FC2ブログ

一日目は宿に到着するだけ

 今回は、ちょっと旅の情報の側面を入れようと思う。だから、いい所はいいというし、悪い所は悪いと言う。決して誹謗中傷ではない。しかし、くうみん個人の意見なので、一応参考程度に見てくれればありがたい。

 ということで、さて。

 一日目は室堂にしようかと思ったが、室堂だと一人泊は、相部屋になるらしい。これからずっと相部屋になるのだから、一日目くらいは、一人部屋でゆっくり…
 と思って選んだのが大町温泉郷にある、このアル〇ンルートホテル。

 どこかの旅行サイトに、最高でした、ありがとう…という意見が。

 それを見て、ここがいいかと思ったのだが…
 まず、良かったと思ったのは、立地。確かにバス停から歩いて7分ほど。宿の人も親切だ。

 なんと読むでしょうか
 中国人観光客が多いのだろうか?看板が、中国語で書かれている。日本語では何と言うでしょう?

部屋の中
 いくつか空いている部屋を見せてもらって、ここにした。部屋を比べさせてくれたのは親切。ありがとう

ビールの値段
 アルコールの値段も手ごろ

チューハイなど

 まだ時間が早いので、そこら辺を散策することにした。

山椒の実
 山椒の実

マキの実
 マキの実。食べられる

ヒガンバナ
 10月にヒガンバナ

のどかな大町温泉郷
 川が流れるのどかな大町温泉郷
 
 散策から帰ると、ひと風呂浴びた。でも、この風呂なんか変。何でこんな構造になっているんだろう。この日は風呂場に誰かいると思って、カメラを持って行かなかった。
 朝風呂のときにその写真を撮ったので後で見てチョ。

 おかず少なめのビジネスプランと、会席プランがあったが、明日から山小屋のつましい食事だと思うと、奮発する気になって、高い方のプランにした。

夕食
 普通の旅館の食事で、まずくはないが、特に美味しいと言う訳でもない

後から来た天ぷら
 持って来てくれたお姉さんによると、「リンゴの天ぷらが入っています」と

汁物代わりのそば
 汁物代わりのそば

 一人泊で1万2千200円(税込み)。こんなものだろうか?これなら割り切ってビジネスプラン8千640円にすべきだったか?
 泊っているのはくうみんと、仕事で来ている4人組、同じく仕事で来ている素泊まりの一人客だけのようだ。

 翌日、風呂場の写真を撮った。

風呂が変だ

 何で風呂場がこんな風に分けられているんだろう?昨夜、両方入ってみたが、特に分けることの必然性を感じられない。それに、朝風呂はあまり歓迎していないのか、写真で見る通り、湯舟の半分にシートが掛けられている。ドアの向こうにある湯舟には、全面的にシートが張られている。

 何でこれが最高なんだ!
 評価のコメントは、芳しくないものに関しては店側が削除してしまうとか、知り合いに頼んでいい評価を書いてもらうとか言う噂を聞くが、ここもそうかも知れぬ。

 思うに、従業員はいい人だ。気持ちは優しい。しかし、それを行動に移すかと言えば、行動に移すまでの技はない。心はこもっていても、技がなければ居心地がいいとは言えんのだ。食事しかり、風呂しかり!もうちょっと頑張ってね。

 しかし、気楽にできるのはもうここまで。今日は室堂まで乗り物で行って、あとはいよいよ山歩きになるのだから。







面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

写真再掲 ツワモノどもが夢の後 そして栃木愛

 前の記事にアップしたばかりの写真だが、もう一度見て欲しい。

廃墟1

廃墟2

廃墟3


 伊東園グループやおおるりグループ、そして星野リゾートは、このようなイケなくなった旅館を、安く買いたたいて、営業しているのだそうだ。建物が安い分、個人営業の旅館、ホテルより安く提供できる。

 これを商業倫理として許せない!と言った寿司屋の店主がいた。
「個人では、こんな芸当ができる訳がないじゃないですか?ルール違反だよ」

 このときは寿司屋のオヤジの機嫌を損ねたら大変と思って、「そうですねえ」と言っておいたが、こんな廃墟を見ると、取り壊しもろくすっぽ出来ないのなら、安くても買い取ってもらった方が、当人も近所もいいのではないか?と思うのですよ。

 取り壊しには多分一千万円単位でお金がかかるだろうし、それを支払える人ってそういないんじゃないかしら。だからこんな廃虚群ができてしまった。それに、危険だ。

 おじさんと一緒に泊った旅館のうちの一軒も、廃虚になってしまった。あそこの露天風呂は山がすぐそこに迫っていて、また行きたいと思っていたのに、寂しいな。

 もう鬼怒川は卒業か?いや?

 今の住まいからは、遠くなってしまったけれど、やっぱりまた行きたい。東武鉄道の車掌さんの、栃木弁アナウンスをまた聞きたい。
 くうみん母は、栃木県出身だが、妹が生まれるとき、くうみんは栃木の田舎に預けられた。その時、栃木弁が移って、幼稚園で、「訛りがある」と指摘されたことがあった。
 今では残念なことに、栃木弁を話すことはできない。あの、ネイティブでないと、絶対にまねのできないイントネーション。子供の時は出来ていたはずなのに…

 今になって栃木愛に目覚めてしまったのだよ。
 

 





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



テーマ : 旅先での風景
ジャンル : 旅行

二日目のくうみん

 温泉のお約束、朝風呂に入り、その後朝ビールを飲み、朝食へ。朝からガッツリ食べる。

朝食かな?
 手前中央は「もやしの煮びたし」ナムルのようなものだが、これがおいしかった

野菜炒め
 野菜炒めはライブキッチンで、出来立てをゲット

シジミ汁
 シジミ汁には長ネギ入り。シジミ汁と言えばシジミだけだと思っていたが、これもありか?

 しばらくのんびりした後、周りを散歩することにした。昼日中のあまり店もない道路っぱたは、さすがに浴衣で歩く気にはならず、普通に服着て歩いた。
 毎日雨ばかりだったのが、今日は晴れ間も出ている。日焼け止めを塗って帽子をかぶって歩いた。鬼怒川にはよく来たものだが、鬼怒川公園って行ったことがなかったので、行ってみた。

道しるべ
 鬼怒川公園はあちら
 
鬼怒川温泉公園
 鬼怒川公園入り口。大きな公園らしい
   
 鬼怒川公園に隣接している鬼怒川公園岩風呂
岩風呂

岩風呂能書き
 岩風呂の能書き、料金設定は安くて良心的

ド根性松
 ド根性松

キノコ
 キノコ。たぶんアミタケ

 公園内で、ウメやクルミを拾った。収穫があった所で帰ることにした。

 最近鬼怒川は、お客さんは戻ってきたというが、道路沿いにはイケなくなった旅館が、そのままに放置されている。

廃墟1

廃墟2

廃墟3

美人芸者
 にぎわっていた時はこんな美人の芸者さんがいたのか!!

 昔のホテル
 昔営業していたホテル。このホテルはきちんと取り壊したらしい
 
この橋があれか
 この橋はホテルの一部だったそうだ。

 鬼怒川にはおじさんと結婚してすぐのときに来たが、ずっとあの橋は何だろう?と思っていた。水木しげるワールドへの入り口?遊園地でもあったのかしら?など思っていたが、そうか、取り壊したホテルの一部だったのか…

 そんなことを考えていたら、いきなり大雨が!!

 「どひゃ~~~!」

 走って旅館を目指すくうみん。もともと汗で水をかぶったような状態だったが、大雨でしずくが落ちるほど濡れてしまった。
 来ていた服はタオルで水気を切って干した。

 旅館には浴衣がある。いいねぇ、便利だ。これが本当のホテルだったら、なすすべもない。
 部屋で本を読んだり、Wi-Fiのあるロビーに行ってパソコンで遊んだり、久しぶりに何もしない時間を味わった。家にいると、食事の面倒を見てくれる人も、掃除をしてくれる人もいないけど、旅館に来たらそれは誰かかやってくれる。

 それだけでもありがたい。

 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

激安の宿伊東園グループ ホテルニューさくら 安いんだから文句は言えない

 東武鉄道は、ちょっと前まで快速電車が走っていて、それに乗って行けば、特急料金なしで日光や鬼怒川に行けたのだが、今は特急だけになったようだ。そんなに高くないから、いいと思っていたけど、去年まで住んでいた千葉からは鬼怒川は近いのだが、今住んでいる神奈川の奥地からは遠いのであった。

 しまった!こんなことなら、山梨や群馬方面にすればよかった!思い込みと言うのは、恐ろしいものだ。まあ、仕方ない。
 東京からの送迎バスもあるが、あっちこっち寄るからなのか、出発が異常に早くて、到着も異常に遅い。そんなことなら自腹で行ってのんびりしたい。

 という訳で、「リバティ」という特急に乗って鬼怒川に行った。
 鬼怒川からは歩いて5分ほどか?

 今宵の宿、ホテルニューさくらへ。

外観
 外観。写真だと良く見えるが…
 
玄関
 玄関はかなり来ている

トイレ
 バストイレはビジホ並み。トイレはシャワートイレなのがありがたい

 施設も部屋も、かなりくたびれているが、この安さでは文句は言えない。

部屋からの景色
 部屋からの眺めはいいでしょ?

 この眺めを撮るためにベランダに出たのだが、隣の部屋との仕切りがこんなに低いので、隣の部屋が丸見え。しかも人がいた!!ごめんなさ~い!

隣との仕切りが低すぎる
 これはちょっとまずいんじゃない?

 もう5時は過ぎている。くうみんはさっそく風呂に向かった。のんびり入れば6時半の夕食にちょうどいいだろう。風呂は一階にあって、露天風呂付きだ。
 結構広くて、空いている。安い宿にしてはいい風呂だ。

 風呂から上がって部屋に戻ると、ほどなくして食事の時間。さて、行こうか。
 テーブルは自由席なので、好きな場所を取ればいいのだが、いい席はすでにふさがっている。仕方なくエサ場から遠いテーブルで空いている所に着席。食事の前にビールを一杯。

 さて、のどが落ち着いたところで行くか!!
 くうみんは、餌を狙うトンビのごとく、エサ場に直行した。

 ステーキの皿を取ったが、焼いたものが大量に並んでいる。板さんは暇そうに腕を組んでいる。何だよ、焼き立てが食べたいのに、この態度…天ぷらコーナーも餃子コーナーも、大量に仕上げた天ぷらや餃子が並んで、板さんが暇そうにしていた。

 夕食0718-1
 第一弾!冷たいステーキと、生ぬるい刺身

夕食0718-2
 第二弾!冷えた天ぷらとちらし寿司

やっぱカレー
 カレー、これはおいしい

 これで終わりではない。デザートのシュークリームとアイスクリームを食べて終わりだ。以前なら、もうお腹がパッツンパッツンになるまで食べたものだが、今はそれほどでもない。


 「ステーキ寿司フェア」ということだったが、寿司はご飯の量が半端なくて、ネタもイカ、茹でエビ、エンガワ(多分カレイ)、お稲荷さんくらいしかない。これは業界向けの冷凍ものではないかと思う。二つほどつまんでやめた。

 そして期待のステーキだが、脂身が全くない。赤身にしては、肉も変に柔らかい。何だろ?と思ってライブキッチンを見ると、「接着肉」と書いてあった。接着肉とは、くず肉を食用の接着剤で固めたものだ。

 あまりいい材料は使っていないようだ。板さんたちもそれがわかっているから、やる気が出ないのかも。「〇〇フェア」と言っても、それに期待してはいけない。

 しかし!何度も言うようだが、安いんだから文句は言えない!!アルコールもビールだけではなく、日本酒や焼酎もある。日本酒は何種類かあって、人気の酒は、すぐになくなってしまう。追加が出たところで、すかさず人気の日本酒「杉並木」を入手した。

 う~ん、香りがよくて味もふくよか。

 酒コーナーで迷っている人を見かけた。
「これがおいしいですよ。だから、すぐなくなっちゃうんです」
「えっ、そうなの?!」

 酒飲みは助け合うものだ。

 あまり期待するなとは言っても、一定レベルの味ではある。

 それに、安いんだし!


 あ~、食った食った。そして飲んだ。

どうだ参ったか
 ツワモノどもが夢の後

 このホテルには2泊します。これからこのオバさんは、どんな温泉ライフを送るのでしょう?






面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

どこか遠くへ行きたい…と思いましたので!見つけた!激安の宿

 しばらく更新がない。くうみんさん、病気で臥せっているのかしら?そう言う方もいらっしゃったようですが、どっこい生きてる!
 非常に元気にしておりますのでご安心ください。更新がなかったのは副業の(正業がないが)ライティングの締め切りが迫っていたからです。ブログと仕事が重なれば、仕事が重たいくうみんの世界って、まあ当たり前ですよね!

 片付いたところで、ちょっと温泉に行っていたのですよ。
 一人の宿泊は、受けない所が多い。受けてくれたとしても素晴らしく高い!そう思っていたのだが、お一人様歓迎の激安宿、ありました!

 それは伊東園グループの宿。お茶で有名な伊藤園ではなく、ホテルグループ伊東園だ。ここは一人でも二人でも料金が同じというありがたい宿。その上部屋も、webで選べるので不公平がない。
 今回は鬼怒川にあるホテルニューさくらを選んだ。てか、ここしか空いていなかった。そして、「寿司、ステーキフェア」と言うのに大いに心動かされた。

 前の晩から持ち込みのビールを仕込み、東武の予約も済ませた。
 天気はこの長梅雨ゆえ、期待はできないが、何、温泉三昧ならそう不便なこともなかろう。

 贅沢して、2泊することにした。一泊8100円。それに入湯税150円を支払う。2泊しても何と1万6千300円という安さ!これなら多少のことがあっても文句は言えない。

 夕食時はアルコール飲料飲みホとのこと。すると、夕食で飲まないと損だ。あまり早く行くと飲みたくなってしまう。この計算が難しい…

 さて、こんな卑しいことで頭を悩ませている、このオバさんは、どんな宿レポを見せてくれるのでしょう?
 






面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR