FC2ブログ

ヘンゼルとグレーテルじゃなくてくうみんとドクダミ 阿修羅男爵の家を乗っ取り

 真夜中家を出た二人は、電車は高いので高速バスで東京に出ようとしました。
 しかし、高速バスのバス停を探しているうちに、道に迷ってしまい、いつの間にか森の奥深くに入ってしまいました。

「うわ~ん、ねえちゃん、どうしよう」
「困ったな」
 くうみんが周りを見渡すと小屋のようなものが見えました。
「おっ、あそこに何か建物がある。行ってみよう」

 建物は2軒並んで建っています。明かりのついている建物には、誰かがいます。
 悪事ばかり働いている二人は捕まったら困るので、明かりのついていない小屋に行きました。それは、お菓子でできていました。

「お菓子だ!お菓子でできてるよ、これ」
「姉ちゃん、おなかすいたし、これ食べよう」
「あったりまえじゃん!」
 くうみんとドクダミはおなかいっぱいお菓子を食べると、眠くなってそのまま寝てしまいました。

 翌朝は隣の家の人が寝ている間にトンヅラこくつもりでしたが、つい寝坊してしまいました。
「あなた達、こんな所で寝ていちゃだめよ」
 優しい声で目が覚めると、そこに黒い頭巾をかぶったド派手メイクのおばさんがいました。くうみんもドクダミも朝は苦手なので、いつもの悪態が思うように出てきません。
「ふぁ~、悪いことなんてしていないよ~ん」
「ふぁ~。お菓子の家なんて食べてないよ~」

 黒い頭巾のおばさんは、ちっちっと言いながら人差し指をワイパーのように動かして言いました。

「あなた達、嘘は良くないわ。このお菓子の家を食べたでしょ。これは今度のお菓子コンテストに出すものだから、食べないで。その代わり、こっちへいらっしゃい」

 家に入ると、そこにはお菓子や焼きたてのパンがたくさんありました。
「おばさんはね、阿修羅男爵と言うのよ。お菓子やパンを作るのが大好きなの。たくさん食べてね」
 近くの大きな鳥かごには、オウムがいます。
「この子はのん太郎と言うの。かわいいでしょ?」
 おばさんは異形のド派手メイクですが、優しくていい人のようです。

 パンとお菓子をたらふく食べ、元気が出ると、また悪事をすることを思いつきました。 
「このおばんなら、うちらの言いなりにできる…力もなさそうだし」 
 くうみんとドクダミは、へっへっとにやつきながら視線を交わしました。

「こら、おばん!あたしらを誰だと思っているんだい!楽天村の鼻つまみ者、くうみんとドクダミだい!」
「ひ、ひぇ~!!あの悪名高いくうみんとドクダミ!助けて~!」

 くうみんとドクダミは男爵の家を乗っ取ると、男爵を家政婦代わりにこき使い、自分たちは遊んで暮らしました。
「姉ちゃん、この、のん太郎って、焼き鳥にして食べちゃおうよ」
「そうだな、でも、このままじゃ肉が少なすぎるから、もっと太らせてから食べよう。おい、男爵、のん太郎にえさを今までの10倍あげるように」
「そんな、食べるなんてかわいそうなこと…」
「るっせ~、おめーもいぢめたことがあるだろう!あんたのブログ、見てるぜ!」

のん太郎をいぢめる男爵親子

 太ったら食べるなんてのん太郎がかわいそうです。
「そうだ、私がのん太郎のエサを食べてしまえばいい!」
 そう思った男爵はのん太郎のエサを食べ続け、10キロも太ってしまいました。

「おかしいなあ、のん太郎が全然太らない」
 くうみんはいぶかしみましたが、まさか男爵が鳥のエサを食べているとは思いもよりません。男爵の衣装はつま先まであるダブダブの黒い服なので、男爵が太ったのも判りません。

「ああ、誰か助けて!」
 そう祈り続ける哀れな阿修羅男爵…

 阿修羅男爵の運命やいかに?!

 続く

  
 

クリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


乳がん ブログランキングへ


スポンサーサイト



検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR