FC2ブログ

便りのないのは…お大事にしてください

 くうみんは6年前の9月に手術をした。だから他の癌友も、同じ日か、それに近い日に手術した人が多い。初めは3か月おきの検診で、その後半年、一年ごとと、だんだん少なくなるが、一年ごとの検診は10年間続く。

 くうみんは1年くらいで、「検査したくないんですけど」と当時の主治医に言った。「それじゃ、やめましょう」と言ったので、一切の検査をしていない。

 今年も一年ごとの検査があったらしい。
「無事でした~」
「大丈夫でした~」
 いい結果だと、すぐにメール連絡がある。そのたびに
「良かったね、おめでとう」
 と、メールを返す。
 
 しかし、再検査にひっかかったSちゃん、結果はとっくに出ているだろうに連絡がない。
「これはひょっとして…」
と思っていたら、案の定の連絡がきた。
「新規のがんが見つかりました。再発ではないそうです」
 う~ん、やっぱり…

 便りの無いのは良い便りと言うけれど、検査結果の場合はそうではない。

(くうみんの想像)
 大丈夫かな~、良性だったらいいな~。など思って診察室に行くと、先生はもったいぶって、なかなか口を開かない。と言うか、先生も言いにくいんだと思う。そしておもむろに言う。
「結果なんですが、悪性です」
「は、そうですか…」

 初めての時とはまた違う衝撃、これから仕事の算段をしなければならない。上司にまた報告しなければ…あ、電車乗りこしちゃった。ああ、今度は逆の電車に乗っちゃった…またあの病院の住人になるのか、嫌だな。
 まだ人に言えるような心境じゃないよ、トホホ… など考えるのだろう。 
 
 ガンが他の病気と違うのは、原因を叩けばよいと言う訳にはいかない所だ。正常な細胞が変化してなる病気だから、人によってガンの性質も違う。他の人に有効でもこの人には効かないと言うことがままある。

 そして各人の治療に対する姿勢も違う。
「闘病」する人もいれば、「養生」する人もいる。

 ただ、がん患者に共通して結構耳にするのは、
「頑張れって言って欲しくない。体調はどうですかなんて聞いて欲しくない」
 と言うこと。

 それではどう言おう?

 Sちゃん、お大事にしてください。お邪魔ではなかったらお見舞いに行きたいです、とメールに返信した。
  


 
 
 
 
ランキングに参加しています。おもしろいと思ったらクリックしてください。



FC2Blog Ranking
 


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村
 
 
スポンサーサイト



テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR