FC2ブログ

ひねくれくうみん漢方薬を試す 病院の怪人現る

 角南先生にホットフラッシュの症状を訴えたら、漢方薬を処方してくれました。2種類ばかりの薬を試したのですが、これが全く効き目がありません。
 こら~!!スナミ!全然効かんじゃないかぁ!!と言う訳で…
「あのぉ、先生。あまり効果がないようなんですけど」
「ふーん、これだけやってもだめなら漢方専門の先生に頼むかねえ」
 そんな先生がいるなら最初っからそうしてくれよ。こっちは辛いんだから。
 早くしてくれ~、苦しいよぉ~。そう思い、指折り数えてきた漢方専門の先生の診察日でありました。
 漢方医だという福島先生はお医者さんと言うより森の怪しい研究所所長と言う感じです。
「くうみんさんね。ホットフラッシュがひどいんだって?ここに寝て、おなか出して」
くうみんはベッドに横になり、おなかを出しました。ポコポコ人の腹を叩いてしきりにうなずいています。
「う~ん、汗がひどいな」
 ほっといてください。
「はい、次は椅子に座って舌出して」
 衣服を整えて椅子に座って舌を出すと、
「わっ、ひどい舌だな!」
 舌を出しているので質問もできず、どこがどうひどいのかわかりませんがパソコンには「ぬめっとした舌」と書かれています。舌ってみんなぬめっとしているんじゃないの?さらっとした舌ってあるのかしら。
 そんなことで一回目の薬を処方されましたが、これは森の怪人、はずしました。2回目でおお、これは効き目がある、と思える薬になり、以降これを飲み続けることになりました。完璧ではないけれど、暑くなっても以前ほどひどい汗は出ないし、回数もかなり減りました。
 漢方薬と言うのは体質によって効き目が全然違うとは聞いていましたが、まさかこれほどとは思いませんでした。

 
 クリックしてくれたら、うれしいな!よろしくね。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR