FC2ブログ

ハーフマラソン走った

 いよいよハーフマラソン当日。朝6時に起きて、昨日仕入れておいたサンドイッチと、家から持って来た甘い菓子パンを食べて会場に向かった。結構遅い出発だったので地下鉄もそんなに混んでいなかった。

 当日はマラソンするには暑からず寒からず…申し込みの時に予想ゴール時間を自己ベストにしたので最前列に近いスタート位置に着いた。自己ベストは1時間36分台…ぜったいにこんなタイムでは走れないのはわかっている。追い越されるばかりのレース展開になるだろう。本当の目標は、2時間を切ること。時速10キロじゃ2時間を切れないから、今のくうみんには結構厳しいかも知れない。
 何しろ寄る年波の上に、2年のブランク…

 大会挨拶は、河村たかし名古屋市長。当然だが、テレビで見るのと同じ顔だ。
 名古屋弁炸裂。名古屋の国歌、中日ドラドンズの応援歌を歌うという市長とは思えないお茶目さん。おじさんが中日ファンだったので、今でもどこを応援するかと言えば中日だ。かぶっているドラゴンズカラーのキャップはおじさんの形見。

「スタートだがね~!」

 と言ったかどうかわからないが、とにかくスタート。5キロ地点で給水があるということだったので、それを期待しながら走った。
 そして5キロ地点…ない!給水所がない!んなバカな!

 いつも直前に食い過ぎでおなかが重たくなるので、直前に何も口に入れていなかった。そろそろエネルギーチャージが必要だ。くうみんは焦った。しかし、私設給水所を発見!

 若いお姉さんがお盆を持って立っている。お盆の上には小さなカップがいくつか…地獄に仏とはこのことだ。くうみんは、仏様のように優しく、観音様のように美しいお姉さんに吸い寄せられた。
「すみません!一つください!」
「カフェオレとコーラですけど、どちらを?」
「カフェオレください!」

 普段乳製品は避けるくうみんであるが、甘くてちょっとだけ暖かそうだ。
「ありがとう」
「いいえ、こんなものしかなくてごめんなさい」
そんなことはありません。ああ、助かった。糖分を補給できた。お礼を言って再び走る。

 肝心の公設給水所は、6キロ近くの所にあった。ここでもスポーツドリンクを貰う。
 
 そのうちくうみんは、体に異変を感じるようになった。山でもよく見舞われる、べ○意だ。体を動かすとしたくなる。だいぶ以前に、垂れ流しながら走ったマラソン選手がいた。翌日の新聞に、「女を捨てて走った」と、大見出しが躍っていた。

 女を捨てて垂れ流しながら走る…エリートランナーなら、それもありだと思う。しかし、この程度のレベルでそこまでするのはちょっと。

 これはきっと幻のべ〇意だ!そう思うことにしたが、そうではなかった。本物だ。

 まずい!

 そう思ってトイレを探すと、トイレはなかなか見つからない。やっと見つけたと思うと、人が並んでいる。もう一刻の猶予もない気がしたので、そのトイレに並ぶことにした。

 ギ~ッ!バタン! 
 
 ×○△  …

 (^^♪

 うう、間に合った。これで3分はロスしただろう。

 ハーフはゴールが近くなった。フルとハーフの分岐点を過ぎた。フルはまだまだ、先が長い。ご苦労様。ハーフで良かった。

 最後の力を振り絞ってゴールに向かう。ラストスパートでちょっとだけスピードが上がった。
 ゴールとともに手元の時計を止めた。1時間57分ちょっと。目標の2時間を切った。

 走れたんだなあ…

 自己ベストには遠く及ばないタイムではあったが、何かこみ上げるものがあった。

 そうではあったが、こんなタイムで感動しているのは恥ずかしい気がして、何げない風を装った。
 ハーフで1時間40分を切るのが普通だった頃は、2時間以上かかる人って歩いているんだろうと思っていた。でもそうじゃない。それぞれ精いっぱい走っている。

 さ~、走り終わった。ホテルに帰って風呂入ってビールだ。
 くうみんはホテル近くのコンビニでビールやチューハイを大小取り混ぜて6本ほど買った。こんなに必要ないけど、つい、足りなかったらどうしようと思って。

 ホテルに着くとすぐに風呂。顔に付いた汗が塩辛い。冷えた体に熱めの湯。ああ、いいな~。
 風呂から上がるといよいよ待望のビール。プシュっと開けて、コップに注ぐ。ゴクゴク…

 ああ、終わったんだ…

 禁酒が。

 この後、くうみんファンクラブ名古屋支部のオフ会が開催された。メンバーは、めろんさん、きあらさん、そしてマダムV。行こうと思った鶏手羽屋は準備中だったのでどうしようと思ったが、客引きのお兄さんが声をかけてきた。
「ホストクラブですか?」
「違います、普通の居酒屋です」
 近くにホストクラブがあったので、こんな所に連れていかれたら、と警戒した。でも、そうではなさそうなので、ついて行くことにした。

 おばさんたちは2年ぶりの再会を祝った。
「…なのよ~」
「でさ~」
 どうでもいい話に花が咲く。料理をたらふく食べた。みんな飲まない人なのに、よく話が続くものだ。
 くうみんはこういった所ではビール5杯はいってしまうものだが、事前に飲んでおいたおかげで2杯で済んだ。下戸さんと飲むときはこの手で行こう。ワリカン負けはかわいそうだもの。

 みんなはしっかりした足取りで、くうみんは酒の酔いと疲れでちょっとだけおぼつかない足取りで居酒屋を出た。

 名古屋支部の皆さん、また会いましょう。いつまで走れるかわからん。しかし、その年なりの走りと言うものもあろう。

 今度狙うのは年代別入賞だ。

 
 


 面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

久々のハーフマラソン

 2年ほど前から梨状筋というお尻の深層筋を痛めている。なのでこの期間マラソンには出ていない。先日リレーマラソンと言うのに参加したが、あれは遊び。しかし、あの遊びで自分の実力を思い知ったのであった。

 老化…誰でも年を取る。アスリートも寄る年波には勝てず、いつかは引退の時を迎える。しかし、まだあきらめきれない。往生際の悪いくうみん。
 本当は名古屋ウィメンズに出たかったのだが、抽選で外れたので名古屋シティーハーフに出ることになった。ああ、2年ぶりの大会はどんなもんじゃろ。

 いつもはホテルと新幹線がセットになったツアーを利用するが、安いだけならもっとやりようがあることを知り、ホテルはホームページから予約、新幹線は行きは「ぷらっとこだま」、帰りのチケットは近所の金券屋で買った。

 くうみんはいつも、電車の中でビールを飲むのを楽しみにしている。その上「ぷらっとこだま」では、ドリンク券が付いていて、自分の好きな飲み物を売店で引き換えることができる。しかし、これは辛抱した。
 周りはたぶん大会に出るのであろう人達ばかりで、ビールを飲むバカ者はどこにも見当たらない。

新幹線でお茶とは!
 こんな楽しいひと時に水筒のお茶とはなんてこった!!

 いいんだ、これで…

 くうみんを乗せたこだまは、名古屋に到着、第一の試練は過ぎた。
 荷物をホテルに預けると、ゼッケン引き換えをし、会場の催し物を楽しんだ。ウィメンズの催し会場と同じなので女子にうれしいサービスをしてくれる。スポンサーのメナードが、「お肌チェック」をしてくれた。ガングロは仕方ないにせよ、その他は結構うれしい結果だった。

美への執着
 たとえくうみんでも美への執着が。女のサガ
 
中日のマスコット
 中日のマスコットが来た。そう言えばおじさんは中日ファン

特殊で何が悪い!!
 明日は頑張るぞ!!

 いろいろなサービスを楽しんで、ホテルに戻る。非常な安ホテルなのだが、今日に限って一泊2万円ってどうよ?ちなみに明日の宿泊費は一泊8千500円。むちゃくちゃだ。

 そして第2の試練。
 せっかく名古屋に来たんだから、うなぎでも食べよう。そう思ってうなぎ屋「川次」に赴いた。
「ひつまぶしの上」
 ここで、ビールを頼みたい!しかし、ダメだ!!

ここでもビールなし
 栄のスカイル9階にあるうなぎ屋「川次」は、リーズナブルと評判

 並ひつまぶしなら1700円くらい。くうみんは上を奮発したが、3100円。さらにタウン情報誌(フリーペーパーるるぶだったか?)を持って行くと、10%オフとなる。

 こんなご馳走なのに、ビールが飲めないとは…

 大会の前日は禁酒と決めている。なぜなら肝臓を休めないとグリコーゲンが貯蔵できなくなると言われているから。
 気のせいか知らんが、大会前日に飲むと飲まないでは、体調がかなり違う。

 くうみんは第2の試練を乗り切った。

 コンビニでおにぎりを買おうとしたら、売り切れだった。持久的運動には炭水化物を取るのがいいとされる。やはり日本人はご飯なのだ。しかし、ないものは仕方ないのでサンドイッチを買った。この時ばかりは、普段はご法度の甘い甘い菓子パンも食べられる。

 寝る前に喉が渇いたので、水道の水をゴクゴク飲んだ。ビールでなければ、酒でなければ、何を飲んでも同じじゃ!

 明日は早い。早く寝よう。しかし、この期に及んで考えるのは…

 明日はビールが飲める!!思いっきり飲める!!走り終わりさえすれば、昼からでもオッケー!

 さあ、この酒飲みオバさんはどうなってしまうのでしょう?

 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

走りたい。もう一度。

 くうみんは去年の冬くらいから足腰の不調に悩んでいる。
 どこが痛いのかと言われれば、太ももの裏側だ。マッサージや鍼をすると、その時は良くなるが、すぐに元の状態に戻ってしまう。近くの整骨院で鍼、マッサージを数カ月続けたが、一向に良くならない。整骨院の先生によると、お尻のインナーマッスルである梨状筋を痛めたのだろうとの見立てだった。
 病院でMRI画像を撮ると、異常なし、筋肉が硬くなっているので、ストレッチをするようにと言われた。医者からは、
「運動不足です」
 なんて、見当違いのことを言われた。服着た上からじゃこの筋肉は見えない。ただのガリガリに痩せたおばさんだ。
「運動はしていましたが、痛いから休んでいるんです。どうしてよくならないのでしょう?」
 真剣に聞いているのに医者は、
「さあ、どうしてでしょうねえ?」
 自分の胸に聞いてみな、とでもいうように、ニヤニヤしながら答えるだけだ。やっぱり医者は嫌いだ。

 今はPCがある。PC検索すると、3カ月以上やってよくならないのであれば、その治療はもうやめた方がいいとのこと。

 梨状筋のストレッチは、椅子に腰かけて痛い方の足首あたりを、健常な太ももの上に置いて上体を倒すようにして行う。お尻の肉が伸びるのがわかる。
 床にテニスボールのようなボールを置いて、その上にお尻が乗るように寝っ転がってグリグリマッサージをすると、梨状筋がほぐれるというので、毎日するようにした。はじめは痛かったけど、だんだん痛くなくなって行く。

 でも、それだけの話で一向に症状は良くならない。
 
 くうみんももう年だしな。スポーツはいつかは引退するときが来る。体を動かすのはもう終わりにして、ライティングの方に力を入れれば、金も稼げて一石二鳥。

 でもなあ、最後の悪あがき、してみたいじゃないか。もうこうなったら、またあそこに頼んでみようか…

 最近、
「あの人は本当に信用できるの?」
 と思っている治療家がいる。以前は全面的に信用していたが、今はちょっと「?」と思うようになったあの人。最近、おじさんに問うている。
「ねえ、おじさん、あの人はいい人なの?」

 くうみんはしかし、藁にもすがる思いでその治療家に電話を掛けてみた。
「今、先生は手が離せません。折り返しお電話いたします」
「そうですか、よろしくお願いします」

 連絡を待ったが、連絡は来なかった。

 どうしよう?これも「そこはダメ」と言う天の声、おじさんの導きか?

 その日、走ることのできないくうみんは、フィットネスクラブに行って水中ウォーキングをして、風呂に向かった。すると、ランニングサークルで知り合った一人のオバを見つけた。
「あら、久しぶり」

 彼女は今では、ここのランニングサークルではなく、別のランニングクラブに所属したらしい。膝の具合が悪いと言ってもう2年も走っていないと言っていたっけ。
「膝はどうですか?」
「それがね」

 彼女は名医と言われる先生を訪ねまわった。しかし、いい結果は出なかった。諦めかけていた時に、新しく入ったランニングクラブで勧められた治療院に通ったら、かなり改善されたという。
「正座ができなかったのが、今ではできるようになったのよ。もうすぐ走れそう」
「本当に?!」 
 実は私も梨状筋で悩んでいる。その先生を教えて欲しい。そう言って、その治療院を教えてもらった。

 完全予約制で紹介者が必要らしい。保険も利かない。
 すぐに電話して予約を入れた。近所という訳ではなく、電車に乗るから交通費もかかる。だけど、今までの治療では何も良くならなかった。今までいくら支払っただろう?ドブに捨てたようなものと言ったら、お世話になった先生に失礼だろうか。

 予約した日に治療院に向かった。
 治療は全身に鍼、灸をするもので、パンツ一丁の素っ裸の上にバスタオルを載せた姿で行う。この痛みを何とかしたい。恰好なんてどうでもいい。

 マッサージをすると、時々すごく痛いところがある。
「はぁ~~~!!そこ痛いです!!」
「ここが痛いのは、肝臓が悪いの」
 う~ん、身に覚えあり。

 くうみんは左側の梨状筋に異常があるのだが、右のくるぶしは何ともないのに、左のくるぶしをマッサージすると、激痛が走った。
「はぁ~~~!そこ、痛いです!!」
 さっきの肝臓より痛い。涙が出るほど痛い。
「左側に異常があるから痛いんですよ」

 施術は約1時間かかった。体が軽くなったが、直後に軽くなるのは町の整骨院でも同じ。
「明日の朝、体がどうなっているか、見てくださいね」
 はい、わかりました。先生がいいというまでは運動はやめること、ストレッチもあまり追い込まないように。いくつか注意を受けて、その日は終わり。

 いつもなら水中ウォーキングでもするところだが、フィットネスクラブでは風呂だけにした。

そして翌朝…まだよくわからん。 
 
 癌になって抗がん剤のおかげで筋肉や心肺機能に大きな影響を受けた。

 医者が「影響のない程度に行う」と言うのは「死なない程度に行う」と言う意味だと知ったとき、目の前が真っ暗になる思いだった。

 それでも諦め切れずにチャレンジ…
 周りに癌サバイバーのランナー、先生になる人はいなかった。自分でインナーから工夫した。
 練習法も、自分なりに工夫をして少しでも心肺機能を上げることから始めた。

 今、くうみんの前に立ちはだかっているのは老化。若い人と同じでなくていい、それなりに走れればいい。

 ダメでもともと。

 走りたい。もう一度。

 
 


面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

すべてはティファニーのために!

 朝は5時に起きて身支度をした。マラソン出場のときは朝早い出発になるのでホテルの朝食は付けない。その代り、「まるちゃん正麵赤いうま辛担々麺」と、ジャムとバターを塗ったパンを食べた。まるちゃん正麺赤いうま辛担々麺」は、おじさんのお姉さんお勧めの品だ。ジャムとバターを塗ったパンは、くうみん母が好きらしく、様子見に行ったとき、持たせてくれたのを冷凍していたのだ。けち臭く、今回持ってきた。

 外に出ると、同じようにマラソンに出場するであろう女子の姿がそこここに見受けられた。皆、若い。くうみんは最年長クラスだ。

 歳を取っても速ければいいってもんだが、今年は…この足がどこまでもつのか?

 会場近くのミールサービスでは、パンやバナナを配布していた。つい並んでしまう。食べずにバッグの中に入れた。ぞろぞろとみんなに交じって歩いていると、道の片隅で着替えをしている人がたくさんいた。男の係員が、
「ここで着替えをしないでください!更衣室でお願いします!」
 と叫んでいたが、多勢に無勢だ。

 スタート位置に並んでインストラクターに合わせて体操したり、「行くぞ~~~!!」「お~~~!」など、テンション上げていると、9時10分のスタート時間になった。

 はじめからヨレヨレ…足は初めから痛い。しかし!ティファニーが!!ティファニーまで頑張らねば!!
 給水はこまめに取った。そのせいで冷えたのだろうか?トイレに行きたくなった。はじめのうちは、これは幻のべ○意だと自分に言い聞かせていたが、これは幻ではなさそうなのでトイレを探した。

 女性ばかりの大会なので仮設トイレはたくさんあって、そう並ばずにトイレを使うことができたが、くうみんは結局3回もトイレに駆け込んだ。

 ここの給食は、なかなかおいしい。名古屋名物の外郎はもちろん、何とか餅とか、レンコンチップスとか、大変よろしい。いつもはそんなに食べないが、こんな時は、ついガッついて食べてしまう。これもあってべ○意を催したのかも知れぬ。

 35キロ過ぎでとうとう歩き始めた。写真を撮るところだけ見栄を張って走った。

 しかし!ついに42.195キロのゴールにたどり着くことができた。ティファニーもゲット。5時間23分という初マラソン以来のタイムだ。あ~、どうしょもね~。

ゴール
 感動のゴールで写真を撮る皆さん

 しかし、女ばかりの大会はいいな。やっぱ女の方が清潔だもの。男がいると、水っぱな垂らしたり、たんつば吐いたり、きったねえ奴たくさんいるけど、女子だとそんなの一人もいない。

 今回ぶったまげたのは、スケスケのスパッツ履いて、下着のパンツがもろ見えの若い女の子がいたことだ。あのスパッツは上にランパンを履くタイプだよ。女子ばかりの大会だからいいけど、普通の大会だったら、男が後ろからぞろぞろついて行くであろう。

電車でホテルに帰り、風呂に入って一杯。

どんなのかしら?
 今年はどんなんかしら?

今年はバラ
 オホホ、バラですわ!

裏はこうなっている
 これは裏

 ホテルユニゾ名古屋栄 新しくて快適だった。 
ホテルの部屋
 交通至便、外食にも困らない。何より一階はコンビニなのでビールに困らない

洗面所
 洗面所もシャワートイレ完備で快適。

 でも、おじさんがいたら、大浴場がないのでここはパスだろうな。おじさんは大浴場がないとだめなんだから。

 今日は6時に皆さんと待ち合わせ♡
 いつものようにマスクとサングラスと帽子をかぶってロビーに行くと、何か怖いものを見るような顔でこちらを見ているオバがいるのに気づいた。めろんさんだ。つかさん、キアラさんもいる。事情があって6時半までここで待ったが、昨日見つけた居酒屋に出かけた。

 めろんさんとくうみんはタヌキ顔だ。しかし、キアラさんとつかさんはどちらかと言うとキツネ顔と見た。この地、名古屋でタヌキとキツネの邂逅があったのである。

囲む会1
皆酒を飲まないそうだ。つまらない

囲む会2
 つかさん、あんたその髪の毛、ヅラだろう。やけに真っ黒でフサフサだ

囲む会3
 男前だな、キアラ君

 思い切り腹鼓をたたいたり、化かしあいをしながら、楽しい時間を過ごした後、オバタヌキ達はホテルへ、オバキツネ達は家へ、それぞれ帰って行きました。

 しかし、名古屋飯というのは色彩が茶色ばかりだな!!もっと華やかにせんか!!
 



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村



テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

今年も名古屋ウィメンズマラソンがやって来た

 相変わらず足が痛い。病院でMRIを撮っても、異常はなく、筋肉が傷んでいるのだろうと医者から言われた。
 筋肉の痛みならおとなしくして時間が立てばよくなるはず。それがどうしてもよくならない。これが慢性化したっていうものなのか。
 
 近所の小さな大会なら棄権してもいいけど、やっと抽選に当たって、高いお金を払ってホテルも予約して、ブロ友と会う約束もした。今更棄権なんてしたくない。それに、もっと大きな理由はやはり…

 ティファニーのネックレス

 これは絶対に見逃せない。

 足の状態が悪くなるのは承知の上で、記録を狙うなどと言った贅沢は言わず、完走を目標に走ることにした。だからなるべく楽しめるよう、受付の催しも進んで参加することにした。

イベリコ豚丼
 東京駅のグランスタで売っているイベリコ豚丼。すごいボリュームと濃い味付けで年寄りくうみんは夜までお腹が空かなかった

 名古屋の会場にて。

マッチョと
 マッチョなお兄さんとはい、ポーズ!

花とオバさん
 花に囲まれてロマンチックな気分♡

名前が張り出される
 出場者全員の名前が張り出される

明日のゴール
 ゴールはあれか

一位から3位までに送られるプレート
 一位から三位までの選手に贈られるプレート。輝いていた

 スポンサーは女性の大会らしく化粧品のメナードだ。受付会場でお肌チェックもしてくれる。45分待ちなどと言うプラカードに恐れおののいて、去年はパスしたが、今年は並んだ。するとそんなに待つことなく順番が回ってきた。

 くうみんの肌診断をするのは若くてきれいなお姉さんだ。やはりこういうときはきれいなお姉さんが言う方が説得力がある。それによるとくうみんのお肌は、年相応、うるおいは結構あるが、キメは揃っていない。まあ、何もしない割にいいのではないか。

 お姉さんは帰り際、税込み10万8千円するというクリームのサンプルをくれた。皆さん!1万8千円ではありませんよ!10万8千円ですよ!小さなパックだが、これだけで千円近くするかもしれない。

「今日の夜、使ってみてください」
 お姉さんは言ったが、もったいなくて一生使えないかも知れない。

 夜は近くのラシックというショッピングモールにあるレストラン街に行った。ここに鳥開というお店があって、親子丼がおいしいというので行ってみた。去年も別の店で親子丼を食べたが、本体1500円くらいなのに、税サービス料、なんたらがついて、2千500円くらいの高い親子丼になった記憶がある。

 しかしここはそんなことはなく、税込み1580円だった。
 フワトロの卵に、生卵が追加してあって、ちょっと甘めの味付けで、なかなかおいしい。鶏肉は恐れ多くも名古屋コーチンだそうだ。

 しかしここは、行列がすごい。40分くらい待っただろうか?
 でも、あまりお腹が空いていないので、本を読みながら待った。お腹が空いていないのになぜ食べるのか?それは名古屋飯を食べたいからというのと、マラソンには多量のエネルギーを必要とするので、炭水化物を積極的に取るべきだという二つの理由による。

鳥開の親子丼


 どうせ記録を狙わないので部屋でビールを飲んだ。こんな不真面目な参加は、初めてではないか?大会前は、一般レベルは一般レベルなりに、結構真剣に体調を考えるものだ。とにかく明日は7時頃出て行かなくてはならない。それだけは気を付けないと。

 ビールをかっくらうと、すぐにベッドにもぐりこんだ。

 翌日の悲劇は、なんとなく予想していたが…この後くうみんはどうなってしまうのでしょう?




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村


続きを読む

テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR