FC2ブログ

あら、トラブっちゃった!

 旅行記を書いている最中でしたが、ちょっとブログ上でトラブルになりました。

 私が、お気に入りブログにさせていただいている方、ウーティス(U)さんとしておきましょう。この方のブログをのぞいたら、なにやら「変人の定義」が書いてありました。
 なので、
 「私も変かも知れないなあ」
と言うような意味のコメントをして、ブログを閉じました。

 その後、ビビアン5(B)さんと言う女性から、
「Uさんのコメントを探しに来ましたが、ありませんね。失礼しました」
と言う意味不明なコメントがくうみんブログにありました。訳が判りません。
「???何のことでしょう?」
 Bさんのブログに行って、そう聞くと、
「UさんがAさんのことを非難しています。そちらのブログにも行っていないかと思いまして」
「はあ、そうですか。でもそのことは二人の問題なのではありませんか。言いたいことを言える間柄なのかも知れませんし」
 とにかくどうしたんだろう。
 くうみんの名前はAさんのブログで見て、「ひねくれくうみん」で検索して見つけたようです。すぐ判ったでしょ?おほほ、くうみんは人気者だから。

 そうこうしているうち、またブログを開くと、
「Bです。今、UさんがAさんのブログで大暴れしています!」
と報告がありました。

 へ?私関係ないじゃん、どうしてこんなことを知らせてくるの?取りあえずAさんのブログを訪問します。

 すると、Uさんが何やらAさんを攻撃しています。いわゆる「荒らし」です。執拗です。
 そしてその攻撃はなぜか判りませんが女性全般にも及び、(Aさんは男性)
「全く女っていうのは男より100グラム脳みそが少ない。だからバカが多い。もちろん例外はいるが、その名は伏せておこう」

 ふんふん、その例外って私のことよね。だけどUさん、子供のころ、お母さんから「人のことをバカと言う子は自分がバカ」と、教わらなかったのかなあ。そう思って読み進めて行くと

「写真専門ならべつですが 日本語書くのなら 意味が通じる程度には書いて下さらないと、返事のしようが有りません。
貴女と、ひねくれくうみんさん の日本語が 最も難解 読めません。
日本語に成っていない。
少し腹立たしい、無視してきたが 注意してください、
中途半端だから、他所で 出入り禁止、或いはログアウトされるんですよ。
短くても良いですが、意味が通じる様に書いて下さいね。
自分では判っていても、相手に伝わるように書くべきです。 」

そして、くうみんブログをお気に入りから削除したと…

 ひえ~!なんで私が人の喧嘩の引き合いに?出入り禁止になったこともないんですけど~。

 もう一度Uさんのブログチェック!あら、変人の定義日記のところには小さくAさんのブログへのリンクが設定してありました。

 そうか、Uさん、くうみんが「私も変かも知れない」って言ったの、Aさんのブログを読んだうえでのコメントだと思ったのね。で、私がAさんをかばって、そう言ったと勘違いしたのね。
 Aさんのリンクを開くと、あらまあ、さっきの目を覆うようなUさんの荒らしコメントが…
 Aさんの名誉のために申し上げますが、Aさんは極めて常識ある方とお見受けします。
 Uさんの挑発にも乗っていません。そのうち荒らしコメントはAさんにより削除されました。

 くうみんは更新したブログにはコメントを出来るだけするようにしています。忙しいときなど、ざっと読んだだけの時は頓珍漢なコメントになってしまうことが、あるかも知れません。でもなあ、いつも暇な訳じゃないし、コメントはあればうれしいだろうし…

 くうみんと同じく、「日本語が読めない」と名指しされたBさんは、怒り心頭、
「女は脳みそが男より100グラム少ない、よって男より劣った存在と言うのは女性蔑視発言、絶対撤回させる!」
 と息巻いています。

  そりゃ、人のうちであんなに大暴れするUさんにはびっくりしました。もっと常識ある方だと思っていましたから。
 でもなあ、Uさん、大分お歳のようだし、もう考えを変えさせようなんてしても、無理でしょう。
 それに爺さんが一人で、
「女はバカ!」
 と叫んでいたとして、どれほどの影響があるでしょう。
「はいはい、そうね~」
とでも言って、ほっといたらいいんじゃないの?ま、今回の事件はUさんの本性が判って良かったとも言えます。あんなにエキセントリックだったとは…

 Uさん、短い間でしたが、お付き合いいただき、ありがとうございました。こちらもお気に入り登録抹消しました。
 お互い初めから知らなかった、会わなかったことにしましょう。さようなら。
 
 
 
クリックいただければ幸いです
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR