FC2ブログ

健康保険の話 そして少し医療保険の話

 ブロ知り合いのやまんばやさんが医療保険を解約したそうです。
「将来の不安より今を楽しみたい」
 くうみんみたいなことを言ってくれてます!

 皆さんも加入していると思いますが、日本は国民皆保険と言って、健康保険に入ることを義務付けられています。

 医療保険って、そんなに必要でしょうか?健康保険はかなりの優れものです。保険の範囲内の医療に限りますが、かなりの給付があります。
 
 その中に高額療養費制度というのがあります。一般の年収の人が、ひと月の医療費の自己負担額がおよそ8万100円を超えた場合、払い戻しの対象になります。
 多数該当といってその状態が一年で4ヶ月以上あると、4ヶ月目からは4万4千400円を超えるとその超えた分が払い戻しされます。

 入院の時は自分の加入している保険組合で、「限度額認定証」をもらってきてください。これがない場合はあとから返してくれることになりますが、あれば、支払いの時に限度額だけ払えばいいのです。
 
 最近は入院だけでなく通院でもこの制度ができたらしいので、自分の加入している保険組合に問い合せてください。
 例えばハーセプチンなど、高額な抗がん剤を使う場合には対象になるでしょう。

 簡単なことを難しく解説しているホームページばかりですが、これなんかどうでしょう?

高額療養費の計算

 その他、海外で病気やケガをした時も、海外旅行保険だけでなく、健康保険からも「この病気や怪我を国内で治すといくらになるか」ということを基準にして払い戻しを受けることができます。これも専用のフォームがあるので、健康保険組合にお問い合わせを。

 海外でお医者さんにかかったら、まず健康保険に申請し、領収証はすぐ使いたいから、今返して欲しい、と言えば「原本確認」の手続きをしてくれます。それから海外旅行保険で、その領収証を使いましょう。2重に請求できます。

 健康保険の手続きは大きな声では言えませんが、書類が完全でなくても、出してくれるゆるいところもあるので、ぜひ粘るように。

 くうみんは医療保険はどうしているかというと、県民共済だけ入っています。

 ひと月一人2千円ですが、毎年割戻金が5千円ちょっとあります。これで入院の時も、一日あたり5千円もらって、ランニングや、重いものを持って足腰痛めた時も通院一日につき千円もらえます。
 ただし、何日以上の通院入院に限る、という制約はありますが、これで十分だと思っています。

 3年前に86歳で肺がんで亡くなった父について言えば、決して多いと言えない年金暮らしなのに、毎月2万5千円ほどをがん保険に支払っていました。

 何年くらい払っていたのか知りませんが、加入には年齢制限もあるので、少なくとも5年はかけていたと思われます。5年間かけていたとして、少なくとも150万円の出費です。

 肺がんにかかって入院…しかしその時はもう末期も末期、抗がん剤も使えない状態でした。 金銭的にはしようと思えば出来たんだろうけど、苦しいだけのことはさせたくない。無駄なことです。

 そしてそんな大枚はたてもらった保険金は85万とんで320円。コスパ悪すぎ…
 

 面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ



スポンサーサイト



検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR