことは本当だったんだ!
おじさんのお告げにより見つかった酒の自販機


 もうちょっと歩いて、帰りにビールを買って帰ろう。大きいのにしちゃおうかな?ビールじゃなくてチューハイもあったな。
 ニコニコ顔で歩いていたが、田舎の自販機によくあるように、「売り切れ」とか、「故障で品物が出てこない」と言ったことになったらどうしよう。
 そんな不安が頭の中をよぎった。しかしビールは問題なく買えた。

 これで滞在中安心してビールが飲める。

 このホテルは、大浴場、空の冷蔵庫、シャワートイレ、そしてビールの自販機とうちで言う「よい宿」の条件をすべてクリアしたことになる。でも、いいホテル…?何しろ周りは田んぼ…う~ん。

 まだまだくうみんの思案は続くのであった。







FC2Blog Ranking
 


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 女一人旅
ジャンル : 旅行

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR