FC2ブログ

万座温泉日進館で当たったのは?

 朝から風呂に入り、ビールを飲む至福のひと時であるが、運動できないのはちょっと不自由。持ち込みのモバイルパソコンで、フィットネスミュージックでドタバタできたのは助かった。

 問題の当選品は、4名とも、旅館宿泊券だ。ただし、一人用。
 この旅館にはいろいろなランクの部屋がある。ゴージャスな部屋から、リーズナブルな湯治用の部屋まで。湯治用の部屋にも二つのランクがある。階段の上り下りが激しい健脚向けと、エレベーターで移動できる部屋の二つだ。

 健脚向けは大変リーズナブルで、階段の上り下りもリハビリと考えれば、ありがたいものかも。ここにトイレ付きの部屋があったら、くうみんもここにしたかもしれない。

 さて。話を元に戻す。
 この宿泊券では、どこの部屋に泊まれるのか?フロントのお兄さんに聞いてみた。

「お一人の場合は、別館でございます。お二人以上ですと、どこの部屋でも構いません」

 別館は今回くうみんが泊まった部屋で、トイレ付きで一番安い部屋だ。二人以上ならどこでもいいと言うのは、一人分は支払うことになるからだろう。

 ふ~ん、そうか。
 使えるのは平日に限る、除外日あり、有効期限は半年以内など、制限がある。くうみんはスキーもできないし、雪解けを待って行くことになるだろうな。

 2匹めのどぜうを得ようと、音楽会の後の抽選会には必ず参加したが、どぜうは現れなかった。ま、いっか。

 部屋から見える朝焼けがきれいだった。部屋を変えてもらって、良かった!

朝焼けの始まり
 朝焼けの始まり

これが盛りか?
 これが盛りか

だんだん色が薄くなって
 だんだん色が薄くなって

美しさとは儚いこと
 美しさとは儚いこと

 音楽会は洋楽だけでなく、こんな渋い演奏も。

渋い3人組
 津軽三味線と尺八

すみれちゃん
 尺八奏者のすみれちゃん
 
湯けむり館はこちら
 湯けむり館はこちら

健脚向けの部屋はこの階段を上る

 これが健脚向けの部屋から登る階段。一番下の部屋だと、3つほどこんな階段を上ることに。だけど、一番下ってことはまずないだろう。一番下の部屋の一部は、従業員宿舎になっていた。ここで働く皆さんは、みんな健脚になれる。くうみんも働くか?

洗濯もオーケー
 湯治場だけあって、コインランドリーも完備

 くうみんの泊まった別館の部屋付きトイレは、洗浄機能付きだったが、ゆけむり館の共同トイレは洗浄機能が付いていない。

湯けむり館からの眺め
 湯けむり館からの眺め。湯けむり館は位置的に下の方になるが、眺めは悪くない

 早くも明日は帰る日になった。
 このオバさんは、無事に帰ることができるのでしょうか?
 






面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 温泉宿
ジャンル : 旅行

究極のシーズンオフだった万座温泉 そしていい事も!

 朝は家にいるときよりもなぜか早く目が覚める。そして家にいるより早く、のこのこ起き出す。
 そう、お楽しみの朝風呂。本当は外の露天風呂に行きたかったけど、寒いので一番近くの満天の湯へ。

 20分ほどで風呂から上がり、部屋に帰ってビール。昨夜は2本しかビールを飲まなかったから、朝にも一本飲める…
 くうみんは冷蔵庫からビールを一本取り出して、飲んだ。

 しかし、毎日こんなことをしていたら、肝臓悪くなるな。ここは本来湯治場で、「ここの温泉で健康になったお客様の声」の中に、
「肝臓が良くなりました」
 という人もいたけど、こんなことでは逆効果。これから温泉で何泊もするのは、やめておいた方がいいな。

 その次は朝食。今日は団体さんもいなくて、空いている。

これは朝食
 朝からガッツリ

朝食でしょう

 向こう側にある紫色の物体は、黒米などの入ったもち米。時計回りに、コーンスープ、ほうとう、ご飯の友。何の整合性もない、食べたいものだけを取った結果のメニュー

 腹いっぱい食べた後は、フロントに行って、部屋を変えてもらった。
「本当はお受けできないのですが、今日は空いていますので。今後は、予約の時に眺望のいい部屋をリクエストしてください」

 おお、そうか、言ったもん勝ちね。

部屋はこんな感じ
 部屋はこんな感じ

晴れた日の万座
 眺めのいい部屋

 腹いっぱい食べた後は読書をしたり、持って来たモバイルパソコンで遊んだり、の~んびり過ごした。
 そして腹ごなしを思いつき、外を散歩することにした。

 温泉街なら、浴衣に下駄をひっかけて…という所だが、こちとら運動するつもりで来たので、いつものランニングシューズにジャージ、そして運動用のジャンパーを羽織った。

 12月初めの万座はあまり雪がないのでスキーはできないし、かといって外歩きができるようなものではないと、この時思い知らさせることとなった。

12月初めの万座
 三角屋根は極楽の湯。露天風呂で最高の眺め

替えてもらった
 湯元
 
 ここら辺をのんびり歩いて、道路をぐるっと一周して帰ろうと思ったが、雪は降っていないものの、道路が凍ってつるつるで、走るなんてとんでもない。歩くのもこわごわと。

牛池
 プリンスホテル近くの牛池。つるつるの道路を、車に気をつけながら必死に歩いて行く

 やっと宿に着いた時は、ほっとした。
 運動はこれから、持ち込みのパソコンでフィットネス用のDVDに合わせてことにドタドタ動き回ることにした。苦情が来たらその時はその時。
 
 風呂に何回も入り、夕食の時間が過ぎ、音楽タイムとなった。
 抽選目当てに音楽を聴き、当たるはずのない抽選会に臨んだ。当選者は4人。

「当選者は、いの一番さん!」 

 お~ダメだ。

「次!にの7番さん!」
「ぬの18番さん!」

 次々と番号がコールされ、最後の一枚を司会者が読み上げた。

「最後です!への9番さん!」

 へ?への9番?これじゃない?!間違いない、これだ!やった~~~~~!

 抽選券を持って、前に出た。司会者が間違いないのを確認した。
「どちらからいらっしゃいましたか?」
「神奈川です」
「お名前は?」
「くうみんです」
「くうみんさん、おめでとうございます!」

 マジ、こんなことってあるんだねえ。

 つるつるの道路に怖い思いをしたけれど、とりあえず今日はラッキーだったこのオバさん。

 明日はどんな一日になるのでしょう?


 



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

12月初めの万座温泉へ

 スポーツジムが、メンテナンスのため、一週間ほど休みになると言う。その代わりに同系列のジムを使えると言うが、自転車で通えるようなところはない。電車賃もかかることだし、どうしようか?
 いっそのこと、どこかの温泉にでも行こうかな?年末年始は家にいるんだし。
 そう考えて、いろいろ温泉地を物色したが、一人泊と言うのは、安いツアーでは敬遠されがち。伊東園ホテルなら、一人泊でも同じ価格で泊まれるが、ちょっと他にもないかしら?

 そう思って選んだのが、万座温泉日進館。
 古くから湯治場として栄えた温泉地は、一人泊でも受け付けてくれるようだ。万座もその一つ。

 しかし、一人泊だとやはり高くつくことは免れない。「湯けむり館」なら、一人でも安いが、部屋にトイレがない。やはりトイレでは一人のんびり過ごしたいもの。 
 トイレ付きで一番安い、別館を選んだ。ジムが休みなのは7日間なので、7泊…と行きたいところだが、4泊することにした。

 新宿のバス乗り場で、送迎バスに乗り込んでいざ出発。しかし、バスはがら空きだ。
 休憩を2カ所で取って、バスはだんだんと山の中へ。

 八つ場ダム
 かの有名な八つ場ダム。「無駄だ」とか言われたが、先の台風19号で役立ち、男ならぬ、ダムを上げた

 バス到着から、チェックインまで30分ほどあるので、用意された部屋で待つ。時間が来たので部屋に行くと、何だか眺めがあまり良くない。

眺めの良くないはじめの部屋
 こうしてみるとそんなに悪くないように見えるが、反対側の部屋はゲレンデが見えて、もっと眺めがいい

 あまりうるさいことを言うのは良くないか?
 悩みながら風呂へ。はじめはここのメインのお風呂、長寿の湯へ。写真はご遠慮くださいとのことで、写真は無し。

 ビールは12本ほど持ち込み、焼酎も1リットル箱入りを用意した。持ってくるのは大変だったが、帰りは軽くなるだろう。くうみんは缶ビールを2本ほど飲んだ。

 そしてお楽しみの食事。

楽しみな夕食
 ビュッフェを卑しく食べる。甘エビがこんな山奥で、新鮮でおいしかった

ガッツリ食べる

 食事が終わった8時から、ロビーで演奏会がある。
 すぐに部屋に戻っても仕方ないので、演奏を聞く。たまにはいいものだ…など思うが、一番の目当ては演奏が終わった後の抽選会だ。
 一泊2食付きの宿泊券が当たる。

トランペットとギターの競演

 向かって一番左側にいるのは、この旅館のご隠居、向かって一番右側はそのご子息であらせられる経営者。音楽ファミリーなのだすよ。
 真ん中の二人はプロで、ギターの人は二宮さんと言った。

 さて、お楽しみの抽選会。
 司会者が、抽選箱を持って不正があると思われないようにだろう、お客さんに引かせる。
「はい、今度はそこのお父さん!一枚選んでください!」
「はい、そこのお母さん!」

 そして番号を読み上げるのだが、まあ、お約束通り当りゃしないのだった。

 当選しないのだったら、長居は無用。他のお客もまるで蜘蛛の子を散らすようにそれぞれの部屋に帰って行った。

 さて、もう一回風呂に入って、寝るか。

 このおばさんは、これからどうやって温泉ライフを過ごすのでしょう?!
 
 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

一日目は宿に到着するだけ

 今回は、ちょっと旅の情報の側面を入れようと思う。だから、いい所はいいというし、悪い所は悪いと言う。決して誹謗中傷ではない。しかし、くうみん個人の意見なので、一応参考程度に見てくれればありがたい。

 ということで、さて。

 一日目は室堂にしようかと思ったが、室堂だと一人泊は、相部屋になるらしい。これからずっと相部屋になるのだから、一日目くらいは、一人部屋でゆっくり…
 と思って選んだのが大町温泉郷にある、このアル〇ンルートホテル。

 どこかの旅行サイトに、最高でした、ありがとう…という意見が。

 それを見て、ここがいいかと思ったのだが…
 まず、良かったと思ったのは、立地。確かにバス停から歩いて7分ほど。宿の人も親切だ。

 なんと読むでしょうか
 中国人観光客が多いのだろうか?看板が、中国語で書かれている。日本語では何と言うでしょう?

部屋の中
 いくつか空いている部屋を見せてもらって、ここにした。部屋を比べさせてくれたのは親切。ありがとう

ビールの値段
 アルコールの値段も手ごろ

チューハイなど

 まだ時間が早いので、そこら辺を散策することにした。

山椒の実
 山椒の実

マキの実
 マキの実。食べられる

ヒガンバナ
 10月にヒガンバナ

のどかな大町温泉郷
 川が流れるのどかな大町温泉郷
 
 散策から帰ると、ひと風呂浴びた。でも、この風呂なんか変。何でこんな構造になっているんだろう。この日は風呂場に誰かいると思って、カメラを持って行かなかった。
 朝風呂のときにその写真を撮ったので後で見てチョ。

 おかず少なめのビジネスプランと、会席プランがあったが、明日から山小屋のつましい食事だと思うと、奮発する気になって、高い方のプランにした。

夕食
 普通の旅館の食事で、まずくはないが、特に美味しいと言う訳でもない

後から来た天ぷら
 持って来てくれたお姉さんによると、「リンゴの天ぷらが入っています」と

汁物代わりのそば
 汁物代わりのそば

 一人泊で1万2千200円(税込み)。こんなものだろうか?これなら割り切ってビジネスプラン8千640円にすべきだったか?
 泊っているのはくうみんと、仕事で来ている4人組、同じく仕事で来ている素泊まりの一人客だけのようだ。

 翌日、風呂場の写真を撮った。

風呂が変だ

 何で風呂場がこんな風に分けられているんだろう?昨夜、両方入ってみたが、特に分けることの必然性を感じられない。それに、朝風呂はあまり歓迎していないのか、写真で見る通り、湯舟の半分にシートが掛けられている。ドアの向こうにある湯舟には、全面的にシートが張られている。

 何でこれが最高なんだ!
 評価のコメントは、芳しくないものに関しては店側が削除してしまうとか、知り合いに頼んでいい評価を書いてもらうとか言う噂を聞くが、ここもそうかも知れぬ。

 思うに、従業員はいい人だ。気持ちは優しい。しかし、それを行動に移すかと言えば、行動に移すまでの技はない。心はこもっていても、技がなければ居心地がいいとは言えんのだ。食事しかり、風呂しかり!もうちょっと頑張ってね。

 しかし、気楽にできるのはもうここまで。今日は室堂まで乗り物で行って、あとはいよいよ山歩きになるのだから。







面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

写真再掲 ツワモノどもが夢の後 そして栃木愛

 前の記事にアップしたばかりの写真だが、もう一度見て欲しい。

廃墟1

廃墟2

廃墟3


 伊東園グループやおおるりグループ、そして星野リゾートは、このようなイケなくなった旅館を、安く買いたたいて、営業しているのだそうだ。建物が安い分、個人営業の旅館、ホテルより安く提供できる。

 これを商業倫理として許せない!と言った寿司屋の店主がいた。
「個人では、こんな芸当ができる訳がないじゃないですか?ルール違反だよ」

 このときは寿司屋のオヤジの機嫌を損ねたら大変と思って、「そうですねえ」と言っておいたが、こんな廃墟を見ると、取り壊しもろくすっぽ出来ないのなら、安くても買い取ってもらった方が、当人も近所もいいのではないか?と思うのですよ。

 取り壊しには多分一千万円単位でお金がかかるだろうし、それを支払える人ってそういないんじゃないかしら。だからこんな廃虚群ができてしまった。それに、危険だ。

 おじさんと一緒に泊った旅館のうちの一軒も、廃虚になってしまった。あそこの露天風呂は山がすぐそこに迫っていて、また行きたいと思っていたのに、寂しいな。

 もう鬼怒川は卒業か?いや?

 今の住まいからは、遠くなってしまったけれど、やっぱりまた行きたい。東武鉄道の車掌さんの、栃木弁アナウンスをまた聞きたい。
 くうみん母は、栃木県出身だが、妹が生まれるとき、くうみんは栃木の田舎に預けられた。その時、栃木弁が移って、幼稚園で、「訛りがある」と指摘されたことがあった。
 今では残念なことに、栃木弁を話すことはできない。あの、ネイティブでないと、絶対にまねのできないイントネーション。子供の時は出来ていたはずなのに…

 今になって栃木愛に目覚めてしまったのだよ。
 

 





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



テーマ : 旅先での風景
ジャンル : 旅行

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR