FC2ブログ

結構いけた激マズデザート

「低カロリーのデザートがあるって聞いたから買ってみたの。すんごくまずいのよ」
 好きなデザートのことをフィットネスクラブのサウナで話していた時、Kさんが言いました。

「それって癖があるってこと?」
「ううん、そうじゃないの。癖がある訳じゃないけど、まずいのよ」
「へ~、興味あるな、癖もないのにそんなにまずいデザートって」
「よければ今度持ってくるわよ」
「えっ、いいの?」
「うん、あと4個残っているんだけど、このままだと捨てるしかないから」
「あら、そう。じゃあいただきたいわ」

 そんなにまずいデザートってあるんだろうか?
 まずいデザートといえば、甘すぎるという理由が一番考えられます。今まで食べた中で一番まずいと思ったのは、会社務めしているときおやつの時間に配られた誰かのお土産です。

 ぶどうの一粒をかたどったそれは、黒いあんこで出来ていました。一口で食べられるサイズだったので、パクリと一口しました。
「うっ!」
 甘い!甘すぎる!どうやったらこんなに甘くできるのか?甘くするにも限度があって、なかなかここまでの甘さというのは出せるものではありません。
 持ってきた人に悪いので、おおっぴらには言いませんでしたが、他の人たちも同じ反応でした。

 その昔おじさんのばあちゃんが健在だった頃のことです。健康といっても年をとると味がわからなくなるものだそうで、お義母さんが得意のあんこを作ったとき、いつも言うのです。
「全然甘くない。もっと砂糖を入れるように」

 そこでお義母さんは、ヤケクソになって砂糖をガンガン入れてあんこを作りました。くうみんも見ましたが、出来たあんこは砂糖が結晶になってザラザラしています。
「これ、すごいことになっていますね」
「これでもダメだっていうの」
 お義母さんは、がっくりと頭を垂れました。

 お義母さんはそれ以上甘いあんこを作るのを諦めました。
 あの激甘ぶどうあんこがあったら!ばあちゃんも満足しただろうに、世の中うまくいきません。

 それ以外で、そんなにまずいデザートというのは食べたことがありません。外国に行けば、好みもあるので、口に合わないデザートがあるかも知れません。

 翌日Kさんは、件のデザートを持ってきてくれました。
「これよ、超まずいデザート」
「わあ、ありがとう。そこまで言われると、どんなにまずいのか、期待しちゃうなあ」
「も~、驚くわよ」

 家に帰って、冷蔵庫にそのデザートを入れました。
 晩酌し、ご飯を食べてから、さっきの「激マズデザート」を食べることにしました。
 冷蔵庫から出したその、まずいまずいデザートは程よく冷えています。ナントカ言う大学と、製菓会社が共同で作った、超低カロリー水ようかん。ひとつわずか18キロカロリー、だって。

 「うふふ、どれくらいまずいんだろう?」
 くうみんはそのまずさを思い、胸をワクワクさせて(というのもおかしな話ですが)、スプーンですくって食べました。
「ん」
 何だ、そんなにまずくないじゃん。美味しいじゃん。あずきの量が少ない水ようかんといった感じなので、あずきの好きな人には物足りないかも知れません。しかし、水ようかんとは別物なのだし、これはこれで美味しいと思いました。

 結構いけた激マズデザート、甘さが抑えてあって、くうみんとしては結構いけました。
 しかし、商品リンクするのも微妙なので、やめておきます。


 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


日記・雑談 ブログランキングへ

クリックいただければ幸いです。励みになります。


スポンサーサイト



検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR