星野リゾート 伊東 界へ そしてまたブラック内職…

 ふと気づくとくうみん母西太后陛下の88の誕生日が目前だった。こういった長寿の祝いと言うのは数えでするものらしいが、今となっては仕方ない。時間を戻す訳にも行かないし、88の祝いをやってやるか。

 ある日くうみんはくうみん母に電話をした。
「今度88の祝いをしようよ。いい旅館に泊まっておいしいものでも食べよう」
「うんまぁ、うれしいわ!!」

 今まで還暦も古希の祝いもしていなかったので、ここはひとつ奮発することにした。超豪華で有名な、星野リゾ-トに泊まることにした。交通費もバカにならないのでなるべく近い所にしたが、それでもかなりなお値段だ。しかし、お値段だけのことはあると見た。 

 当日、西太后陛下は子供のようにはしゃいでいた。そりゃそうだよな~、こんなことするのは初めてだし、妹弟は知らん顔だ。

 さすが超高級旅館だけあって、この寒いのに門の所で3人くらいの従業員がいつ来るともわからないお客のために待っていた。
「いらっしゃいませ」
 そのうちの一人の女性がくうみんの荷物を持ってくれた。この寒い所から中に入れるのでほっとした様子だった。
 
 案内されたのは予約と違ったベッド付きの部屋だった。
「予約と違うんですけど~」
 文句を言うと替えてくれた。でも、ベッドの部屋も悪くなかった。

部屋
 二間続きの部屋

部屋からの眺望
 部屋からの眺望

プールにカモが
 温水プールで戯れるカモ

 庭も見に行くことにした。そんなに広くはないが、季節の花が咲いていた。

 ヤシオツツジ
 ヤシオツツジ

アカシア
 アカシア

ふと見ると、奥まったところに夏ミカンの木があった。その木の近くに来ると、くうみん母西太后陛下が不穏な動きを見せた。
「ミカンは落ちていないかしら?」
 落ちているミカンを拾い上げると、それは鳥がきれいに食べた残骸だった。皮しか残っていない。下をよく探すといくつかミカンが落ちていた。
「自然に落ちたミカンが一番おいしいのよ、なにか入れものはない?」
「これに入れるよ」
 くうみんは持っていたバッグと、ポケットにみかんを入れた。バッグとポケットは不自然に膨らんだ。

 大浴場は露天風呂付きだが、街中だけあって眺望はよろしくない。さらに貸切風呂も40分無料と言うので風呂の梯子をした。う~ん、いいねえ。
 湯上り処には日本酒3種と、オレンジジュース、オレンジゼリーなどが用意されていた。くうみんは日本酒を卑しく飲んだ。くうみん母はオレンジゼリーをこれでもかと持っている袋の中に押し込んだ。

 卑しい親子だった。

 先日めろんさんと行った旅館も素晴らしかったが、こっちもいい。こちらは二部屋続きで、手ごろな広さともいえる。

 気になる食事はお食事処で。

 長寿の祝いだと女性に言うと、お祝いのお酒を一杯ふるまってくれた。もっと飲みたかった。

乾杯
 もっと飲みて~な。向かって左は30年後のくうみんの姿

お品書き
 お品書き

料理1
 八寸

揚げ物
 お椀

刺身
 刺身は醬油をつけないで食べる。味が付いているからと。でも、醤油があった方がいいな

揚げ物です
 揚げ物

蓋物
 蓋物はタイの桜葉蒸し

牛肉
 くうみんが選んだ牛肉鉄板焼き。半分づつシェアして食べた

キンメ煮付け
 くうみん母の選んだキンメの煮つけ。薄味でおいしい

たけのこご飯
 たけのこご飯

 女子はデザートが好きだ。これは3種から選ぶ。くしくも二人とも同じものを選んだのだが、くうみん母の方は敬老仕様の飾りつけ。

敬老仕様のデザート
 敬老仕様

デザート普通盛り
 スタンダード仕様

  くうみん母は、なんもかんも嬉しいらしく、テーブルに敷かれていた紙やら、敬老仕様の飾りやらを持って帰った。歳を取ると子供に帰るって本当だ。

つるかめセット
 つるかめセットお持ち帰り

 翌日は温泉地恒例の朝風呂に入り、一杯やって朝食会場へ。

朝食お品書き
 朝食お品書き

オレンジとヤマモモのミックスジュース
 オレンジとヤマモモのミックスジュース

朝食全景
 朝食全景

草餅
 デザートの草餅

 お値段がお高くて痛い出費だったけど、こんなに喜んでくれたんだから良しとしよう。しかし、どっちが長生きするかな?このばあさん、10年後も生きているかも知れん。

 くうみん母はワンマンだ。だから西太后陛下と呼んでいるのである。でもな、子供は親を選んで生まれて来たんですと。こういう親の元に生まれた方が修行になると…

 だから文句を言ってはいけないと、霊能師と言われる人たちは口をそろえて言っている。もちろん、ドジ霊能師照玉師も…



 この費用の足しにするため、くうみんはまたブラック内職に手を染めたのだった…



 

面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 国内ホテル情報
ジャンル : 旅行

オバタヌキ下呂温泉へ

 二匹のタヌキは、名古屋を離れ一路下呂温泉へ。ここは地元の強み、めろんさんがおぜん立てしてくれた。去年は雪降る高野山で精進料理をいただき、朝のお勤めなんかも体験したが、今回は温泉旅行だ。

 特急電車で一時間半ほどすると、下呂の駅に着く。しかし、なぜ下呂なんだろう。ちょっと誤解を招くネーミングだ。しかし、伝統的にそう呼ばれているのだから仕方ない。

 今宵の宿下呂観光ホテルは高台にあるちょっといい旅館らしい。早過ぎて送迎バスがないのでタクシーで旅館に向かった。旅館の方もまだ部屋の用意が整っていなかったのでしばらく待つことに。

送迎車
 送迎車

「お待たせいたしました。ご案内します」
 旅館の係の人の案内で部屋に向かう。この係の人は去年めろんさんが泊まったときもお世話をしてくれたそうで、お互い懐かしんでいた。

 通された部屋は特別室だ。うちより広い。
部屋からの眺め
 部屋からの眺め

居間
 居間です。ふつうこれだけですよね、旅館の部屋は

トイレ
 なんとトイレが二つも!

廊下
 廊下がこんなに広く長い!

談話室
 談話室まで!

部屋の風呂
 部屋の風呂。大浴場より眺めがいい

寝室
 寝室にオバタヌキが

 くうみんはさっそく浴衣に着替えて、大浴場に向かった。めろんさんは、部屋についている露天風呂をもっぱら利用していた。

 風呂に入ったらさっそくビールビール。

 つらく長いマラソンは終わった。しばらく運動も控えよう。そう思うと何となくホッとする。

 食事の前にも風呂に入ってまた一杯。ああ、いいな~、極楽だな~。

カツオのたたき
 上品なカツオのたたき

しゃぶしゃぶの具
 飛騨牛のしゃぶしゃぶ。肉もおいしいけど、キノコ類がおいしい

百合根白玉
 ユリ根白玉

蓮根アーモンド揚げ
 レンコンアーモンド揚げ

「うっめ~」
「おらこんなウメエもの食ったことがないだ」
 オバタヌキ達はおいしい食事を堪能した。

 部屋に帰ったくうみんはまだ7時だというのにそのまま寝てしまった。すまん、めろん君。マラソンの疲れと酔いですぐ眠くなってしまったのだよ。
 
 もう苦しまなくていいって、最高だ。これからはのんびりしよう…って、働いてもいないのに偉そうなことを。

 あ…

 そうそう、ブラック内職もしばらくしないことにしよう。もしお願いされたらすることにして、自分から仕事を取るようなことはしないでおこう。

 そんなことを思いながらくうみんは眠りについた。しかし、その後もそう楽ができないとは、この時は思ってもいなかったのだった。




おまけ

朝風呂 若葉
 朝風呂のみ使用できる屋外露天風呂若葉。誰もいなかったので写真を撮ってしまった。

朝食
 朝食はブッフェではない。さすが高級旅館だ

出汁巻き
 出汁巻き卵

昼のオムライスセット
 これは名古屋駅で食べた昼食。オムライスセット。量が多いかと思ったが、店の人は「お勧めです」というので頼んだ

カニクリームコロッケセット
 めろんさんが頼んだカニクリームコロッケランチ。カニの香りが素晴らしかったそうだ

 めろんさんは、名古屋の人のくせに赤出汁は苦手だそうだ。人生いろいろ。好みもいろいろ。







 面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村


テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

新玉川温泉の日々は過ぎて そして今年の目標は

 1月3日朝、温泉に浸かり、また駅伝を見て過ごした。今日は朝8時半ごろ掃除のおばちゃんが来た。またもやノックはするものの、返事を待たずに入って来た。 
 独り暮らしも長くなって、最近トイレに入ってもドアを開けっぱなしでいることもある。こんな時に来られたらたまったもんじゃない。世界中の人は全裸よりトイレ中の格好の方がましだと思うようだが、日本人の場合は全裸より恥ずかしいのはおトイレ中の姿だと思う。
 だってマヌケなんだもの。そんなくうみんの姿を見たら、おばちゃんはどんな反応を示すだろうか。
 中国へ行ったとき、空港のトイレでドアがあるにもかかわらず開けっ放しで用を足す人の姿に、そっと目をそらしたことがある。
  
 さて、駅伝は興奮しながら見た。ひいきの大学の今年の順位はかなり満足できるものであった。一番じゃないと満足できないチームもあれば、そこそこの順位であれば、と言うチーム、シード権獲得が目標のチームなど、いろいろある。

 今年も繰り上げスタートに泣く選手やチームがあった。そうなんだよね、1秒でも遅れたらもう繰り上げ。くうみんの去年のフルマラソンのタイムは4時間00分03秒だった。これが3時間59分59秒なら、目標達成で、4時間00分00秒ではダメと言うのは駅伝の繰り上げスタートと同じことだ。

 よく、脱水症状を起こしてヨレヨレになってゴールする選手を称賛する声を聞くことがあるが、あれは選手としては超恥ずかしいことだ。だって、給水のミス以外の何物でもないんだもの。

 くうみんは10キロやハーフでは年代別で入賞できれば、フルならサブフォーであればというレベルだ。

 人それぞれ、チームそれぞれ目標に向かって突き進む。

 くうみんはもう、「そろそろ楽しむ走りにしなさいよ」などと言われることが多くなった。それを決めるのはくうみん自身。まだまだ若い者には負けられない。

 マラソン、いつまで頑張るの?スポーツだから、いつかは能力の限界を感じるようになるだろう。本当はもう、とっくに限界を感じている。
 ハーフマラソンは、自己ベスト1時間36分だが、今では1時間50分以上かかるだろう。10キロだって、若い頃は走ったことはないけど、ハーフマラソンの10キロ通過タイムは45分だったから、自己ベストはそれより速いだろう。だけど今では50分以上かかっている。

 自分としては今年のフルマラソンはサブフォー復帰を目標にしている

 還暦までは頑張る。



日も出た元旦
 元旦は一瞬いい天気

雪の元旦
 すぐに雪が降って来た

窓の外
 3日にはこんなに雪が降り積もった

 さて4日。チェックアウトの日。

 トトロの雪だるま
 玄関先の雪のトトロに別れを告げる

雪の中走るバス
 雪国の人は雪だから運休なんて言っていられない。


 帰りの新幹線では、名物の鶏飯弁当を。もち米で炊いてあって、味はまずくはないけど、と言った感じ。たまにはいいか。

鶏飯弁当外側
 鶏飯弁当外観

鶏飯弁当
 鶏飯弁当中身



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

新玉川温泉の湯は強酸性だぞ~ そしてやっぱり一位じゃないといけないかるた大会

 くうみんは今回ずいぶんと温泉に入った。何しろがんに効くという噂の温泉だし、レトロな雰囲気が気に入った。
 普通に湯船の風呂もあるが、蒸気風呂や、箱の中に入って体を蒸す箱湯もあった。その他に外の岩盤浴と同じ効果があると言われている室内の温熱浴がある。

 温熱浴には裸や、ホテルの浴衣を着て入るのはNGなので、ホテルで専用の服を借りるか(400円)自分で持って行かねばならない。くうみんはおじさんの着ていたスェット上下を着て、大判タオルを持って入った。場所によってひたすら温かい所と、頭の方が冷えるところがある。好みによって選ぶ。

 大判タオルだったが、ちょっと物足りなかった。タオルケットくらいは持って行くべきだった。しかし、着いた日から帰る日までしっかり一日1、2回30分から40分くらいここで寝そべった。
 じんわり暖かくて汗はうっすらかく程度。ひまつぶしに本を持ち込む人もいたが、何もせずとも30分やそこら、すぐに経ってしまう。

 その後、湯船のある風呂場で湯に浸かる。はじめに体を洗った方がお湯の成分が体に沁み通りやすいと言うので、掛け湯だけでなくよく石鹸で洗った。
 湯船は原泉100%のと、50%のと、子供や皮膚の弱い人用の弱酸性湯がある。

 はじめに50%の湯に入る。体に触れると、つるつるする。これが酸性湯の効果か。他に蒸気浴や箱湯も試したが、湯から上がって少しすると皮膚がピリピリする。すぐにシャワーを浴びた。
 飲泉用の湯もあったので試してみた。プラスチックのコップの底にほんのわずか入れて、コップいっぱいの水で薄めるようにと、説明書きにある。その通りにしたが、それでもものすご~く酸っぱい。飲泉用の湯はこれでも50%に薄めてあって、それをさらにコップ一杯の水で薄めてこの味なら、100%ってどんなもんだろう?

 興味を持ったくうみんは源泉100%の湯に入った。少し湯を舐めてみたが、50%のとそう大して違うようにも思えなかった。少し浸かって湯から出た。

 すると…

 体中がピリピリする!特に…おシモが!!

「ひえ~~~」
 くうみんはたまらずシャワーをザーザー浴び、おシモを重点的に洗った。

 温泉成分表によると、この温泉のペーハー値は1.13ということだった。それがどれくらいすごい値かというと、ペーハー0は鉛蓄電池内の溶液で、衣服にかかるとそこが溶け、皮膚にかかるとやけどをするくらいの強酸性。ペーハー1は5%塩酸、ペーハー2がレモン果汁。ということで、それがどんなに強烈な酸性か、推し測れると言うものだ。

 それにも懲りず、くうみんはこの後も、この100%温泉に入ることになる。マゾではないのだが、ここまで来たら刺激を求めなくちゃ損と思うのか、体中特におシモがピリピリするのを楽しむかのように毎回入った。

 そして不思議に思ったのだが、これほど刺激的な湯なのに、なぜか湯疲れしなかった。普通の温泉だと、湯疲れするので日に何回も入れないが、ここでは毎日3、4回湯に入っても大丈夫だった。どうしてだろう?

 1月1日と2日には、かるた大会があった。張り切って出たのだが、どうも2番手くらいになってしまい、賞品はゲットできなかった。

 賞品はかるた大会では一番の人しかもらえない。そう、一番じゃないといけないんですぅ~!

 そして、気になる賞品は…ホテル宿泊券!

 逃しても、ま、いっか。




 湯治に訪れる人が多いと、こんな注意書きも必要になってくるようだ。

注意書き


発泡酒も
 アルコール類の値段は良心的だ


ビールのお値段


 情報によると、ここ「新玉川温泉」よりも「玉川温泉」の自販機の方がビールが安いそうだ。なので、
「玉川温泉へは行けますか?」
 と宿の人に聞いてみたら、
「今は閉鎖になっています」
 と言われた。なので、意地でビールを買い足さなかった。


 


面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村


テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

年末年始は新玉川温泉へ

 普段近場か飛行機利用の旅行なのでかなりのんびりした時間に出るのだが、今回は秋田県とかなり遠く、交通の便もあまりよくないので、朝も比較的早かった。

 目的地は新玉川温泉。癌に効くという噂の温泉だ。

 9時8分の秋田新幹線こまち9号は全席指定で東京駅からほぼ満杯だった。空いている席があったとしても、そこには次の駅に着くとすぐに人が座った。
 なぜかドアのそばの空間に立っている人がいるが、あれは自由席券で乗った人たちだろうか。そんなことができるとは知らなかった。知っていても目的地の田沢湖駅まで3時間もずっと立っているのは嫌だ。

楽しみな駅弁
 へっへ~、いただきます!

 指定席に座ったくうみんは発車とともにお弁当を広げ、ビールを飲むのだった。どんな宿だろうな。きっと雪が降って寒いだろうな。そんなことを考えつつ、お弁当を食べ終わると、持ってきた本を読んだ。そのうちに酔いが回って眠り込んだ。
 電車やバスに乗っているとなんでこんなによく眠れるんだろう。どこかに行くのに、車で行くっていつ以来していないだろうか。おじさんは免許がないし、くうみんはペーパードライバーだ。

浅間山
 富士山だと思って撮ったけど、位置的にこれは浅間山。本当によく似ている
 
 若い頃は愛する人が運転する隣の助手席に憧れたものだが、もうそんな所に乗せてくれる人はいないし、酔ってしまいそうで怖い。こうして新幹線にでも乗って移動するのが一番楽だ。
 時々目覚めて窓の外を見ると、晴れていたのがだんだん曇りがちになってうっすら雪が積もって、雪の量が増えていくのがわかる。北国に行くんだなあ。

 田沢湖駅に着くとその次はバスに乗る。1時間10分ほどもかかる。バスの切符を購入。30分ほど待つとバスが来た。12時30分くらいだったか、なんとこのバスが最終だ。

 宿に着くと、すぐに部屋に入ることができた。荷物を片付け、宿の人に渡された「年末年始のプログラム」に目を通した。すると、今日はじゃんけん大会があって、上位入賞者には商品が出るという。行かねば。風呂は後だ。
清潔な室内
 いい部屋じゃないの!ちなみに部屋にお風呂はついていません。

 じゃんけん大会にはかなりの人が集まっている。宿の男性の司会で従業員の女性と、全員がじゃんけん。
「はい、最初はグー!!ジャンケンポイ!」

 結果から言うと、くうみんは賞品をせしめた。
 一回戦で負けたものの、しぶとく敗者復活戦で勝ち上がり、最後の5人に残った。

「特賞は宿泊券です!!」 
 宿泊券?どうせ平日の一泊ペアチケットでしょ?ここまでの交通費、かなり高いし、そんなの貰ったらかえってお金かかるから、他のでいいや。思惑通りペアチケットは逃したが、見事コーヒーセットをゲットした。

じゃんけんでせしめたコーヒーセット
 コーヒーセット、いただきだ!!

 ふっふ。これは年末だが、縁起がいい。明日はまた何かあるらしい。また参加して何かもらおう。
 
 この後くうみんはお楽しみの温泉に入り、持ち込んだビールを飲み、ついでに持ち込んだ焼酎のお湯割りまで飲んで、真っ赤な顔をしてビュッフェに臨んだのだった。
 えらい食べたのは先日写真でお見せした通りだ。

 期待の温泉のこと。温泉をよく「地獄」と言うが、この温泉が文字通り地獄のような、大変なものだったのは次に回すことにしよう。

 夕食を食べ終えて、部屋に戻ると、テレビをつけた。

 あいはぶぁぺ~ん、あいばぶぁあっぽ~、あっぽ~ぺ~ん

 紅白のピコ太郎を見ているうちに眠くなった。枕もとのおじさんの写真に向かっておやすみなさいとあいさつをした。

 3秒もたたないうちに意識がなくなった。
 
 

 
 



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村


テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
fc2アフィリエイト
アフィリエイトです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR