FC2ブログ

皆様のご心配をよそに…

 皆様にはご心配をかけました。しかし、ちゃっかりくうみん、楽しんでいたのですよ。

 13日から一泊で、実は伊香保に行っていました。群馬在住のブロ友、キャロリンさんが駅まで迎えに来てくれるという。それはありがたい。
 
 キャロリンさんに、お土産を忘れちゃいけない。えい、面白くない!自分でヤケ食いしようとロマンチックな小舟のチョコレート、ピリッと切ろうと思ったその瞬間、
「あ、キャロリンさんのお土産にしよ」
 と思いつきました。
IMG_4277べかチョコ.jpg
 ロマンチックな小舟…べか舟は浦安でハゼ釣り、肥え運びなどに使ったと言う


いつもの格安ツアーで、上野から特急草津3号に乗り込みました。 
持ち込みのビールを飲み、お弁当を食べていると、主人は元気のないくうみんに気づきました。傷心のくうみんは目を赤くし、鼻をグズグズいわせていたのです。

 それに気づいた主人が言いました。
「どうしたんだ?何かあったのか?」
「いいえ…なにも。花粉ですわ、あなた」

 その時、主人、じゃなくておじさんが窓の外を見て言いました。
「おい!見ろ、すっげ~ホコリ!」
「どへ~、あれじゃ、ふとんも洗濯物も干せないよ」
 そう、上州名物からっ風です。こんなにひどいとは、初めて知りました。

IMG_4278からっ風.jpg
これはたまらん

 上州名物のもうひとつは、「カカア天下」です。そう言われてみれば、去年の藤原湖マラソンでも、キャロリンさんに会いました。旅館の一室でくつろいでいると、電話が鳴ったので行くと、車の前でキャロリンさんが、ご主人と一緒に立っていました。おこちゃまゴンタは車の中で、タラコ唇を少し開けて寝ていました。

「わざわざ来てくれてありがとう。部屋に入ってください、ご主人もどうぞ」
「いいえ、主人はここで待たせておきますわ」
 にこやかにキャロリンさんは言いました。そしてくるりとご主人の方に向き直ると、
「あんた!ここで待っているように!ゴン太が起きたらちゃんと世話しなさいよ!」
 ご主人は言いました。
「は、はい、奥様」

 キャロリンさんはまたこちらに向き直ると、にっこり笑って、いいました。
「これ、うちで採れたナスとトマトと、名産のお菓子です」
「あ、ああ、ありがとう」
 その態度の落差に驚きを隠せなかったあの日…

 そんなことを思い出しているうちに電車は渋川に到着しました。
「くうみんさ~ん、ここ~」
 帽子をかぶり、マスクをしていたので、わかりませんでしたが、キャロリンさんです。
「久しぶり~」
 そして渋川から水沢方面を案内してくれました。

 途中メロディーラインというところがありました。そこを通ると、地の底から、
「静かな湖畔の森の影から…」
 あのメロデーィーが聞こえるのです。ちょと不気味です。夜中に、知らずにここを通ったら、何かの霊現象と間違える人がいるかも知れません。
IMG_4289榛名神社.jpg
パワースポット榛名神社 もっといいことがありますように

IMG_4288.JPG
 榛名神社の滝 凍っているのが信じられない

 榛名湖は、今頃ワカサギ釣りで賑わうそうですが、最近ワカサギが一匹も釣れないそうです。去年の地震で放射能量を調べようと、漁をしたそうですが、全く獲れず、放射能検査ができなかったといいます。
 またここで安心してワカサギがとれるようにしたいものです。
IMG_4292榛名湖.jpg
ワカサギ釣りおやぢのいない榛名湖。寂しいものぢゃ。後ろに見えるのは榛名富士

 
 群馬の名物に「焼きまんじゅう」と言うのがあるそうです。
「これをどうしても食べてもらいたいの」
「へー、どんなんだろう」
 しかし焼きまんじゅうの店はなかなか見つかりません。
「ここは温泉まんじゅう」
 キャロリンさんはあっちこっち探します。

「私たち、温泉まんじゅうでもいいです」
 するとキャロリンさんは強い声で言いました。
「ダメ!絶対に焼きまんじゅうじゃなきゃ!あ、ここで聞いてくるわね」

 車を降りて一軒の道の駅に入りました。キャロリンさんの頭の上に陽炎が立ち登っています。
「これは絶対に焼きまんじゅうを食べなくては」
「そうだな、あそこまで熱心にされては…」
 程なくしてキャロリンさんは戻ってきました。
「ダメだわ、ここは湯の花まんじゅう…」

 しかし、やっと一軒の焼きまんじゅうの店を見つけました。

 続く



 面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト



お詫び広告 お騒がせしました

 こんばんは。この数日、お騒がせしました。
 間違ったことを言ったつもりはありません。しかし、あまりにも感情的になってしまい、Nさんには不快な思いをさせたと思いますし、皆様にも
「くうみんってこんなんだったのか!」
 と、びっくりさせたことについては申し訳なく思っています。
 はい、こんなんです。
 今回の教訓です。もっと冷静に反論すべきだったと思っています。

 何よりはじめのタイトル、白状しますが、
「ブログ閉鎖を賭けて言う!」
とまで言ってしまいました。しばらくして、あまりにもまずいと、書き直しましたが、日本ブログ村の方では、しばらくそのまま。
「ギャ~~~!!」
 と思いました。

 それこそ一連の記事を削除すれば簡単なのかもしれません。しかし、我が罪は常に我が前にあり、それだからこそあまり頭がいいとは言えないこのくうみん、このままにして自身の戒めとしたいのです。
 
 あまりに感情的になり、N氏、その他の皆様に不快な思いをさせたことは申し訳なく思います。ごめんなさい!

 でも、しかし、なんだな、やっぱり喧嘩はブログの華。

 次行くの、お許しください。

 面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR