FC2ブログ

激しいトレーニングの後で 房総の朝から夕焼けじゃなくて日焼けの夕べまで

 翌朝7時少し過ぎに目が覚めると、おじさんが浴衣を着てゴソゴソしています。
「お風呂行くの?」
「うん」

 二人連れ立って一階のお風呂へ。女湯には2、3人の先客がいました。
「ここはいい湯なんだけど、眺望がないからな~、富士山の絵でも書いたらどうだろう?」
 そんなことを考えながら湯に浸かり、ついでに歯を磨きます。
 部屋に戻り、ビールの空き缶をざっとゆすいでからスーパーの袋に入れ、コップを洗うと、おじさんが帰ってきました。

 二人でビールを飲んだ後、朝食券を持って、レストランに向かいます。レストランの入口には、浴衣のそでを汚さないよう、黒いゴムでできた輪っかが置いてあります。そそっかしいくうみんはよく袖を汚すので、こんなものがあると助かります。それを二つとって入口のお姉さんに朝食券を渡しました。
 窓際の席を陣取って、ブッフェに向かいます。お腹の調子も元に戻ったのでやっと普通に食べられます。
IMG_2405朝食1.jpg
朝食第一弾。普通です

IMG_2407朝食2.jpg
 朝食第2弾。ご飯は少なめにしました

 温泉卵はもちろんありますが、生卵があるのが嬉しい。どこかののホテルで、
「生卵は衛生上の理由でお出しできません」
 など言っていましたが、日本人の一番好きな卵料理は、生卵をかけたご飯ですよ!

 旅館で生卵を出さなくなったのは、どこかのマヌケが
「料理していないものをお客に出すのは手抜きだ!」
 などと言ったからだそうです。

 くうみんの子供の頃、生卵は旅館の朝食に付きものでした。なんて言ったら歳がバレますが、こうして少しずつでも生卵を出してくれるところが出て来たのは生卵大好きなくうみんにとってうれしいことです。

 10時にチェックアウトなのでフロントに荷物を預け、無料貸出の自転車に乗って周囲を散策しました。

IMG_2411ハマダイコン.jpg
ハマダイコンは砂浮琴さんによると海浜性の野生の植物ですと。くうみんは誰かが植えたのだとばかり思っていました~

IMG_2417オレンジ色の花2.jpg
この花はなんでしょう?初めて見るオレンジ色の花

IMG_2413亀田総合病院13階ラウンジ.jpg
亀田総合病院の展望レストランからの眺め。一般の人も使えます

IMG_2414亀田総合病院.jpg
病院とは思えませんわ!

IMG_2418輝くマツバギク.jpg
マツバギクが輝いていますわ!

 14時45分、ホテルを出発。トイレ休憩と土産物を買う便宜のために、2箇所ほど寄ってから東京駅には18時頃到着。
 夕食はこれから作るのは大変なので、焼肉大同苑に行きました。おいしかったよ、よだきゅうさん。
 
「日焼け、すごいな」
「うん、すごい」

 くうみんの腕や手は、原始的でたくましく、あまりエレガントとは言えません。ほっそりした白魚の手に憧れます。
 どっちがくうみんで、どっちがおじさんでしょう
IMG_2422食うみん日焼け.jpg


IMG_2424おじさん日焼け.jpg

 う~ん、二人とも真っ黒。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ

クリックいただければ幸いです。励みになります。


スポンサーサイト



検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR