FC2ブログ

ああ、お義父様! あなたのクリスチャンネームは…

 主人と二人で病院にお見舞いに行くとお義父さんはベッドを起こして休んでいました。
「こんにちは、お義父さん、どうですか~」
「は、昭男…かぁ」
 文章にして書くとこうなりますが、実際の所もっとヨレヨレな感じです。
「お義父さん、お義父さんのクリスチャンネーム、なんて言うんです?」
「どうして…そんなことを聞くん、だぁ?」
「えっ、あ、あの~」
「近所の人に、言うの、かぁ~」
「そ、そうですよ!」
「クリスチャン…ネーム!…」
 お義父さんはしばらく考えて言いました。
「う~ん!わ・す・れ・た!」
 そして目をつぶって寝てしまいました。
(このじじい)
 主人はずっと黙っていましたが、言いました。
「仕方ない、叔父さんたちに聞いてみよう。もう帰ろう」
「お義父さん、もう帰りますよ。退院したらご飯の代わりにアンコ食べさせてやるからね」
 そう声を掛けると、お義父さんは、ニヤ~と笑いました。
(この…くそじじい!)
 義父はアンコが大好きなのです。

 主人の父の弟2人に聞いてみたのですが知らないとのこと。でも、上の弟の叔父さんが
「兄さんが洗礼を受けたのはC市の聖ヨハネ教会だ。そこで聞いてみよう」
 と調べてくれました。それによってお義父さんのクリスチャンネームは「ペトロ」と判りました。
 叔母さんがあきれたように言いました。
「普通、クリスチャンって言うのは所属する教会に籍を置いて、引っ越すときはそれを新しい教会に移すのよ。兄さんはそんなの気にしていなかったのね」
 主人が言います。
「ヨハネかと思ってた」
 一番下の叔父さんが言います。
「ヨハネは僕だよ」
 ちなみにプロテスタントではクリスチャンネームはないそうです。でも、良かった。

 次に、お葬式に来てもらう神父さんに会いに行きます。祖母が葬式を挙げた教会の神父さんに頼みます。

「もし、お父様が危ないと思ったら、たとえ真夜中でもいいから連絡してください。なるべく意識のあるうちにね」
 話によると、意識のあるうちに神様に今までの罪を許していただき、安心して天に召されるようにだそうです。
「はい。今まで28回一人の人に呼ばれたこともあります。また回復して無駄になったとしても、全く気にしないでください」
「はい、判りました」
 教会の裏に神父さんの住んでいる住居があります。そこの教室と家庭の居間を足して2で割ったような感じの部屋に通されて話を聞きました。
「何かわからないことがあったら、私の携帯に連絡してください。あ、もうこんな時間だ」
 神父さんはどこかに用事があるらしく、出かける仕度をし始めました。
「駅まで一緒に行きませんか?」
「ありがとうございます。助かります」
「小林さん、この方達を車にご案内して」
 神父さんと言うのは偉いのです。秘書がいて、車の運転や、身の回りの世話をしてもらうのです。この神父さんが特別なのかと思ったら、30代と思われる若い神父さんにも秘書がいました。
 車で駅まで送ってもらい、深々と頭を下げて神父さんを見送りました。
 くうみんは「神父さん」と言っていますが、おじさんこと主人ですら、「神父様」と言います。
「神父様が病室に来てくださるのか」
「でも、おじさん。神の許しをいただくって、おめ~はもうすぐ死ぬって言われるのと同じじゃん。なんか、怖くね?」
「それもそうだなあ」
 今日は何を食べようか、とくうみんが言うと一気に俗世間モードに入りました。
 今日は遅くなったし、デパ地下グルメでも行くか!と話がまとまりました。


 クリックいただければ幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR