ど偉い人の集まったオフ会と、shougyoku師下積み時代の一考察

 それは11月19日午前中のことだった。
 くうみんはしばらく掃除していないので、埃だらけになった部屋を、もはやここまでと観念して掃除をしていた。ぶぃ~ん、ぶぃ~んという掃除機の音に紛れて電話の鳴る音に気づいた。

「はい、くうみんです」
「くうみんさん、私shougyokuです」 

 美人霊能師、shougyoku師からであった。霊能師と言うと、なにか警戒する人もいようが、何を勧められる訳でもなく、普通の奥さんだ。
 聞くと、今度BSの深夜番組に出演の予定だそうだ。近年雑誌などに取り上げられることも多く、雑誌からテレビへと舞台を変えつつある。

「はあ、そうですか、では私、目の周りにサロンパス貼っつけてでも見ます」
「よろしくね、そうそう、今度25日は東京なんだけど、翌日皆さんにお会いできないかしら?」
「26日ですか?」
「私もなかなかそちらへ行けないのよ、くうみんさん、よろしく」
「へ、はあ、わかりました」

 と言う訳で「shougyoku師ファンクラブ」の面々及び、くうみんブロ友に招集をかけた。しかし、日にちが迫っていたし、平日なので、なかなか…
 結果集まったのは偶然にもセレブばかりであった。shougyoku師は今をときめく美人霊能師、mamatamさん会社経営、くうみん偉大なるブロガー、おじさん偉大なるブロガーくうみんの夫。

 セレブ達は浅草の洋食店グリルグランドに結集した。
 約束の6時半ちょっと前、店に到着するとshougyoku師はもうすでに来ていた。
「お久しぶりです」
「mamatamさんが来ませんね」
「先に頼んじゃいましょ」
 メニューを見て、シーザーサラダ、カキフライ、カキのチーズ焼き、ポークソテー、ハンバーグをとりあえず注文。
「mamatamさんの分、冷めちゃうね」
「遅刻だからやむを得ない」
 など話していると、mamatamさん到着。グッドタイミング、悪運強し。
「迷ってしまって」
 浅草の駅から少し離れているから、暗くなると迷うかも。

 料理は大変に美味しかった。おじさんは他のところが会場なら行かない、グリルグランドなら行くということで、今回来た。
 して、肝心の料理の写真はというと、いくらセレブでも食欲には勝てず、来るとすぐさま食べてしまい、撮ることができなかった。

 食べる前に気づいてやっと撮った貴重な映像
ポークソテー
 ポークソテー 柔らかくて美味しい。これは普通のポークソテーで、この上にプラチナポークソテーというのがあるらしい

ハンバーグ
 ハンバーグは目玉焼き付き

 このあと特製オムライスを2人前注文。普通のオムライスと特製オムライスとオムハヤシがある。特製オムライスはどこが特性かというと、デミグラスソースがかかっているのだ。少しほろ苦いデミグラスソースが美味しくて、いつも頼む。

「う~ん、うまかった」
「みんなも来られるといいね」

浅草寺
 帰りは浅草寺に寄って、新しくしたという提灯を見てきました。

スカイツリー
 浅草寺から見るスカイツリー

グリルグランド
 お手頃価格で食べられるおいしい店です
 
 shougyoku師はその昔この近くに住んでいたという。
「この店は当時高嶺の花でいつか行きたいと思っていたのよ」
 セレブshougyoku師にもそんな下積み時代があったのだ。shougyoku師は有名な台湾出身の画家、池依依依様と親しく、東久禰宮文化勲章もお受けになった高名な方…もう800歳という高齢ながら、その美貌は衰えることはない。

「そうだったんですか」
「ええ」
 セレブshougyoku師はふと遠い目をした。

 くうみんはもうすでに眠かった。目にサロンパスを貼り付けたかったが、持っていなかった…


スポンサーサイト

テーマ : 洋食
ジャンル : グルメ

一病息災 

くうみんはフィットネスクラブに通っている。そこにいる人は基本健康だ。何かしらの持病はあっても、そこそこ不自由はしていない。
 しかし、最近ひと月ほど来ない人がいた。
「どうしたのかしら」
「旅行にしても長すぎるし、ひょっとしてお母さんの介護とか」

 みんなでそんな噂をしていたが、誰かがその人の家族に偶然会った時、聞いたそうだ。
「脳梗塞でひと月ずっと意識不明」

 みんなこの話を聞くとびっくりしていた。だってそんな感じは全くなかったのだから。
「うっそ~」
「信じられないわ」
 家族と食事中に突然倒れたそうで、すぐに救急車で運ばれたけれど、手術もできない状態だったそうだ。早く病院で手当すれば大丈夫と聞いたことがあるがそうも行かないこともあるらしい。
 聞くとくうみんの義母が、先日診察を受けた病院に入院しているという。

「わざわざお見舞いに行くのもなんだし…」
「私、その病院に今度義母の検査結果を聞きにくことになっているの」
「じゃ、ちょっと様子を見てきてよ」
「えっ、でもかえって悪いような…」
「家族はきっといないと思うの。声なんかかけなくていいから、様子を見てきてよ、明日は我が身なんだもの」
 と言う訳で、今度くうみんが様子を見に行くことになりそうだ。なんだか怖い。
 
 その人はお酒を飲む人だけれど、飲む時はあまり食べないそうで、太ってはいなかった。サウナが大好きで、合計1時間くらいは入っていたのではないか。
 そういえば長嶋茂雄さんも、倒れたときは「サウナが大好きで…」と言っていたっけ。

 と言う訳で、くうみんの通うフィットネスクラブのサウナは今、閑古鳥が鳴いている。

 持病を持った皆さん、一病息災です。phiroさん、simantoさん、阿修羅男爵、持病があってお互い、一病息災と行きましょう。

 しかし酒はやめられない。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

大山鳴動してネズミ一匹

 くうみんは82キロウルトラマラソンに参加すべく、神奈川県某所に赴いた。前日参加受付を済ませると、参加賞のTシャツ他、注意書きをもらった。その中の一枚の紙を見ながら、くうみんは宿泊するホテルで、眉間にしわを寄せ、エイドステーションのご案内に見入った。
「スタート地点ではあまりいいものがない。第一給水地点では、甘栗…」
 マラソン大会で給水地点で、バナナやパンなど食べ物も置いてある場合がある。ウルトラマラソンではその距離ゆえ、食べ物は豊富なようだ。
 水やスポーツ飲料の他、いろいろと用意してある。

 第二エイドステーションではひとくちまんじゅうにミニ大福

 第三エイドステーションでは卵焼き

 第4エイドステーションではお稲荷さん

 第5エイドステーションでは精々グミやチョコなので期待できないので、次に行こう。

 第6エイドステーションでは豚汁と、雑穀おにぎりりがあるが、雑穀おにぎりはこのあとにもある。豚汁を第一にしよう。余裕があればおにぎりも。

 第7エイドステーションでは胡麻豆腐と絹豆腐がある。両方行くか?

 第8エイドステーションではパウンドケーキと紅茶

 第9エイドステーションではみかんとりんごか、う~ん、みかんのクエン酸を補給することにしよう。

 第10エイドステーションでは雑穀おにぎりだ。

 第11エイドステーションではコンソメスープとコーンポタージュ、そしてミニクロワッサンがいい

 そしてゴールではおでんは外せない 
 
 そんなことを考えながら、禁酒して駅前の中華料理店でラーメン他を食べてホテルに帰り、翌日に臨んだ。

 16日朝7時にスタート。

 大会委員長のスタートの合図とともに、一斉にスタートした。参加者は300人ほど。左側通行と、信号を守ることを注意された。交通規制はない。

 この前にも言ったが、くうみんは太ももの筋を痛めていた。先週筋トレをした時に痛めたのだ。普通に生活する分には差し支えないが、走ると痛い。

 走っているうちに痛くなることもあるので、今回は参加してみた。しかし、どうしよう。ますます痛くなる。
 とりあえず第一エイドステーションではスポーツドリンクと甘栗をゲットした。

 痛い。もうだめだ。第2エイドステーションで、言った。
「リタイアします」
 わずか15.1キロ地点だった。一口饅頭とミニ大福は抜け目なく頂いた。

 同じくリタイアする50代と思われる男性と一緒にスタート地点まで帰った。
 彼も足底筋膜炎を押して参加したが、どうも思わしくないのでリタイアすることにしたという。その方は、トレイルランをメインにしているという。トレイルランでは80キロくらいは普通で、30キロより短い大会は人気がないという。

「今度は160キロの大会に出るんです」
「160キロというと、制限時間はどれくらいですか?」
「48時間で、その中で仮眠もしますが自分との戦いですね」
「ほ~、私にはとてもできません」

 んなこと言っているうちにスタート地点に着いた。それぞれの目的地に向かう。くうみんは今日も昨夜と同じホテルに泊まる。

 ドアをたたいても、ベルを押してもおじさんは出ない。仕方ないのでフロントに頼んで開けてもらった。部屋に入るとおじさんが寝ていた。

「なによ、ドアを叩いたのに、気づかなかったの?」
「わかったけど、掃除のおばさんが来たのかと思って」
「掃除は断ったって言ったじゃない」
「間違って来ちゃったと思って」

 完走できなかったのは長いランニング歴で初めてだ。そしてこんなに短い距離でリタイアとは。
 そしてそもそも、本気だったのか?故障していたのは分かっていたはずだ。
 この状態で、フルマラソンやハーフマラソンに、出ていただろうか。そうではないだろう。ウルトラマラソンを、どこかでバカにしていた。
 
 くうみんのウルトラマラソンは拍子抜けで終わった。




 

テーマ : がんばれ自分!
ジャンル : ヘルス・ダイエット

大変な日々 その締めくくりになるのか?!ウルトラマラソン参加!

 最近大変な日々を送っている。おじさん母が、めでたく退院したのもつかの間、お医者さんにかかる必要が出てきた。なんのお医者さんかは、ちょっと…

 通院するとしたら、車椅子なのでいちいち介護タクシーを使うのも大変と、近くのお医者さんに行ったら車椅子の人の対応はできないと断られた。

 他の2件の病院も、医師不足を理由に断られた。ここで断られたら行くところがないと思って行った病院でやっと診察してもらえた。大したことはない、このままで大丈夫。
 よかった。ここに通院となると、大変だ。介護タクシー往復で5千円以上かかる。入院したほうが安いけれど、入院なんてさせてもらえないだろう。

 本当にここは大都会千葉県か!僻地じゃないんだぞ~!

 話は前後するがその前に、一通の大判封筒がくうみん宛に届いた。
「ウルトラマラソン参加のお知らせ マラソンは11月16日です」
「えっ!23日じゃないの?!」

 そう、くうみんはウルトラマラソンの日を一週間間違えていた。11月13日から伊豆北川温泉に一泊することになっている。
 13日から1泊して14日家に帰ったあと、15日に再びマラソン開催地に泊まりがけで行かねばならない。
 温泉でチョイナチョイナしている場合ではなかった。うかつだった。
 しかし、温泉ももうキャンセルできないし、仕方なくチョイナチョイナしてきた。

 今から82キロウルトラマラソン開催の地へ赴く。
 これが大変な日々の締めくくりになってくれればいいのだが…

 ウルトラマラソンには参加したことがない。怖い。足の状態もベストではない。
 ちょっと筋が張るようなところがある。先日痛めた足の甲がまだ…

 私、持病があるのに!ガンなのに!なんてバカなことを!

 賭場に連れて行かれる羊のような気持ちだ。

 今度こそ、死ぬかもしれない…


 

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

超迷惑ソフトウェアHAO123

11月9日夜、くうみんはパソコンに向かった。酔っ払っているので、この時間だと大して頭を使わないでもできるアンケートをすることが多い。

 2、3のアンケート会社に登録しているが、毎日回答して小遣い稼ぎをしている。そしてアンケートを終了して画面を閉じると、左下の方に見知らぬマークがあるのに気づいた。

 緑色の四角いマークで、「HAO」と書いてある。なんだろうとスタートボタンの「すべてのプログラム」を開くと、「HAO」と、「HAOのアンインストール」というのがあった。
 「HAOのアンインストール」をクリック、HAOマークもなくなったので、画面を閉じて、PC作業を終わらせた。

 今日、10日の朝、いつものようにメールをチェック、インターネットのホームページを開いて驚いた。 
 なんといつも設定しているヤフーのホームページではなく、HAOのホームページになっているではないか!
「なんじゃ、こりゃ!」

 ホームページ設定を元に戻すべく、画面上のおうちのマークをクリックしたがそこにはヤフーの姿はなく、ここではHAOを変更できなくなっている。
 HAOのアドレスをヤフーのアドレスに変えようとしても、できない。

 スタートメニューや、「コンピュータ」から、HAOを探し出してアンインストールしようとしたのだが、見つからない。どこかに隠れてしまうらしい。

 どうしよう。そう思って「HAO削除方法」を検索した。結構被害に遭っている人が多く、かなりの記事がヒットした。

HAO削除法はこちら

 やはり、くうみんがしたように「HAOアンインストール」をしても、どこかに残ってしまうと言っている人もいた。
 このまま悪戦苦闘するよりはこんな時はサポートをお願いしよう。
 くうみんはPC苦手なので、NTTリモートサポートを契約している。月々500円でこういうときに対応してくれる。先方と繋がれば向こうが遠隔操作してくれるので非常に便利だ。

 早速サポートセンターに連絡して対処してもらった。

 しかし敵もさるもの、削除させまいとして、削除妨害の対策をしているらしく、なかなか前に進まない。

 オペレータの女性によると、HAOは語感でなんとなく分かるようにアジア某国のホームページの会社が作っているもので、インストールした覚えもないのに、何らかのソフトウェアをインストールした時に勝手に入り込んでしまうという。
 
 HAOがホームページになると、重くなったり、見たいサイトを見ることができなくなったりするという。おまけにHAOが見せたいサイトを優先的に見せるようになるという。

 なんという迷惑なソフトウェアだろうか!さすが人の迷惑を顧みない某国の会社だ!
 NTTリモートサポートも苦戦したようだが、連絡しておよそ1時間30分後、無事ホームページは元のヤフーに戻った。

 ああ、便利だ。NTTサポートセンター。これを誰かに頼んだら、菓子折りのひとつ、食事の一回くらいはおごらねばならぬ。しかも何回も頼むわけにも行かない。
 頼もしい限りだ。

 やい、HAO、日本の技術をバカにするんじゃない!

 今日はこのくらいにしてやる!



テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

マンモグラフィーの害

 くうみんは乳がんサバイバーだ。しかし、乳がんまたその他のガンについて早期発見、早期治療を良しとしない。
 早期発見で10年生存率はこれだけ違うと、グラフで示してあるのを見かけるが、早期に発見すれば10年生存率は多くて当たり前だ。遅くに見つかったということはガンがで来てから、それだけ生きてしまっているからだ。

 統計というのはこういったバイアスがかかっていることが多いので、それを考慮に入れて考えないといけない。
 ただ、進行してから医者にかかると、拡大手術や、抗癌剤治療を勧められるので、それを断りきれない人にとっては早期発見は意味のあることなのかもしれない。

 常常そう思っていたのだが、くうみんがこんなことを言っても誰も信用しない。くうみんががんサバイバーと知らない人は、「あの人はおバカだから」と信用しないし、ガンサバイバーと知っている人は、「あの人は変わった人だから」と、相手にしない。

 しかし!ついに読売新聞が賛成してくれた! 

 いや、別にくうみんの意見に賛成した訳ではなく、世界は早期発見のための検査必ずしも有効ではないと言う流れになっていると報道していたのだ。

 11月7日の暮らしのページの「40代でマンモ検診の是非」
 日本では勧めている40代のマンモ検診を欧米では勧めていない。代表的な不利益はガンの疑いありということで不必要な検査をされる「偽陽性」。放っておいても大丈夫なしこりに対し、不必要な治療をする「過剰診断」。
 何よりもマンモの放射線による放射線被曝。ガンが怖いからとうける検査でがんになったなんてシャレにならない。

 ガンの治療はほかの病気と違って、副作用、後遺症が凄まじい。それなのに、不必要な治療を受けたら寿命縮むこと間違いなし。

 くうみんはかろうじて初期のうちに入る2期bという診断だった。その時は何も知らなかったので毎年検査を受けていればなあ、と思ったものだが、苦しい治療を受けながら、どうしたらいいのかネットや図書館で調べまくった。
 あんなに勉強したのは学生時代以来、悪い頭が痛くなるほど調べ、考えた。

 結果、ほとんどのがんに抗癌剤は効かない。例外的に効くのは血液のガンほか何種類か。ガンは本当のガンとがんもどきがあって、本当のガンは何をしても無駄で、がんもどきは何もしなくても生きていける。そう唱える近藤誠先生の言うことが一番信憑性ありと見た。
 
 くうみんのがん友には、現代医学に疑問を持って、治療拒否している人が何人かいる。この人たちとはブログ上で知り合った。ブログをしていなかったら出会わなかったと思う。よくこんな縁で知りあったというような不思議な出会いもあった。なあ、びんぼっちゃん。

 治療拒否組は元気だし、気持ちも明るい。心配していない。

 くうみんは癌友から「やけになって治療拒否しているの?」と聞かれることもあるが、違う、治療なんかしない方が絶対に長生きできると思っているからだ。

 もう過激なガン記事は書かんどこ、そう思っていたが久しぶりに血が騒いだ。

 早期発見なんて無駄。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

メダカ物語

 今年のゴールデンウイーク、市民祭りで稲の苗をもらった。バケツに土と水を入れて植えればいいが、ボーフラが湧くらしい。
「ボーブラ対策にメダカを入れましょう」
 そう書いてあったが、こんな汚い水に可愛いメダカを入れるのは躊躇していた。

 玄関の水槽にメダカを飼っていた。すぐに増えるというので楽しみにしていたらある日水草のウイローモスに小さな卵があるのに気づいた。
「うふ、これがメダカになるのだわ」
 しかし、待てど暮らせどメダカは孵化しなかった。どうしたのだろうと思ったが、どうも親が卵を食べている疑惑が浮上した。可愛い顔をして、無邪気に餌を食べるメダカ。くうみんが近づくとえさかと思って寄ってくるメダカ…
 
 エイ、自分の生んだ卵を食べてしまうとはなんという仕打ち。オメーら稲を植えたバケツに行け!ついでに憧れて買ったけど、花の咲かない茶碗バスの鉢にも何匹か入れた。人間で言えば島流しだ。
 玄関の水槽の卵は親と引き離したらほどなく孵った。

 と言う訳で茶碗バスの鉢、稲のバケツ、玄関の水槽と3箇所にメダカを買うことになった。
 夏の暑いあいだ、外のメダカにはボーフラ退治の役目を与えた。
「しっかり働けよ」
 かなり厳しい環境だったと思う。陽のあたる暑い時は、水温も半端なかろう。しかし、メダカは丈夫で、そんな環境にも耐え抜いた。

 そして寒さ厳しい最近、メダカを飼うブロ知り合い、育て屋シロー様は、メダカが寒くて死んでしまったらたいへんと、いろいろ工夫していると聞いた。
 そうか、それくらいは気を使ってあげないと可哀想だ。そう思ってメダカの引越しを思いついた。
 引越しといっても、発泡スチロールの箱にメダカを入れかれるだけだ。茶碗バスの鉢よりか、この方が暖かそうだ。

外飼いメダカ
 手前は稲バケツ、後ろは茶碗バスの鉢にいるメダカ。このメダカを発泡スチロールの入れ物に引越しさせる

寒かろう

 先に茶碗バスの鉢にいるメダカを引越しさせて気がついた。茶碗バスの水と、稲のバケツの水とは水質が違う。すぐに一緒にするのは無理がある。

 とりあえず稲バケツのメダカは、普通のバケツに避難させた。

バケツに避難
 バケツに避難

尾の曲がったメダカ

 この中にはこんなふうに尻尾の曲がったメダカもいる。どうしてこんなになったのかは不明。病気か、事故か?

 稲バケツの中のメダカは過酷な環境だったと思う。土が入っているのでどうしても水が少ない。

 過酷な環境だと、メダカもいじけてしまうのかくうみんが餌をやりに行っても水草の陰に隠れてしまった。
 しかし、何故かここでは子供が生まれていた。平和な水槽では、卵を食べてしまったのに、過酷なここでは卵は食べなかったらしい。過酷なところでは生存が危ういので、子孫を増やさなければという本能が働くのかもしれない。
 子供がいてはなおさら大事にしなければという気持ちが強くなった。とりあえず暖かい家の中においた。

子供メダカ1
 写真真ん中くらいに、子供のメダカがいるのがわかるだろうか?

玄関の水槽の水を網で救ってみたらなんとトロミがある。げっ、水カビだ!
 平和だと思っていた玄関の水槽がこんなになっていたとは驚きだ。どうすればいいんだろう。

 寒い外のメダカ、バケツに仮住まいのメダカ、水カビの来てしまった水槽のメダカ…

 ああ、メダカメダカ、汝をいかにせん…

玄関の水槽
平和だと思っていた玄関の水槽。実は水カビが…

テーマ : 淡水魚
ジャンル : ペット

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
fc2アフィリエイト
アフィリエイトです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR