FC2ブログ

もう一つのガントモ会…放射線蒲田シスターズ

 明るい未来と将来の夢を語るガントモ会はスナミシスターズ。スナミ医師の患者と言う縁です。
 もうひとつ、放射線医の蒲田先生の縁で集まる蒲田シスターズがあります。蒲田シスターズの一人からお誘いがありました。
「今度の土曜日、お昼に集まらない?」
「うん、行く行く」

 自分が号令かけるのは結構面倒なものがあります。できれば誰かが計画を立ててくれて、それに乗っかってしまえればこんな楽なことはありません。まだ見ぬシスターズの多いこの集まりにレッツゴ。
 
 いつものスナミシスターズと比べると、お上品な感じで、はじめて見る幹事さんには「私が女王様」という雰囲気がブリブリです。大沢さんという、このお方が親分で、第一の子分がその横ではべっています。
 大沢親分が言います。
「放射線を当てる前の診察で、普通、短期照射にしますか、標準にしますかって言われるんですって?わたし、蒲田先生に貴方は標準で行きましょうって言われたわ。選ぶまでもないってことね。おっほっほ」
 放射線照射には30日にわたる標準照射と20日で済む短期照射があります。一回の放射線量は短期の方が多いのですが、効果としては同じです。どこが違うといえば、標準照射の方があとになって乳房の線が崩れず、きれいなままでいられるということです。
 子分が言います。
「まあ、大沢さん、おきれいだから、そういわれたのね」
 確かにくうみんはどちらにしますかと言われました。説明を聞いて、標準にしたのです。ほとんどの人が標準照射を選びます。オバサンでも、女ですもの。
「ふ~ん、蒲田先生は美人にはそういうのね」
「おっほっほ!」
 なんだかいつもと違ってくうみんは女王様にはべる腰元のひとりような気がしてきました。ふん、だ。
 そのうち大沢親分が
「放射線しゅくよいが酷かったわ~」
と言いました。
 「放射線宿酔」と書いて、「ほうしゃせんしゅくすい」と読むのです。
 くうみんはここぞ!と言いました。
「それ、ほうしゃせんしゅくすいって読むんだよ」
 親分の顔色が変わりました。
「しゅくよいよ!」
「だって、看護師さんに聞いたんだもん。なんて読むんですかって」
 宿酔と書いて、普通は「ふつかよい」と読みますが、これじゃ変だと、聞いてみたのです。へっへっ、奥さん、あっしの勝ちでんな。

 こういうと親分は黙ってしまいました。それから何かに付け、引っかかってくるようになりました。
「マラソン、頑張るんだ~」
と言えば
「あなたの体はもう使い物にならないのよ!」
と言います。
「蒲田先生、大好き」
と言えば
「蒲田先生はあたしのことが好きなの!」
「…」

 好きだって言ったって、全員配偶者ありですからね。そんなにむきにならなくても。
 タツノオトシゴのメスは一匹のオスを取り合って戦うと言います。今回の会は蒲田先生を取り合って、タツノオトシゴ大沢親分とタツノオトシゴくうみんが戦ったのです。
 ふっ。負けないわ。マラソンで入賞したら、先生に紅白饅頭を贈るのよ。


 
 今日は6時20分から停電です。間に合った~。クリックいただけたら幸いです。 

 
 にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR