FC2ブログ

新竹の大晦日はエロの香り

 今日は大晦日、日本なら何かとバタバタ忙しい雰囲気が街中に溢れていますが台湾では旧正月を祝う習慣なので、そうでもありません。

 朝食は期待していなかったけれど、中華風炒り卵、ナス炒め、豚角煮、八宝菜の4種類のおかず、スープはコーンスープで、思いの他おいしかったです。
 しかしおじさんは相変わらずお腹の具合が悪く、お茶飲んで終わりです。おいしいのに。

 あすの高雄行きの新幹線を予約すべく駅に行きましたが、予約が取れません。いっぱいです。在来線の自強号やバスにすると、4、5時間かかるというし、高雄からの道中も長いものです。
「どうしよう?」
 よ~く考えて、バスで台北に戻り、そこから予定している花蓮に行こうということになりました。

 大幅な行程変更です。正月は特に祝いはないにせよ、日本と同じくらいの休みがあるということなので、予約は日本からしたほうがよさそうです。

 がっくりしながら街歩き
IMG_3931お寺の御神体.jpg
台湾では何もない街でも、必ず廟が何カ所かあります。この神様、日本人のセンスと違います。

IMG_3934金.jpg
センスが…わかるでしょうか?

 今日も自助餐で食料調達、おじさんがお風呂に入っている間に、机の上をふと見ると、cotton と、書かれた小さなものがあるのに気づきました。「コットン、化粧落としかな?気が利くこと」
と思い、手に取ると、なんだか手触りが違います。開けてみると、丸くなった小さなものが入っています。
「えっ」

 表書きをよく見ると、cottonではなくcondomと書いてあります。コットンではなく、こんどうむです。
「どへ~!!」

 気を取り直してテレビをつけて、日本語放送を探してチャンネルを送っていると、なんとエッチ番組が3チャンネルも…

「あはん」「うふん」
 裏です!これは裏ナントカいう物!ナントカといったのは、○○ビデオというと、楽天倫理委員会からクレームが来るからです!

 そのうちおじさんが風呂から上がってきました。
「おじさん!こんなところにこんな物が!テレビにはエッチ番組が!」

「こんどうむはこういう時代だから、啓蒙の意味があるのかもな。エッチ番組?台湾の人はオープンなのかな?」

 そういえば何年か前、登山の届出のために警察に行った時も、待合室に男性向けのエッチ雑誌が何冊かあって、別に照れもせず男の警官が白湯を出してくれたのを思い出しました。

 しかし、ここまでのエッチ番組がテレビで見られるのは他のホテルにはありませんでした。
 風呂桶があんなに大きいのも、二人で入れるようにかも?
 ここってラブホテルなのかなあ。でもちゃんと代理店を通して予約したし、朝食会場でも、親子連れがいたよなあ。

 おじさんの腹具合はまだ本調子ではなく、おじさんは早々と寝てしまいました。夜、10時頃から外で花火を打ち上げるような音がしました。
 なんだろうと思いましたが、窓のない部屋なので、外まで行くのが面倒でそのままビールを飲んでいました。

 12時近くになっても眠れないので、部屋の外に行き、廊下の突き当たりにあるバルコニーに出ました。粗末な「旅社」によくあるような、レトロなバルコニーです。

 近くに目をやると、そこにはデラックスタイプの部屋に付いているバルコニーがありました。男女が二人で花火を見ていましたが、くうみんの姿を認めると、ささっと、部屋の中に入ってしまいました。
 なんで?と思いましたが、何か子細ある二人なのかもしれません。

 「うわ~」
 花火だ!遠いところで花火が上がっているのが見えました。写真で撮ると、この程度ですが、何発も打ち上げられて、かなり迫力があります。

IMG_3954花火.jpg
ヘタですみません

IMG_3955花火2.jpg
かなりな迫力だったんですが…

 部屋に戻ると、おじさんも目を覚ましていました。
「おじさん、花火だよ。見ようよ」
 おじさんもバルコニーに出てきました。

「へー!すごいな」二人でしばらく花火を見ていましたが、そのうち真下から花火が打ち上げられ、火花がこちらに飛んできました。

「ひえ~!!」
 誰かが個人的に花火を打ち上げたらしいのですが、小型とは言え真下からなので火の粉が怖い。
 花火を打ち上げるのは台北だけではなく、台湾全土で打ち上げるそうです。個人が花火を打ち上げるのも黙認だそうで、けが人や、火事は出ないのかと心配になりました。



いま台湾で一番人気の女芸人(お笑いではない。芸能人というほどの意味)、謝金燕様。年越しで歌を歌ったが、視聴率がすごかったそうだ。 性感М字腿(セクシーなМ字開脚)漢字で書くとなおさらエロい

 楽天倫理委員会は果たして通るか?
  

 面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト
検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR