FC2ブログ

水上温泉 またまた潜入 交通費込、一泊2食付1万2千500円 激安温泉ツアーその2 サミ~な!

 宿の無料送迎バスで今宵の宿に向かうおじさんとくうみん。
「どんなところか?」
「食事は居酒屋風であろうな」
 20分ちょっとでお宿に到着します。想像していたよりずっと立派なお玄関に、仲居さんが並んでご挨拶です。

玄関
立派なお玄関

「いらっしゃいませ」
 フロントで受け付けを済ませると、少し待つように言われます。
「あの、カギは?」
「ただ今係りの者がお部屋にご案内します。そのものがお持ちしますので少しお待ちください」
くうみん達はいつも安い宿ばかりなので、フロントでカギを受け取った後、自分で部屋まで行くのが常なので係の案内なんて忘れていました。
「そう言えば昔はそうだったな!」

 若いお兄さんが荷物を持って、部屋まで案内してくれました。
「こちらのお部屋です」
 右側が建物で遮られているけれど、山が良く見えるいい部屋です。ふろ、トイレ付。紅葉もきれい。お兄さんが退出した後、外に出ましたが、ここは上州、かかあ天下とからっ風、前田さ~んの口癖、
「サミ~な!!」
と言うことで早々に撤退、風呂に入ることにします。

 お風呂は露天風呂と大浴場が離れているところにあるとのこと、まず露天風呂に潜入します。洗い場に仕切りがありません。
 露天風呂は当たり前と言えば当たり前ですが、洗い場も外なので、ほんと、サミ~です。

 シャワーで、かけ湯をバシャバシャやって、湯船に入ります。そこに張り紙があるのに気付きます。
「屋根なしのところに行くと一部の部屋から見えてしまいます。ご注意を」
 屋根なしのところに行くと、なるほど窓が見えます。
 露天風呂と言うのは、ただ外にあると言うだけでぐるりを塀で囲って、全然景色が見えない場合もあります。ここは全然とまでは行かないにしても、あまり景色がいいとは言えません。適当なところで切り上げて、次は大浴場に潜入です。

 大浴場は、ふむふむ、これはいいんでないかい?洗い場はちゃんと仕切りで区切られているし、内湯からの眺めもいい。そして外には露天風呂があるではありませんか!
 ほお、さっきの露天風呂よりこっちの方が眺めがいいねえ。
ふろ
内側から外を見たところ。外にも湯船がある。

 お風呂から上がると、ビールをたらふく飲み、もう一度風呂に入って食事会場へ。

夕食
なかなかいい食事内容

 今回はハーフバイキングと言うことで、うどん鍋と、お通し、刺身などはあらかじめセッティングしてありますが、ローストビーフ、サラダ、握りずし、天ぷらなどかなりの種類がタベホです。
 タベホと言うと、血沸き肉踊ります。取れるだけ取って、セッティングされた料理を食べないと言うのも品がないので、食べるバランスに気を付けて…
 タベホにしては味が良く、つい昔を思い出し、がつがつモリモリ…最後のご飯はハッシュドビーフでしめ、おなかはぱっつんぱっつんです。久々にこんなに食べた…

 この後はふろにも入らず、そのまま寝てしまったことは言うまでもありません。おじさんは何回か、風呂に行ったそうですが、全く気づきませんでした。

 反省。食べ過ぎると、他の楽しみがなくなります。これからは気をつけねば…

 翌日起きるともう8時近くでした。いかん、ここは8時半までに朝食会場に行かねばならんのだ。それでも起きた後のお風呂には入りたいおじさんとくうみん、風呂に浸かり、ビールを飲んで、食事会場に着いたのはもう8時半ギリギリでした。
 迷惑な客だと思っただろうが、お許しください。

「わ~い!!カレーがあるぅ」
カレー好きおじさんは喜んでいました。朝食のメニューは、和食中心で、お約束の温泉卵、きんぴら、青菜の煮びたしなど、バラエティー豊かで、味もいいです。マグロのづけもありました。山の中だけど、海の宿にも負けない新鮮さ、これも流通が発達したからでしょう。

朝食
食べた後。いつもながらくうみんはおじさんの3倍食べる

 帰りも送迎を頼みました。途中の矢瀬の道の駅で下してもらい、狙っていたお土産を買います。名物のうどん、キノコセット、食用のほうずき…

道の駅
上毛高原近くにある道の駅 どケチくうみんも納得のお値段

きのこ
安くて質のいいきのこ 生ナメコ150円 シイタケとシメジのパック350円

ほおずき
食用のほうずき100円 トマトのような食感と洋ナシのような香りで、甘い

 今回のお宿は激安にもかかわらず、食事内容やお風呂もなかなかいいレベルです。特にお風呂は源泉かけ流しです。シャワートイレも完備だし、また来てもいいな。
 でも、廊下がサミ~な。これは節電のため、むしろいいことかも知れぬ。

 さて、買い物を終え、ホームで帰りの新幹線を待ちます。待っている間、何回か新幹線が通過しましたが、そのど迫力ときたら!
 バリバリバリ!
 何秒か構内に見えたと思うと、すぐになくなります。ホームにいる人は皆、一瞬呆然とします。

「すごいな」
「うん」

 そうだ!入ってくる新幹線を撮らねば!にわか撮り鉄、くうみんの血が騒ぎます。前に邪魔なおやぢがいると思ったらこのおやぢも撮り鉄でした。

「負けるものか!」
 おやぢとならんでMAXたにがわ408を待ち構えるくうみん。
 ごごご…
 来た!いい感じ!カシャーッ!!

 くうみんはおやぢとともにシャッターを切りました。失敗するはずのないデジカメ撮影!動く電車を撮影する瞬間!しかし!!

「えっ!」
 くうみんは思わず我とわが身をなぐりたい衝動に駆られました。
「うそっ!ぎゃ~~~っ!」
 
 信じられないメッセージがデジカメの窓に示されていたのです!!

「カードがありません」

 
クリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



水上温泉 またまた潜入 交通費込、一泊2食付1万2千500円 激安温泉ツアー

 1万2千500円で1泊2食付き、往復バス代込なら箱根小涌園。しかしそれが新幹線で水上温泉と言ったら…新幹線で上毛高原まで往復1万2円近くする。それなのに、温泉旅館に一泊2食付き、新幹線往復込みで1万2千500円!信じられない!

 ツアー名、温泉がいい値。びゅう東日本です。お宿は源泉かけ流しが自慢の松乃井。
「この値段じゃ、ボロボロじゃないか?」
「ボロボロの宿でも文句は言えないね」
そう言いつつも行かずにはおれないおじさんとくうみん。行ってきました!

 東京駅からMAX谷川409に乗ります。これは2階建ての新幹線で、安いツアーだからか、座席は1階しか選べません。安いんだから…と思えばそれも許せると言うものです。
 いつも通り昼からビールを飲んでいい気分で酔っ払います。
「これで1万2千500円!」
「安いのはいいね~」

たにがわ
これがMAXたにがわです

一階からの眺め
一階からの眺め。ホームがこんな位置に見える
 
 11時52分に出発、1時08分には早くも上毛高原に到着します。お宿のお迎えは3時05分にならないと来ません。バスもあるのですが、どケチくうみんはバス代をも節約したいのです。
 観光案内にはボランティアの人がいるので、その人に見どころを聞いて、近くを散策することにしました。

 水上と言えば前田議員のホームグラウンドです。ここで前田議員は日夜町民の皆さんのために、
「サミ~な!!」
など言いながら懸命に働いているのです。
「前田議員…」
 しみじみと前田さ~ん!を思い浮かべながら、矢瀬親水公園、矢瀬遺跡を回ります。

 観光地としては地味ですが、住居跡や、親水公園は、景色も良くのんびり散策するのにちょうどいいところです。
 例えて言えば、京都のような大きな観光地が料亭なら、料理のすご~く上手なお母さんの手料理のような気取らなさがあります。どちらも違う良さがあります。

紅葉
こんな美しいところに前田さ~んが住んでいる

遺跡
縄文遺跡。住居跡だと言う

くうみん
童心に帰り、滑り台で遊ぶくうみん。オレンジ色の小さな物体がそれ。

 大きな滑り台があったので早速滑ってみます。
「ひえ~~~~!!」
 怖いかと思いましたが、そんなにスピードも出ず、これなら小さな子供でも安心です。しかし、おお!下がローラーのように回るので、マッサージ効果があります。
「おじさん!お尻のマッサージになって気持ちいいよ!」
「なんじゃそりゃ!判らん」
「とにかくやってみれば判るから」

おじさん
くうみんに言われてやってみたおじさん

「ほんとだ、気持ちいい!」
 前田さ~ん、疲れたときはやってみるといいよ。

 公園には道の駅もあります。どうせこんなところ、高いでしょ?観光地の土産物屋ではいつも高いんで買わないんだけど、おお!ここは安い!
「こんな立派な大根が1本100円!こんなりっぱな白菜が120円!」
 安いのですがいかにも重過ぎます。軽量級を買うことにしますが、今日は買わずに帰りに買うことにしました。
 遺跡を見たり、公園で遊んだりしているうちに3時近くになりました。道の駅から上毛高原駅までは歩いて12分ほどです。
 駅まで歩いて行くと、送迎のバスがありました。

 続く

クリックいただければ幸いです
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR