FC2ブログ

くうみん母は昔から変だったが…

 ブロ友S様より、次のようなご指摘が…

 年金生活なので、税金なんか払っていないっておかしいです。

 はい、誤解を受けるような書き方をしてしまいました。年金生活でも、受け取る年金が多ければ、住民税が課税されます。ただ、そのような人は私の周りにはいなかったもので…不快な思いをされたなら、お詫びいたします。ごめんなさい。

 こほん、それでは。
 くうみん母は昔から変だった。認知とは別に、自分にとって都合の悪いことは「なかったこと」にする。

 今回も、
「学生時代のお前の日記なんか読んでいない」
と言い張るが、これは紛れもない事実。これってひょっとしたら、そう言う病気なのかも?今はそう思って、
「わかった、私の勘違いね」
と言うことにした。 

 しかし、先日、「たけしの家庭の医学」を見ていて、気になったことがある。認知症の初期として、においがわからなくなるということがあるそうだ。だから何を食べてもおいしくない。
 味だと感じていたのは本当はにおいだったりする。例えば鰹節の香りなんか。
 この段階で、適切な治療を行うことが特に大事だと。

 そう言えば… 

「最近、口がまずくて何を食べてもおいしくないの」
 母が、そう言っていたのを思い出した。
 どうしよう?認知が始まっているのをみすみす看過してしまうのは良くないし、でも、言い方が難しい。

 認知症かも知れないから、医者に行きなさい、などど言って…下手すりゃ、
「人をボケ呼ばわりして!」
 とまたお冠になってしまう。

 う~ん。そうだ、初期症状ではなく、前段階と言うことにしよう。

 くうみんは母に電話をかけた。
「はい」
「あの、くうみんだけど。この間、味がわからなくなったって言っていたよね、耳鼻科に行った?」
「行ってない。もういいわよ」
「味がわからないって言うのは、においが分からなくなったからだと思うの。この間たけしの番組で言っていたんだけど、それって…」

 くうみんは一呼吸置いた。
お母さんに限って、そんなことはないと思うんだけどね、認知症の前段階かも知れないよ。ほら、前がん状態ってあるじゃない?まだがんじゃないけど、そのまま放っておくとがんになるって言う状態。それと同じようにこのまま放っておくと認知症になるんだって」
「ふ~ん」

 怒っていない!!うまく行った!

お母さんに限って、とは思うんだけど、年齢的にはとっくの昔にボケて当然なのよ。早く医者に行った方がいいわ」
「でも、ここら辺にはろくな医者がいないのよ。この間も医者が薬を出し過ぎて…」
 
 また、この間の話を延々と続ける。しかし、認知症の人に「それは聞いた」など言ってはいけないというので、ひたすら話を聞いた。
「だからさ、そのやぶ医者に紹介状を書いてもらって、大きな病院に行くのよ。大きな病院に行くには、最近は紹介状が必要なのよ」
「そう言えば、この間、直接I病院に行ったら、すごい待たされてお金もかかった」

 また、いかに待たされたか、いかに高い金を取られたかを延々と話し出す。トホホ… 
 話が終わるのを待った。 
「そうよ、医者の紹介状がないとそうなるのよ」

 くうみんは、くうみん母の機嫌を損ねないよう、必死の思いで病院行きを説得した。まあ、行く気にはなったようだ。

 認知症の治療って、どのようにするのかわからない。算数を毎日するとかだったら、あの婆さんはやらないだろうそもそも治療薬は本当に効くのか?
 本当に病院に行くかどうかも、今の時点ではわからない。

 でも、言うことは言ったぞ!
 
 後は神様の言う通り。

 



 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

何やっているんだよ~。くうみん母のふるさと納税

 喧嘩していたくうみん母から電話があった。
「もうあんたとは会わない!」
と、啖呵を切ったのが信じられないような口ぶりなのだった。どうも都合の悪いことはすべて忘れてしまうらしい。これは若い頃からそうだった。

 曰く、今まで体調が大変悪かった。フラフラして歩けないし、トイレに行こうとしたら倒れてしまった。それを医者に相談したら、お薬手帳を見せるように言われた。すると、薬の量の多さに医者が驚いて、何剤か処方されていた薬を大幅にリストラした。すると体調もすっかり良くなった。


「まったくあの医者、自分で薬を出しておきながら、こんなに飲んでいたのかって言うのよ。無責任にもほどがある!」
 たぶん母が、
「この薬も欲しい、これも出してくれ」
 と言った結果なんだろうと思ったが、黙っていた。

「そうそう、私、ふるさと納税したのよ。北海道のホタテを頼んだの。2万円払ったけど、戻って来るんでしょ?」
「えっ、ふるさと納税?だって税金払ってないじゃん」
 母は年金生活なので、税金なんか払っていないはずだ。毎年、念のため確定申告の計算をしてみるが、申告しない方が得なのでしていない。収入が年金のみの場合は申告しなくてもいいのだ。
「払っているわよ、介護保険料」
「あれは税金じゃないの!」
 介護保険料も税金と言えるが、そんなことを言ったら、このばあさんの理解を超えてしまうので、そんなことは言わない。

 もう払ってしまったって、どうなるんだろう?相手方の自治体が、
「あなたは税金を支払っていないので損ですよ」
などと親切に言ってくれることはあるまい。

 母の源泉徴収票を確認すると、わずかばかりの税金は源泉徴収されている。
「この金額が差し引かれるのかなあ?
 こんなこと、おじさんがいれば一発でわかっただろうに。まったくあんたの仕事はまだ終わっていないのに、さっさと逝ってしまいやがって。

 PC検索で調べてみると、やはり住民税非課税の人はふるさと納税ができず、ただの寄付になってしまうらしい。母のような年金生活者だけでなく、アルバイトやパートで生計を立てている人など、差し引くべき住民税がない、あるいはごくわずかの場合はふるさと納税は損になってしまうケースがあるという。

 そのことを伝えるべく母に連絡した。
「やっぱり、お母さんは住民税を払っていないから、ふるさと納税はできないの。税金払っていないから、ただの寄付になってしまうのよ。ホタテに2万円払ったって言ってたけど、それなら普通にお取り寄せした方が得だったのよ」
「あら~、そうなの~」

 どれくらい理解できたかはわからない。またやってしまうかも知れない。仕組みがわかっていないくせに、テレビの情報だけはキャッチしている…

 ふるさと納税が話題になって久しいが、こういう人って結構多いのではないか?特にリタイアして、年金で生活している人は、自分のことをそんなに貧乏だとは感じていないだろうし。
 現役のサラリーマンなら、確実にお得だろうが、低収入の人は、自分がどれだけ住民税を払っているか、確認してから申し込んだ方がいい。

 さて、私もビンボーです!ビンボー仲間の皆さん!テレビの話を鵜呑みにしないよう、気を付けましょう!

 
 
  
 
  
面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



テーマ : ふるさと納税
ジャンル : ライフ

またまた事件発生!金なら返さん!

 いつもは月一くらいで、様子見を兼ねてどこかに宿を取るのだが、くうみんは母が、自分の日記帳を読んだと思っていたので、声をかけないでいた。

 どうも人の日記を読んだり、手紙を読んだり、机の中をあさったりするのは悪いこととは思っていないようだ。
くうみんが、学生時代に書いていた日記をゴミ箱をあさって手に入れたのを、20年以上も毎日読んでいたという。

「あんまりかわいそうなので、毎日読んでは泣いているの」
 ゲッ!勘弁してくれ!そう思って取り返した。
「やめてよ恥ずかしい!」
「気にすることないじゃないかね♡」

「お前の書いたあのマンガ、面白いね」
 など、机の中をあさらなければわからないことまでシレッとして言う。これは透視能力があった訳ではあるまい。

 いつか言ってやる!日記の盗み見と言うのは、デバカメ、盗撮と同じ卑しい行為なのだと!

 な~んて思っていると、ついに向こうから連絡が来た。
「旅館に泊まるのはもったいないから、お前の家に泊めてよ」

「あのさ~。来るのはいいけどね、私の日記、盗み読みするのはやめてくれる?」
 当然、いつものように「気にすることないでしょ~」と言うと思っていた。しかし違った。

「読んでないよ、そんなもの!!」
「えっ、でも位置が違っていたんだもの」
「そんな言いがかりをつけて、私を避けようとしているのね!!」

 偉い剣幕で怒り始めた。そう言われると、自分の間違いだったかと言う気もしてきた。見た訳じゃないし、勘違いかも?
「え~っと、そう、じゃ、これは私の思い違いかしら?でもね、以前、お母さんは私の日記を20年以上も持っていて、繰り返し読んでいたっていう前科があるのよ。だからまたそうなのかと思ってしまったの」
 くうみんは急激にトーンダウンした。
「知らないわよ、そんなの!」
 しかし、ちゃんと日記を取り返した。これは紛れもない事実。

「いいわよ、どうせ私は厄介者、一緒に居たくないんでしょ!足手まといの邪魔ものなんでしょ!だからそんな言いがかりをつけるのよね!」
「そんなこと言ってないでしょう。だから私の勘違いだって言ったでしょう。謝ります、ごめんなさい」

くうみん母は、怒りで声を上ずらせ、くうみんに罵詈雑言を浴びせかけた。ボケババアが、良くこれだけ罵る語彙があると、感心するほどだ。
「そうだ、お前には金がかかっているんだ。大学にも行かせたし、自動車の教習所にも通わせただろう?なんだかんだで1千万はかかっているだろうから、1千万、返しなさい!」
「…」

 これは、加藤登紀子のお母さんが言ったことだそうだ。加藤登紀子がおかあさんに反発したら、こう言われた。
「そんなに私が嫌ならここを出て行きなさい。ただし、うちのお金で買ったものは全部置いて行きなさい」
 加藤登紀子は、自分の着ているものも、持ち物もすべて家のお金で買ったものだと気付いて、それ以、来親の言うことを聞くのは仕方ないと思ったという。
 
 それを今言うか?!
 しかし、こちらまで声を荒げるのはなんだかな。ここはしおらしくしておくのが得策だと、ずるいくうみんは思った。

 「これからはおじさんのお姉さん達とだけ、仲良くすればいいわ。ああ~!!私の人生最大の失敗は子供を産んだこと!子どもなんか産むんじゃなかった!!」
 これは子供の頃から、よく聞かされた。でも、今はもうこんなに育ちすぎるほど育ってしまったし…ていうか、ばあばと言われる年になってしまったし… 
「…生まれてきてごめんなさい」
 そう言ってくうみんは静かに受話器を置いた。

 しかし、おっかあ、盗み読みは悪いことだとわかっていたんだ。「気にすることないじゃないかね♡」とか言っていたのは何だったのか?「お前の書いたあのマンガ…」と言っていたのはついポロっと出てしまっただけなのか?
 すぐに謝りの電話を入れたところで、こじれるだけだろう。しばらく放っておこう。
 すると、不思議な解放感がこみ上げてきた。

 山に行こう。月末は天気が悪そうだから、10月中頃にでも。だとしたら、あそこの山域に行きたいな。今度東京に出た時に、ヘルメットを買って来よう。ドカヘルじゃなくって山岳用のかっこいいの。そうそう、ストックのバスケット(ストックの先に付いている丸いわっか)も買ってきたい。
 山がだめそうなら、どこかに一人で一泊してもいいな。

 とにかくしばらく羽を伸ばそう。


 
 PS.
 いつもなら2、3日後に怒りの手紙が来るはずだった。
「もう放っておいてくれ!来なくていい!こっちはこっちでやっている!他人さまの方が役に立つ!」
 などと言うような。
 しかし、1週間ほど経った今でも届かない。新住所がわからないからなのか、言い過ぎたと思ったのか、それとも忘れてしまったのか?
 
 どうでもいいが、金なら返さん!もう時効だ!




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 人間関係
ジャンル : ライフ

くうみん母の悪癖 全然変わらんのう…

 月一程度、くうみん母の様子を見に行くことにしている。今回は母の住居に近い所からホテルのシャトルバスが出ているというのでそれに乗って行くことにした。
 シャトルバスと言っても金は500円取る。50分ほどかかるから仕方ないか。

列車の中で
 行きの列車で これくらいの楽しみがないとね

 前に住んでいた千葉にあるフィットネスクラブのオバ仲間から、宿泊補助券をもらった。
 そのオバがホテルの会員権を持っているので、年に何十枚か宿泊補助券がもらえるらしい。それを出すと、手ごろな値段でいいホテルに泊まれる。ありがたいオバ仲間だ。
 
 ホテルは東急ハーヴェスト天城。補助券がなくても手ごろな値段で泊れる。補助券があれば格安料金。一泊一人1万800円だった。 

 台風の影響で天気は悪かった。しかし、ホテルはなかなかよろし。食事は一番安いブッフェだが、なかなかおいしかった。風呂は最上階で眺めがよく、申し分なかった。

夕食
夕食はこんな感じ。もちろんもっと食べた

朝食
朝食もてんこ盛り

 このまま帰ればよかったのだが、くうみん母はくうみんの家に行きたいようだった。
「来る?」
「行っていいかしら?」
 嫌だとも言えず、引き続きくうみん住居に向かった。自分の家にいるのが嫌で仕方ないようだ。

 夕食は近所のくら寿司でテイクアウトすることにしてくうみんはフィットネスクラブの風呂に向かった。そして風呂に浸かっているときに恐ろしいことに気が付いた。

 日記を片付けていない!! 

 独り暮らしの気安さでテーブル近くのラックに日記にしているノートを置きっぱなしだった。しかし、新聞広告や何やらわからない書類に紛らわせているのでちょっと見にはわからなくなってはいる。

 しかし、あの婆さんの覗き趣味は生まれながらの病気だった。くうみんは風呂を早めに出てくら寿司のテイクアウトをして、速攻で帰った。

「ただいま」
 ラックを見ると、やはり日記を読まれていた。でも、このばあさんに事の善悪を今更説いても、理解できない。

「フッフ。私は何でもお見通し」
 そう思うだけ。

 翌日になると、
「今日どこかに出かける予定はあるの?」
 と聞いてきた。
「ないよ」
 というと、もう一晩泊めて欲しいという。
「いいよ」
 日記は母の分からない所に避難させた。

 翌日、くうみん母はのんびり部屋の中で過ごした。

  帰りは近くの駅まででは絶対に帰れないだろうと、わかるところまで送ることにした。指定席を取ったので、そこに座るように言ったが、窓の外から見ると、見当違いの所をうろうろしている。

「こっち!こっちの席よ!!」
 窓をトントン叩く。私には気づいても席がどこだかわからないようだ。そう、このばあさんは数字は読めるが、アルファベットが読めない。
「3のD席よ!こっちよ!」
 くうみんは必死で窓にへばりついた。

 そのうち近くにいる女性に聞いて、やっとわかったようだ。

「電車から離れてください」
若い駅員がくうみんに注意した。しまった。なかなか発車しないと思ったら、原因はくうみんであったか。

 やっと送り出してホッとした。でも、日記を読むのは勘弁してほしい。

 私は母親よ?子供のことを知るのがどうしていけないの?

 いいや、あんたは何にもわかっちゃいない。日記や机の中をごそごそして色々情報を入手して、それで理解しているつもりならそれは大きな間違い。

 母は冷たいのではない。愛情がないのではない。そうではなくて、それはてんこ盛りの歪んだ愛情。

 今度からは、見せパンならぬ見せ日記を作ってしまおうかしら?見せるための日記。これにはわざと変なことを書く。

 私はモテモテ、モテまくりとか。


富士山1
富士山が真ん前に見えるっていいよな~
 
富士山2
富士は日本一の山~ ひょっとしたら世界一かも。高さは別として、姿の美しさもあるし。
 
 富士山の標高3776メートル 富士のよに 皆なろ(ミナナロ)と覚えましょう。
 


面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 旅行

痛恨のネモフィラツアー 老人問題

 くうみん母には前の日の夕方にうちに来てもらった。近くのすし屋で一緒に食事をした。ここは昼は手ごろな値段で食べられる手打ちそばと寿司のセットがあるのだが、夜はお高くて本当にたまにしか来ることができない。

 くうみん母の誕生日が4月であったので、ここで誕生祝をしようとくうみんは考えたのだった。寿司屋だけど、お任せのコースがある。それが一番安いので、それを注文した。
「おいしい」
 くうみん母も満足そうだった。塩味は薄いのだが、出汁が良く効いているので濃厚な風味がある。寿司の他に、魚の煮物や天ぷらも出てきた。
 くうみんはビールを2杯飲んだ。くうみん母は女が酒を飲むなんてとんでもない!みんな飲んでいるなんて、言い訳にならないとくうみんを脅していたが、最近はそんなことも言わなくなった。

 おいしい食事に満足してくうみん達は家に帰った。明日は早いので早寝をした。

 年寄りは朝が早いと言うが、くうみん母はずっと寝ていた。くうみんが起こしに行くと、ぐっすり寝ていたが、起こさない訳に行かない。簡単な食事をして待ち合わせ場所に。

 集合10分前だったが、くうみん達が一番遅かったらしい。くうみん達が乗ると、すぐにバスは発車した。
 天気も良く、そんなに渋滞もなくバスは目的地に向かった。昼食会場にはかなり早めに着いたので、買い物をして時間をつぶした。刺身や干物などの生ものが安いけど、道中長いのでそういったものは買えない。くうみん母は残念そうだった。昆布とサバのみそ漬けを買っていた。
 昼食は海鮮定食で、そこそこおいしかったが昨日のお任せコースを食べたばかりだったので、ついそちらと比較してしまった。あっちの方がダントツでおいしかったな…

 ネモフィラがきれいだったのは先に紹介した通りだ。
 ネモフィラの見物をした後はいちご狩りがある。
「いちご狩りは30分一本勝負ですよ~。最後の人がハウスに入ってから30分ですからね、あわてないでください」
 添乗員さんがみんなに呼びかけた。

 いちごはもう、終わりのようだ。機動力に優れたくうみんは、あっちの列、こっちの列とひらりひらりと飛び歩いた。しかし、くうみん母は、いくら足腰丈夫でもさすがに89だけあってそうはいかなかった。
「ちょっと、手を引っ張ってよ」
 道を替えるのも、よっこらしょっと大変なことだった。

 いちごは10分もしないうちに跡形もなくなり、あると思うとカビが生えていたり、腐ったりしたものだった。みんなハウスから出てしまったが、くうみんは一人ハウスに残って食べられそうなイチゴを物色するのだった。
 もう食べられるいちごも底をついたので、仕方なくくうみんもハウスを後にした。

何もないいちご狩り跡
 何もないいちごのハウス。たまにあるのは腐ったいちご
 
 このインチキいちご狩りが!!どこに30分も食べられるほどのイチゴがあると言うんだ!ツアー代が高いのに許せん!クラブ〇―リズム!!

 ここからは帰るだけの行程だ。くうみん達の座席に、何か乗っていた。これは車内販売でくうみん母が買ったまんじゅうだ。添乗員が来て確認をした。
「お土産、置いておきましたからね」
 くうみん母は機嫌よく言った。
「どうもありがとう」
 くうみん母はくうみんの方に向き直った。
「何をくれたのかしら?」
「くれたんじゃないよ、これ、お母さんが買ったんだよ」
「えっ、そうなの?」
 今までの上機嫌がなくなりくうみん母は、怒りの様相を呈した。
「何よ!まるで押し売りじゃない!こんなの買った覚えはないわよ!」
「何を言っているの?車内販売でお母さんが買ったんじゃないの。こんなの買ってどうするのって言ったら、施設のお兄ちゃんやお姉ちゃんのお土産にするって」
「…全然覚えていない。お金はどうしたの?」
「お母さんが払ったわよ」

 なんと、朝の車内販売で買ったのを全く覚えていないのだった。これで良く、「○○さんがボケてどうしようもない」なんて言えるもんだ。
 そう言えば、朝から同じことを繰り返し言っている。
「私が○○さんにシチューを作って持って行ったら、そのお皿を食堂の方に持って行っちゃったのよ」
 この話を何十回も繰り返していた。こう言うのを「さっき聞いた」と言うのはよくないと言うので、うんうんとうなずいていたのだが。

 家に帰るとくうみんはフィットネスクラブの風呂に入り、くうみん母は家の風呂に入った。今日は疲れたので家で食事。こうしてネモフィラツアーの一日は終わったのだった。

 次の日、くうみん母は、帰ることになるのだが、何やら小田急線の渋沢にいる友達に会いに行きたいと言う。
「なかなか行けないからこのついでに」
 と言う。千葉県某市のくうみん最寄駅からは、何回か乗り換えなければならない。若い人ならどうってことないが、このぼけ老人では…
「一人で行けるところまで、私も行く」
「そう、済まないね」

 都営新宿線に乗るルートと、千代田線に乗るルートがあるが、千代田線ルートを取った。地下鉄を乗り継いで代々木上原まで行ったが、あいにく小田原方面に行く電車ではなかった。
「ちょっとここも無理」
 くうみんは母と一緒に電車に乗り込んだ。

 くうみんも、小田急線はあまり詳しくない。この線は間違って乗ると、とんでもない方向に行ってしまう。
 車内の路線図をにらみながら、乗り換えの駅に着いた。相模大野だ。

 くうみんは、母と一緒に向かいに止まっている電車に乗り込んだ。
 これに乗って行けばいいはずだけど、急行の止まる駅かしら?大丈夫だ、これに乗って行けば8つ目の駅で降りればいい。
「お母さん、この電車に乗って行けばいいんだよ。それじゃ、私降りるからね」
 そう言ってドアを見ると、ドアは閉まり、電車は走り始めた。
「あら~、ごめんね、世話をかけて」
「…」

 次の海老名までは、3つほどの駅を通過して、やっと着いた。
「ここから7つ目の駅だからね」
 ここなら大丈夫だろうと、くうみんは電車から降りた。そして新宿方面に行く電車がすぐに発車するのに気付いた。

「ぬおっ、負けるもんか!!」
 くうみんは階段を駆け上り、そして階段を2段抜かし、3段ぬかしで駆け下り、新宿行の電車に飛び乗った。
 一億歳超のオバさんが、2段ぬかし、3段ぬかしで駆け下りる…なかなかできることではない。くうみんもこういった非常時でないとこの芸当はできない。火事場のばか力と言うものだ。

 自分は大丈夫と思っているが、危なっかし過ぎるぞ。おっかあ、介護保険受けろや。と言っても、「私は耄碌していない!!」と言い張るんだろうなあ。トホホ。

という訳で、 くうみんは往復4時間かけて、家に戻ったのだよ。


 
 くうみん母からの土産。自作の煮物や山菜の冷凍品

冷凍食品
 約2キロあった。引っ越しまでにすべて食べねばならない。トホホ

謎の冷凍食品
 訳の分からない謎の冷凍品。解凍して食べたらタケノコとガンモの煮物だった。いい加減霜が張り付いていたが、何年前のものだろう?

こんな古いものを
 賞味期限2016年9月の柚子味噌。ビンテージものである




  



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



テーマ : なんだかなぁ、、、、
ジャンル : 日記

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR