おじさん母入院す

 その日はおじさんが夜、飲み会なので、くうみんは勝手気ままな夕べを満喫していた。亭主元気で留守がいいとはよく言ったものだ。自営のおじさんはいつも家にいるので、たまに一人になるとのんびりできていい。

 夕食はアボカドとマグロネギトロ、新玉ねぎスライス、トマトを盛って、新ニンニクの効いた思い切り臭いドレッシングをかけたカルパッチョを作ったが、その他は冷蔵庫の中の残り物を総ざらえするつもりだ。

 22日は夏至で、その翌日であるその日も、7時過ぎまで明るいはずなので、5時ごろランニングに出かけ、フィットネスクラブの風呂に入って帰宅したのは8時を過ぎていた。

 一人でニンニクの効いた思い切り臭いカルパッチョを肴にビールを飲んでいると、いきなり電話がなった。時計を見ると、もう10時になる。こんな時間に誰だろう、と思いながら出ると、おじさん母が入居しているホームの施設長だった。
「もしもし、何回か電話をしたのですが」

 聞くと、義母が脳梗塞の発作を起こして、救急車で緊急入院したと言う。施設長は付き添いで、今病院からかけているらしい。
 いよいよか、と思った。

 最近のうちの不思議ちゃんは、おじさん方の祭壇にある「ご先祖様の家」のふたが時々開いていることだ。何もしていないのに、どうしたんだろうと思ったが、義母に「早く来い!」と言っているのかも…

「それでですね、今、個室しか空いていないので、お母様は個室に入っているのですが、よろしいでしょうか?」
 ここで仕方ないですね、などと言ってはいけない。
「それについてはいいとも悪いとも答えないでください。私から言いますから」

 こんな遅い時間まで付き添ってもらった上に施設長に個室料金の交渉までお願いするのはあまりにも申し訳ない。こっちがしなくては。
「それでは私、帰りますので後程先生から電話があると思います」
「まあ、こんな遅い時間まで、ありがとうございます」

 しばらくすると医師から電話があった。脳梗塞の発作で何日か入院が必要だそうで、CTを撮ったとか、今までした検査の内容を説明してくれた。
「それでですね、今個室しか空いていないのですが、個室料金は1万5千円なのですが、よろしいでしょうか?」

 キター!個室料金。
「1万5千円!とても払えません」
「それではですね、空き次第と言うことになりますが差額ベッド代千500円の部屋があるのですが」
 これなら払えるだろうと言わんばかりの口調だが、これで屈するようなくうみんではない。
「千500円ですか?払えなくもないですが、義母を預けるのに、かなり無理しているものですから」
「そうですか、ではこの話はまた明日と言うことで」
「よろしくお願いします」

 いつもは飲み会があると言っても9時ごろには帰るのに、今日に限っておじさんが帰って来たのは11時過ぎだった。酔っぱらって電車を乗り過ごしたらしい。くうみんの報告を受けると、
「う~ん、いよいよか」
 と、うなった。
 
 翌日、押っ取り刀で病院に赴いて、義母の様子を見ると、なるほどいつもよりは反応が鈍いが、そんなに悪くはなさそうだ。医師の説明でも、1週間ほどの入院で食べ物を飲み込めるように、リハビリをするのが目的らしい。
「よろしくお願いします」

 入院の手続きでは、こいつらから金は取れないと思ったのか、個室ではあるが、差額ベッド代は無しと言うことにしてくれた。

 くうみんはこの話を翌日お見舞いに来たおじさんのお姉さん方に自慢げに話した。
「まあ、くうみんさんよくやったわ!」
「へっへ~、お姉さん方、それほどでも~」

 退院は30日と言うことだ。それまでにどうにか食べ物を受け付けるようになればいいのだが。

 これからちょっと目が離せない日々が続きそう。
 
 

 


ランキングに参加しています。おもしろいと思ったらクリックしてください。

FC2Blog Ranking
 


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
 

スポンサーサイト

テーマ : 最近の出来事
ジャンル : 日記

季節外れの不思議な話

 うちには仏様が2家族分いらっしゃる。おじさん方とくうみん方、おじさん方は先祖代々いらっしゃって、くうみん方はくうみんの父親だけだ。

 おじさん方は元は神道だったが、おじさんの祖母の代からカトリックに改宗、くうみん父の家は天台宗だが、父に戒名はつけていない。
 同じ場所に祀るのは良くないと言うことで、しかし狭いマンション暮らしなのでおじさんの箪笥の上をおじさん方、くうみんの箪笥の上をくうみん方の祭壇としている。両方とも同じ部屋だ。

 神道、カトリック、仏教と3つ揃っている。どうしていいか判らないので、極めていい加減な祀り方で花も仏花ではなく普通の花束を、安くて良さそうなものを選んで飾っている。
 毎日同じように水を替えているのだが、いつも不思議に思うのはくうみん父の方に飾った花の方がずっと長持ちすると言うことだ。

 ある日ブロ友のドジ霊能師、天教照玉師に聞いてみた。
「それは私達から見れば不思議でもなんでもないわ。直系の子孫がお世話しているので喜んでいらっしゃるのよ」
「へ~、そうですか?それじゃ、おじさん方の祭壇はおじさんがお世話すれば花も長持ちするんですか?」
「そうよ。でも、男の人はそういうこと、しないのよね」

 帰ってからおじさんにこのことを話したが、黙って聞くだけでやっぱり花の水を替えようとはしない。いつもくうみんは真心をこめてお世話しているつもりなのだが、嫁ではだめらしい。

 お前ぢゃやだ!

 まあ、そう言わずに。

 そんな感じでいつも水を替えている。
 ろくでもないくうみん父だったが、父はくうみんを溺愛していたと言う。だからよけいにうれしいのか。
 
 先日ガン友会であったSちゃんのお母さんは数か月前亡くなったそうだ。
「さびしくなったわね」
 それでくうみんはこの不思議な花のことを皆に話した。
 するとSちゃんの所でも同じようなことが起こったそうだ。
「仏壇に飾った花が2か月以上もきれいなままなの」
「へえ、不思議ね」
「きっと、お母さん喜んでいるんだよ」

 やっぱりそういうことってあるのかと改めて感じる。

 花の写真。くうみん方の方がちょっと切れているが、クリックすると全体が見えます。ちょっと写真が大き過ぎた。
 
不思議な花
 向かって左がおじさん方に飾った花、向かって右がくうみん方に飾った花。いつも同じように買って活けている。長持ちした方はリビングや玄関先に移動

 ね、不思議でしょ。

 季節外れの不思議な話。

 


ランキングに参加しています。おもしろいと思ったらクリックしてください。

FC2Blog Ranking
 


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
 

テーマ : 不思議な出来事
ジャンル :

ガン友会は近畿大学水産研究所で

 同じくらいに手術したガン友とは今も付き合いがある。

 当日は5人全員がそろった。お店は銀座にある「近畿大学水産研究所」(以下、近大マグロ)だ。

 思いっきりおしゃれをして…と言いたいところだが、暑かったのでいつものチノパンとTシャツではせ参じた。
 12時集合で、11時半ごろ銀座に着いたので楽勝と思いきやなかなか場所が判らない。地図によると銀座6丁目二番地でナチュラルローソンの近くと書いてある。

 交番で聞いたり、道でチラシを配っている女性に聞いたりしたが、なかなか目的の店は見つからない。
 向こうから親切そうな夫婦が来たので、この人に聞こうと思ったが、その後ろにダルビッシュに良く似た若いお兄さんが来たので、ついフラフラとこっちに聞くことにした。首に会社の名札をぶら下げている。きっとここらへんに詳しいに違いない。
「あの~、すみません」
 ダルビッシュはまさか自分が道を聞かれるとは思っていなかったようだ。一瞬怪訝な顔をした。
「は、なんすか?」
 ダルビッシュの熱いまなざしにくうみんは胸をときめかせながら道を聞いた。
「あ、あの~、このナチュラルローソンの方に行きたいんですけど」
「ナチュラルローソン?あっちっす。あの道を入って右に曲がったところ」
「ありがとうございます」
 
 ダルビッシュに聞いた通りに行くと、確かにナチュラルローソンはあった。番地は同じだから同じビルに違いないと思っていたが、近大マグロはない。そう言えば何ビルとも書いていなかった。このビルではないのか?と思って後ろを振り向いたら「近畿大学水産研究所」の看板が…なんかここの住所表記って変なのね。

 そこには長老Fさんの姿があった。
「Sちゃんは寝坊してちょっと遅れるって。Kちゃんは忘れ物をしたて遅れるって。Mちゃんは二日酔いで遅れるって」
 寝坊に忘れものに二日酔い…みんな元気にがんばっているようだ。

 三々五々集まり、最後に忘れ物をしたkちゃんが来たので料理を持ってきてもらった。席の予約をするときは、昼は3500円か5千円のコースを予約しなければならない。今回は3500円の花籠御膳を頼んでおいた。

花篭御膳
 
 ノミホも注文しようと思ったが、昼はやっていないとのことでビールで乾杯。
 Kちゃんの被っていたヅラが、どんなに精巧でくうみんを驚かせたか、勤めている人は治療中どんな苦労があったかを、今は笑いながら話すことができる。

 抗がん剤組は髪の毛の偉大さをたたえる。
「バンダナですら暑いよね。髪の毛は夏は涼しくて、冬はあたたかい優れもの」

 お勤め組のお悩み。
「なんであなただけ残業しないのかっていうのよね~」
「仕方ないじゃないね~」
 いくら会社が理解あっても、周りはそうはいかない。病気のことはプライバシーなので会社側は他の人には黙っている。理由を言った方がいいのかどうか…でも、そう言う文句を言う人は理由を言ったところで納得しないだろう。

 しかし、この店は料理が出るのが遅いな。女5人、食べるよりしゃべる方が多いのでいいのだが、料理を楽しむために来る人にとってはイラッと来るのではなかろうか。

 先ほどの料理を食べ終わってどれくらいの時間が過ぎただろう、もう終わりか、少ない。ご飯とみそ汁くらいは出るのかと思っていたら、お姉さんが食器を下げに来た。
「この次にぎりが出ますので」

 ああ良かった。これで終わりじゃなかった。
 
 花篭御膳の寿司
 次に来た花籠御膳の寿司

 主治医スナミはSちゃんによると、手術がすごい丁寧でうまいそうだ。
「他の先生が手術跡がきれいなので驚いていたわよ~」
 ふ~ん、気に入らない奴だが人間一つくらいはいい所があるものだ。

 寿司も食べ終わり、食器も下げられ、テーブルの上には何もない。
「デザートでも注文しようか?」
「そうだね、何がいいかしら?」
「コースだからついているんじゃない?」
「聞いてみよう」

 「すみませ~ん、デザートって付いているんですか~」
 近くのお兄さんが来て、
「は、付いています」
 
 早く持って来い!
 
デザート
デザートはフルーツポンチ

 話は止まらないが、もう3時近いので帰ることにした。またの再会を約束。昼を希望する人がいるので暑い夏は無理かな?

 2回手術をしたSちゃんは、二回目の癌友と飲み会も企画していると言う。こう言っちゃなんだが、なんだか羨ましい。

 12時30分くらいに食事を初め、終わったのは2時半くらいなので、食事に2時間もかかったことになる。料理が出てくるのが遅い。もっとも、私らの話が長いからお店の人もゆっくり出したほうがいいと判断したのかも知れない。
 
 味はと言うと、そこそこおいしい。寿司はおいしいと言われる回転ずしくらいのレベルだろうか。
 楽しかったね、ガン友会。また会おう。

 近大マグロは話の種にはなると思う。一度行ってもいいかも。

泰明小学校2
 近くにある泰明小学校 公立だそうです。



ランキングに参加しています。おもしろいと思ったらクリックしてください。

FC2Blog Ranking
 


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
 

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

一泊二日でハワイに行っていましたの 9日のきれいな夕焼け写真付き

 記事を保存しようとしたら、「ネットワークに接続されていません」の画面に…ブログをやっている皆さんなら、これがどんなに脱力するか、判ることでしょう。ヨロヨロ…

 しかし!気を取り直して!

 全国のくうみんファンの皆さん、お久です。ちょっとハワイに行っていましたの。一泊2日2食付、往復バス付き1万800円!!福島県いわき市にある「スパリゾ-トハワイアンズ」です。よく聞くけど、まだ行ったことがないので、物は試しと行くことにした。

日本のハワイは田んぼと畑、そして山に囲まれたのどかな所にある。

ハワイの景色
 部屋から見えるハワイの景色。う~ん、南国ムード満点?

 ここは以前炭鉱だったのだが、炭鉱を閉鎖することになってしまった。お父さんたちは失業、一家は離散…となるところを、今まで会社で事務仕事をしていた女子社員をダンサーにして、「スパリゾートハワイアンズ」を立ち上げたと言うことだ。

フラガール誕生

 びっくりしただろうなあ。今まで炭鉱などと言うジミ~な会社で、ジミ~に事務取っていた女子社員がダンサーに…本人だけでなく親もきっとびっくりしたに違いない。

 しかし、炭鉱がなくなって背に腹は代えられず、うら若き乙女たちが今度は一線に出て、お父さんたちを養って行くことになったのだ。

 それが当たった。

当時の日本人にとってあこがれのハワイ、夢のハワイ。日本に居ながらにして雰囲気を味わえるのだ。

憧れのハワイ

 もちろんフラダンスやポリネシアンダンスは本場の先生を呼んだり、ハワイに行ったりして身に着けた本格的なもの。だから脱落した人も多かったのではないかと思う。
 実はくうみんは以前フラダンスならぬフラメンコを習っていた。こちらの才能は全くなく、3年ほどやって辞めてしまった。踊りと言うのは誰でもできると言うものではない。ましてや人様にお見せできるものは、才能と練習の賜物だ。

フラガール 感謝を込めて
 わ~い、いいぞねえちゃん達!

ファイアーナイフダンス
 男子はファイヤーナイフダンス 夜の部

ソロダンサー
 ソロダンサーは皆の憧れの的

ファイアー!
 ファイヤーナイフダンス 昼の部

ヤケクソファイアーダンス
 ヤケクソでファイヤーナイフを操るダンサーの皆さん
イイネ!
 最後にスタッフの紹介

 くうみん達は無料席だったが、有料のSS席の人はフラガールと記念撮影ができる。

 炭鉱閉山の時も大変だったと思うが、東日本大震災の時も、フラガール達はイベントなどで活躍、地元の復興に貢献したと言う。

 お風呂やプールは計画的に使わないといけない。若くないくうみん達は「与一の湯」と大浴場しか行かなかった。ちょっともったいない気がするが、子供でもないかぎりあっちこっち行くのは疲れる。全部回らなくても、適当に選んでまたよし。

 ちなみにダンサーの皆さんはスタイル抜群だった。長い脚とくびれたウエスト。男子はほど乗った筋肉と引き締まった肉体。これは当然なのかもしれないが、お客さんのオバ達も、ボン!キュッ!ボン!のスタイルの良い人ばかりだったのはなぜだろう?

 そして気になる食事だが、和食膳を選んだがこっちはあまり…と言う感じだった。フラガールに免じてあまり悪いことは言わないでおこう。
 
 もうちょっと高くなっても食事の質を良くして欲しいなあ。でも、子供は喜ぶだろうなあ。大人よりも子供向けだと思う。

 何よりも未だ復興に向けて努力している地元の皆さんに、大いなるエールを送ります。

 9日の夕焼けがきれいだった。
9日の夕焼け

 この美しい夕焼けを、ブロ友の男爵に捧げます。

9日の夕焼け2
 お~い!!男爵、ちちの再建頑張れ!!癌治療には頑張りたくない。だけどきれいになるのに頑張りは必要。

夕焼けの終わり
 きっと美しくなるであろう、君のちち

ランキングに参加しています。おもしろいと思ったらクリックしてください。

FC2Blog Ranking
 


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
 



 
 



テーマ : いってきました^^
ジャンル : ブログ

 最近 徒然なるままに

 ベランダにカニサボテンがある。
 デリカさんが「カニサボテンはどこでも粗末に扱われる」と言っていたが、丈夫なのでなるほどそう大切にはしない。これはくうみんが以前勤めていた会社で半分しなびていたのを貰ってきたものだ。会社を辞めたのはもう19年前になるので、このカニサボテンもずいぶん長生きしている。そして毎年きれいな花を咲かせてくれる。

 丈夫で長持ち。くうみんもきっとそう。と思われている。

 しかしその長い歴史の中で、こんなのはじめてだ!カニサボテンが今頃咲いた。

 きっと季節を間違って咲いたのだろう。サクラやサツキなんかはよく季節を間違えるけど、カニサボテンは珍しいと思う。 

今頃咲いたカにサボテン
 ほら、一つだけ、つぼみを付けた

カニサボテンが咲いた
 何日か経って花開く

 少しは構ってよ、そう言っているのかも。おばさんにもその気持ち、わかるよ。おばさんだって、少しは構って欲しい。

 ベランダにはメダカもいる。ハス鉢と発泡スチロールの入れ物に入れているが、両方とも見事なグリーンウォーターであった。
 ところがハス鉢の方だけいつの間にかグリーンウォーターがきれいになっている。

メダカ
ハス鉢の方も抹茶色だったのに…

 育てやシロー様もメダカのグリーンウォーターに悩んでいて、タニシでも投入しようかと言っていた。あの方の所はスイレンを植えていたはずだ。スイレンでは水がきれいにならないのか?ハスはグリーンウォーターを浄化出来るのだろうか?

 不思議だ。

 金曜日はお花の日。今日のアレンジはあまり好きなアレンジではないので行く気はなかったのだが、キャンセルするのを忘れていた。ちっ、仕方ない、行くか。
 サンダル履きで歩いて2、3分の公民館へ。
 もうみんな揃って花を分けている。

「ま~、くうみんさん、あなたのお花はここよ」
「は、先生、よろしくお願いします」

 ってことで、できた作品がこれ。
フラワーアレンジ
 私って優雅な奥様でしょう?オホホホ…

 さて、買い物に行くとするか。今日は何を食べようか。なにかお買い得なものはあるか?

 な~んて考えながら、いつもの買い物コースを自転車をこいでふと上を見ると、何やら針金のハンガーが電柱の上にわさわさ…あれはカラスの巣。

人影ならぬ3つの鳥影
カラスの巣1

 やっぱり間違いない。カラスのヒナだ。
カラスの巣2

 こんな所に巣をつくって、電気工事のおぢさんが来たらどうするつもりだ?雨の日はモロ濡れるし、天気のいい日はこれからの季節、直射日光で暑い。

 がんばれよ。

 くうみんはカラスの巣を後にした。くうみんはなんだかんだ言ってもカラスが好きなのかな。





 ランキングに参加しています。おもしろいと思ったらクリックしてください。

FC2Blog Ranking
 


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
 

テーマ : ▼どうでもいい話
ジャンル : 日記

恒例の高尾山

 うちではいつも春と秋に高尾山に登る。春と秋なら暑くもなく寒くもなく、そして春は新緑や桜、秋は紅葉が楽しめる。

 しかし、今回は春に行くつもりが何かと忙しくて行けなかった。もう6月だ。暑いんじゃないか?そう思ったがもうすぐ梅雨入りだ。行くなら今しかない!と言うことで大分遅くなったが高尾山へ行くことにした。

 冷たいお茶をチタンのテルモスに入れ、おにぎりはセブンイレブンで購入。今なら税込150円までのものなら税込100円で買えると言う。くうみんは普段は遠慮する筋子と、サーモン海苔巻を購入した。
 地下鉄、京王線を乗り継いで高尾山口駅に到着したのは10時頃。旅行ミシュランで3つ星になったからか、ずいぶんモダンな駅舎になった。トイレもきれいだ。
モダンになった駅舎


 今回は暑そうなので、春秋にいつも行く「稲荷山コース」ではなく、「琵琶滝コース」に行くことにした。ここは沢を登るので涼しいだろうと思ったからだ。

エゴノキ
 これはエゴノキ

 途中までは緩やかな道で登りやすい。そのうち修行の場が見えてくる。
修行の場
 修行者が滝に打たれる修行場。くうみんもここで修行することになるかも知れない

 いつもこのコースを登る常連さんが声を上げた。
「セッコクよ、いつもの所に」
 見上げるとスギの枝にランの花、セッコクと言うそうだが、群生している。高尾山には木の枝に咲くランがあると聞いたが、初めて見た。
 かなり遠いので激しくズームした。なのであまり写りが良くない。
セッコク
 ランの一種 セッコク

 そのうち沢道になる。冬は寒いけど夏は涼しくていい。

こんな道
 こんな道です。水が流れています

 沢道を過ぎると上り坂が急になってちょっときついが、いつの間にか頂上近くになっている。
イチヤクソウ
 頂上近くにはイチヤクソウと言う珍しい花が咲いていた。スミレの半分くらいの小さな花。みんなが写真に撮っているのでくうみんもパチリ。

 いつものように一丁平まで行って、お昼ご飯を食べる。ここのトイレもきれいに改装されている。

 ヤマボウシ
 見事なヤマボウシ。

山アジサイ
山のアジサイ

富士山
 雪の帽子を脱いだ富士山

 今まで高尾山で見る富士山は雪の帽子をかぶっていたが、今回は帽子を脱いでいる。

 下山して里が近づくと裏高尾のビジターセンターを通る。ここでまた、猫の一家に挨拶して行こう。

娘ネコ1
 娘猫 女のくせにひげが濃いよ!

娘ネコ2
 爪なんか研いじゃってさ

お父さん猫1
 お父さん猫

 あれれ、今回はお母さん猫がいない。逃げられたのか?
 お母さん猫に逃げられたお父さん猫は何となく元気がなく、以前の威風堂々と言う感じではない。

お父さん猫2
 のどをなでてやると、ゴロゴロ…

 お母さん猫はどうしたんだろう?

 ネコに別れを告げると、もうそこは車も通るアスファルトの道。

マタタビ
 これってマタタビかなあ?

キイチゴ
 キイチゴ

里のアジサイ
 里のアジサイ

カンパニュラ

人んちのカンパニュラ

 高尾山口には3時頃着いた。10時から歩き始めて5時間だけど、休憩もあるから4時間くらいの歩行なのかな。
 いつも行かない季節だったので今まで見なかった植物も見ることができた。春夏秋冬、暑いの寒いの言っていないで行ってみるもんだな。




 ランキングに参加しています。おもしろいと思ったらクリックしてください。


FC2Blog Ranking
 


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
 


テーマ : 高尾山
ジャンル : 地域情報

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
fc2アフィリエイト
アフィリエイトです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR