FC2ブログ

酒豪対決 マダムX

 くうみんのパソコンにメールが届く。
「今日は勝負の日ですわね」
 くうみんは返事を書く。
「負けませんわ!」
 それに対し、返事が届く。
「お宅様から西北の方角をご覧くださいませ。赤い狼煙が上がりますわ!それが私の決意表明ですの!」
 どれどれ、何だ何もありゃしない。またメールを送る。
「狼煙なんか見えませんわ」
 返事が来る。
「ほほほ、嘘に決まってるじゃありませんか!」
 ちっきしょ、マダムX。

 今日はマダムエックスと酒豪対決の日です。

 都内某所で夕方5時に待ち合わせ。もういらしていますわ。
「ごきげんよう、ハイキングウォーキングQ太郎さん」
「ごきげんよう、大山のぶ代さん」

 早速美味しくビールの飲めるお店に直行。エスニックのお店でございますわ。

 どれもこれも初めて食べる料理ではありますが、ピリ辛の味がクセになりそうです。
 マダムXとは勝負を忘れ、しばし歓談。
 友達の噂話をし、家族のこと、健康のことなどを話し合いました。
「ま~ったく、困った人もいるんでございますわね~」
「ほんっと、びっくりしたでございますわ~、あ、ビールおかわりお願いしますわ!」
「私も」

 くうみんは、運動してきたのでピッチが早い。実を言うと、缶ビールを2本飲んできました。喉が渇いていたんだもの。
 
 しばらく経って河岸を変えます。今度は若い人たちで賑わう高い椅子がおしゃれなお店です。
 しかしくうみん、もうそろそろ限界が近づいた~!!
 
 だめだ…もう烏龍茶にしようか…となりのマダムエックスは…
「私、ブラディメアリがいいんだけど」
「は、お作りできますよ」
 げっ、まだ飲むのか!!う~ん…
「私はウーロン…じゃなくて、これ!」

 よくわからないカクテルを指差し、注文しました。つまみは、焼き牡蛎とピクルス。ピクルスはきゅうりでも出てくるのかと思ったら、パプリカやカブ、ヤングコーンを酢漬けにした彩良いものです。

「味はどうにかなるんでございますけど、こんなふうに彩りよく盛り付けって出来ないんですの」
「私もですわ!うちでは炒め物や煮物が多いんでございますの」

 そのうち焼きガキが来ましたが、これがひと皿5個入り。二人で行くと喧嘩になりそうです。6個にすればいいのに。
 でも、お腹の方も限界なので、マダムエックスに食べてもらう。

「私、もう限界ですわ。もう飲めないですわ」
「おほほ、私、まだウイスキーでも焼酎でも飲めましてよ。私の勝ちね、くうみんさん」
 
 おほほほほ~!!

 薄れゆく意識の中、マダムエックスの高笑いが聞こえる…

「楽しかったですわ、マダムX」
「こちらこそですわ」
 二人で駅前で固い握手を交わし、またの勝負を誓いました。

 という訳で、5時から始まり、夜10時半まで、5時間半にも及ぶ過酷な酒豪対決はマダムXの完全勝利に終わりました。
 やはり出かける前に飲んだ缶ビール2本が敗因だったのだろうか?
 
 また明日から酒豪対決に勝利すべく鍛錬、精進の日々が続きます。
  

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ

クリックいただければ幸いです。励みになります。


スポンサーサイト



検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR