FC2ブログ

ああ、お義父様! 式次第

 キリスト教の葬式は、もともとお通夜もなく、いわゆる告別式だけなのですが、日本のキリスト教では日本式になってお通夜をするのが普通だそうです。
 葬儀屋さんの担当者は、くうみんのときの人が来ると思っていたら違う人です。この人は自身がカトリックだそうで、葬儀屋さんも適材適所を心がけているようです。

 うちは夕方から「ミサ」と言う儀式を行うことにしました。
 神父さんには火葬場に隣接した葬儀場に来ていただきました。なにやら煙のたつ香炉をガラガラ振り回して火事にならないかと心配になりました。葬儀屋さんによると、神父さんは教会で葬式を挙げることにこだわることが多く、なかなか葬儀場には来てくれないとのこと。いい先生です、と担当の人は言いました。

 親戚の人がたくさん来てくれて、いいミサでした。くうみん母も来ましたので、
「よく来てくれたわね、おかあさん」
と、2、30分話をしていました。
「あの人が一番上のお姉さんで、隣がそのご主人。そのまた隣が2番目のお姉さんで…」
と、説明していると、くうみん母は言いました。
「ところであなた様は桜井さんと、どういうご関係なのですか?」
「何言ってるの?くうみんよ!」
 くうみんはびっくりです。一瞬わからなかったと言うならともかく、これだけ話しているのに…
「あらぁ、きれいになったから、わからなかったわ」
そう言ってごまかしていました。
 ああ、これは近いうちに、面倒なことになる。

 葬儀場での通夜振舞い(ミサ振舞い)は、握り寿司が定番ですがこれは人数が判らないときでも融通が利くからということです。なるほどです。
 ミサが終わって、普通は次は告別式という流れですが、これを省略して翌日身内だけで
火葬場に行きました。
 葬儀屋さんの死に化粧で眠っているようなきれいな死に顔…
 くうみんが癌だと知ったときはもう頭がボケボケだったのに、
「若いのにかわいそうに…うわぁ~ん!!」
 と泣いたと言う、ストレート、何事も直球勝負のお義父さんでした。お義父さんは本当にいい人で、間抜けで、愛嬌があって、水虫で、偏平足で…なんとなく泣けてきましたが、とにかく、見送ることができてよかった。
 おじさんこと主人がリクエストした、「小さくてかわいい」骨壷に主要な骨だけ入れました。
 さて、気になるお値段ですが60万円くらいでした。仏教だと、平均200万円程度かかると言います。節約したいなら、キリスト教への改宗をお勧めします。


 お知らせ

 同じ日付で2回目の日記。前のも見てね。って、どこかで聞いたせりふ。
 今日から3泊4日で萩津和野方面に旅行です。添乗員付き団体中高年ツアーです。次の日記は早くて4月1日、嘘八百の日。
 ビール、おつまみ、お菓子を持って、おお、パンツも!
 それでは皆さん!行ってきま~す。


クリックいただければ幸いです。

 にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



ああ、お義父様! おみ足、お持ちしますわよ!

 一番熱心なクリスチャンの一番下のおじさんが間に合わなかったら大変、兄さんが地獄に落ちる、と早々と神父さんを呼んで神様のお許しを得たという話はだいぶ経ってから聞きました。
 どんなものか見てみたいと思っていたのですがそういう俗な人間の入る隙はないようです。
 許しを得た後、お義父さんは一言、
「ありがとう」
と言ったそうです。それから幾日も経たないうちに意識がなくなりました。点滴を腕につけて安らかな顔で寝ています。

 胃ろうにしてはどうかと勧められました。主人の二人のお姉さんはどうしようと迷っています。病院によっては胃ろうにしないと面倒を見切れない、と、暗に強制するような所もあると聞きましが、ここはそんなことはありません。
「おじさん、点滴だと普通は2、3ヶ月くらいしかもたないらしいよ。胃ろうだと数年生き延びるんだって」
「数年…それは困るな」

 聞いている人からすれば悪魔の夫婦のように聞こえるでしょう。しかし、自分なら意識のないまま生かされ続けるのは真っ平なのです。意識があったとしても、食べる楽しみと言う人間の最後の楽しみがなくなっては何の楽しみがあるでしょう。
 普通はお姉さん達のようにもっと悩むのかもしれません。でも、くうみんはさんざん、自分の死も考えたし、実の父も苦しまないように、と言う希望で見送りました。
 主人はお姉さん達に言いました。
「延命したとしても元通り回復と言うのは考えられない。胃ろうはしない。今後治療はしないことにする」
 お姉さん達も自分達だけでは決めかねていたようです。治療はしないなんて冷たいのではないか?かといって、植物状態で?
 でも、主人がくうみん父の話をすると、それで納得してくれたようです。
 一番下の叔父さんは治療をしないと言う話を聞いて、電話口で声を上げて泣いたそうです。

 それからお義父さんは、昏々と眠り続けます。
 お見舞いの帰り道、二人で話します。
「いつまで寝ているんだろう」
「おじさん、これが本当の往生際が悪いってのだね!あははっ」
「なんてことを言うんだ、お前は!」
「あっ、ごめ~ん」
 冗談が過ぎたかな、と思ってしゅん、としていると、向こうから知り合いが歩いてきます。近所に住んでいる川田さんです。
「おとうさんの具合はどうですか?」
「いや~、往生際が悪くて」
「…」

 意識がなくなって3ヶ月程経ったある日、病院からおとうさんの容態が悪くなった、と連絡がありました。駆けつけたときはくうみん父のときと同じようにもう亡くなっていました。
 お姉さん達は泣いています。主人は葬儀屋さんを呼びました。程なく葬儀屋さんが来て、ストレッチャーにお義父さんを乗せようとします。皆病室を出て行きます。
 狭い個室の一番奥にいたくうみんは出ることができなくてそこにいました。
葬儀屋さんが言います。
「この年代の方にしては背が高いですね」
「はい、174センチだそうです」
「すみませんが奥さん、足、持ってもらえますか?」
「えっ」
 遺体をもつのはこの歳で初めてのこと。お姉さんじゃなくて、あっしが持つんですかい?
 遺体はまだ柔らかく暖かく言われるまま、足を持ってストレッチャーに乗せました。
(そう言えば、お義父さん、水虫だって言ってたけど、うつるかな?)
 またしても不届きな考えが頭をよぎります。
 お義父さんはそのまま葬儀屋さんの車に乗って、「宿泊所」に、行きました。



 クリックいただけたら幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR