FC2ブログ

久しぶりの歯医者(修正済み)

 時々おかしなことがあるのです。確かに一時保存の所をクリックしたはずなのに、公開されてしまったり、書き直して公開したものが書き直されていなかったり。いえ、勘違いではございません。今日の日記もそんなこんなでトラブル続き。
 どうしてこうなるか、どなたか教えて!

 皆さん、どうかこっちも、読んでね。

 さて。
 食事中に歯の詰め物が取れてしまったので以前通っていた歯医者に連絡、予約を取って行きました。担当の先生は一番初めにかかったときは大学出たての若さで、だいじょ~ぶかぁ、と言いたくなりましたがだいじょ~ぶだぁ、でした。ファニーフェイスでかわいいし…

 またあのセンセに会える…と思い、ルンルンしながら待っていると、その先生は数ヶ月前に退職、メガネをかけ、髪を伸ばした怪しい先生が新しい担当になりました。
 どうせならいい男がいいと思いましたが、歯医者での顔は好きな人には見せられないもの、と思い直しました。

 詰め物自体はまだ使えたのでその日のうちに入れてもらったのですが、
「この歯と、この歯、歯周病が進んでいます。詰め物も古くなって虫歯が出てますから、また来て下さい」
 そう言われてまた来るはめになりました。

「くうみんさん」
「はい」
 呼ばれて診察台に案内されます。そこには先日撮った頭部のレントゲン写真があります。くうみんのあごは大変発達しています。
 だいぶ以前に行った「日本人の顔展」で、縄文時代から現代までの日本人の頭蓋骨レプリカが展示されていました。時代が下るにしたがって、顔が細くなっていきます。くうみんは古墳時代くらいの逞しさです。

(あんまりかっこよくない)
 ほっそりした顔はくうみんの憧れです。レントゲン写真に見とれていると、先生が来ます。
「今日は虫歯になった所を削ります」
 「痛かったら手を上げてください」
「ふぉえ」
 バリバリバリ!ガガガガガ!キ~ンキ~ン!

「くうみん!今日はここまでだ」
「ふぇい、あいがとうございまふ」
 麻酔でうまくしゃべれません。
 
 歯医者さんと言うのは普通のお医者さんより怖いものですね。削ると言う作業があるからでしょうか。
 そんなとき、つい涙目になって見上げるのは優しい歯科衛生士のお姉さんです。この人が来たらもう先生は来ない、そういうホッとした一瞬でもあります。
「大丈夫ですか?もう終わりですからね」
 寄る辺ない子犬のような気がするのはくうみんだけではないはず。思わず、
「ク~ンク~ン」
と、擦り寄ってしまいたくなります。

 仮の詰め物をしてもらい、歯医者さんを後にするくうみん。早く本式詰め物にしてもらって、ご飯をおいしくいただきたいものです。

 

 クリックいただければ幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR