FC2ブログ

糖質制限食は危険か?

くうみんの天敵は、玄米菜食を推奨している野母伊のおっちゃんです。そのおっちゃんの友達がやっているブログが、「蚤とダイエット」です。そのブログにこんな記事載っていました。

為谷ブログに良く来る方の、「糖質制限食がいかに危険なものか」と言う意見を紹介しています。くうみんはコメントをする方を傷つけたくないので、リンクせず、かいつまんで言います。許せ、コメンテイター。

 糖質制限食は危険な食事法である。
 玄米を食べ、副食を少なめにと言うのが、糖尿病他の生活習慣病の予防になるはず。
 穀物ゼロの食事で、動物性たんぱく質も制限せずに食べていたら、大変なことになる。

 このようなコメンテイターの意見に対し、

本当にどうなんでしょね?
これが怪しげな民間療法の治療師が提唱しているのだったら、みなさん、
懐疑的になって、それを採用するには十分に検討をすることでしょうが、
この糖質制限食、低炭水化物療法は、医師が提唱し、
指導しているがために、困った問題だと思います。

 と、為谷のおっちゃんは述べておられます。

 糖質制限食について少し誤解があるようなので申し上げます。糖質制限食と言うのは、穀物を全く食べない食事法ではありません。
 血糖値が極めて高い場合は全く穀物を食べない食事もありますが、基本は一日1食は玄米のような未精製の穀物を食べます。
 さらにダイエット目的の場合は一日2食は未精製の穀物を摂る、プチ糖質制限もあります。

 さらに、動物性たんぱく質を制限なしにたくさん食べるようにとも言っていません。
「肉はなるべく少なめに、魚は積極的に食べるように」

 砂糖は絶対にダメ、野菜、豆類はたくさん食べるように。果物も食べ過ぎないように。

 ただし、腎臓が悪い人にはお勧めできません。穀物を減らすと植物性たんぱく質、例えばおからや大豆粉などの摂取が増えたり、野菜の摂り過ぎなどが問題になるからです。

 糖質制限食には玄米菜食との共通点もあります。

 穀物は未精製のもの。豆、野菜はたくさん摂る。砂糖はだめ。

 違うところは

 穀物は病状により制限する
 肉も魚も食べていい。
 
 そんなところでしょうか?

 >玄米を食べ、副食を少なめにと言うのが、糖尿病他の生活習慣病の予防になるはず。

 これについては、くうみんもずっとそう思っていました。しかし結果は惨憺たるものであったことは27日の日記に書いてある通りでした。

 本当にどうなんでしょうね?
 糖質制限食は糖尿病に効く、ダイエットにも有効などと、野母伊のおっちゃんのようないつもランキングシングルの人気ブロガーが言えば、皆信用もするだろうけど、くうみんのような落ち目のブロガーが言っても、だれも信用しやしません。
 困った問題だと思います。

 昔、天動説が唱えられていた時代は地動説なんて誰も信じませんでした。しかし、今では地動説が正しいと誰でも知っています。
 同様に糖質制限食を、頭から否定する愚は避けたいものです。

いつもおっちゃんが言っていること、そっくりそのまま、全部お返ししてやる~~~!!
 おしり、ペン、ペン!だ!!

 くうみんは玄米菜食をどう思っているかって?そりゃあ…

 続く

 

クリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


乳がん ブログランキングへ


スポンサーサイト



その後のおじさん

 それまでは、ご飯が好きで、同じカロリー制限をするならご飯を食べたいと、おかずを少なくしていました。一日1600カロリー。くうみんもつきあいましたが、ひもじいのなんの。もう駄目、続かない!と思ったところに糖質制限食に出会ったのです。

 アントニオ猪木氏のようにお金持ちでないおじさんは、貧乏人の嗅覚か、ある新聞記事から、糖質制限の指導をしてくれて、保険診療の効くクリニックを探し出しました。。 

「行ってくる」
 おじさんは当時インシュリンを覚悟していました。努力にもかかわらず、検査の数字が悪くなる一方だったからです。
悲愴な面持ちでクリニックへと出かけました。

 しかし、帰ってきたときは足取りも軽く、言いました。
「インシュリンなしでやってみようって」
「ふ~ん、良かったね」

 ちなみにインシュリンを使うと一生インシュリンと縁が切れないと言う誤解があるようですが、違います。
 2型糖尿病(生活習慣病としての糖尿病)の場合、インシュリンを投与することによって、膵臓を休めて膵臓が元気になったらインシュリン注射をやめるということも可能です。
 
 それに引き換え、飲み薬は弱った膵臓に鞭を入れる働きをします。だからインシュリン注射の方が体に優しいのです。

 血糖値を測る機械も買いました。薬局の人が
「これ使うと皆さん血糖値が下がるんですよ」
 と言っていたそうです。数字であらわすと、良ければ励みになるし、悪ければ気を付けるようになるからでしょうね。

これ、痛くないんだよ。大げさなおじさんが「パチンと言っただけで痛くない、失敗したと思ったら血が出ていた」と。
 

 おじさんはご飯が食べたいので、玄米を買ってきて一日一回、食べました。おじさんは凝り性なので、玄米と白米で血糖値がどう違うか調べましたが、上昇するのはどちらもほとんど同じでした。
「玄米の方がGI値(血糖値が上がりやすいものはGI値が高い)が低いはずのに…」

 その後も食後の血糖値を測りましたが、穀物は精製、未精製にかかわらず、血糖値は同じように上がりました。糖尿病の人にはGI値はこと穀物に関しては、あてにならないと知りました。

 取りあえず高すぎる血糖値を下げるため、穀物を全く食べない「スーパー糖質制限食」にしました。
 血糖値は見る見るうちに下がり、全くの正常値になりました。他の検査結果も良くなったのはすでに書いた通りです。

「もう、あんまり厳格にすることはないよ。ここまで下がったんだから、一食くらいご飯食べようよ。また上がるようならご飯を抜けばいいじゃん」
「そうだな、どうせ血糖値が上がるの同じなら、白いご飯がいい」

 もちろん体重もどんどん減って行き、くうみんが癌をカミングアウトしたら、
「ご主人が、癌!」
と、勘違いされたのはすでに書きました。
くうみんが癌をカミングアウトした時のみんなの反応
 
 そしてそこそこの数値を保ちながら、今日に至ります。時々雑穀や小豆を入れて白米を食べています。

 して、糖質制限食ってどんなの?はい、こんなんです。

 続く


クリックいただければ幸いです。 
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


乳がん ブログランキングへ


検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR