FC2ブログ

ランニングコスチュームを考える バックシャンくうみん

 昨日、1月29日は大阪国際女子マラソンがありました。前評判の高かった福士加代子様、またオリンピック代表の座を逃しましたわね。
 しかし、だめだとわかっても、へらへらしているのがいいです。夜、布団の中で悔し涙にくれているやも知れませんが…

 くうみんがそれ以上に注目したのはやはりコスチュームです。くうみんが見た限りでは全員昔ながらのランシャツにランパン、スパッツ着用さえ皆無、ましてやランスカ着用なんていやしません。
 実業団の選手は以前からのスタイルで走るのに対し、市民ランナーは、ずいぶんと違うコスチュームで走るようになりました。

 マラソン大会は、わりと寒い時期にあるので、くうみんはランシャツ、ランパンの代わりにいつの間にかTシャツ、ロングスパッツを着けるようになりました。 
 走っていれば寒くなくなるのは判っているのですが、真夏に着てもおかしくないような格好で寒い中、スタートを待つ勇気がないのです。

 ランニングばやりの昨今では、スパッツの上に男ならひざ近くまであるパンツ、女はランスカをはいている人が大半です。

 はじめは、
「何よかっこ悪い。デッパラとタレケツカバーのためね」
と、バカにしていましたが、こう皆が着用していると、自分だけがはかないと言うのもなんだかな、のような気がして、最近は練習にランスカを着用するようになりました。

 ランニング仲間は、ほとんど全員、機能性のスパッツをはいています。
「どう?普通のスパッツとは違う?」
と聞いてみたところ、
「全然違うわよ」
とのこと、さっそく楽天で注文しました。
 でも、そんなに違うなら、実業団でも使いそうなもの…まあ、試してみよう。

 先日、夕暮れ時にランスカはいて走っていました。ちょうど中学生の下校時刻で、男子中学生の一団を追い越しました。
 すると、そのうちの二人が、猛然とダッシュ、くうみんを追い越しざま、くるりと振り向いて、言いました。
「こんにちは!」

 くうみんは言いました。
「おばさんですけど」
「いや、一応、挨拶は…」
二人は急激に勢いをなくし、道にへたり込みました。
 この疲れは急に走っただけの疲れではなかろう…

「おほほほほ…」
 白髪も夕闇にまぎれて、わからない。バックシャンくうみんの高笑いが夕暮れに響き渡ります。
 もうすぐ大会。後姿も大会も、若い者にはまだまだ負けん。


若い者には負けてないくうみんが注文した機能性スパッツ。これで優勝できるかな?


クリックいただければ幸いです
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR