FC2ブログ

先生、なんであんな大声出したの?クワガタくうみん逃亡す くうみん過去を語る

大きな声を出したわりに、おじさんには
> 「…手術はしないで放射線で行ってみようか?」
> となったのね。その理由が、アタシにはわかりません。
>
> そのへんを詳しく次回お願いします。
> 転院って言ったから?
>
> それって・・・・

レインボウ様からこのようなご質問が。

 そうですね、私はその後、
「なぜあんな大声を上げたんですか?」
と、聞いたことがあります。

 すると彼は
「決心がつかないようだったから」
と、ニヤつきながら言うだけだった。まあ、つい感情的になってしまったんでしょうね。

「それじゃ、再手術なしで放射線行くか」
と言ったのは転院のことを切り出す前だったから、転院って言ったことが原因ではない。

 どうしてそんなに言うことが変わったのか、今となっては推測するだけ。

 再手術は嫌だと行ったとき、診察室の中では、日本が太平洋戦争でシンガポールを占領した時の会談で「YES OR NO?!」と、大声で迫る山下大将と俯くバーシバル中将を思わせる主治医とくうみんの姿があった。

 とにかく主治医は全摘の再手術をしなければ、やばい、危険だと強く思ったらしい。
「再手術しろ~~~!!〇×▲□☆!!」

 この大声は診察室を飛び出し、待合室や、他の診察室に大きく響き渡ったと思われる。

(想像)
「再手術しろ~~~!!〇×▲□☆!!」
 くうみんの診察が終わった後、次に診察室に入った患者の怯えた顔…
「あ、あわわ…よろしくお願いします…ひぇ!」

「再手術しろ~~~!!〇×▲□☆!!」
「ハッ、スナミ先生だわ!」
「あんな大声を上げるなんて!」
 ひそひそと噂する看護師達の声…主治医スナミがおトイレに行こうと通りかかると、わざとらしい咳払いと沈黙。

「再手術しろ~~~!!〇×▲□☆!!」
 他の診察室で診察していた先輩医師から、
「ああいうのはまずいんじゃないの?」
と言われたかも…

 くうみんはこの当時、ストレスで、常時瞼がピクピクする、チックを起こしていた。
 他の医師の診察の時、「あの先生は怖い、手術は嫌だ」と、瞼をぴくぴくさせながら訴えたことも耳に入ったかもしれない。
「チック起こしている。よほど怖い目にあったに違いない」

「患者は嫌だと思ったら、治療を拒否することができる。それなのに、治療を押し付けることはできない」

 冷静になってそう思ったのではないかと思う。

 しかし、主治医スナミは悪いばかりの医師ではなかった。入院したときには、朝は他のどんな医師よりも早く病室に来て、夕は遅くまで残ってくれて、回診してくれた。
 土日も病室を回って、何か悪いことはないか聞いてくれた。面倒見が良かった。 

 面倒見がいいと言うのは支配欲が強いことと裏と表の関係だそうで、ペットを飼うにしても、女は一緒に遊べる犬や猫が好きだけれど、男はビン、水槽に入れて一つの生命を完結させるようなクワガタや魚類を好む気がする。

そうじゃないかい?youさん、だまらお君。

 くうみんは、主治医にとってはビンの中で黒光りするクワガタのようなものだったかもしれぬ。

 しかし、そのクワガタはよっこらしょとビンから逃げ出したのだよ。

 ノコノコ、ノコノコ…こけつまろびつ…

 飛び立つと言うほどかっこいいものじゃなかった。

 逃げた先には何があったのか?



ランキングに参加しています。おもしろいと思ったらクリックしてください。


FC2Blog Ranking
 


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR