FC2ブログ

マイナンバーカードが来た マイナポイントはどこにしよう?

 マイナンバーカードの申し込みをしたのは、10月の半ばくらいだったか?2カ月ほどかかると言われたが、それほどかからず、つい先日、
「マイナンバーカードができましたので取りに来る予約を入れてください」
とのお知らせはがきが。

 2か月もかかるなんて、と思っていたけど、きっとこれは十分すぎるほどの余裕を持った日程だったんだわ。ひと月ですと言って、1日でも遅かったら、文句を言われるかも知れない。2か月と言って、早く来る分には文句も言われまい。そういう思惑での設定であったか。

 市役所に電話すると、土日は混んでいるが、平日なら今日でもいいという。ヒマ人くうみんは、早速、市役所のマイナンバーカード交付場所に赴いた。慣れない感じの男性職員が、応対している。受け取りに来ているのはくうみんの他2人だけ。
 番号札を渡され、しばし待つこと2分くらい。
「への19番の番号札お持ちの方~」
 そう言っても、待っているのはくうみんだけだ。しかし、くうみんが持っているのは、への9番の番号札。
「お客様~」
 男性職員がくうみんを呼ぶ。
「番号札、への9番ですけど」
「あれ、間違っている。どうしたんだろう」

 間違っているじゃない!!こんなに空いているからいいけど、混んでいたら、いつまでたっても待ち人来たらず。違う人が行ってしまって、トラブる。待ち人はイライラしながら、呼ばれるのを待っているということになってしまうでないかい!

 マイナンバーカードに貼り付けられた写真は、町中のセルフで撮った。昔のこういった所の写真は、写りがものすごく悪いので、長く使う証明写真などに貼るのは抵抗があった。
 しかし、今ではきれいに撮れる。この写真も、肌色を2トーン白くしている。実物はこんなに真っ黒だが、目鼻立ちは同じ。職員も、「肌色、加工しましたね」とも言えない。

 そう言えば、以前、運転免許証とパスポートの更新が抗がん剤治療で禿げているときに当たってしまったなあ。パスポートの更新のときは、ギリで髪の毛が生えている状態だったけど、免許の更新のときは鳥のヒナのような状態だった。
 
 免許センターに尋ねたところ、
「帽子は黒のニット帽に限る。撮影前に帽子を脱ぎ、禿であることを確認してから撮影を行う」
 との返事。

 冗談じゃね~よ!何が悲しくて見知らぬオヤジにこの禿を見せねばならん!

 そう思い、バレバレのヅラをかぶって撮影に臨んだんだっけ。いくらヅラとわかっても、
「そのヅラを脱ぎなさい!」
 とは言われないであろうという考えからだった。

 話が逸れた。

 無事、マイナンバーカードを受け取った。その次はマイナポイントの申請だ。
 市役所の同じフロアーに申請場所がある。そこで頼めばいいのだが、マイナポイントの受け取りをどこにするか、その時は決めかねていた。

 マイナポイントの申請場所にいた職員に聞くと、電子マネーだけでなく、クレジットカードでもマイナポイントが受け取れるという。
 マイナポイントだけでなく、それにプラスアルファをつけてくれる電子マネーもあり、やっぱりそこでは決められなかった。

 いくらおまけをつけてくれたところで、あまり使わないところでは仕方ない。クレジットカードにしようか?

 初めての経験に、オバさんは戸惑っているのだよ。



 
  
 






面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : ライフ

欠点ばかりのスモウ原…と思ったが

 住むのはいつも海の近くだった。くうみんの生れたところは、ちょっと高台に立つと海が見えた。次に住んだところは、15分も歩くと海だった。その後、おじさんとの日々を過ごした所は、やっぱり海が近かった。

 おじさんもくうみんも、山が好きで、だったら山の近くに住めばいいのに、と二人で言っていた。不思議だな。

 今回、初めて海から遠ざかった所に住むことになった。そこはスモウ原。

 マンションの窓からは建物の間から山の連なりが見えて、景色は今まで住んだうちで一番いいだろう。
  
 でもな。

 ここ、スモウ原のマンションは今まで住んでいた場所にない欠点を持っていた。
 まず、うるさい。
 真ん前に幹線道路があるので、昼間は特にうるさい。慣れた今では、そんなに気にならなくなったと言えば言える。家族がいて、いつも会話の声が聴こえるような家だったら、そんなに気にならない程度ではある。
 
 一番気になるのは、どこに行くのも今までより時間がかかること。今までよりの便利になったのは、高尾山に行く時とおじさんの墓参りに行く時くらいだ。

 北関東方面に行くにも時間とカネがかかる。大好きな立山方面に行くのも、面倒になった。今までなら、東京から新幹線「かがやき」か、「はくたか」に乗ればすぐだったのに、特急○○に乗って、それから乗り換えて…など、お金はともかく、時間がかかる。

 そしてくうみん母の住む施設に行くにも、お金はともかく、乗り換えが多くなり、不便になった。

 そう言えば、上高地に降りてくるときのどこかの山小屋で、大阪のおっちゃん二人組と同室になったことがある。その時に二人は、こう言っていた。
「大阪からだと距離はともかく交通が不便で、どこへ行くにも東京の方が便利なんですよ。だから真剣に東京に移住することを考えたことがあります」

 そして思ったのだよ。日本というのは、東京駅を中心に交通網ができているのだと。

 東京と言っても新宿や池袋ではない。あくまで東京駅だ。

 そう言えば、今まで東京駅へは一本で、しかも近ければ30分以内に行ける土地ばかりに住んでいた。今は東京駅に出るには何回か乗り換えなければならない。そして、そこからが出発。

 不便だよな~。

 という訳で、どこかにまた移住しようと思って、生まれ故郷に行ってみたのだが、そこはNGということが分かった。

 まあ、ゆっくり探そう。など思って、いつものように野山を駆け回ることにした。
 ここ、スモウ原は、ちょっと住宅街を抜けると自然豊かな山道になるというのは先にも書いた。一日に一度ならず二度も、犬の襲撃に遭い、怖い思いをした。今度遭ったら、飼い主にきつく言ったる。

 春はゼンマイやワラビ、夏はキイチゴ、秋は栗…冬は何があるのかしら?さすがに何もない?そんなことを考えて、雑木林をチンタラ走った。
「ん?」

 そこに、くうみんは思いがけないものを目撃した。朽ちた木に生えた、きのこの山!

 きのこの山と言っても、チョコレートのきのこの山ではない。キノコの大きな大群だ!
 くうみんは、そのキノコを観察した。
「これは、ナラタケ…」

 ナラタケは、朽ちたナラ、マツ、サクラなどの木に発生する。よい出汁の出るおいしいキノコだが、消化が悪いので食べ過ぎに注意。そして見た目が大変良く似ている毒キノコ、「コレラタケ」と間違えないようにしなければならない。

 くうみんは、その時はまだ確信ができなかったので、少しだけ取って持ち帰った。
 PC検索して調べてみると、間違いなかった。

 2、3日経って、またキノコの大群のあった所に行くと、あの大きなきのこの山は黒くなって、大地に溶けてしまっていた。

山の幸を愛でる人はたくさんいる。ゼンマイやワラビ、クリなどは誰でも知っているのでたいへん競争率が激しい。
 しかし、キノコの鑑定の出来る人間は、ここでは極めて少ない。ほとんど独り占めの世界だ。

 くうみんは狩り物が好きだ。山菜狩り、キノコ狩り…山菜狩りはともかく、キノコ狩りはどこかに出かけなくてはできないことだった。それなのに、こんな家の近くで出来るとは…

 くうみんさん、私って今までの子と違うでしょ?不便と言ったって、そんなに不便ではないわ。それよりもっと、いいこと…

 し・て・あ・げ・る♡

 う~ん…



  
 
 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

山道で犬に襲われる 愛犬家の皆さんへのお願い

 その日、くうみんは近くの山道を走っていた。
 くうみんの住んでいる町は、駅近くは住宅街の近くとは思えないほど商業施設が充実しているのだが、すぐに自然豊かな山道になったりする。

 ここではいくつかのランニングコースを見つけて、気分によって走り分けている。この山道は、最近のお気に入り。
 春はゼンマイが採れ、夏は木々のために涼しく、そして秋には山栗やクルミが落ちている。
 山栗はみんなが競うようにして拾うので、なかなかないが、それでも一日に2、3個も拾えば、何日かかけると食べられる量になる。小さいので渋皮をむくのが大変なので、渋皮付きで食べられる栗の渋皮煮にすることにしている。

 もう、そんな山の幸も終わりか?そんな日だった。
 
 人一人歩けるような、細い山道を走っていると、向こうから大きな犬が現れた。警察犬になるような大きな犬。シェパードだろうか?くうみんに向かって吠え掛かってくる。リードは外してある。

「キャ~~~!!」

 くうみんは大声をあげた。犬の後ろから飼い主が顔を出した。
「噛まないから大丈夫です!!こら!お座り!!」

 逃げたり、変な動きをしてはいけないと、そこに突っ立っていた。でも、犬はすぐそばでほえている。
「キャ~~~~~!!」

 犬相手にこんな声をあげたのは、くうみんの人生で初めてではなかろうか。
 飼い主の方も、街中であれば、リードをつけていただろうが、あまり人のいない山道なので、たまにはいいか、と、リードを外したのだろう。

 でも、こんな大きな犬、怖いよ!!
「怖いです」
 飼い主は犬の首輪を手に持って、
「すみません」
と言って、くうみんの後ろの道に向かった。

 ああ、ひどい目に遭った。
 
 次に、いつもこの道を走るときにお参りする大日如来様に向かった。
「新型コロナが終息しますように」
 そう祈っていたら、マウンテンバイクに乗った男性が、ラブラドールレトリバーを連れていた。この子もリードなし。

 あれくらいの犬なら…

 本当は、ラブラドールレトリバーもかなり大きな犬なのだが、さっきの犬に比べると、さほど大きくも感じなかった。それにラブラドールレトリバーは、温和な性格というし…

 くうみんはすっかり、油断していた。しかし、現実はそんなに甘くなかった。

 なんと、おとなしいはずのラブラドールレトリバーが、くうみんめがけて体当たりしてくるではないか!!

「キャッ!!」

 それも一回だけではない。二回も三回も… 噛むことはなかったが、じゃれているというのではなく、かなり陰険な顔をして迫ってきた。

 きっと、さっきの犬の臭いが残っていたのだろう。
「私、逃げます!!」
 飼い主は済まなさそうに言った。
「申し訳ない」

 なんだか、嫌な気分だった。
 飼い主にすれば、うちの子はおとなしいから、リードなしでも大丈夫。そう思っているのだろう。

 そして、世間では、こうも言う。
 犬好きには犬の方でも判る。だから、犬に襲われるのは、犬嫌いの人間だろう。

 しかし、くうみんは犬は好きだ。子供の頃、黒い雑種の犬を飼っていて、主に世話をするのはくうみんだった。15歳まで生きていたので、子供だったくうみんは、ワンコが亡くなったときはすっかりお姉さんになっていた。その後はマンション住まいが長く、トイレトレーニングの自信もないし、旅行が好きなので飼わずじまい。

 犬に襲われるのは、犬好きとは何の関係もない。

 そう言えば、ランニングしているときに犬に襲われて、大けがをして走れなくなったというオバもいた。

 今は、家の中で飼うことが多いのだが、今読んでいる本、「メーター検針員テゲテゲ日記」には、庭で飼っている犬の恐怖が書いてあった。
 大きな犬も怖いが、小さな犬は歯が鋭くて、これもまた痛いんだそうだ。

 わかる!!その恐怖、やっとわかった!

 ワンコを飼っている皆さん!
 あなたにとって家族の一員であるワンコも、他の人には獣として接する子がいる。知らない人はワンコには敵に見えるかも知れない。

 しつけはトイレトレーニングだけでなく、人に対しても襲うことのないようにして欲しい。番犬だから、それは無理と言うなら、散歩のときは必ずリードをつけるべき。

 どうか、散歩のときは、リードを外さないように!!

 特にシェパードのような大型犬は、勘弁してくれ。それから、ラブラドールレトリバーも!


 



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

うちに住んでいたハエを考える そしてハエの話の後で恐縮だが

 そのハエは、うちに住み着いていた。視界の端に姿が見えたので、殺虫スプレーをプシュ―っと吹き付ける。もちろん直接当たりはしない。しかし、直接ではなくても、これだけ吹き付ければ、若干成分がかかるはずなのだが、いつもその後、元気な姿を見せている。
 
 それはまるで、くうみんをあざ笑っているようだった。
「へっへっへ、ここですよ、奥さん」
 そういう声が聞こえるようだった。
 
 ある時から、台所に立つと、いつの間にか手元近くに来るようになった。ここならスプレーは使えまい…そう言っているかのように。
 
 本当に当たったら気持ちが悪いとは思いつつ、ハエを手で叩き落そうとしたが、かすりもせずハエはどこかに行方をくらまし、そしてどこからともなく現れるのだった。

 3日ほど経ったある日、朝からそのハエがあっちこっち飛んでいた。

 半分諦めの心境。くうみんは食器を洗おうと、台所に立った。するとあのハエがまたもや現れた。
「へっへっへ~、奥さん、ここですよ」
 と言わんばかりの態度だったが、奴も虫、やっぱりそんなに寿命は長くない。3日と言っても奴にとっては、長い年月だったのではないだろうか?
 奴は年を取った。そしてヘタを打ったのだった。
 いつものように、くうみんの手元近くに止まり、空中に飛ぼうとした瞬間であった。

 奴はなんと、足を滑らせてシンクの中に突入してしまった。シンクの中には水滴がいっぱいついている。水滴に羽を取られて、飛び上がることができない。

 ブ、ブ、ブ…

 しまった!という声が聞こえて来そうだった。すぐさま洗剤をかけて、もっと身動きできないようにした。その上でティッシュを数枚かさねて奴をつまみ上げ、ひねりつぶすと、念のため殺虫スプレーをシュッと吹きかけた。その後はゴミ箱へ。

 虫は頭が悪いというが、ハエはかなり頭がいいように思う。人間をおちょくって、遊んでいるような気がすることはよくあるし、スプレーを手に取ると、ヤバいと思うのか、どこかに隠れてしまう。
 しかし、今回のように、ずっと家の中に住み着いていることは、今までの経験からすると、ないわけではないが、そんなに多くはないと思う。
 
 あのハエは、いたずら好きな、何かの精だったのか?

 な~んてことは、ある訳ないか。
 



 くうみんが、おじさんに会いに行く時のミディアムさん主催の、オンラインスピリチャルフェスティバルが開催されます。オンラインですのでどこからでも参加できます。
 水野先生枠は、既に満席ですが、実力あるお弟子さん達のセッションはまだ空きのある所も。興味があったら、覗いてください。

オンラインスピリチャルフェスティバルのお知らせ




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村


テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

私、栃木の味方です 47都道府県ランキングで魅力度最下位を受けて

 47都道府県の魅力度ランキングというものがあるそうだ。今まで茨城県が47位の地位をずっと守ってきたが、今回42位に躍進。めでたく最下位を脱出した。

 上がるものがいれば下がるものがいるのは世の常。今回、最下位になったのは、栃木県だ。

 え~っ!栃木県が最下位?!何で?!

 そう思うのはくうみんだけではないはずだ。

 栃木と言えば、日光東照宮に那須塩原温泉、鬼怒川温泉、鬼怒川温泉などの温泉郷、戦場ヶ原や中禅寺湖などの風光明媚な自然で有名ではないか。
 はたまたグルメでは、とちおとめ、女峰があるし、宇都宮餃子は日本で一二を争うB級グルメだ。

 何で魅力がないんだよ~。

 実はなあ、くうみん母は栃木県出身なのだ。だから、くうみんも、夏休みや年末年始には栃木の田舎に厄介になっていた。
 夏は、近くの貯水池でエビや魚を捕ったり、カブトムシを捕まえて遊んだ。
 冬に行くと、家の中で吐く息が白いのに驚き、伯父さんに餅をついてもらって食べた。

 そして、妹が生まれるときは、一人、田舎に預けられた。

 その後、幼稚園に通うようになってから指摘されたのだった。
「くうみんちゃん、言葉になまりがある」
 その時は気づかなかったが、きっと栃木なまりが移ったのだと思う。

 栃木なまりをまねするのは非常に難しい。芸能人ではお笑いコンビの、U字工事がいるが、あの訛りをまねできる多県民はいないのではなかろうか?

 栃木方面に旅行するには浅草から出る東武線が便利だが、車掌さんも、東京出身の人と栃木出身の人がいて、アナウンスを聞くと、どちらの出身の車掌さんかが、すぐにわかる。

 そしてやはり、栃木弁は味わいがある、いい言葉だと思う。

 この素晴らしい栃木なまりを忘れてしまったのは、くうみん一生の不覚と言っていい。また覚えるには、栃木に一年以上いなければ無理であろう。

 そう言えば、2、3年前にひたち海浜公園のネモフィラと、あしかがフラワーパークのフジを見学する一日バスツアーに、母と行ったことがある。
 奇しくも、不人気と言われる茨城と栃木に行くツアーであった。

 添乗員さんが、
「茨城と群馬はライバル関係にあるようで、ネモフィラとフジも好敵手で、ナンタラ…」
 などと、「茨城と群馬」を繰り返していた。

 栃木出身のくうみん母は、
「足利は群馬じゃなくて栃木よ!」
 と、怒りを帯びた声で言っていた。

 今回、順位が下がってしまったのは、このような草の根的な「栃木貶め」があったからではないかとも思うのだが、どうだろうか?

 また、大宮と勘違いして、宇都宮は埼玉にあるなど、勘違いしている人間もいるかも知れぬ。とちおとめ、女峰などのイチゴは、千葉県生まれと勘違いしている人間がいるかも知れぬ。

 栃木の皆さん!声を大にして言おうではありませんか!!

 宇都宮は栃木だ!
 とちおとめ、女峰は栃木県生まれだ!
 あしかがフラワーパークは、栃木県にある!群馬ではない!

 栃木県の福田知事は、このランキングを発表した「ブランド総合研究所」に乗り込み、評価の見直しを求めたそうだ。
 気持ちはわかるが、地理の分からない人間はたくさんいることを念頭に置いて、
「あしかがフラワーパークは栃木県にあります!群馬ではありません!」
 などのように地道なアピールをするとともに、栃木県出身の芸能人(U字工事もいいが、できればイケメン、美人女優が望ましい)を、観光大使にして、栃木の魅力を発信していくことをお勧めする。

 





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR