芋山温泉の帰り せっかくだから名古屋見物

 おいしい昼ご飯を食べ、いとこ会のメンバーは三々五々解散して行った。

 金子、銀子、くうみんの3人組は名古屋見物をすることにした。宿は名古屋駅から5分ほど歩いたところにあるロイヤルパークホテル ザ 名古屋という仰々しい名前のホテルだ。

 部屋にバスタブはないが、大浴場がある。シングルを取ったのだが、トイレにドアがないので驚いた。

 シングルにしては広めの部屋。
名古屋の宿

トイレが!!
 ガ~ン!トイレにドアがない!絶対一人でなければ泊まれない

 夕食は名古屋大ビルヂングの中の店でひつまぶしを食べた。
 ひつまぶしの店は大変混んでいた。30分くらい並んだだろうか。外国人の姿もあった。

「金子様ご一行様、どうぞ」
 お姉さんに呼ばれて店の中へ。
「お飲み物はどうしますか」
 酒のお品書きを見ると、どれも高い。
「いりません」
 銀子姉さんとくうみんは言った。二人とも高い酒は飲まない。金子姉さんは酒はもともと飲まない。

ひつまぶし
 一度で3度おいしいひつまぶし。全体を4つ訳にしてから、一回目はそのまま、2回目は薬味を入れて、3度目は出汁をかけて食べる。残りのひとつは気に入った食べ方で食べるのがいいそうだ。

 ひつまぶしを食べてからホテルに帰ったが、もちろんホテル下にあるコンビニで酒を調達した。風呂に入ってから一杯やった。
 このホテルは快適なのだが、一つ良くないところがある。冷蔵庫があまり冷えない。くうみんは製氷機から氷を取ってきてビールを冷やした。

 翌日の朝は、名古屋名物モーニングセット。駅地下のコンパルで。
名古屋の朝食
 飲み物で値段が変わるらしい。くうみんは野菜ジュースを注文。

 名古屋にはマラソンで2回来たことはあるが、観光はしたことがない。なので定番中の定番、名古屋城と熱田神宮へ行くことに。

 名古屋城では入り口付近でボランティアの法被を着たおじさんが暇そうにしていた。何やら無料で案内してくれるらしい。お願いする事にした。他にも2組が一緒に回ることになった。

「あそこに武士がいるでよ、写真撮ったらどうだね」
 ボランティアのおじさんが言うので、せっかくなので写真を撮った。
 
兵隊さん
 名古屋城には武士や忍者がいた。熊本城にもいたが、熊本城の武士は役者がしているらしい。しろうとでは様にならないと。この人たちも役者かな?

忍者
 忍者の中にはくのいちも

「この石には字が書いてあるだがね」
 ボランティアのおじさんは、名古屋弁で説明してくれる。
 
字が書いてある

九州から来た植物
 九州から石にくっついて来た植物

 名古屋城の中
 絢爛豪華な名古屋城の中

猫ちゃん
 猫です

城主お目見え以上
 城主お目見え以上の部屋

当時は珍しいバラの花
 当時は珍しいバラの花

にゃごや城
 にゃごや城

 この石の大きさがよく分かるからと、ボランティアに言われて、はい、ポーズ!

石の大きさがよく分かるかと
 くうみんはどれでしょう?

お城の土台には記号を彫った石もあった。
「これは前田の紋だがね」
「へえ、そうですか」

前田家のしるし1

前田家のしるし2

しゃちほこレプリカ

 昭和の初期だか、名古屋城の屋根に上ってしゃちほこの金を盗んだ泥棒がいたそうだ。名古屋城の上に登ったが、屋根はすごい急こう配で、こんなところによくまあ…絶対プロの仕業だと確信した。
急な名古屋城の屋根
 実際はもっとすごい急こう配だ

 次は熱田神宮に銀子姉さんと一緒に行った。金子姉さんは疲れたのか駅近くで待っていると。
 熱田神宮では100円でたくさんのお願いをした。お願いのことばかりを考えていたので写真を撮るのを忘れた。

 熱田神宮を後にしたが、まだ時間がある。くうみんだけ、新しい観光スポットだというオアシス21に行くことにした。
 オアシス21は栄駅を降りたところにある。

オアシス21 水の宇宙船
地上階と地下からなる立体型公園のオアシス21。
様々なイベントが開催される銀河の広場、飲食店や物販店も。
夜はライトアップされてロマンチック。

 … という能書きが、↓のリンクにあった。
        オアシス21とは…

 期待していくと単なるバスターミナルの上に誰もいない広場があるだけだった。
オアシス21 屋上
 これが水の宇宙船!

オアシス21
 さすが名古屋だ!!

 名古屋の趣味に感心しながら駅に着いた。売店でなるべく冷たいビールを選んで新幹線に向かった。

 3時を少し過ぎた時間の新幹線を選んだのは、金子、銀子姉さんたちのリクエストからだ。
 くうみんは車内でお弁当を食べながらビールを飲むのを楽しみにしているので、お昼くらいの時間を選ぼうとした。しかし、そこに待ったが入った。
「もっと遅い時間がいいわ。どこかでお昼ご飯を食べましょうよ」
「そうですか、わかりました。じゃ、夕食の支度に間に合うくらいの時間でいいでしょうか?」
 すると、金子、銀子両姉さんはキッとなって首を横に振った。
「ダメよ!!もっと遅い方がいいわ!夕食の支度をしないでいいくらいの時間にしてちょうだい!夕食はお弁当を買っていくから!」
「は」
 そうであったか。

 新幹線の指定席には金子、銀子両姉さんがすでに座っている。
「無事に落ち合えたわね~」
「オアシス21ってどんなところだった?」
「こんなところです」
 くうみんはデジカメを見せた。トホホだった。

 新幹線は時間通りに出発し、銀子姉さんとくうみんは缶ビールを開けた。
 銀子姉さんは小さい缶で、くうみんはロング缶。金子姉さんは酒を飲まない。おじさんのお姉さんなのに、変なの。しゃべりながら飲んでいると、くうみんは酔いが回ってきた。

 楽しかったな、いとこ会。おじさんもきっと来ていたんだろうな。

 でも、生きて参加すればもっと楽しかったのに。

 う~ん。ぐぅ~。


 






面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 行ってきました!
ジャンル : 日記

いとこ会はこんな感じ

 ゴボウ荘の風呂は3つある。内湯大浴場と、階段を上って行くつるつるした湯と、露天風呂だ。このつるつる湯だけ泉質が違って、肌がきれいになるような気がした。
 一番上にある露天風呂は、虫がいて刺されて痒いのなんの。一度行ったきり、あとはやめた。今でも痒い。大浴場は眺めがいい。だからくうみんは大浴場とつるつる湯に良く入った。

 食事は宴会場で食べた。
今宵の食事
 山海の珍味

 幹事のノリ平兄ちゃんは、ビールやソフトドリンクを安く提供するよう宿を脅迫と交渉したそうだ。ありがたいことです。

 お土産はちょっとした小物をくじ引きで。くうみんが取ったのは歯磨き粉を最後まで絞り出すためのものだった。くうみんは歯磨き粉は最後まで絞り出すが、それでもまだゆるいと思うのでチューブをはさみで切って中身を掻き出して使っている。結構使える。
 
お土産付き
 どれがいいか真剣に悩むいとこの皆さん。

 渡しているのは幹事のくうにんちゃんだ。くうみんではなく、くうにんちゃん。選んでいるのは銀子姉さん。手前に立っているのはのび子ちゃん。

おじさんもいる
 もちろんおじさんも参加。時々テーブルの上に忘れることがあったが、誰かが気付いてくれる

 ノリ平兄ちゃんは初孫だそうだ。しかし、それに対抗しているのが、ヒトシちゃんだ。
「俺こそが大平家の内孫!!」
「何を言う、大平均!」
 ノリ平兄ちゃんは貫禄で言い返す。

 子供の頃の順位はやはり歳が上かどうか…みんないい歳の大人だが、ここでは子供の頃と一緒。
 くうみんは、いとこ会の順位を感じ取った。

 一番偉い人 → ノリ平兄ちゃん やっぱ年上だから。今でも兄ちゃんと言われているし。

 平民 →  ヒトシちゃん以下多数。おじさんもこの部類に属す。

 男子からはいじられキャラで、女子からはかわいがられキャラ → タコちゃん。男子の中で一番若い。男子からは「タコ!」と呼び捨て。

 全員から可愛がられキャラ  → ペコちゃん。一番年下。男子からは呼び捨て。呼び捨ても親愛の情からであろう。

 ちなみにくうみんは平民に属するであろう。

 次の朝、
くうみんは風呂に向かった。本当だったら、ビールでも飲むところだがみんなの手前もあるし、ここは我慢しよう。など思いながら大浴場に行くと、マツコちゃんがいた。
「あら、くうみんさん、あとでビール飲みに来ない?まだあるのよ」
「えっ、本当ですか!!行きます、行きます!」

 ウへへと笑いながら大浴場の湯に5分ほど入った後、つるつる湯にはしごをした。そこには金子姉さんがいたが、ここも5分くらいで出てしまった。
「くうみんさん、出るの早いわね」
「マツコさんが、ビールが待っているんです!!」

 いそいそとマツコちゃんの待つ部屋へ。
「お待たせしました~」
 プハ~!!温泉入った後のビールはうまいものだ。

 この後はアクアイグアスと言う道の駅と立ち寄り湯を合わせたようなところに行った。さすがに立ち寄り湯には入らなかった。お土産を買う人もいたが、ケチなくうみんは試食ばかりしていた。

いろいろパン
 カラスのパン屋さん 絵本
ツバメの巣
 かわいいな、ツバメのヒナ

アクアイグアス
 ここがアクアイグアス

あの鳥は?
 あなたはだ~れ?
ひばりかな?
 「あなたがかの有名なひばりさんですか?」「はい、そうです」

 昼食はミエハルおばさんのおごり。いただきま~す!!
 昼食
 いや~、今日も元気だ。ご飯がうまい

うまそです
 おいしかったです

 
 くうみんは変なものが気になる。なぜ気になったか、わかるかな?
やはり気になる…

う~ん
 ま~、くうみんさん、お下品よ~

 



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 行ってきました!
ジャンル : 日記

第10回楽しいいとこ会

 今年もおじさん家のいとこ会が開催される運びとなった。おじさんは4年に一度と言っていたが、おじさんが企画するのが4年に一度という意味らしく、結構おじさん母の実家近くでもやっっていたようだ。

 くうみんは東京近辺のいとこ会には出席していたが、今まではおじさん母の実家方面で開催されるものには参加していなかった。気を使うからいいよ、ということだったんだと思う。

 しかし、今度はくうみんも参加することになった。
 いとこの集まりというのは、くうみんにはあまり記憶がない。くうみん母の実家にいとこがいたけれど、歳が離れていたので、小さなときは遊んでもらった記憶があるが、少し大きくなると顔を見る程度だ。

 父方では、唯一付き合いのあった叔父さんの家に、たった一回何日か泊まったことがあった。夏休みのことだった。その時はそこのいとこと楽しく遊んだ。
 ああ楽しかったと家に帰ると、母が家からいなくなっていたという、シャレにならない思い出がある。

 それからくうみんは、いとこという人々に会うこともなかった。2回か3回、葬式で会ったかな。

 さて、いとこ会会場は某県、芋山温泉にあるゴボウ荘という宿だそうだ。山の中だが、海も近いので、食事も期待できる。その後にせっかくだから名古屋に泊まって観光しようということになった。
 名古屋なら、くうみんは名古屋ウィメンズマラソンに2回ほど参加したので、安いパックがあるのを知っている。
「お姉さん、名古屋の宿とJRはわたしが手配します」
「そう、よろしくね」

 そうして迎えたいとこ会当日。 
 何人かのいとこの皆さんと合流しながら、目的の芋山温泉ゴボウ荘に着いた。
宿のケーブルカー
 ロビーからはケーブルカーで行く

いい部屋だ
 関東から来た私達にはいい部屋をあてがってくれた

部屋からの眺め
 う~む、いい部屋だ

 本日のメンバー
 ミエハルおばさん  ムチ子おばさん  ワカメおばさん → おじさんのお母さんの姉妹

 ノリ平兄ちゃん(三木ノリ平)、ヒトシちゃん(大平均)、くうにんちゃん、マツコちゃん、ノビ子ちゃん、金子姉さん、銀子姉さん、タコちゃん、ペコちゃん、くうみん

 このメンバーで美しくも楽しい、いとこ会は始まったのだった… 





 
 面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

九州に潜入中 くうみん怒りの鉄拳

 最後の観光は霧島神宮に行くことにした。宿の人にバス停まで送ってもらってそこから霧島神宮行きのバスに乗った。
 霧島神宮に着いたが、予想と違ってこじんまりした神宮だ。伊勢神宮や出雲大社のような周りに門前町のにぎわう大きな神宮を想像していた。しかし、周りには何もなくてこの神宮をせいぜい20分ほど見学したら、することが何もなくなってしまった。

「どうしよう」そう思ってうろうろしていると、裏手にまたしても遊歩道があるのに気が付いた。往復4キロほどだ。山道だから戻ってくるまで4時間くらいかかるかも知れない。バスの時間を確認して、行くことにした。

 ここには韓国式の目印ではなく、日本の山道によく見られる赤いテープの目印があった。木が立ち並んでいるだけで花が咲いている訳でもない単調な道だ。

 1時間半ほど歩き続けたら、「高千穂河原」という所に着いた。ところどころつつじが咲いているのが見えた。でも帰りの時間が気になってあまり見物ができない。
 目の前にある高い山の山肌はピンク色だった。後で聞いたら、ミヤマキリシマと言うつつじが咲いているらしい。こんな遠いところからもピンク色に見えるなんて、そばで見たらどんなだろう。

 ここにもバスが通っているらしい。13時29分のバスに乗れば宿に早くついて風呂にもゆっくり入れるだろう。もっとここを散策したかった。でも、次のバスで行くとまた風呂がせわしくなってしまう。後ろ髪を引かれる思いだったが、来たバスに飛び乗って宿に帰った。

 フロントで
「今日は鹿の湯ですね。予約の17時15分より少し早くここに来てください」
 とお姉さんから言われたので、くうみんは部屋でくつろぎ、大浴場に行って体を洗ってから貸切の鹿の湯にゆっくり入ろうと手はずを整えた。
 ミヤマキリシマの見物を蹴ってまで貸切風呂に賭けたのだ!!ゆっくり楽しむぞ!!くうみんは風呂の期待に胸躍らせた。

 フロントには約束の時間より5分ほど前に着いたので、部屋の鍵を預けた。係のお姉さんが言った。
「まだ時間が来ていないので少しお待ちください」
 なのでソファに腰かけた。しばらく待っていると、一組の夫婦がやってきた。時計を見ると、もう15分を数分過ぎている。
「風呂を予約しているんだけど、案内してください。時間、過ぎてるでしょ?」
「はい、どうぞこちらへ」
 あとから来たその夫婦を、お姉さんが先に案内してしまった。

 くうみんはフロントにいる別のお姉さんに声をかけた。
「ちょっと!私、あの人たちより先に来て、待っているんだけど」
「は?お待ちください」

 お姉さんはカウンターの下をごそごそやって、貸切風呂の鍵を探し出した。
「こちらです、どうぞ」
「どうぞじゃないわよ!何で後から来た人を先に案内するのよ!私、ずっと待っていたのよ!」
 案内する道すがら、くうみんは文句を言った。
「お客様は15分からのご予約ですので」
「あの人たちも15分からでしょう?私の方が先に待っていたって言っているのよ!」
「申し訳ありません」
 お姉さんはたいして申し訳なさそうに言った。

 風呂に到着して湯に浸かった。体はすでに洗ったので、浸かる時間はあるが、のんびりできる気持ちではない。カッカ来てリラックスどころではない。
「文句を言ってやる!」
 くうみんはガバと湯船から出ると、急いで浴衣を着た。

 くうみんはフロントに向かった。そこに男性従業員がいた。
「支配人を呼んでください」
 くうみんは低い声で言った。男性従業員はよからぬ予感がしたらしく、俯いて支配人を呼びに行った。やがて支配人が姿を現した。

「何かありましたでしょうか?」
「何があったかではないですよ。貸切風呂のことですけど、従業員の対応がひど過ぎます。今日と昨日、貸切風呂をお願いしたのですが、時間を守ってくれたためしがありません。二回とも遅れて、しかも今日は、後から来た人を先に案内したのです。お客には時間を守れと言っておきながら、従業員が時間を守らないというのはどういうことですか?あとから来た人を優先するというのはどういうことですか?もう二度と来たくありません」

 怒鳴り散らすより、丁寧な言葉で、低い声で言った方が効果がある。怒鳴り散らすのは単なるヒステリーだと思われてしまうからだ。くうみんの声はトーンが低い。いつもはこんな声は嫌なのだが、苦情を言うときはこの声は落ち着いているように聞こえる。

「申し訳ありません」
 支配人は言った。
「貸切風呂ですが、9時半が空いていますので、もう一度チャンスをいただけないでしょうか?」
「そんな時間、もう寝ています」

 この後、食事をしたり、ホタルを見物したりした。ホタルはたくさん飛んでいてきれいだったけど、こんな気分じゃ楽しめない。あの一件で台無しだ。

 がちょ様は
「こんな場合はまんじゅうでもくれるんじゃないか?」
 と言っていたけど、なにもくれなかった。

 でも、次の日の朝食の席が、窓際のいい席になっていた。
 一人旅だと部屋や席はあまりいい場所をあてがわれないことが多い。今までの席は、窓から遠く離れた何も見えない所だったが、ここは眺めがいい。今までくうみんが座っていた席には、知らない夫婦が座っていた。昨夜はここに座っていた人たちだろうか。悪い席になってしまって、心なしか表情が暗いように見えた。

 もう帰る時間。従業員とくうみんの二人を乗せた車が走る。バス停までの車内では終始無言だった。もう二度と来てやるもんか。

 バス停についてから、くうみんは財布の中を確認した。すると重大なことに気付いた。
「千円札がない!」

 バスの車内では千円札の両替はできるが、5千円札や一万円札は両替ができないのだ。
「どうしよう?」

 そうだ!!くうみんの頭の中の豆電球が光った。

 宿の奴に持って来させよう。

 くうみんは携帯を取り出すと宿に電話をした。
「はい」
 若い女性が出た。
「そこに宿泊していたくうみんですけど、5千円札を両替して欲しいの。バス停まで来てください」
「えっ、少しお待ちください」
 電話口をふさいで上司に相談しているようだ。しばらくすると、返事が来た。
「今行きますのでお待ちください」

 バスが来るまでに来いよ!

 ほどなくして宿の人間が千円札5枚持って現れた。
「どうも」
 くうみんは不愛想に言った。

 よし!よくやった。これでまた泊まってやってもいい。

 バスに乗り、飛行機に乗って、またバスに乗って地下鉄に。懐かしい我が家にやっと着いた。

 くうみんはいい宿は名前入りで、悪い宿は名前なしで紹介することにしている。なので霧島温泉のこの宿は名前なしだ。でも、わかってしまうかな?ひょうたん型の貸し切り風呂や、鹿の湯で。

 ホタルを見せに連れて行ってくれるし、全般的にサービスは悪くないのだが、なんで一番の期待、キモであった貸し切り風呂だけがこんなになってしまったのか、思い切り反省するように。
 
 


  


面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 九州の旅
ジャンル : 旅行

九州に潜入 最後の宿泊地霧島温泉郷

 人吉を10時8分に出る列車いさぶろうに乗った。くうみんが地元千葉の某駅で切符を買うときは、
「この電車はいさぶろうではなく、ローカルなので指定席はない」
 と言われたのだが、やっぱりいさぶろうで指定席もあった。自由席は数が少ないと言われたので慌てて指定券を買ったが、いざ乗ってみると空き空きで数少ない自由席にはあまり人が乗っていなかった。自由席でも充分だった。商売上手よのう、JR九州。

 終点の吉松ではやとの風に乗り換え、霧島温泉駅で降りた。バスがちょうど来ていたので乗ったが、くうみんの他にはチャイニーズと思われる男女がいるだけだった。

 バス停の丸尾に着くと、電話をしてホテルの迎えを待った。まだ12時半くらいだったので荷物だけ預けて観光することにした。

 なんだかくうみんの思っていたイメージと違っていた。温泉町だからのんびりしていればいいやと思っていたが、あっちこっちに見どころが点在しているらしい。
 それにしてもどこに行っていいかわからないので、観光案内の人に聞いて竜馬公園に行くことにした。バスで20分程度行ったところに竜馬公園はあった。そこだけなら2,3分もあれば終わりだ。どうしたものかと見ていると、裏の方に遊歩道があるのに気づいた。往復2時間。

 竜馬とおりょうの銅像
竜馬とおりょう

 ここからずっとテコテコ歩いて行った。バスの時間もチェックしたのは言うまでもない。

アジサイに似た花
 アジサイに似た花が…

何でしょう?
 この花は見たことがないぞ!

 ひたすら歩いて行くと、公園のようなものが見えた。目的地の和気神社と、その周りの公園だ。
 なんでも和気清麻呂ゆかりの神社だそうだ。

 言い伝えにも出てくる白イノシシが飼育されている。

白イノシシの和気ちゃん
 白イノシシの和気ちゃん

 暇そうにしていたが、普通のイノシシだったら野山で自由に生きて、食べ物には不自由な思いもしていたんだろう。ここに来てどう思っているだろうか?食べるものには不自由しないけど、野山を駆け回る快感がなくなった。
 老おサルくうみんとしては、自由と食い物、どっちを選ぶかと言えば、う~ん、難しい。

 今来た道を引き返すだけなのだが、民家近くに来たときにちょっと迷った。そばにいたばあちゃんに道を尋ねた。
「すみません、竜馬公園はどこですか?」
「はあ?上野公園?」
「いえ、竜馬公園です」
「はあ?」
「いいです、どうも~」

 そこに携帯が鳴った。以前のパート先で一緒だったNちゃんだ。今、郷里である北九州にいるという。
「久々にブログを見たら九州にいるって?今どこ?」
「霧島温泉よ」
「あら、そんなところ?遠いわね」
 その後、Nちゃんの妹さんも電話で話した。
「くうみんさんのファンなんです!!」
 いや~人気者はつらいな~。

 今日は人気の露天風呂、赤松の湯を予約してある。貸切なので写真を撮ればよかったのだが、ここで思わぬアクシデントに見舞われた。カメラのバッテリーがなくなってしまったのだ。
 キューバに行ったときは大丈夫だったのだが、今回は列車をバシバシ撮ったので、バッテリーが切れてしまったのだ。一応携帯で撮ったのだが、写真を見ることすらくうみんにはできない。

「どうしたらいいんだ!撮った写真を画面に出すには!!」

 あれれ、という訳でこれから、写真はない。  

 旅行人山荘部屋
 今宵の宿の部屋

 一人にしては広い部屋。

部屋からの眺め
 部屋からの眺め

 眺めもいいし…

食事
 うまそうだ!!

 食事もうまい。

食事2
おっしゃれ~

 食事の量はちょっと少ないぞ!

 ここまでは良かったんだけどね。




 それに先立って、露天風呂にて…

 露天風呂の予約は17時15分だった。
「少し前にフロントでお待ちください」
 そう言われたので5分くらい前に来て待った。しかし、時間になっても案内がない。
「まだですか?」
「お待ちください」
 15分を2、3分過ぎて、案内の男性があらわれた。
「トイレは大丈夫ですか?」

 ちょっと嫌な気がした。若い男性にトイレ大丈夫ですかって、あまり言われたくない。風呂の前にトイレを済ましていくのは当たり前のことだ。子供じゃないんだから。

「6時5分までには鍵をフロントにお返しください」
 そう言って案内の男性は立ち去った。

 風呂も林の中のひょうたん型の濁り湯で、大変良かった。しかし、6時5分までにはフロントに戻らなければならない。宿の人にとっては2、3分の時間ロスでしかないと思うだろうが、この露天風呂に来るまで歩いて2、3分、体を洗って湯に浸かるまでに10分、着替えにもドライヤーや、なんやかんやで10分は掛かる。そしてフロントまで歩いて行く時間…
 すると湯に浸かる時間はたいしてなくなってしまう。

 明日の「鹿の湯」では、大浴場で体を洗ってから来よう。そうすればゆっくり湯に浸かれる。
 この素晴らしい考えにくうみんは明日の湯を楽しみにしていた。

 しかし、この素晴らしい考えは宿の従業員のおバカな対応で、木っ端みじんに打ち砕かれるとは、このときくうみんは思いもしなかった。






面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
fc2アフィリエイト
アフィリエイトです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR