FC2ブログ

いじめをしているあなたへ 本当にあった怖い話

 最近中学生のいじめ問題が新聞、テレビで取り上げられています。いじめはあったと生徒は証言しているのに、それでもしらを切り通す学校側の隠蔽体質には呆れるばかりです。

 いじめというのはもちろん、昔からあるものでした。くうみんは、ある実話を知っています。本当にあった怖い話…

 あるところに一人の女の子がいました。S子といいます。家はぼろぼろ、貧しかったのですが、それなりに幸せでした。
 S子はお父さんとお母さん、そしてお姉さんとの4人家族でしたが、ある日お母さんが家を出ていってしまいました。

 それを知ったクラスのいぢめっ子のG君。いいネタが見つかったと舌なめずりしました。早速学校に行くと、S子を槍玉に上げました。
「こいつはボロボロの家に住んでいるんだぞ~!こいつの母ちゃん、逃げちゃったんだぞ~」
 S子は少しは言い返しましたが、悲しくて、泣いてしまいました。
 中学になって、学校がかわると、G君と会うこともなくなって、やれやれと思っていました。

 時は過ぎ、豊かな時代が訪れました。S子も大学に進むことができました。美しく成長したS子に、憧れの目を向ける男子学生は多く、ファンクラブも出来ました。ファンクラブの会長は空手部の主将です。
「S子ちゃん、困ったことがあったら何でも言ってね」
「ありがとう」

 大学進学して間もないある日、見た顔に会いました。
 なんとあのいぢめっ子のG君です。
「えっ」
 もう縁が切れたと思ったら、こんなところで再会するなんて!」
 S子に気づいたG君は、でへへ、またいぢめてやろうと舌なめずりをしました。
「みんな、コイツは子供の頃、ボロボロの家に住んでいたんだぞ~!こいつの母ちゃんは逃げちゃったんだぞ~」
 またいぢめをして来ました。

 ふん、見てなさいよ!私は昔の私じゃないのよ!
 S子は、ファンクラブの会長である空手部の主将に涙ながらに訴えました。
「GがS子をいぢめるの!ボロボロの家に住んでたって。お母さんが逃げちゃったって!」
「それはお前のせいじゃないのに、かわいそうにな」

 空手部の主将とS子はG君を人目につかないところへ呼び出しました。
「お前は小学生か!」
 主将はG君をボコボコに殴りつけました。
「S子に土下座して謝れ!」
 G君はS子の前で、土下座し、
「どうもすみませんでした」
と、泣いて謝りました。G君は鼻の骨を折る重傷を負ったそうです。

 S子の怖いところは、この一回だけでなく、その後何回も主将にG君を殴らせたところです。
「ああ!怖い!あのいぢめを思い出すと…息ができなくなる!」
と言って。

 そして4年はまたたく間に過ぎ、G君は学校の先生になりました。
 これを聞きつけたS子は、その学校の校長に電話をして、
「そちらで教鞭をとっているGは小学生の頃こういういぢめをしていたのですよ。そんなのが先生になっているなんて信じられません」
 と、詰め寄りました。G君がその後、どうなったかは判りません。多分どうにもなっていないと思いますが。

 くうみんもそのうち、S子とは付き合いがなくなりました。
 子供の頃は弱かったけれど、美貌という力をつけてS子も何か狂ってしまったように思います。

 そんな美貌もないので、私なら、
「こいつは…」
と言われたら、
「あんた、いくつになったの?」
で、終わりな気がします。

 しかし、力関係の変化は、よくあるもの。特に女は魔物。いぢめる側がいぢめられる側に、福禍はあざなえる縄のよう…


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ

クリックいただければ幸いです。励みになります。


スポンサーサイト



検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR