FC2ブログ

くうみん父 トホホなガン保険

 くうみん父は肺がんで亡くなった。と言っても、享年86なので、立派な大往生だろう。
 この爺さんが、大変、大したタマだった。

 くうみんの両親は、くうみんがまだ子供の頃離婚していたので、父は晩年、一人暮らしだった。
「今から入院する!!」
 留守電にそう言い残したまま、一人でタクシーを呼んで入院したようだ。それから8日間の入院を経て、亡くなった。

 父はシッチャカメッチャカの人だった。母も同じくシッチャカメッチャカで、割れ鍋にとじ蓋の、お似合いのバカ夫婦だと思うのだが、同じレベルだからうまく行くとは限らないらしい。母のバカぶりは、母が亡くなったら書くことにしよう。

 父は、金がないくせに、ガン保険だけには、大枚をはたいていた。親戚付き合いが、ほとんどなかったので知らなかったが、どうやら癌体質の家系だったらしく、親戚はほとんど何らかのガンで亡くなっている。だから、自分も、ガンになるかも知れないと思っていたようだ。

 しかし、気が付いた時は、手術も抗がん剤もできない末期状態だったので、せっかくの保険も、役に立たなかった。10月の終わりに、ガンであることが発覚したのだが、9月の健康診断では何も見つからなかったそうだ。

 ただ、死後に見つかった本人のメモによると、「咳が出る、腰が痛い」という症状があったようだ。健康診断より、自分の体に聞いた方が正確だった。

 結局、死亡保険金だけはおりたものの、高齢の死亡だったので、80万円程度だった。
 支払っていた金額は、毎月2万5千円、5年間。総額150万円程度を支払った訳だが、それで出た保険金が80万円。なんてこった!

 元は取っていなかったが、この80万円は非常に助かった。何しろ父の預金は、20万円程度しかなかった。保険金の80万円と、預金20万円で、入院費や葬儀費用にした。葬儀は一番安い直葬。
 墓がなかったので、長女・くうみんは非常に頭を悩ませた。海洋葬と言って、海に流すことも考えたのだが、妹に反対された。くうみんもこの時は、追い詰められていて、「どうにかなればどうでもいい」と思っていたようだ。結局、お墓は、近くの寺の永代供養墓に。

 何もしてやれなかったけど、一つだけよかったと思ったことがある。
 
 「水をくれ、水…」
 父は水を飲みたがった。もう何日も持たないとわかっているのに、医者はそれを許さない。妹も「お医者さんの言うことを聞いて!」というばかりだった。でも、このくうみんが、医者の言うことなんか聞くはずがない。

「大丈夫、飲ませてあげるから」
 くうみんは、水の用意をした。
「はい、水だよ」
 むせないように箸に脱脂綿を撒いて水を含ませ、それを口に差し入れた。そのわずかな水を父は、ずっと吸い込んだ。
「もっと欲しい?」
「いや、もういい」
 たったこれだけのことなのに。

 若い看護師がそれを見咎めた。
「あなた何をしているんですか?!」
「水を飲ませました」
 父の枕元に「飲食禁止」の札があったが、それからすぐに、「飲水のみ可」に差し替えられたのには驚いた。理由はよく分からない。

 とにかく、くうみんがしてあげられたのは、わずかな水を飲ませたこと。今思うと、家に帰してあげられれば、ベストだった。

 ん~、話が逸れた。

 それで何を言いたいかというと、このように、せっかくかけたガン保険が、こんな風に元を取れないこともあるので、やっぱりコスパを考えて選びましょうね!!

 

 
 





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

スマホ事件の結末

 はじめは一人で行くつもりだったくうみん母であるが、一人で行かせたらまた面倒なことになるのは見えているので、くうみんも付いて行くことにした。

 片道2時間以上かかる遠い道。交通費もバカにならない。
 以前住んでいた実家よりも遠い所に何の相談もなく、移り住んでしまった、くうみん母。

「何でこんな勝手なことするのよ!!行くのが大変じゃない!!」
「ううん、来なくていいの。何でも一人でできるから。お葬式も来なくていい」
「そんな訳に行かないでしょ!!」
「ううん、いいの」

 そして何かしでかした時はいつも言う。
「お前に迷惑をかけちゃいけないと思って…」

 そのたびに尻拭いをさせられる。保険屋に騙されたときや、ヨシ伯母の相続問題、そして確定申告…

 ショップの予約は午後3時なので、その日のうちに帰れなさそう。なのでまた宿を予約。余談だが、直前予約でえらく安く泊まれた。これだけは良かった。

 午後3時、一緒にショップに行くと、少し待たされて、担当のお兄さんが接客してくれた。
「スマホをひと月前位に買ったらしいのですが、使いこなせないそうです。それに、お知らせ音が気になるらしいんです」
 そばでくうみん母が、しきりに訴える。
「あのお知らせ音が鳴ると、ドキッとして、血圧が高くなるのよ!」

 まず、買い替えするとなると、どれくらいの金額がかかるのか、試算してもらった。すると、4万円ちょっとかかるらしい。

「4万円!!」
 くうみんは、だから慣れるように言うつもりだった。買い替えはお金がかかる。もうちょっと頑張ってみてはどうか?

 しかし、お兄さんの反応は意外なものだった。
「スマホだと毎月の支払いが大きいですよね。ちょっと上に相談してみましょう」

 お兄さんは、くうみん達の目の前で電話をかけた。ちょっと横を向いて、「どうでしょうかねえ?」みたいな感じで誰かと話している。

「今、充電器や箱はありますか?」
「あります。ちゃんととっておいたの」

 こんなことがあるとわかっていた訳ではないだろうが、充電器や箱を、まんま持って来ていた。 

 お兄さんが奥から持って来たのはガラケーだった。ガラホですらない、通話とメールだけができる、あのガラケーだった。
「これは4万円ちょっとするんですけどね、このスマホの代金と差し引きでいいと、上の許可を得たのでその差額だけ頂ければ」
「えっ、そうですか?!それは助かります!」

 ということで、ガラケーとスマホの料金の差額660円を支払って、ガラケーに交換してもらうことにした。
 毎月の支払いも、スマホでは5千円近くかかるが、このガラケーなら、基本料金が1200円で、あとは通話料。これなら安い。
 
 くうみん母は変なところで新しもの好きなようだ。今回も、スマホならいろいろと面白そうだし、スマホ教室で教えてもらえば大丈夫だと思ったらしい。
 しかし、このばあさんは、わからない所が分からないというレベルなので、スマホ教室で教えられて判るなんてありっこない。

 くうみんは数学が苦手だった。数学が苦手なら、教えてもらえば簡単にできる、というものでもなかったことくらい、わかっている。しかし、このバアさんは、そんなことも判らない。

「これからは自分で何でも判断しないように!」
「だって、お前に迷惑をかけないようにと思って…」
「迷惑をかけないようにって、それがこんな風に二度手間になるんじゃないの!」

 しかし、2カ月前より、かなり来ている。どこにって頭が。
 3時に予約して帰るのは、5時近くになったのだが、くうみんは大雨が降っているのに気付いた。
「すごい雨だわ」
「雨が降るって言っていたわね」
 くうみん母は、外の雨に全く気づかない。
「だから、降っているんだって」
「そうなの?」
 外を見ても何もわかっていないようだ。自動ドアの外に出て、初めて大雨に気付いた。
「わあ、凄い雨!」

 この後タクシーでホテルまで一緒に行ったんだけどね、なんかやっぱり変。

 一緒にお風呂に行ったんだけど、動きがゆっくりなので、くうみんは先に脱衣所から風呂場に向かった。
「先に行ってるからね」

 ところが待てど暮らせど風呂場に来ない。5分ほどして、やっと来た。
「ずいぶん遅かったけど、どうしたの?」
 
 すると、なんと脱衣所から風呂場とは逆の方に向かってしまい、裸で外に出てしまったそうだ。お風呂場がない、と思っていたら、そこにいた女性に連れられて、風呂場に戻ったと言う。
「いや~、恥ずかしい」
 こんなんでも羞恥心があるのかね。どんな男性も、見たくもないだろうが。そして、こんなことはくうみんにとってどうでもいい事だが。

 一難去ってまた一難。エンドレス。今までずっとこうだった。

 これからどんな尻拭いをさせられるのか、もはや恐怖でしかない。

 







面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ : 携帯電話
ジャンル : 携帯電話・PHS

スマホ事件 レトロ呼び出し電話復活なるか?

 くうみんはガラケーを買い替えるのなら、母にガラホを勧めた。どうせ通話だけしかできないし、お金もかかるからだ。今から登山だ!というまさにその時、くうみん母から電話があったので、ショップのお姉さんにも言ったはずだ。

>と、ここでくうみん母から電話が。
>「今、携帯屋さんにいるの。新しい携帯にしたいんだけど、今、お店の人に替わるね」
> どうしていいかわからなくなったらしい。お店の人が出た。
>「そのバアさんは、通話さえできればいいので、一番安いプランにしてください。ガラホって言うのでいいです」
>「はい、わかりました」
> くうみん母に替わった。
>「お店の人に言っておいたから」
>「うん、わかった」

 ああ、それなのにそれなのに…

 くうみん母は、くうみんがこっちにしろと言うと、違う方にしたがる。キャッシュカードや実印、パスポートなど大事なものをすぐに失くしてしまうので、くうみんが預かると、預かったものに限って、再発行をしてしまう。
「俺たち信用されていない。もうやめよう」
 今は亡きおじさんが言った。なので、それらの管理は今後そちらでするように言うと、見捨てられたように感じるのか、
「預かって!預かって!」
 と大騒ぎする。

 もう過ぎたことはどうでもいいが…

 今回も、通話さえできるのであれば、お金がかかっても払うのは母なんだから、どうでもいいか、と思っていたのだが、通話さえできなくなってしまった。
 母に電話すると、いつも

 ただいま、車の運転中です。あとでお掛け直し下さい。
 
 というメッセージが出てくる。何回電話しても、何日経ってもその調子だ。

 ある日、母から電話が来た。
「電話くれた?」
 一応履歴は見られるらしい。
「何回もしたけど、いつも車の運転中だって」
 
 スマホって時々「コロン」っていう音がするでしょ?何かと思うと、大した用事じゃなくて、

 今日は〇〇の日です。

 などというようなお知らせが。
 これがうるさいと言うので、入居しているホームの若い職員に、鳴らないように設定してもらったらしい。と言っても、それだけをならないようにはできないので、電話の呼び出し音も出なくなってしまった。

 そう、スマホにしたおかげで、通話もできなくなってしまったのだ。
 ちょうど様子見に行く日が来たので、母のもとに行き、そういう設定はもうやめにして、うるさい時は電源を切る。そして必ず一日一回は履歴を見るようにと言って来た。
 いうだけではわからないので、へたくそな絵を描いて「こうするように」と、説明してきた。

 そうそう、スイカのポイント還元を受けるには、登録しなきゃね、と思って、登録しようとメールアドレスを聞いた。
「なあに、メールアドレスって」
「聞いてないの?」
「知らない」

 聞いていないはずはない。たぶん聞いても、「オッケーオッケー、何でもオッケー」と、聞き流したに違いない。
 このバアさんは、わかったふりをするから始末が悪い。
「お母さん、そうじゃないよ、こうするんだよ」
 というと、
「あら、そうだったの~、嫌だ~」
 というので、わかったんだろうな~と思うと、まったくわかっていないのだった。

 今回もショップのお姉さんに、そう答えたんだろう。

 仕方ない、せっかく買ったスマホだが、ガラホに買い替えも視野に入れて、ショップに相談しに行くことにした。一人で行かせようとしたが、一人で行かせるとまた面倒なことになるので、一緒に行く羽目に。

 当日の予約は取れず、また近いうちに母のもとを訪ねなければならない…トホホ。連絡したいことがあって、電話をするが、やっぱり通じない。

 昔、電話があまり普及していない時代は、近所の家の電話を貸してもらうことがあった。電話を借りると、料金の10円を払った。近所の人の電話番号を教えて、そこにかけてもらって、呼び出してもらうこともあった。
 思えば個人情報がどうたらなんて、考えもしない、のどかな時代だった。

 これからは、ホームに電話して、
「すみません、くうみん母の家のものです。いつもお世話になっております。母をお願いしたいのですが」
と、昔懐かしい「呼び出し電話」をしてもらうのが一番かも。






面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 快適な生活のために
ジャンル : ライフ

国の言うモデルケースってなんかおかしいんだよね

 ちょっと前から、老後の暮らしには国民年金の他に2千万円の貯金が必要と報道されて、物議をかもしている。
「年金だけで暮らせないなんて、そんなバカな!」
「老後はこれで安心と思っていたのにひどい!」
 などのような意見があるが、本当にこの人たち、そう思っていたのかね?

 少なくとも、今の若い世代や、まだ年金をギリで受け取っていない、くうみんくらいの世代は、「年金だけで暮らせる訳ね~だろ」と思っている。

 国の信用は地に落ちている。そんなに大騒ぎするほどのことではない。 

 まあ、裏切られたと言っている人たちは、国に絶大な信用を置いていた70、80世代の人だろうね。この世代でも、会社勤めして厚生年金の人はそれなりに良い金額を受け取っているだろう。大変なのは国民年金だけの人たち。自営業の人たちですな。

 しかし、国が想定しているモデルケースがどうもよくわからない。夫婦二人で受け取る年金は、月平均26万円だって。おいおい、国民年金がこんなに多い訳がないだろう。国民年金は満額でも年間60万円ほどのはず。これは厚生年金や、公務員の共済年金も含めた金額だろう。その平均を出すなんて、なんと意味のないことをするんだ!

 平均ってまったく参考にならないことが多い。
 モデルケースの住居費、ここにくうみんは着目した。月1万3千円の支出。これは持ち家の場合だろうが、持ち家でもマンションの場合は、管理費や修繕積立金などで、こんな金額では済まない。
 くうみんの場合は、特別豪華でもボロでもない(こっちに近いが)、一般庶民のマンションに住んでいるが、管理費や修繕積立金で月に、3万円近く支払っている。人に聞いたことはないが、普通はこんなものではなかろうか?

 賃貸ならもっとかかるだろうし、月1万3千円で賄っているって、一戸建てってこんなものなの?それと固定資産税はどこに含められているのか?

 年金を受け取るくらいの老人なら、介護施設に入居している場合だって多い。このモデルケースが役に立たないことはちょっと考えただけでもこれだけ思い付く。

 国の言うモデルケースが信用ならんと感じたのは、消費税が5%から8%に上がるときだった。

 消費税値上げの時の疑問
 
 リンクを開けるのが面倒な人のために、かいつまんで言うと、消費税が5%から8%に上がるとき、年収500万円、4人家族を想定して計算すると、年間33万円の負担増になるという。
 しかし頭の悪いくうみんが計算してみた。

>年収500万円、これを貯金とかしないで全部消費したとして、消費>税率5%として計算すると、25万円、8%とすると、40万円、そ>の差額は15万円のはず。

 なんだ、これは!!そう思ったのだ。

 偉い国会議員さんが、国会でガヤガヤやっているけど、あんな人たちに頼ろうとしてもむなしいばかり。自分でどうにかしなくちゃいけない、そう思ったのだけれど。
 
 日本を元気にするには、高齢者や女性が働いて、国を支えることが重要なのだそうだが、高齢者であり、女子のくうみんはどこに面接に行っても雇ってもらえない。

 今、ちょっと悲しい。
 





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

やっぱりいた、意地悪ばあさん

 フィットネスクラブで話をするオバも何人かできた。話して楽しい人もいれば、何を話していいかわからない人もいる。
 その中に話をして楽しくはないのだが、よく話しかけてくるオバが一人いた。

 仮にFさんとしておこう。Fさんとは風呂場で話をするようになったのだが、きっかけは憶えていない。
「あなた、ゴルフはしないの?」
「ゴルフはちょっと~」
「じゃ、ヨガやりなさいよ」
「ヨガはたまにしますけど、時間が合わないことが多くて…」
「そんなにいい体しているのに、何にもしないなんてもったいないわ」

何かしているから、いい体しているのであって、何もしないでいい体にはならない。最近は暖かくなったので外で走ることが多くなり、フィットネスクラブでは風呂だけということが多くなった。
「今日もお風呂だけ?」
「はい」
「ダメね」
 でも、この程度のことはどうでもいいと思ったので、黙っていた。 

 ある日この人がくうみんの年を聞いてきた。
「あなた、いくつ?」
「はあ、今年で〇○歳になります」
「まあ、65くらいかと思ったわ!」

 65歳はくうみんの実年齢から、数歳上だ。
 普通、言うか?思ったより若かったら、普通黙っているだろう。実年齢より上の歳を言っていいのは、十代までではないか?

 でもこの時は、Fさんが意地悪なのか天然なのか、区別がつかなかった。悪気はなくても、つい思ったことを言ってしまう人っているもの。なのでその後も、会えば話をするようにしていた。 

 でも、気になっていたのはFさんの顔つきだった。
 話をしているときのFさんは、先日亡くなった大女優の樹木希林さんに似た、愛嬌のある顔立ちだ。
 しかし、一人で歩いているときは、眉をひそめるようにして、下の方に目をやりながら口をへの字に曲げている。すごく意地悪そうな顔だ。美人とかブサイクとか言うのではない、顔立ちでなくて顔つき。

 ある日、Fさんとサウナで会った。
「あなたって、やっぱり若いわね」
 なぜか年のことを振ってきた。
「あら、でもFさん、私のこと65だと思ったんでしょ?ちょっとショックだったわ」
 Fさんは、フフフと笑ってこう言った。
「本当は私と同い年かと思ったのよ。私、今72なんだけど」

 な、なんということを!ここまで言われたことはない!

「今ね、ボランティアの役員をしているの。その仲間に、嫌な笑い方をする人がいるのよ」
 人をバカにしたような笑い方をするらしい。
「そうですか、困ったものですね、うふふ」
 くうみんがそう相槌を打った時だ。
「そうよ!その、人をバカにしたような嫌な笑い方をするの!」
 えっ、と思いつつも、
「あら、私そんな笑い方したかしら?ごめんなさいね」
「本当よ、本当に腹が立つの!私みたいに、楽しいことを言って笑わすならいいんだけどね」

 あんたのくだらない、あのダジャレのことか!面白くもないけど、笑わない訳には行かんだろうが!

 これでこのオバは意地悪ばあさんだということが決定的になった。意地悪に意地悪で対抗するのは良くない。それにこっちは意地悪をし慣れていないので、負けてしまう。

 そこで、これからの対策としては、かくれんぼ大作戦を採ろうと思う。

 Fさんとはロッカールーム、風呂場でしか会わない。ロッカールームはもちろん、風呂場も構造上死角が多いので、Fさんから見つからないようにかくれんぼをすることにした。
 ロッカールームでは使う所をFさんから遠い場所に変更し、湯船に浸かっているときはFさんが来たら、背中を向けているようにする。

 一番難しいのはサウナに入っているときだ。顔にはタオルを巻きつけて隠すか?

 一番有効なのは、Fさんが来そうになったら、後ろを向いて座る事だろうが、我慢比べになることは必至だ。


 
 
 
 
 
 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 最近の出来事。。
ジャンル : ライフ

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR