FC2ブログ

くうみん走る!!

 日光に行って来て、片付けも済んだ。やれやれ、これで日常生活に戻れる。名残惜しいような、ほっとしたような…

 その時、電話が鳴った。おじさんが電話に出た。
「えっ、そうなの?いつ?そう、これからなのね」

 なんとなく落ち着かない様子。
「どうしたの、おじさん」
「Sおばさんが今日亡くなったって」
「えっ」

Sおばさんは、1、2年前まで一人暮らしをしていた。おじさん母の実家、そこに嫁いできた人だ。
 おじさんのお父さん、お母さん、おじさんと一緒にそのおうちを訪問したことがあった。

 嫁と言うのは不思議なもので、初めは一番軽んじられる立場なのに、いつの間にかその家のドンになっている。その家の天下取っている。
 考えてみればくうみんもいつの間にか、天下取っているような。

 Sおばさんは足はちょっとおぼつかなくて、つえを使っていたようだけれど、おばあさんと言う感じが全くない、若々しい人だった。
 訪問した時、栗の渋皮煮をごちそうしてくれた。おいしかった。そう、お亡くなりに… 

 今日6日にお通夜だそうだけど、さすがにそれには出られなくて、7日に行くことに。
 4日に帰ったばかりなのに、また出かけるの?しかも葬式!

 ああ、また用意するの大変。二人とも持病ある身ゆえ薬持っていかなきゃ。しかもくうみんの漢方薬は半端な数じゃないから、大変なのよね。喪服も点検しなきゃ。
 大変だな~。

 いや、待て。

 葬式のあるのはおじさんの母方の実家、伊勢神宮の近くでないかい?これは葬式にかこつけてお伊勢さんにお参りに行くチャンス!

 ってことで皆様、お伊勢さん参り…じゃなくて、Sおばさんの葬式、行ってきま~す!

 ああ忙しい!

と言う訳で、コメ返し、コメント、少し待たれよ。



 


 
スポンサーサイト



テーマ : 親戚付き合い
ジャンル : 結婚・家庭生活

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR