キューバ 一日目の夜は更けて

 係員からあっちへ行くように指示されたくうみんは、同じ団体のメンバーに
「呼び止められちゃったから、ちょっと行ってくる」
 と声をかけて、指示されたところに行った。

 そこには厳しい顔をしたお姉さんがいて、スーツケースを開けるように言う。開けると中を確認していたが、手に取ったのは添乗員から渡された「ガイディングレシーバー」だった。これはガイドの話がよく聞こえるようにするためのイヤホンが付いた装置だ。ツアー会社から貸し与えられたもので、手荷物ではなくスーツケースに入れるよう指示された。他のツアー客も持っている。

 お姉さんは、なんだ、これかよ、という顔をした。これで終わりかなと思ったら、さらに別の場所に連れていかれた。そこに2、3人のお兄さんとお姉さんがいた。
 お兄さんとお姉さんは、「チノ(中国人のこと)かな?」とつぶやいていた。パスポートを出すように言われたので出した。
「日本人か…」

 お兄さん 「英語は話せるか?」
 くうみん 「ちょっとだけ」
お兄さん 「一人で来たのか?」 
 くうみん「ツアーです」
 お兄さん「何日いるのか」
 くうみん「7日間です」
 お兄さん「これはいくらで買ったのか?」
 くうみん「それはわからない」

 それはツアー会社から借りたものだと説明したかったが、なんといっていいかわからす、「レンタル、レンタル」と繰り返した。向こうはなんだかわからないようだったが、こいつはただのおばさんだという結論に達したらしく、何か一筆書かされて放免された。

謎の文書
 あとでガイドさんに聞いたら、「預かり証」だったようだ。本当は機械を没収されて、帰るときに返してもらうための文書らしいが、没収はされなかった。一応無くさずに持っているようにとガイドさんが言った

 外ではみんなが待っていた。
「ガイディングレシーバーが引っかかったらしいんです」
 みんな持っていたのに、くうみんだけが引っかかったのはどうしてか?
 西太后陛下が来た。
「みんなにこんな迷惑をかけて…」
 あんたに言われたくない!!それにこれは不可抗力だ!

 キューバ入国の際、他の人と違うものがついていたらそれは何かあると考えるべきだ。他の人と違うものがついていたら、それを取ってしまえば…とも思うが、どうかしら?

 ホテルに着くと各自荷物を持って部屋に行ったが、ここでもくうみん母西太后陛下が、やってくれた。人の荷物を間違えて持って来てしまったのだ。幸か不幸かぼろいエレベーターで、なかなか動かなかったのでそこでもたもたしているうちに添乗員が
「荷物、間違っていませんか?」
 とこちらに近づいてきた。
「あら、ごめんなさい。親子で迷惑かけちゃったわね」

 あんたと一緒にしないでくれ!!

ホテルパノラマ
 ハバナのホテルパノラマ。部屋が広くてきれい。バスタブに栓もついていて湯に浸かれたのは良かった

 風呂に入って一息ついたのは現地時間の1時くらいだった。日本から持ち込んだパック入りの日本酒を陛下と二人で飲んでベッドにもぐりこんだが、陛下は荷物を何やらごそごそやって、なかなか寝ない。そのうちベッドわきに置いたグラスを割ってしまった。
「ガチャン!」
「何やってるのよ、もう!早く寝なさいよ!!」
「眠れないんだもの」
「眠るように努力するの!!」
「私だって同じように努力してます」

 ああ言えばこう言う。年寄りは言い訳するのに長けている。これからずっと同じ部屋だと思うと、先が思いやられる。

 この旅行はマジで親孝行のための旅行であった。
 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

初めてのキューバ 旅の情報と共に

 キューバ旅行を計画したのは2月ごろであったか。
「キューバに、もう一度行きたいのよね」
 くうみん母西太后陛下は20年ほど前にキューバを訪れたことがあった。たびたび言うので、老い先短い身であるし、生きて体の動けるうちにと、それじゃ行こうよ、とあいなった訳だ。

 キューバへは直行もできたらしいが、今は経由便が主流でくうみん達もカナダ経由だった。たとえトランジットでもカナダへ行くにはeTA(カナダ電子渡航許可システム)の取得が必要で、旅行会社に頼むと手数料が4千円ほどかかるというので、インターネットで自分で取った。必要事項を入力すると、数分も経たないうちに取得できた。

eTAの取り方

 海外旅行保険はキューバ入国の義務なので、加入しているという英文の証明が必要だ。海外旅行保険に加入すると、普通は日本語と英語の証明書が付いているので確認すること。
 クレジットカードの保険の場合は、カード会社に頼めば英文の証明書を送ってくれる。

 お金はキューバ国内でキューバペソに両替する。1キューバペソ=1USドル。アメリカとは仲が悪いのでUSドルから両替すると、他の通貨よりも手数料が高いので日本円から両替した方がいい。日本円からの両替はできないということもあるので、若干のユーロかカナダドルを持って行くといい。
 8日間のツアーで、食事付きだったので両替するのは飲み物代やお土産代、トイレ代くらい。一人1万円くらいか?両替しすぎないために千円札をたくさん持って行くとよい。

 ツアーの参加人数は15名で、メンバーはほとんど60代から70代の皆さんだった。くうみんが最年少でくうみん母が最年長であった。ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスと座席は人それぞれだった。プレミアムエコノミーを選んだ人が一番多かった。

 プレミアムエコノミーは、座席がエコノミーより広いのはもちろん、食事も少しいいらしい。JALはプレミアムエコノミーでもラウンジが使えるらしいが、エアカナダの場合空港のラウンジは使えない。
 羽田で落ち合ったくうみんと西太后陛下は、団体の中でゾロゾロと手続きを終えた。飛行機に乗る待ち時間にくうみんはビール、くうみん母西太后陛下はソフトクリームを食べた。このソフトクリームが大変お気に召したようで、後々、
「あのソフトクリームはおいしかったわねえ。どこで食べたんだっけ?」
 とおっしゃるのだった。
「あれは羽田よ!」
 日本の食べ物はおいしい。

 搭乗時刻になったので、飛行機に乗り込む。すぐにソフトドリンクのサービスが行われるが、できればビールが欲しかった。

 IMG_1391.jpg
 プレミアムエコノミーのワンランク上のディナー

 この次に夜食としてカップヌードルとサンドイッチが配られる。くうみん母、西太后陛下は来るもの来るもの片っ端から貰って、食べきれない。
「これ、食べれば?」
「要らねーよ!!食べられないものは貰わないの!」

 IMG_1392.jpg
 しかし、朝食はエコノミーと同じだ。これはくうみんのチョイスしたオムレツとウインナ

IMG_1393.jpg
 西太后陛下が頼んだおかゆ。後で聞くと、これが人気だったそうだ

 飛行機は夕方17時40分に出発し、カナダ経由でキューバへ。フライト時間15時間半、トロントでの待ち時間2時間、計17時間半後にキューバの空港に着いた。

「しっかりしてよ、変なことして係員にしょっ引かれないようにね!」
 くうみんは西太后陛下を入国審査に送り込んだ。
「ふう、あの婆さんさえうまくやれば、あとは私だから大丈夫…」

 税関申告書やツーリストカード、パスポートを手に持ち、滞りなく入国していく…はずだったが、くうみんのスーツケースに他の人には付いていないビラビラがあったのに、くうみんは気づいていなかった…

 税関申告書を係のお姉さんに渡そうとすると、いきなり呼び止められた。お姉さんはくうみんのスーツケースに貼ってあった黄色い短冊のようなものを見とがめたようだ。他の人にも黄色いテープのようなものはついているが、ビラビラした短冊状のものはくうみんのスーツケースだけだ。
 どうやら戻って審査を受けるように言っているようだ。

 さて、くうみんはこの後、どうなってしまうのでしょう?





 面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ : 旅の情報・準備
ジャンル : 旅行

お久しぶりです。

 実はキューバに行っていました。なぜ、キューバなのか?それはくうみん母西太后陛下が
「キューバにもう一度行きたい」
 と言っていたので冥途の土産に行ってやろうという、純粋な親孝行の気持ちからだ。

 キューバは遠い。直行便もあるというが、ほとんどが経由便で飛んでいる時間だけでも16時間半、待ち時間を加えると20時間以上はかかる。
 88のババアにはエコノミーではつらかろう、さりとてビジネスは手が出ない…そんな人のためのプレミアムエコノミーで行くことにした。

 今回は大変な道中であった。さてどんなことが起こったのか?



頭に鷹を載せた親子頭にハトを載せたおじさん
 こんなことしていました




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

星野リゾート 伊東 界へ そしてまたブラック内職…

 ふと気づくとくうみん母西太后陛下の88の誕生日が目前だった。こういった長寿の祝いと言うのは数えでするものらしいが、今となっては仕方ない。時間を戻す訳にも行かないし、88の祝いをやってやるか。

 ある日くうみんはくうみん母に電話をした。
「今度88の祝いをしようよ。いい旅館に泊まっておいしいものでも食べよう」
「うんまぁ、うれしいわ!!」

 今まで還暦も古希の祝いもしていなかったので、ここはひとつ奮発することにした。超豪華で有名な、星野リゾ-トに泊まることにした。交通費もバカにならないのでなるべく近い所にしたが、それでもかなりなお値段だ。しかし、お値段だけのことはあると見た。 

 当日、西太后陛下は子供のようにはしゃいでいた。そりゃそうだよな~、こんなことするのは初めてだし、妹弟は知らん顔だ。

 さすが超高級旅館だけあって、この寒いのに門の所で3人くらいの従業員がいつ来るともわからないお客のために待っていた。
「いらっしゃいませ」
 そのうちの一人の女性がくうみんの荷物を持ってくれた。この寒い所から中に入れるのでほっとした様子だった。
 
 案内されたのは予約と違ったベッド付きの部屋だった。
「予約と違うんですけど~」
 文句を言うと替えてくれた。でも、ベッドの部屋も悪くなかった。

部屋
 二間続きの部屋

部屋からの眺望
 部屋からの眺望

プールにカモが
 温水プールで戯れるカモ

 庭も見に行くことにした。そんなに広くはないが、季節の花が咲いていた。

 ヤシオツツジ
 ヤシオツツジ

アカシア
 アカシア

ふと見ると、奥まったところに夏ミカンの木があった。その木の近くに来ると、くうみん母西太后陛下が不穏な動きを見せた。
「ミカンは落ちていないかしら?」
 落ちているミカンを拾い上げると、それは鳥がきれいに食べた残骸だった。皮しか残っていない。下をよく探すといくつかミカンが落ちていた。
「自然に落ちたミカンが一番おいしいのよ、なにか入れものはない?」
「これに入れるよ」
 くうみんは持っていたバッグと、ポケットにみかんを入れた。バッグとポケットは不自然に膨らんだ。

 大浴場は露天風呂付きだが、街中だけあって眺望はよろしくない。さらに貸切風呂も40分無料と言うので風呂の梯子をした。う~ん、いいねえ。
 湯上り処には日本酒3種と、オレンジジュース、オレンジゼリーなどが用意されていた。くうみんは日本酒を卑しく飲んだ。くうみん母はオレンジゼリーをこれでもかと持っている袋の中に押し込んだ。

 卑しい親子だった。

 先日めろんさんと行った旅館も素晴らしかったが、こっちもいい。こちらは二部屋続きで、手ごろな広さともいえる。

 気になる食事はお食事処で。

 長寿の祝いだと女性に言うと、お祝いのお酒を一杯ふるまってくれた。もっと飲みたかった。

乾杯
 もっと飲みて~な。向かって左は30年後のくうみんの姿

お品書き
 お品書き

料理1
 八寸

揚げ物
 お椀

刺身
 刺身は醬油をつけないで食べる。味が付いているからと。でも、醤油があった方がいいな

揚げ物です
 揚げ物

蓋物
 蓋物はタイの桜葉蒸し

牛肉
 くうみんが選んだ牛肉鉄板焼き。半分づつシェアして食べた

キンメ煮付け
 くうみん母の選んだキンメの煮つけ。薄味でおいしい

たけのこご飯
 たけのこご飯

 女子はデザートが好きだ。これは3種から選ぶ。くしくも二人とも同じものを選んだのだが、くうみん母の方は敬老仕様の飾りつけ。

敬老仕様のデザート
 敬老仕様

デザート普通盛り
 スタンダード仕様

  くうみん母は、なんもかんも嬉しいらしく、テーブルに敷かれていた紙やら、敬老仕様の飾りやらを持って帰った。歳を取ると子供に帰るって本当だ。

つるかめセット
 つるかめセットお持ち帰り

 翌日は温泉地恒例の朝風呂に入り、一杯やって朝食会場へ。

朝食お品書き
 朝食お品書き

オレンジとヤマモモのミックスジュース
 オレンジとヤマモモのミックスジュース

朝食全景
 朝食全景

草餅
 デザートの草餅

 お値段がお高くて痛い出費だったけど、こんなに喜んでくれたんだから良しとしよう。しかし、どっちが長生きするかな?このばあさん、10年後も生きているかも知れん。

 くうみん母はワンマンだ。だから西太后陛下と呼んでいるのである。でもな、子供は親を選んで生まれて来たんですと。こういう親の元に生まれた方が修行になると…

 だから文句を言ってはいけないと、霊能師と言われる人たちは口をそろえて言っている。もちろん、ドジ霊能師照玉師も…



 この費用の足しにするため、くうみんはまたブラック内職に手を染めたのだった…



 

面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村


テーマ : 国内ホテル情報
ジャンル : 旅行

オバタヌキ下呂温泉へ

 二匹のタヌキは、名古屋を離れ一路下呂温泉へ。ここは地元の強み、めろんさんがおぜん立てしてくれた。去年は雪降る高野山で精進料理をいただき、朝のお勤めなんかも体験したが、今回は温泉旅行だ。

 特急電車で一時間半ほどすると、下呂の駅に着く。しかし、なぜ下呂なんだろう。ちょっと誤解を招くネーミングだ。しかし、伝統的にそう呼ばれているのだから仕方ない。

 今宵の宿下呂観光ホテルは高台にあるちょっといい旅館らしい。早過ぎて送迎バスがないのでタクシーで旅館に向かった。旅館の方もまだ部屋の用意が整っていなかったのでしばらく待つことに。

送迎車
 送迎車

「お待たせいたしました。ご案内します」
 旅館の係の人の案内で部屋に向かう。この係の人は去年めろんさんが泊まったときもお世話をしてくれたそうで、お互い懐かしんでいた。

 通された部屋は特別室だ。うちより広い。
部屋からの眺め
 部屋からの眺め

居間
 居間です。ふつうこれだけですよね、旅館の部屋は

トイレ
 なんとトイレが二つも!

廊下
 廊下がこんなに広く長い!

談話室
 談話室まで!

部屋の風呂
 部屋の風呂。大浴場より眺めがいい

寝室
 寝室にオバタヌキが

 くうみんはさっそく浴衣に着替えて、大浴場に向かった。めろんさんは、部屋についている露天風呂をもっぱら利用していた。

 風呂に入ったらさっそくビールビール。

 つらく長いマラソンは終わった。しばらく運動も控えよう。そう思うと何となくホッとする。

 食事の前にも風呂に入ってまた一杯。ああ、いいな~、極楽だな~。

カツオのたたき
 上品なカツオのたたき

しゃぶしゃぶの具
 飛騨牛のしゃぶしゃぶ。肉もおいしいけど、キノコ類がおいしい

百合根白玉
 ユリ根白玉

蓮根アーモンド揚げ
 レンコンアーモンド揚げ

「うっめ~」
「おらこんなウメエもの食ったことがないだ」
 オバタヌキ達はおいしい食事を堪能した。

 部屋に帰ったくうみんはまだ7時だというのにそのまま寝てしまった。すまん、めろん君。マラソンの疲れと酔いですぐ眠くなってしまったのだよ。
 
 もう苦しまなくていいって、最高だ。これからはのんびりしよう…って、働いてもいないのに偉そうなことを。

 あ…

 そうそう、ブラック内職もしばらくしないことにしよう。もしお願いされたらすることにして、自分から仕事を取るようなことはしないでおこう。

 そんなことを思いながらくうみんは眠りについた。しかし、その後もそう楽ができないとは、この時は思ってもいなかったのだった。




おまけ

朝風呂 若葉
 朝風呂のみ使用できる屋外露天風呂若葉。誰もいなかったので写真を撮ってしまった。

朝食
 朝食はブッフェではない。さすが高級旅館だ

出汁巻き
 出汁巻き卵

昼のオムライスセット
 これは名古屋駅で食べた昼食。オムライスセット。量が多いかと思ったが、店の人は「お勧めです」というので頼んだ

カニクリームコロッケセット
 めろんさんが頼んだカニクリームコロッケランチ。カニの香りが素晴らしかったそうだ

 めろんさんは、名古屋の人のくせに赤出汁は苦手だそうだ。人生いろいろ。好みもいろいろ。







 面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村


テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
FC2Blog Ranking 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
fc2アフィリエイト
アフィリエイトです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR