FC2ブログ

マンモグラフィーの害

 くうみんは乳がんサバイバーだ。しかし、乳がんまたその他のガンについて早期発見、早期治療を良しとしない。
 早期発見で10年生存率はこれだけ違うと、グラフで示してあるのを見かけるが、早期に発見すれば10年生存率は多くて当たり前だ。遅くに見つかったということはガンがで来てから、それだけ生きてしまっているからだ。

 統計というのはこういったバイアスがかかっていることが多いので、それを考慮に入れて考えないといけない。
 ただ、進行してから医者にかかると、拡大手術や、抗癌剤治療を勧められるので、それを断りきれない人にとっては早期発見は意味のあることなのかもしれない。

 常常そう思っていたのだが、くうみんがこんなことを言っても誰も信用しない。くうみんががんサバイバーと知らない人は、「あの人はおバカだから」と信用しないし、ガンサバイバーと知っている人は、「あの人は変わった人だから」と、相手にしない。

 しかし!ついに読売新聞が賛成してくれた! 

 いや、別にくうみんの意見に賛成した訳ではなく、世界は早期発見のための検査必ずしも有効ではないと言う流れになっていると報道していたのだ。

 11月7日の暮らしのページの「40代でマンモ検診の是非」
 日本では勧めている40代のマンモ検診を欧米では勧めていない。代表的な不利益はガンの疑いありということで不必要な検査をされる「偽陽性」。放っておいても大丈夫なしこりに対し、不必要な治療をする「過剰診断」。
 何よりもマンモの放射線による放射線被曝。ガンが怖いからとうける検査でがんになったなんてシャレにならない。

 ガンの治療はほかの病気と違って、副作用、後遺症が凄まじい。それなのに、不必要な治療を受けたら寿命縮むこと間違いなし。

 くうみんはかろうじて初期のうちに入る2期bという診断だった。その時は何も知らなかったので毎年検査を受けていればなあ、と思ったものだが、苦しい治療を受けながら、どうしたらいいのかネットや図書館で調べまくった。
 あんなに勉強したのは学生時代以来、悪い頭が痛くなるほど調べ、考えた。

 結果、ほとんどのがんに抗癌剤は効かない。例外的に効くのは血液のガンほか何種類か。ガンは本当のガンとがんもどきがあって、本当のガンは何をしても無駄で、がんもどきは何もしなくても生きていける。そう唱える近藤誠先生の言うことが一番信憑性ありと見た。
 
 くうみんのがん友には、現代医学に疑問を持って、治療拒否している人が何人かいる。この人たちとはブログ上で知り合った。ブログをしていなかったら出会わなかったと思う。よくこんな縁で知りあったというような不思議な出会いもあった。なあ、びんぼっちゃん。

 治療拒否組は元気だし、気持ちも明るい。心配していない。

 くうみんは癌友から「やけになって治療拒否しているの?」と聞かれることもあるが、違う、治療なんかしない方が絶対に長生きできると思っているからだ。

 もう過激なガン記事は書かんどこ、そう思っていたが久しぶりに血が騒いだ。

 早期発見なんて無駄。
スポンサーサイト



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR