FC2ブログ

ひねくれくうみんが煙草をやめた訳

 気の強い女、いきがりひねくれくうみんは誰に何と言われても煙草をやめませんでした。 おじさんが、
「お前煙草やめろよ」
と言っても、
「私をマラソンで負かしたら止める」
と言うと、おじさんは、
「無理言うなよ」
と言って引き下がります。当時、おじさんはとっくに煙草をやめていました。

 そんなくうみんが煙草をやめたのはオランダのアムステルダムに旅行した時に見た光景が元でした。
 かの地ではドラッグは合法です。そういうのを嗜む喫茶店もあります。
 アムステルダムの駅前で、幸せそうな顔をして倒れている黒人男性をみたのです。
(たぶんドラッグだ…あの人幸せそうな顔しているけど、本当に幸せのはずはないよね。止めればいいのに)
 くうみんは思いました。でもその人がドラッグを止められないのと同じく、くうみんも煙草をやめられないのに気付きました。
(なんだ、この人と同じじゃないか)
 そうは思いましたが、やっぱりその時は止めませんでした。
 しかし、旅行から帰って数ヵ月後、とんでもないことが決まったのです。
 
 煙草の値上げ!その一部は旧国鉄職員の年金の財源になる!
 
 単なる値上げではありません。何で旧国鉄の年金まで負担せにゃならんのだ!国民年金の財源と言うならまだ判る。しかし、なぜ一企業の見知らぬおやぢどものために金を出さねばならんのだ!嫌だ!びた一文払うものか!どケチくうみんは禁煙を決意します。

 煙草を手元に残した方がいつでも吸えると思うのでやりやすい、と言う人もいます。手持ちの煙草は水につけて思い切りよく捨てたほうがいいという人もいます。でも、くうみんは未練たらたら、手持ちの煙草をすべて吸ってから禁煙決行です。守護神ニ〇レットも用意しました。
 煙草をやめるに当たって一番つらいのははじめの3日間だといいますが全くそのとおりです。

 ロッククライミングしている自分をイメージ、今はニ〇レットと言う補助具を着けています。吸いたくなったらニ〇レットを噛みます。すると吸いたい気持ちがすっとなくなるのです。煙草が吸いたいのではなく、ニコチンを体に入れたいのです。
 3日たつとそんなに辛くなくなります。図書館で禁煙のハウツー本を借りました。
「ニコチンガムや、パッチを続けるのは、苦しみを長引かせるだけ」
とあったので、それもそうだと思い、ニコチンガムをやめました。ちょうどそのとき、くうみんと同じくらいに禁煙をしたおぢがいたので、残りの二〇レットをあげました。ちなみにそのおぢはニ〇レットがやめられなくなり、ついに煙草も復活してしまいました。
 くうみんは補助具無しでロッククライミングに挑戦だぁ!行くぞ!

 吸いたくなったら
「煙草は薬物。国鉄おやぢの年金なんか払わないぞ!」
 とぶつぶつ言います。

 禁煙して3日ほど経ったとき、ひどい咳、痰にも見舞われました。悪い風邪を引いたのかと思いましたが、そうではなく、肺の繊毛がよみがえり、大掃除をしているのだそうです。咳と痰は2、3ヶ月も続きました。

 煙草をやめて良かったことは、お肌の色つやが良くなったこと、そして毎年秋の終わりごろにひどい咳を伴う風邪を引いていたのに、引かなくなったこと、歯が冷たい水にしみなくなったことです。
マラソンは速くなったのかといえば、煙草をやめて栄養の吸収が良くなったのか5キロも太ってしまい、どうもいけません。ダイエットもなかなかうまく行かず、そのうちこの病気が見つかりました。
 煙草をやめてからマラソンを走れなくなったのはなんとも皮肉なものです。人生こんなものかしら。

 今の世の中、愛煙家には住みにくくなりました。飛行機はもとより、電車もバスも禁煙です。くうみんは喫煙所までなんて我慢できないと思います。くうみんがまだ煙草を吸っていたら、さぞかしストレスが溜まっただろうと思います。
 だから、煙草をやめて良かったんだろうなあ、と思っています。少なくとも一企業の年金は負担せずに済んでいます。

 禁煙のポイントはドけち!です。


 クリックいただければ幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



ある大会で知り合いに会う 煙草を吸っていた頃を思い出す

 ある大会に参加し、鬼のような顔でスタートを待っていたときのことです。知った顔がいます。Sさんです。Sさんとはこの大会で成績優秀者としてくうみんがとある外国の大会に派遣されたとき、一緒に派遣された人です。壮年男女、一般男女合計4人と、付き添い、うちのおじさんもお金を払って一緒に行きました。Sさんは壮年男子、くうみんはこの頃はまだ一般女子でした。
「Sさん、久しぶり~」
「あ、くうみんさん、元気?」
「それがさ、乳癌になって、参ったよ」
「えっ、おれ、大腸がん!」
「おお!」
二人で手をとらんばかりになりましたが、スタートです。二人とも鬼の形相に戻って走り始めました。

 酸欠の金魚!酸欠のコイ!酸欠のフナ!酸欠のドジョウ!
 ドジョウは腸呼吸もする。おしりから空気がポコポコ…
 鬼の形相!般若の形相!ゴール!!
 頑張った割にはいけないタイム。ガックリ。

 ゴールの後、くうみんはSさんを探しました。Sさんはランニングクラブに所属しているので、その旗のあるところにいるのです。ちなみにくうみんもこのクラブに一時所属していましたが、練習するのは土曜日の朝8時と言うタイトな時間帯、一度も参加することなく退会しました。
 程なく、汗を拭いているSさんを見つけました。
「Sさ~ん」
「ああ、くうみんさん、どうだった?」
「だめ。抗癌剤して心肺がたがたよ。それよりSさんもガントモなんて、うれしくなっちゃう」
「8年前に手術してさ、大腸かなり切ったよ。5年生存率50%とか言われたけど、生きてる」
「ふ~ん、あたし2年半前。乳癌は進行が遅いから10年生存率で言うらしいよ。10年生存率80%だって」
「なんだ、楽勝じゃん」
 くうみんは手術、抗癌剤、放射線フルコースだったけど、Sさんは手術だけだったとのこと、癌は場所によって治療が違うのです。
「これからおじさんをゴールで待ちに行ってくる」
 おじさんは、体がたがたのくうみんより遅い。
「それじゃ、お互いマラソン、頑張ろうね。くうみん、煙草まだ吸ってるの?」
「あんなバカな習慣はとっくにやめましたよ」
 そう言っておじさんを待つため、ゴールにむかいました。

 そう、くうみんは数年前まで煙草を吸っていました。意外に思うかもしれませんが、もっとレベルが上がればまた話は別ですが、市民大会レベルで速い女子というのは煙草を吸う人が多いのです。
 このレベルの女は気の強い女が多いのです。気の強い女は「ふん、何さ」と、いきがって煙草を吸います。ある大会で表彰台に立った後、「ふぇ~、煙草煙草」と思いながら喫煙所に行くとさっき一緒にいたおんなどもが一斉に煙を吐いていました。
 くうみんもいきがっていました。でも、ある日禁煙を決意したのです。


 クリックいただければ幸いです 
 
 にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR