FC2ブログ

社会保険、特に年金問題を考える

 最近社会保険未加入の会社のことが話題になった。

 社員を一人でも雇用している会社は社会保険に加入しなければならないことになっている。
 しかし加入していない会社が多いのはゆゆしきことである。日本国内のすべての会社は社会保険に加入しなければならない。
 じゃなければ罰金取るよ。

 国はそういうお触れを出した。

 今まで社会保険に加入していなかった多くの弱小企業の社長は、面倒なことになるのも嫌なので今回のことをきっかけに加入を決意することであろう。

 こういった会社の社員は今までどうしていたかと言うと、国民年金、国民健康保険に加入していた。両方とも全額自己負担の上、給付面でも劣る。

 それに引き換え社会保険は健康保険、厚生年金共に半額会社負担なので個人負担分は少なくて給付もいい。

 全く悪徳社長だ!当然入らなくてはいけない制度に入らないとは!
 人はそう思うであろう。しかしくうみんは今から十数年前に会社設立の手伝いの手伝いをしたことがある。その時、おかしな経験をした。

 くうみんは当時、会社経営をコンサルティングする某事務所でこまごました雑用をしていた。とある会社の設立に当たり、社会保険加入の手続きは、どうすればいいのか社会保険事務所で聞いて来いと言われ、社会保険事務所に行った。

 某県のその社会保険事務所は駅からたいそう離れた所にあり、のどかな田舎道をくうみんは鼻歌歌いながら歩いて行った。

 社会保険事務所の窓口に行って、職員に尋ねた。
「あの、すいません。新しい会社設立のため、社会保険に加入する手続きをしたいのですが」
「新しい会社、ですか?」
 社会保険事務所の人はなんとなく嫌そうな顔で書類の入った封筒をくれた。  
「あそこに社会保険労務士の先生がいますのでそこで書き方を教わってください」

 事務所の片隅に机があって、そこに社会保険労務士が暇そうにしていた。そこに行って書き方を教わった。
「私の名刺をお渡ししますので何かありましたら連絡ください」
「はい、ありがとうございます」
 なんぢゃこりゃ、営業か?など思いながら勤めている事務所に帰った。

 くうみんから書類を受け取った上司は、書類を見つつああでもないこうでもないと唸り続け、疑問点があったらしく社会保険事務所に電話をした。
 何やら話をしている。
「えっ、でも、入らなくちゃいけないんでしょ?違うの?えっ、そう」

 上司は眉間にしわを寄せてうなった。
「う~ん」
「どうしたの?」

 上司によると社会保険事務所の職員は、入って欲しくないようなことを言っていたそうだ。

 社会保険事務所職員 「社会保険料を払えない会社がたくさんあるの
           で…」
 くうみんの上司  「でも、入らなきゃいけないんでしょ?違
           うの?」
 社会保険事務所職員 「入らなくてはいけないことになっていますが
           罰則はないです」
 くうみんの上司 「えっ、そう」

 普段から資金繰りの悪い弱小企業は従業員から預かった社会保険料、お金に名前が書いてある訳じゃなし、それを借入金の返済や仕入れに使ってしまい、社会保険事務所に払わない。そういった会社が大変多い。だから社会保険事務所としては入って欲しくないらしい。

 と言う訳でくうみんがかかわった某企業は社会保険加入はしないことになった。
 こういうケースはかなりあると思う。まるで会社側が一方的に悪いようなことを言うが、実情はこんなものだ。

 そしてくうみんはこうも思う。
 日本の全会社が、社会保険に加入すると、社会保険制度が崩壊するのではないか。

 なぜなら、資金繰りの悪い会社はたいへん多い。会社側が悪意ではなく、資金繰りの事情で支払うべき社会保険料を国に払わなかったとする。

 しかし従業員は給与から天引きで支払っている。

 だから国は国民が支払った社会保険の給付として、お医者さんに掛かった時の7割を負担したり、厚生年金を国民に払わなければならない。

 そうなったら国民に支払うべき健康保険の7割負担分、年金の原資はどこになるのか?年金の財政が今より一層厳しくなって、健康保険の個人負担の増加、年金支給の繰り延べ、年金減額は避けられない。

 社会保険制度、それは生活の安定のため、素晴らしいことだ。しかし、あまりにも理想を追うあまり、原資のことも考えずに「すべての会社は必ず入りましょう!」と声高に言っていいものだろうか。

 特に年金!

 お金は印刷すればいいなんて言うんぢゃないよ。

 年金ちゃんと貰いたいよ~。

 少なくとも、元は取りたいよ~。

 ランキングに参加しています。おもしろいと思ったらクリックしてください。


FC2Blog Ranking
 


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
 

スポンサーサイト



テーマ : 年金制度について考えます
ジャンル : 政治・経済

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR