FC2ブログ

名古屋ウィメンズマラソンの参加賞及び完走賞キター!

 ピンポ~~~~ン
「はい」
「S川急便です。お届け物が」
「は~い」

 今頃、何だろう?なんも頼んでないぞ?
 しかし、荷物が届くのはうれしいもの。シャチハタを手に、荷物を待ち受けた。S川急便のお兄さんは、割と大きくて、その割にはやけに軽い荷物を持ってきた。

 荷物を受け取ったくうみんは荷札を見て、それが名古屋ウィメンズマラソンの賞品であることに気が付いた。

 あら~、ついに来たのね!うれしいわ!

 名古屋ウィメンズマラソンの完走Tシャツは、女子仕様だ。

15952030960.jpeg
 今回は、オレンジ系の色

15952031360.jpeg
 ティファニーのネックレス。サービスのつもりかしら?いつもより箱が大きい

15952031140.jpeg
 今回はヒマワリがモチーフ

 マラソンの紹介には、参加者数や、地域別、年代別の出場者割合があった。地域別ではやはり地元、愛知県が多い。しかし、年齢別の円グラフを見て驚いた。

15952031510.jpeg
 何と60代以上は、6%しかいない!

 出場者、と言うか、エントリーしたのは2万4千飛び飛びの2名。と言うことは、60代以上は、千440人。まあ、数字で言えばこんなもんか。

 よく、ダイエットの広告で、
「これで50歳!」
 などと言うのを見かけるが、50代前半までは、鍛えていさえすれば、体力的には40代とそんなに変わらない。
 しかし、50も後半になって行くと、あっちこっちに故障が出て、それを治すのに数年かかる。きっと何年もかけて悪くなったものだから、治すのにも時間がかかるのだと思う。
 そして数年かけて治ったと思ったら、年老いて体力がなくなっている。それが今のくうみん。もう、潮時かしら?

 えっ、今いくつって、そりゃ、あなた!!

 一億歳です!!

 





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

ものすご~~~く足弱な人の脚の鍛え方 これで君もバッチリ

 初めからスローとはいえ、ジョギングをするのは怖いという人もいるようだ。
 そういう君には、いい手がある。

 それは、水中ウォーキングだ。

 これは、今はお休み中のフィットネスクラブの年配の女性からの情報だ。今はプールはどこもやっていないから、新型コロナが落ち着いたら、試してみるといい。

 フィットネスクラブで知り合った年配の女性との話。

「ここではずっと、プールに行っていたんですよ」
 この人はウォーキングだけでなく、水泳もしていたようだ。
「でもね、主人の具合が悪くなって、ここに通えなくなったの。でも、〇ーブスには行っていたのよ」
 しかし、〇―ブスにはプールがない。そのうちにご主人が亡くなられてしまったそうだ。
「ずっとプールに行かなかったら、歩けなくなってしまったのよ。だから、手術することになってしまったわ」

 なんと、○―ブスで、筋トレはしていたのに、プールでの運動をやめたら、歩けなくなってしまったと言う。
「そうですか、早く歩けるようになるといいですね」
 そんな会話の後、その女性は杖を突きながら、おぼつかない足取りで去って行った。それ以来、その女性を見かけなくなった。

 他にも、年配の女性で、プールで水中ウォーキング、あるいは水泳とウォーキングをしている人は多い。みんな、足が心配な人ばかり。年配ってどれくらいかと言われると、アラエイティくらいだ。

 ちなみにくうみん母は、今年91になる。このバアさんも、施設の大きな浴槽の中を歩き回っているらしい。すると、足の調子もいいそうだ。
 くうみん母は、もとから足が丈夫だったわけではない。足にサポーターをして、テーピングだらけにしていたこともある。

 足弱な君が心配なのは、鍛えるつもりで足腰を痛めてしまったり、転んでけがすることだろう。
 しかし、水中ウォーキングなら、体重がかからないから、足腰を痛めることもないし、つまずいても大事にはならない。(ただし、プールサイドでは気を付けよう)

 水中ウォーキングなんて、どうせ大した運動じゃないんだろう、と思っている君。水中もも上げを、調子こいてやっていると、翌日大変なことになる。水中もも上げは非常に負荷の強い運動だ。

 さあ、外出自粛が終わり、プールも行っていい事になったら、早速水中ウォーキングを始めよう。

 これで君もバッチリ。





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : フィットネス・トレーニング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ランニング用マスクを考えた

 今までずっと、ランニングのときはマスクを着用していた。これはコロナ対策ではなく、ガングロ、シワ対策であった。ちょっと年のいった一般的日本女子なら、大抵は考える。
 ランニング用マスクをかけている女子も見たことはあるが、普通のマスクなら、高地トレーニングの代わりになると思っていた。

 しかし、このコロナ騒ぎで、苦しいからと言ってマスクを一時的にでも取るのは、はばかられるようになった。一応楽天でランニング用マスクって、買ったんだけど、高い。くうみんの買ったのは、2800円もした。確かにまったく苦しくないけど、2枚買うのは贅沢だ。あまり考えもせず買ってしまって、失敗だった。安いのなら千円ちょっとで買えるけど、もっといいものはないか? 

 ネット検索していたら、ヘアバンドをマスクにしているお姉さんのことが書いてあった。
「たぶん100均で買ったヘアバンドだと思う。大変セクシーだった」

 なに!100均のヘアバンドで、ランニング用マスク!
 ということで近所のダイソーに潜入し、ヘアバンドを購入しに行った。しかし、これじゃちょっときついんじゃないの?そう思ったくうみんは近くを見渡した。これと同じようなもの。風呂コーナーにボディタオルがあった。その中にビヨンビヨンに伸びる物があったので、これも購入した。

 この後、ワークマンにも立ち寄った。
 山中教授が愛用しているランニング用マスク「バフ」。ワークマンに、このガテン版があるそうだ。店員の女性に聞いてみた。
「バフってありますか?」
「???」
「あの~、山中教授が…」
「それなら、こちらにあります。もうこれしか残っていません」
 山中教授が、というだけで通じた。残っていたのは、トロピカル紋様と言うか、葉っぱ紋様と言うか、そんな紋様のクールネックゲーターであった。ガテン系男子には女っぽいと思われたか?

 家に帰って着けてみた。まずヘアバンド。これはきつすぎる!!これをしていたお姉さんはよほどの小顔だろう。次にボディータオルを顔に当ててみた。
 ちょっと大きいような気がしたが、縫い代を工夫すればどうにかなるだろう。

 結果オーライだったので、経過は詳しく書かないが、縫い代は何も工夫しなくて大丈夫。それを顔に着けてみて、ちょうどいい所に横に切れ目を入れる。伝染しやすいので、切れ目は周りをかがった方がいい。

 素材
 素材。向かって左はワークマンで購入したクールネックゲーター。右はボディータオル。耳穴をこんな感じで開けると、顔面にフィットする

これくらいならできる
 裁縫は苦手だが、これくらいならできる

こんな感じです
 装着時

いざ出陣
 似合うかしら?この格好で試運転

 女性というのは、日焼けを防ぐためなら、かなり恥知らずな格好ができるものだ。今まで、夏でも帽子、マスク、アームカバー、長スパッツを着用して走っていた。その姿を見た人が、
「暑苦しい!!」
 と非難していた。これ以上黒くなりたくないんじゃ、ほっといてくれ!と思っていたが、このコロナのおかげで、こんな暑苦しい格好で走っても誰も文句を言わぬ。

 走るときは10キロ走るのだが、これを着けていると6、7キロ走った所で、少し息苦しくなってきた。頑張って10キロ走った。

 次に、ボディータオルで作ったマスク。
 このまま走ると、まったく息苦しくない。これはいい!と思ったが、飛沫を防ぐという意味では、かなり効果が怪しい。

 そう思ったので、次のランニングのとき、小さなハンカチの半分くらいの生地(三角巾を切った)をたたんで当てた。しかし!これだけでも苦しい!何とかならないか?
 そう思ったくうみんは、布をクシュクシュにして鼻と口の所に当てることにした。
 おお!これはいい!布をクシュクシュにすることによって、空気の層ができて、息苦しくない。その上飛沫も防止できよう。
 もちろん、ワークマンも悪くないので、これからも使うつもり。

 ランニングをする皆さん、参考まで!


 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

ランニングへのいざない

 やっぱり外出自粛令は、延長されましたね。ガックリ。
 毎日自宅にいるのもかなり限界に来ている人も多いのではないでしょうか?

 くうみんはやっぱりランニングを勧めます。散歩もいいのですが、体型を変えたいとか、筋肉をつけたいとか、そう言った願望のある人は、散歩では厳しい。

 公園よりも、普通の道路で走ることをお勧めします。公園は密集しやすいし、同じところをぐるぐる回るのは飽きます。道路なら、信号待ちのときは休めるし、景色が変わるので飽きません。。
 ただし、車には気を付けてくださいね。絶対に飛び出してはいけません。

 どの程度の速度で走ればいいのか、初心者なら時速4キロから6キロくらいのスロージョギングをお勧めします。時間的には30分から1時間くらい。慣れたら時間を長くしましょう。この程度の速度なら、誰にもできるし、道路を走るなら安全です。

 歩くような速度で走るのです。歩くより、エネルギーを使います。
 日本を代表する女子ランナー浅井えり子様は、そのご著書の中でこうおっしゃっておられます。
「ゆっくり走れば速くなる」

 なんですか、ゆっくり走ると、毛細血管が発達して、血液の循環が良くなって、それで体も活性化され、走るのが速く、そして健康にもなるということです。
 昔読んだ健康雑誌、「ターザン」でも、速く走ると、。活きのいい細胞しか動こうとしないが、ゆっくり走ると、弱い細胞もついていけるので、多くの細胞が動く。結果的に多くの細胞が鍛えられる、とのことでした。

 このくうみんも、抗がん剤で体ボロボロ、涙ボロボロの世界で、それでも「ゆっくり走れば速くなる」と呪文のように口ずさみながら、時に泣きながら走ったものです。
 見事サブフォーに返り咲いた時は、本当に泣けて、泣けて…

 公園などではなく、一般道を、時速4キロから6キロのゆっくりした速度で走る。3密は避けられます。この速度なら、飛び出しもないでしょう。
 信号も、本当は休めるのでほっとしているのに、
「あ~、捕まっちゃったよ~。続けて走りたいのに~」
 という顔をして待ちましょう。

 しかしこの時期、気になるマスク。普通のマスクをして走ってもいいのですが、貴重なマスクですから、もったいないですよね。
 ランニング用のマスクも通販で売っているのですが、結構高いです。

 そこでくうみんはいろいろ工夫しているのですよ。
 
 今、実験中。






面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

オンラインマラソンの概要発表 そして今後のくうみん、マラソンどうする?

 3月2日、名古屋ウィメンズマラソンのオンラインマラソンの概要が発表された。
 朝10時くらいから、度々ホームページを見ていたが、なかなか発表されない。
新しいお知らせがあると思うと、「エリートランナー欠席のお知らせ」だった。何だよ、まだ決まらんのか?

 くうみんがそのお知らせを見たのは夜9時くらいだっただろうか?

 オンラインマラソンの概要について。

 なになに?期間は3月8日から、5月31日までに走り切ればよいとな?

 ①マラソンタイプ 一気に42.195キロを走ることもできるが、分割して走ることも可能。
 ②類型走行距離達成タイプ 開催期間内の累計走行距離で参加。
 ③記録提出タイプ 42.195キロを走った記録を事務局に提出してください。スマホがなくても参加可能です。

 ふ~ん、ひと月の期間どころか、3月8日から5月31日までの期間を設けてくれたのね。ああ、よかった。
 しかし、③の記録提出タイプは、走らなくても嘘の記録を提出しても判らないわね。まあ、人のことはどうでもいいけど。

 事務局の人も全くのおバカではなかったらしい。良かった、助かった。これで完走賞は約束されたようなもの。もっとも、事務局としては、一日で一気に走るなんてことにして、そのおかげで交通事故多発なんて結果になったら、責任問題。
「危ない、危険」
 これは殺し文句だろう。

 図らずも、くうみんの意見が通ったように感じたが、こういう意見って、多かったんじゃないかしら?それに、ティファニーさんも、もうネックレスを作ってしまっただろうし、他で売る訳にも行かないから、ほっとしていることだろう。

 よく、声なき声というけれど、ダメだとか、恥ずかしいとか言わずに言ってみたもん勝ちのような気がする。

 実は、くうみんはフルマラソンは、これで引退しようと思っていた。もうサブフォーは無理だし、楽しんで走るとよく言うけれど、42.195キロは、とても楽しんで走れる距離ではない。速い人が「今日は余興だから」とチンタラ走るのなら、楽しんで走ることもできようが、遅い人間には、苦しむだけだ。

 苦しいのに、今まで走ってきたのはなんだろう?達成感?

 スピリチュアルな見解では、「あなたの魂はストイック。そのストイックな魂が求めたから」なのだそうだ。
 だから山にも行くのかなあ。質素な山小屋の食事。風呂にも入れない山を下山した時の、自分の体から発せられるホームレスの臭い…う~ん、たまらん。

 走っているときはいつも思う。何でこんなバカなことをしているんだろう。早く走り終えて、風呂に入ろう。そしてビールだ。それだけを思ってひたすら走る。今思うと、なぜ棄権しなかったんだろう。バカだねえ。

 そんなこんなで、有終の美、最後のマラソンは不発に終わった。

 またマラソンを走るかも知れない。
 

 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ : マラソン大会
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR