FC2ブログ

一人暮らしは気楽でいいぞ 一人暮らしは寂しくないが本当に寂しいのは…

 今、くうみんは一人暮らしを満喫している。一人と言うのは気楽でいい。食事も適当でも構わないし、食べたいものがあれば何でも作ればいい。一人で外食に行くのも、くうみんは平気。旅先で慣れているもの。でも、外食は普段あまりしない。不経済だから。
 しかし、くうみんの生活の中で、憂鬱なことが一つある。

 くうみん母が、月一2泊ほど滞在するようになったのだ。

 食事の支度はくうみん、風呂の支度も掃除もくうみん。母は上げ膳下げ膳で居心地は良かろうよ。

「自分のお母さんでしょ?」
「お母さんが嫌なんて、信じられない」
 そういう人もいる。

 くうみんも、「自分の親が嫌なんて、親不孝」
と考えたこともあるが…

 考えてもみて欲しい!これは仮の話だが!

 くうみんはおじさんのお姉さん達とは仲がいい。今でも月一くらいでランチを共にしている。これは大変楽しみにしているのだが、もしこれが、仮にくうみん宅に2泊するとしたら。

「くうみんさん、お構いなく。夕食はパンでいいわ」
「お茶漬けでいいわ」
「いや~、トホホ」
 親しき仲にも礼儀があるからこそ、うまく行くと言える。

 2月になったから、また来るよな~、嫌だな~。など思っていた時だった。母からの留守電が入っているのに気が付いた。また、行きたいと言う連絡かな~。そう思いながら、電話をしてみると、こういうことだった。

「今の部屋は狭い。同じ高専賃の建物でも、広い部屋があるので、今度そっちの部屋に移ることになった。その分契約金や移動の費用、月々の支払いなど、お金もかかることになる。だから、今までのようにちょこちょこ行ってあげられなくなる。ごめんね」

 えっ、ひょっとして私が一人で寂しいから行ってあげてるというつもりだったの?!くうみんはお互いの勘違いに一瞬思考が停止した。
「…あ、まあ、そんなことはどうでもいいから」

 そうか、今までより来る回数が減るのか、ラッキー。このままそれとなく「用事があるから」などと言って先送りにして、ここに来るのは2、3カ月に一回程度になればな~。仕事をするようになればそれを口実にできるし。できれば盆と正月程度にしてもらえればな~。
 考えてみれば、くうみんが母の所に行くのは様子見のつもりだったので月一くらい必要だけど、こっちに来られるくらい元気なら、そんなに来る必要はないもんね。

 その昔、一人暮らしの父(くうみん両親は離婚していたから)のもとに、くうみんが月一の割合で通ったことがある。その時も様子見のつもりだったが、独り暮らしは寂しいだろうと思っていた。
 余談だが、なんと女がいた時期もあったらしい。あのジジイ、隅に置けん。

 牛肉の好きな父に、すき焼きの材料を一式と、牛ヒレステーキ用の肉を適当に見繕って買って行った。すき焼きを一緒に食べて、ヒレステーキ用の肉は冷凍して好きな時に食べるように言った。
 
 ヘルパーさんを頼んでいたので、家の中はこざっぱりしていたが、ヘルパーさんを頼むような歳でないときに行ったときは、家の中はひどいものだった。できる限り片づけたが、時間の余裕もなく、全部きれいにという訳には行かなかった。
 
 父は
「一人暮らしは気楽でいい」
 と言っていたが、当時は信じられなかった。

 それまでくうみんは一人暮らしをしたことがなかった。もうずっと一人暮らしをすることはないと思っていたのだが、今ではこのままずっと一人暮らしをすることになった。
 
 なるほど、寂しくはない。飲み友達は適当にいるし、スポーツジムで適当に話をするオバ仲間もチラホラできた。一人で晩酌しながら食事をするもの悪くない。

 ただ一つ、おじさんがいないのは寂しい。

 でも、だからと言って誰かがおじさんの代わりになると言うものではない。

 もし縁あって、愛する人ができたとしても、この年で一緒に住んで、相手に順応するのは難しいことだろう。別々に住んで一時の安らぎを得る、この程度がせいぜいだろう。これを一般に大人の関係、砕けて言えば「遊び」と言うのだろうが…

 おじさんが亡くなって、私の人生は100点満点の50点くらいになった。この50点で、どれだけ楽しむか、どれだけ充実させるか、それしかない。

 一人暮らしは気楽でいい。一人暮らしは寂しくないが、先日ある所で寂しい思いをしたのだよ。

 これはまた次回。
  

 


 
 


面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 寂しくなんかないもん
ジャンル : 独身・フリー

年末年始は家で過ごす…のはいいんだけど

 おじさんが亡くなってからの年末年始は、ちょっと寂しくてどこかに行っていたが、今年は家で過ごすことにした。
 年末年始の旅行は高いし、国内だと絶対に混んでいる。

 おじさんがいた頃は、家で過ごすことが多かったのかと言えばそうではなく、おじさん、くうみんの、どちらかの実家に行くことが多かった。
 そのうち、親の方も老人施設に入居することになった。おじさんと一緒に海外で過ごした年末年始もあるし、家で過ごしたのは1、2回くらいか。
 これが結構面倒臭いんだよね~。

 正月だから、少しはおせち料理のまねごともしなければならないし、店が休みになるから、買うものも段取りつけて買わなきゃいけないし。で、今回もいろいろ忙しい。

 一人だからどうでもいいじゃん。今は正月でも店開いてるし。

 だけどね、そうも行かないのだよ。何しろくうみん母が来ることになっている。

 今までは月一程度、母の様子見をしに行っていた。様子見と言っても老人施設なので泊まることはできない。なので、一緒に近くの温泉に泊ることにしていた。だからこっちとしても温泉に入っておいしいものを食べるのは楽しみだったのだが、母は最近、体が衰えて、出かけるのも億劫になったようだ。
 
 くうみんには何の相談もなく、自分で勝手に決めた施設なのに、そこにいるのが嫌でたまらないらしい。それに加えて、くうみんは新居を購入した。くうみんは気に入らない新居だが、母は気に入ったようだ。
「最近出かけるのが億劫だから、旅館はもういいわ」
「ふ~ん、そうなの?」
「あんたの家、いい家ね~」
 ここに泊まりたい、という気配が見え見えだ。という訳で、様子見と言うのはこっちが押しかけていくと思うのだが、向こうがこっちに来ることになってしまった。

 そして今年は年末年始は家で過ごすと言ったら、「行きたい」オーラが…で、断れない雰囲気になり、母がくうみんの家に何泊かする予定。

 ここに来ると、
「私はお茶漬けでいい」
とか、
「パンでも食べればいい」
 など、遠慮しているつもりなのか、そう言うが、こんなババアとお茶漬けやらパンやら食べるなんて、あまりにも虚し過ぎるではないか。

 だからいつもは近所の焼肉屋に行ったり、くら寿司で持ち帰りをしたりするのだが、大みそかにはやっぱ、そばだよなあ。元旦にはおせちだよなあ。も~、めんどくさい。

 母の方は楽しみにしているらしい。
「年越しそばは私が持って行く。おいしいのを見つけたの」
「ふ~ん。それじゃよろしく」 

 おせちは、某女推薦の品を通販で購入することにした。後はマグロの刺身でも買おう。鶏肉と小松菜でお雑煮を作って、あとは牛しゃぶでもやるか。

 
 何が起こるか、戦々恐々。

 ともあれ皆様、良いお年を。
 

 
お飾り
 お飾りは25日の夜に、クリスマスのリースと交換するように付けた

富士山の頭? 
 山の上にちょっと見えるのは、方角的に富士山の頭ではないかとにらんでいる。だとしたら、めでたい、めでたい
 

 
 


面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

ケーキ屋で見栄を張ったクリスマスイブ

 くうみんは食い意地が張っている。お盆だクリスマスだと言うたびに、それにかこつけて普段は食べられない、ちょっといい食材を買って食べている。

 今日はサーロインステーキと、ワイン、エビスビール、そしてケーキがゲストだ。
 いつもはバーリアルというイオンが出している第3のビールを飲んでいる。これはこれでおいしいと思うが、やっぱり贅沢なビールと言えば、くうみんの年代ではエビスビールかな。
 
 目的のケーキ屋さんの前には、行列ができていた。列に並ぶ前に、どれにしようか当りを付けた。やっぱ、ここはケーキの王道、いちごショートかしら?クリスマスらしい飾りつけもかわいいし。

 くうみんはいちごショートを買うことにして行列に並んだ。
 みんなの買うのを見ていると、ホールを買う人もあれば、カットケーキを買う人もいるが、ほとんどの人は二人分以上を買っているのだった。

 くうみんが買おうとしたのは、いちごショート一つだ。
 ここでハタと気付いたのだった。

 オバさんに一人暮らしがバレる!!

 独り暮らしで何が悪い。いいじゃないの、楽しくしているんだから。いや~、でも~。

 以前読んだ東海林さだおのエッセイで、
「スーパーで買い物をすると、何をしようかという魂胆がバレバレ」で、「インスタントものばかり買っていると何か後ろ暗いような気」がして、レジ係の女性に、「この人こういう人なのね」 と思われそうで怖い。
 というくだりがあったが、それと同じような「魂胆」バレバレなのが怖くなったのだ。

 くうみんはもう一度並んでいるケーキを見回した。カットケーキを二つ買うのがいいか?いや、あの小さなホールケーキはどうだろう?

「お決まりでしょうか?」
 お姉さんが声をかけてきた。くうみんの順番になったらしい。
「このレアチーズケーキを一つ」
 とっさに一つのホールケーキを指さした。

 お姉さんは丁寧にそれを取り出し、箱に入れて手渡してくれた。くうみんはそれを受け取ると、お金を払って行列を後にした。

 学生の頃、ケーキ屋さんでバイトしたことがあった。毎日のようにケーキを一個ずつ買いに来る50がらみのオバさんがいた。きっと独り暮らしなんだろうなあ。そう思って、オバさんが一人食事を済ませてから、テレビを見ながらケーキを食べるところを思い浮かべた。自分もそう思われると思うと、なんだかとっても嫌だった。

 ごめんなさい!!あの時のオバさん!!私も今は同じだから、許して!!

 悪いことじゃない。一人暮らしのどこが悪いの?

 いや、でも、クリスマスとか、正月とかは、一人暮らしが身に応えるのですよ。いえ、誰でもいいと言う訳ではなく…

 やっぱ、おじさんだな。

 
 クリスマスの飾りつけ
 クリスマスのミニ飾り
 
リース
 人の家のリースがかわいかったので欲しくなって買ってきた
 
見栄を張って買ったケーキ
 見栄を張って買ったホールケーキ


 
 

面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

暖房は何度くらいになったら入れる?設定は何度?

おじさんがいた頃は、家の中では割と薄着をしていた。冬は常時22度以上になっていたと思う。本当は灯油の方が暖かいのだが、おじさんは家の壁の、白いのが気に入っていて、それを汚すまいと暖房はエアコン、揚げ物は原則禁止となっていた。
 だから夏の冷房の時期だけでなく、暖房に時期にも、電気代が跳ね上がって12月から2月くらいまでは1万円前後行っていた。

 しかし、おじさん亡き後、節約のためにも快適さを犠牲にすることが多くなった。

 どうせ私一人なんだし…との考えからなのだが、他の人はどうなのか、非常に気になるところだ。

 子供の頃、栃木の母の実家に行くと家の中は大変寒かった。家の中でも息が白いくらいなので、5、6度くらいしかなかったのではないか?そこまで行かないにしても、一軒家と言うのは寒いようだ。

 一人のオバに聞いたことがある。
「どれくらいになると、暖房を入れる?」
「うちは18度くらいなら、厚着でしのぐわよ。暖房を入れるのはもっと寒くなったらね」

 へ~、そうだったのか!!それじゃ、うちは贅沢だったのね。みんなそれくらいしているんだから、貧乏なうちとしては、もっと節約しなけりゃいけないわ。
 くうみんは17度、18度くらいならモモヒキ、長パンツ、オーバーズボン(おじさんがよく履いていたもの)、モコモコセーターにユニクロのフリース(同じくおじさんのもの)で、冬を乗り切った。
 電気代は5千円くらいになり、おじさんがいた頃の半分くらいになった。

 以前住んでいた千葉は結構暖かい地域だった。海のそばは暖かいと言うが、くうみんが今まで住んでいたのは、海の近くばかりだった。しかし、今は神奈川のかなり内陸だ。

 東京都内で、よく引き合いに出されるのが、八王子の気温だ。八王子は都心よりも1度気温が低いと言う。しかし、その都心よりも一度暖かいのが千葉だ。川一つ隔てると、雪景色が違ってくる。電車が千葉県から東京都に移動すると、雪が多く降っているのが分かる。
 今、くうみんが住んでいるのは、八王子に極めて近い所だ。

 今まで、自分は神奈川県人だと思っていた。高校野球も千葉ではなく、おじさんともども神奈川県を応援していた。しかし、こう寒くては暖かい千葉県が懐かしくなってきた。暖かいだけではなく、旅行好きなくうみんには便利な土地でもあった。成田や羽田に近い。東京駅にも近い。

 あそこには30年も住んでいたからなあ…ここ、神奈川では無理をしないで家の中だけでも、暖かく過ごすべきか?
 とりあえず寒いと思ったら暖房を入れるようにしている。15,6度かな~。もちろん、モコモコの姿で。電気代の節約が主な目的なので、エアコンの電源は通常コンセントから抜いている。やり過ぎだろうか? 
 
 で、皆様、どれくらいで暖房を入れますか?そして何度くらいの設定にしますか?





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 節約
ジャンル : ライフ

今のフィットネスクラブ

 県民性のせいかどうかわからないが、以前いた千葉のフィットネスクラブとこちら神奈川のフィットネスクラブでは、オバ達の雰囲気がだいぶ違う。

 千葉のフィットネスクラブでは、ご意見番の怖いオバ達がいて、いつも目を光らせていた。   
 掃除係は掃除をしっかりしているか?一本でも髪の毛が落ちていたら大騒ぎで、フロントにクレームが行く。掃除係の若い女性がぼやいていた。
「今やったばかりなんですけどねえ…」
 くうみんの今の家はすべてフローリングなのでわかるが、髪の毛と言うのは意外に抜けるもので、一人暮らしなのに、一日掃除をしないと結構な本数が床に落ちているのに気づく。ましてや大勢の女性が歩き回り、ドライヤーをかけるロッカールームだから、掃除したすぐそばから髪の毛が落ちていても不思議ではない。

 その他、マナーが悪いとすぐに注意をされる。くうみんを含めた3人が、裸でロッカールームをうろうろして、フロントにクレームが行ったのは以前書いた記憶がある。
「あの人たちは、見せたいんでしょうか!!風呂に入る前と後はバスタオルを巻いて欲しい!」

 う~ん、そうは言ってもね、風呂に入った後ならともかく、風呂に入る前のくうみんは、大汗かいた世界で一番汚くて臭い体なので、清潔なバスタオルでこんな体を巻いたら、そのバスタオルはもう使えなくなるじゃん。

 肝心のご意見番のオバ達は感覚が違うのか、自分には甘い。シャワーを浴びずに水風呂に入ったり、手洗い用の高い位置にある水道に、足をよっこらしょとあげて、足を洗ったり、やりたい放題だ。
 さすがのくうみんも怖くて言えなかったが。

 しかし神奈川では、このようなオバが一人もいない。くうみんでさえ、どひゃ―と思うくらい、床や風呂のタイルが髪の毛だらけだが、誰も文句を言わない。掃除係ものんびりしている。お客の方で、備え付けのフイトルモップで自分の周りだけ掃除している。なので、くうみんも自分で掃除することにしているが、このフイトルモップが髪の毛だらけで、髪の毛をまき散らす結果になってしまうこともままある。

 申し訳程度に、手桶一杯の水をかぶって、水風呂に入る人多数。洗面器に足を突っ込みながら体を洗っている人もいた。おおらかなのかな?くうみんが、裸でロッカールームをうろうろしても誰も言わないし、こっちも気にしないようにした。水風呂に入った後はしっかりシャワーを浴びればいいんだし。

 先日のこと。
 サウナで、顔見知りのオバと話していた時、くうみんを見て、
「プールで水を思いっきり跳ね上げて泳ぐ人だ」
 と、ぼそりとつぶやくオバがいた。

 な~に?それは聞き捨てならない。思いっきり水を跳ね上げて泳ぐのは大変迷惑な行為だからだ。
「悪いけど、それは私じゃありません」
 くうみんはきっぱり言った。
「私が見た訳じゃないから…」
 と言って、そのオバは顔を下に向けた。

 誰がそんなことを!
  
 泳いでいるフォームは、自分ではわからないので大方の人は
「自分ではそんなつもりはないけど、ひょっとして…」
 と、不安になることだろう。

 しかし、くうみんは断言する!

 くうみんは水を跳ね上げて泳ぐことは断じてない!

 自慢じゃないが、くうみんは泳げない。

 だから、プールに行っても歩くだけで、泳がない。今の所ビート板でバタ足もしていない。だれだ?変な噂を流すのは?

 泳ぎを習うのは、当分の間やめておこう。ここではおおっぴらには言われないけど、水面下でうわさが広まるのだろうか?

 一部の人なんだろうけど、なんか、怖いね。
 
 
 
 
 


面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR