FC2ブログ

オンライン走り込み大会に参加したはいいが…年を感じる日々

 くうみんはいつも一人で走る。同じ時間帯に運動するような人は、プールや筋トレ、あるいはランニングマシンを使う人しか知らないし、何よりも二人以上で走る必要性を感じないからだ。

 時々、「走友会」のようなのに入って、みんなでワイワイ走りたい、終わった後の飲み会もいいな、など思って、近くの走友会を検索して調べると普段は、「土曜日の7時、○○公園集合」など、朝早い集合らしい。そして今は、コロナの影響で、みんなで走ることをお休みしているようだった。
 
 ひとりだとマイペースで走れるからいいな~、など思っていたのだが…

 名古屋ウィメンズマラソンが、オンラインマラソンになったとき、「TATTA」という、アプリをインストールするよう指示された。。

 これで、名古屋ウィメンズマラソンをオンラインで記録、完走賞をゲットした。

 これでTATTAの仕事は終わったと思ったのだが、ある日、月間走り込み大会のお知らせが届いた。TATTAで、走った距離を計測するのだが、他の参加者の記録も見ることができる。本名でなくハンドルネームを使用。居住地や性別など、個人情報は公開、非公開など自分で設定できる。参加は無料。

 ふ~ん。ただならやってみようか。

 くうみんは、オンラインながら、人の中に交じって走ることになった。
 走った後、距離や時速、高低差、消費カロリーが出て来るのがうれしい。そして距離の順位も。

 フルマラソンで、それなりの記録を出すのなら、月間300キロ走れと言われる。ひと月30日として一日10キロだが、毎日走れるわけではない。くうみんの場合は、せいぜい週4日。筋トレもしたいし、休みも必要。

 TATTAを使うまでは、週4日、一日10キロ走っていた。それだと最高で月間160キロくらいにしかならない。
 もちろん、この距離に届かないことが大半だ。わずか100キロの時もある。一人で走っていた時は、そんなに気にしていなかったけど、オンラインとはいえ、みんなの頑張りが気になるようになった。

 月間200キロ、走れないかな?これはくうみんが30代、40代の頃、走っていた月間走行距離だ。この距離を走って、サブフォーを狙い、射止めた。

 走る日数を増やすことはできないから、一日12キロにしてみよう。12キロなら、10キロと大して変わらない。でも、人間、欲が出るもの。
 距離をもっと稼ぎたいと思うようになった。仕事が早く片付いた日は、16キロ、15キロなど。

 でも、この距離になるとかなり疲れるのだよ。

 そう言えば、30代40代の頃は、平日はあまり走れないので、土日どちらかで、一日25キロ走っていた。あとは5キロ10キロとちょこちょこ距離を稼いで月間200キロ。

 今は一日25キロなんて走ったら、どうなるのか?やってみようかと思うと同時に…

 いい加減、年を考えなくてはいかんかのう、などという考えが頭をよぎった。
 

 



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

高いぞ~~~!名古屋ウィメンズマラソン参加料 ふざけてるぞ~~~!ゴートゥキャンペーン

 忘れていたけど、そろそろマラソンのエントリーシーズンだ。名古屋ウィメンズマラソンはどうなったんだろう?

 そんなことを考えて、エントリーのサイトを見て驚いた。参加料が大幅に値上がっていたのだ。前回までは1万3千850円だったのに、今回はなんと2万6千円!いつもの倍近くだ。

 なんでも、コロナ対策のため、人数制限その他の対策が必要になったので、「料金の改定」になってしまった。よろしくご理解されたい、とのことだった。

 1万3千850円でも、決して安くはないのに、大幅な料金に値上げ。しかも、値上げとは言わず、改定という所が憎たらしい。

 しかも、オンラインマラソンになる可能性もあると言う。その場合は、次回の参加権をくれるとともに、参加賞や完走賞の他に5千円のクオカードを送ってくれるらしい。

 2万6千円も出してオンラインマラソン?5千円のクオカードを貰ったところで2万1千円払うんでしょ?
 ちなみに、次回の参加権は貰えるが、参加料は別途払わねばならない。

 現地で開催できないかも知れない。だからまた、オンラインマラソンを…というのは、安易すぎるのではないか?
  
 前回は申し込みの時に、主催者側も参加者側も、コロナでこんなことになるとは予想できなかったから、オンラインマラソンになるのも仕方ないと思ったのだが。

 いっそのこと、中止にすることを検討してもいいんじゃないか?

 そして、関係ないけど、ゴートゥーキャンペーン。1月31日で終わるらしいね。宿泊の場合は、2月1日チェックアウトまで。

 旅行好きくうみんは、今まで行けなかった分を取り返そうと、ルンルン気分でツアーやホテルを調べていた。

 そしたらなんと!

 某有名ホテルチェーンは、ゴートゥーではなくなった2月1日の宿泊から、大幅に値下げしているのに、くうみんは気づいてしまった。

 なんじゃ、こりゃ!

 1月までは以前から繁忙期で、ホテル代は高いのですよ、とかそういった正当な理由があるのかも知れない。でも、勘ぐってしまう。以前の旅行での食事の件もあるし。

 皆様、ゴートゥ―キャンペーンの裏側にお気をつけ遊ばせ!

 それから、名古屋ウィメンズマラソン、どうしよう?! 






面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

テーマ : まぢかよ!?
ジャンル : ニュース

名古屋ウィメンズマラソンの参加賞及び完走賞キター!

 ピンポ~~~~ン
「はい」
「S川急便です。お届け物が」
「は~い」

 今頃、何だろう?なんも頼んでないぞ?
 しかし、荷物が届くのはうれしいもの。シャチハタを手に、荷物を待ち受けた。S川急便のお兄さんは、割と大きくて、その割にはやけに軽い荷物を持ってきた。

 荷物を受け取ったくうみんは荷札を見て、それが名古屋ウィメンズマラソンの賞品であることに気が付いた。

 あら~、ついに来たのね!うれしいわ!

 名古屋ウィメンズマラソンの完走Tシャツは、女子仕様だ。

15952030960.jpeg
 今回は、オレンジ系の色

15952031360.jpeg
 ティファニーのネックレス。サービスのつもりかしら?いつもより箱が大きい

15952031140.jpeg
 今回はヒマワリがモチーフ

 マラソンの紹介には、参加者数や、地域別、年代別の出場者割合があった。地域別ではやはり地元、愛知県が多い。しかし、年齢別の円グラフを見て驚いた。

15952031510.jpeg
 何と60代以上は、6%しかいない!

 出場者、と言うか、エントリーしたのは2万4千飛び飛びの2名。と言うことは、60代以上は、千440人。まあ、数字で言えばこんなもんか。

 よく、ダイエットの広告で、
「これで50歳!」
 などと言うのを見かけるが、50代前半までは、鍛えていさえすれば、体力的には40代とそんなに変わらない。
 しかし、50も後半になって行くと、あっちこっちに故障が出て、それを治すのに数年かかる。きっと何年もかけて悪くなったものだから、治すのにも時間がかかるのだと思う。
 そして数年かけて治ったと思ったら、年老いて体力がなくなっている。それが今のくうみん。もう、潮時かしら?

 えっ、今いくつって、そりゃ、あなた!!

 一億歳です!!

 





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


先に逝くのは私だと思った… - にほんブログ村

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

ものすご~~~く足弱な人の脚の鍛え方 これで君もバッチリ

 初めからスローとはいえ、ジョギングをするのは怖いという人もいるようだ。
 そういう君には、いい手がある。

 それは、水中ウォーキングだ。

 これは、今はお休み中のフィットネスクラブの年配の女性からの情報だ。今はプールはどこもやっていないから、新型コロナが落ち着いたら、試してみるといい。

 フィットネスクラブで知り合った年配の女性との話。

「ここではずっと、プールに行っていたんですよ」
 この人はウォーキングだけでなく、水泳もしていたようだ。
「でもね、主人の具合が悪くなって、ここに通えなくなったの。でも、〇ーブスには行っていたのよ」
 しかし、〇―ブスにはプールがない。そのうちにご主人が亡くなられてしまったそうだ。
「ずっとプールに行かなかったら、歩けなくなってしまったのよ。だから、手術することになってしまったわ」

 なんと、○―ブスで、筋トレはしていたのに、プールでの運動をやめたら、歩けなくなってしまったと言う。
「そうですか、早く歩けるようになるといいですね」
 そんな会話の後、その女性は杖を突きながら、おぼつかない足取りで去って行った。それ以来、その女性を見かけなくなった。

 他にも、年配の女性で、プールで水中ウォーキング、あるいは水泳とウォーキングをしている人は多い。みんな、足が心配な人ばかり。年配ってどれくらいかと言われると、アラエイティくらいだ。

 ちなみにくうみん母は、今年91になる。このバアさんも、施設の大きな浴槽の中を歩き回っているらしい。すると、足の調子もいいそうだ。
 くうみん母は、もとから足が丈夫だったわけではない。足にサポーターをして、テーピングだらけにしていたこともある。

 足弱な君が心配なのは、鍛えるつもりで足腰を痛めてしまったり、転んでけがすることだろう。
 しかし、水中ウォーキングなら、体重がかからないから、足腰を痛めることもないし、つまずいても大事にはならない。(ただし、プールサイドでは気を付けよう)

 水中ウォーキングなんて、どうせ大した運動じゃないんだろう、と思っている君。水中もも上げを、調子こいてやっていると、翌日大変なことになる。水中もも上げは非常に負荷の強い運動だ。

 さあ、外出自粛が終わり、プールも行っていい事になったら、早速水中ウォーキングを始めよう。

 これで君もバッチリ。





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : フィットネス・トレーニング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ランニング用マスクを考えた

 今までずっと、ランニングのときはマスクを着用していた。これはコロナ対策ではなく、ガングロ、シワ対策であった。ちょっと年のいった一般的日本女子なら、大抵は考える。
 ランニング用マスクをかけている女子も見たことはあるが、普通のマスクなら、高地トレーニングの代わりになると思っていた。

 しかし、このコロナ騒ぎで、苦しいからと言ってマスクを一時的にでも取るのは、はばかられるようになった。一応楽天でランニング用マスクって、買ったんだけど、高い。くうみんの買ったのは、2800円もした。確かにまったく苦しくないけど、2枚買うのは贅沢だ。あまり考えもせず買ってしまって、失敗だった。安いのなら千円ちょっとで買えるけど、もっといいものはないか? 

 ネット検索していたら、ヘアバンドをマスクにしているお姉さんのことが書いてあった。
「たぶん100均で買ったヘアバンドだと思う。大変セクシーだった」

 なに!100均のヘアバンドで、ランニング用マスク!
 ということで近所のダイソーに潜入し、ヘアバンドを購入しに行った。しかし、これじゃちょっときついんじゃないの?そう思ったくうみんは近くを見渡した。これと同じようなもの。風呂コーナーにボディタオルがあった。その中にビヨンビヨンに伸びる物があったので、これも購入した。

 この後、ワークマンにも立ち寄った。
 山中教授が愛用しているランニング用マスク「バフ」。ワークマンに、このガテン版があるそうだ。店員の女性に聞いてみた。
「バフってありますか?」
「???」
「あの~、山中教授が…」
「それなら、こちらにあります。もうこれしか残っていません」
 山中教授が、というだけで通じた。残っていたのは、トロピカル紋様と言うか、葉っぱ紋様と言うか、そんな紋様のクールネックゲーターであった。ガテン系男子には女っぽいと思われたか?

 家に帰って着けてみた。まずヘアバンド。これはきつすぎる!!これをしていたお姉さんはよほどの小顔だろう。次にボディータオルを顔に当ててみた。
 ちょっと大きいような気がしたが、縫い代を工夫すればどうにかなるだろう。

 結果オーライだったので、経過は詳しく書かないが、縫い代は何も工夫しなくて大丈夫。それを顔に着けてみて、ちょうどいい所に横に切れ目を入れる。伝染しやすいので、切れ目は周りをかがった方がいい。

 素材
 素材。向かって左はワークマンで購入したクールネックゲーター。右はボディータオル。耳穴をこんな感じで開けると、顔面にフィットする

これくらいならできる
 裁縫は苦手だが、これくらいならできる

こんな感じです
 装着時

いざ出陣
 似合うかしら?この格好で試運転

 女性というのは、日焼けを防ぐためなら、かなり恥知らずな格好ができるものだ。今まで、夏でも帽子、マスク、アームカバー、長スパッツを着用して走っていた。その姿を見た人が、
「暑苦しい!!」
 と非難していた。これ以上黒くなりたくないんじゃ、ほっといてくれ!と思っていたが、このコロナのおかげで、こんな暑苦しい格好で走っても誰も文句を言わぬ。

 走るときは10キロ走るのだが、これを着けていると6、7キロ走った所で、少し息苦しくなってきた。頑張って10キロ走った。

 次に、ボディータオルで作ったマスク。
 このまま走ると、まったく息苦しくない。これはいい!と思ったが、飛沫を防ぐという意味では、かなり効果が怪しい。

 そう思ったので、次のランニングのとき、小さなハンカチの半分くらいの生地(三角巾を切った)をたたんで当てた。しかし!これだけでも苦しい!何とかならないか?
 そう思ったくうみんは、布をクシュクシュにして鼻と口の所に当てることにした。
 おお!これはいい!布をクシュクシュにすることによって、空気の層ができて、息苦しくない。その上飛沫も防止できよう。
 もちろん、ワークマンも悪くないので、これからも使うつもり。

 ランニングをする皆さん、参考まで!


 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR