FC2ブログ

野獣倒れた

 「ウッホ~!!」野獣は叫んで木から木へと飛び移って行った。野獣は野猿、山猿、普通に言えばニホンザルなのであろうか?

 年経た雌猿のようだ。もう雄猿は相手にしてくれない。だから自活するしかない。つやのない毛並、そぎ落とされたような痩せた肉体。

 この間、観光客から奪い取った弁当はうまかった。それに味をしめて、また取ってやろうとしたら、見えない壁があって手がそこでつかえてしまう。

「お父さん!サルだ!サルが手を伸ばしてきた!」
「大丈夫だ、窓を閉めているからね。車の中までは来られないよ」

 中にいる人間は不安そうでもあったが、勝ち誇ったような顔をしているようにも見えた。ダメだ、あきらめよう。

「ウッホ~」

 そう言えばこの間、捨ててあった弁当を食べたら、じんましんが出て痒くてかなわなかった。食中毒と言うのだろうか?気を付けなくては。人間の食べるものと言うのは当たりもあればハズレもある。

 自然界のものはハズレなどない。いつもの木に行って、木の実でも食べることにしよう。
 そしてあの木の洞に行けば、またうまいものが食べられる。あれは私が見つけた秘密の食べ物だ。あれを食べると妙に陽気になる。ブドウの木のあったあの木の洞に、ブドウの実がたくさん落ちて、あのようになったに違いない。ヒック。

 木の実も食べた。あのうまい、奇妙に陽気になってしまう食べ物も食べた。
 体が熱い。あの食べ物のせいだろうか?いや、それだけではなさそうだ。喉が痛い。熱がある。首にぐりぐりがある。

 ダメだ。野獣の本能が休めと言っている。
 
 連日8度以上の高熱。おとなしくします。


ランキングに参加しています。おもしろいと思ったらクリックしてください。


FC2Blog Ranking
 


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 風邪
ジャンル : 心と身体

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR