キューバ 一日目の夜は更けて

 係員からあっちへ行くように指示されたくうみんは、同じ団体のメンバーに
「呼び止められちゃったから、ちょっと行ってくる」
 と声をかけて、指示されたところに行った。

 そこには厳しい顔をしたお姉さんがいて、スーツケースを開けるように言う。開けると中を確認していたが、手に取ったのは添乗員から渡された「ガイディングレシーバー」だった。これはガイドの話がよく聞こえるようにするためのイヤホンが付いた装置だ。ツアー会社から貸し与えられたもので、手荷物ではなくスーツケースに入れるよう指示された。他のツアー客も持っている。

 お姉さんは、なんだ、これかよ、という顔をした。これで終わりかなと思ったら、さらに別の場所に連れていかれた。そこに2、3人のお兄さんとお姉さんがいた。
 お兄さんとお姉さんは、「チノ(中国人のこと)かな?」とつぶやいていた。パスポートを出すように言われたので出した。
「日本人か…」

 お兄さん 「英語は話せるか?」
 くうみん 「ちょっとだけ」
お兄さん 「一人で来たのか?」 
 くうみん「ツアーです」
 お兄さん「何日いるのか」
 くうみん「7日間です」
 お兄さん「これはいくらで買ったのか?」
 くうみん「それはわからない」

 それはツアー会社から借りたものだと説明したかったが、なんといっていいかわからす、「レンタル、レンタル」と繰り返した。向こうはなんだかわからないようだったが、こいつはただのおばさんだという結論に達したらしく、何か一筆書かされて放免された。

謎の文書
 あとでガイドさんに聞いたら、「預かり証」だったようだ。本当は機械を没収されて、帰るときに返してもらうための文書らしいが、没収はされなかった。一応無くさずに持っているようにとガイドさんが言った

 外ではみんなが待っていた。
「ガイディングレシーバーが引っかかったらしいんです」
 みんな持っていたのに、くうみんだけが引っかかったのはどうしてか?
 西太后陛下が来た。
「みんなにこんな迷惑をかけて…」
 あんたに言われたくない!!それにこれは不可抗力だ!

 キューバ入国の際、他の人と違うものがついていたらそれは何かあると考えるべきだ。他の人と違うものがついていたら、それを取ってしまえば…とも思うが、どうかしら?

 ホテルに着くと各自荷物を持って部屋に行ったが、ここでもくうみん母西太后陛下が、やってくれた。人の荷物を間違えて持って来てしまったのだ。幸か不幸かぼろいエレベーターで、なかなか動かなかったのでそこでもたもたしているうちに添乗員が
「荷物、間違っていませんか?」
 とこちらに近づいてきた。
「あら、ごめんなさい。親子で迷惑かけちゃったわね」

 あんたと一緒にしないでくれ!!

ホテルパノラマ
 ハバナのホテルパノラマ。部屋が広くてきれい。バスタブに栓もついていて湯に浸かれたのは良かった

 風呂に入って一息ついたのは現地時間の1時くらいだった。日本から持ち込んだパック入りの日本酒を陛下と二人で飲んでベッドにもぐりこんだが、陛下は荷物を何やらごそごそやって、なかなか寝ない。そのうちベッドわきに置いたグラスを割ってしまった。
「ガチャン!」
「何やってるのよ、もう!早く寝なさいよ!!」
「眠れないんだもの」
「眠るように努力するの!!」
「私だって同じように努力してます」

 ああ言えばこう言う。年寄りは言い訳するのに長けている。これからずっと同じ部屋だと思うと、先が思いやられる。

 この旅行はマジで親孝行のための旅行であった。
 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

初めてのキューバ 旅の情報と共に

 キューバ旅行を計画したのは2月ごろであったか。
「キューバに、もう一度行きたいのよね」
 くうみん母西太后陛下は20年ほど前にキューバを訪れたことがあった。たびたび言うので、老い先短い身であるし、生きて体の動けるうちにと、それじゃ行こうよ、とあいなった訳だ。

 キューバへは直行もできたらしいが、今は経由便が主流でくうみん達もカナダ経由だった。たとえトランジットでもカナダへ行くにはeTA(カナダ電子渡航許可システム)の取得が必要で、旅行会社に頼むと手数料が4千円ほどかかるというので、インターネットで自分で取った。必要事項を入力すると、数分も経たないうちに取得できた。

eTAの取り方

 海外旅行保険はキューバ入国の義務なので、加入しているという英文の証明が必要だ。海外旅行保険に加入すると、普通は日本語と英語の証明書が付いているので確認すること。
 クレジットカードの保険の場合は、カード会社に頼めば英文の証明書を送ってくれる。

 お金はキューバ国内でキューバペソに両替する。1キューバペソ=1USドル。アメリカとは仲が悪いのでUSドルから両替すると、他の通貨よりも手数料が高いので日本円から両替した方がいい。日本円からの両替はできないということもあるので、若干のユーロかカナダドルを持って行くといい。
 8日間のツアーで、食事付きだったので両替するのは飲み物代やお土産代、トイレ代くらい。一人1万円くらいか?両替しすぎないために千円札をたくさん持って行くとよい。

 ツアーの参加人数は15名で、メンバーはほとんど60代から70代の皆さんだった。くうみんが最年少でくうみん母が最年長であった。ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスと座席は人それぞれだった。プレミアムエコノミーを選んだ人が一番多かった。

 プレミアムエコノミーは、座席がエコノミーより広いのはもちろん、食事も少しいいらしい。JALはプレミアムエコノミーでもラウンジが使えるらしいが、エアカナダの場合空港のラウンジは使えない。
 羽田で落ち合ったくうみんと西太后陛下は、団体の中でゾロゾロと手続きを終えた。飛行機に乗る待ち時間にくうみんはビール、くうみん母西太后陛下はソフトクリームを食べた。このソフトクリームが大変お気に召したようで、後々、
「あのソフトクリームはおいしかったわねえ。どこで食べたんだっけ?」
 とおっしゃるのだった。
「あれは羽田よ!」
 日本の食べ物はおいしい。

 搭乗時刻になったので、飛行機に乗り込む。すぐにソフトドリンクのサービスが行われるが、できればビールが欲しかった。

 IMG_1391.jpg
 プレミアムエコノミーのワンランク上のディナー

 この次に夜食としてカップヌードルとサンドイッチが配られる。くうみん母、西太后陛下は来るもの来るもの片っ端から貰って、食べきれない。
「これ、食べれば?」
「要らねーよ!!食べられないものは貰わないの!」

 IMG_1392.jpg
 しかし、朝食はエコノミーと同じだ。これはくうみんのチョイスしたオムレツとウインナ

IMG_1393.jpg
 西太后陛下が頼んだおかゆ。後で聞くと、これが人気だったそうだ

 飛行機は夕方17時40分に出発し、カナダ経由でキューバへ。フライト時間15時間半、トロントでの待ち時間2時間、計17時間半後にキューバの空港に着いた。

「しっかりしてよ、変なことして係員にしょっ引かれないようにね!」
 くうみんは西太后陛下を入国審査に送り込んだ。
「ふう、あの婆さんさえうまくやれば、あとは私だから大丈夫…」

 税関申告書やツーリストカード、パスポートを手に持ち、滞りなく入国していく…はずだったが、くうみんのスーツケースに他の人には付いていないビラビラがあったのに、くうみんは気づいていなかった…

 税関申告書を係のお姉さんに渡そうとすると、いきなり呼び止められた。お姉さんはくうみんのスーツケースに貼ってあった黄色い短冊のようなものを見とがめたようだ。他の人にも黄色いテープのようなものはついているが、ビラビラした短冊状のものはくうみんのスーツケースだけだ。
 どうやら戻って審査を受けるように言っているようだ。

 さて、くうみんはこの後、どうなってしまうのでしょう?





 面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村

テーマ : 旅の情報・準備
ジャンル : 旅行

お久しぶりです。

 実はキューバに行っていました。なぜ、キューバなのか?それはくうみん母西太后陛下が
「キューバにもう一度行きたい」
 と言っていたので冥途の土産に行ってやろうという、純粋な親孝行の気持ちからだ。

 キューバは遠い。直行便もあるというが、ほとんどが経由便で飛んでいる時間だけでも16時間半、待ち時間を加えると20時間以上はかかる。
 88のババアにはエコノミーではつらかろう、さりとてビジネスは手が出ない…そんな人のためのプレミアムエコノミーで行くことにした。

 今回は大変な道中であった。さてどんなことが起こったのか?



頭に鷹を載せた親子頭にハトを載せたおじさん
 こんなことしていました




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

西太后陛下、勘弁して欲しい金使い

 八代を後にして、次の日は終日クルージング。疲れのたまった陛下は朝8時からマッサージの予約をした。今度は一人で行くと言うので部屋で見送った。ダメだったら戻ってくるだろう。

 その間くうみんは、部屋で図書館で借りた「ゴルゴサーティーン」を読んで待っていた。
 この漫画、昔からあるけど、「本当にこんなことあるのかね、うん、この魑魅魍魎の世界、あってもおかしくない」など、引き込まれてしまう。
 本当にゴルゴサーティーン様がいたら、イスラム国も、原爆実験をした某国も葬ってしまえるのに。やっぱりフィクションだよな。でも、面白い。面白いが、時々出てくるエッチ場面で見られるゴルゴサーティーン様の下着がブリーフなのがダサい。

 西太后陛下はなかなか帰って来なかった。また延長を頼んだのか? 
「まあ、自分の金ですることだし、老い先短いんだから金使うのが最大の社会貢献だよな~」
 そう思い直した。

 陛下は1時間以上たって、帰ってきた。すっきりした顔だった。
「あの人たちは歩合制らしいわ。部屋は二段ベッドですって」
 そうか、そうだよなあ。いいな~、こんなクルーズに仕事で来られるなんて…と思っていたが、世の中そんなに甘くない。

 朝が過ぎ、お昼が過ぎるとすべきことが待っていた。何をしなければならないかと言うと、船内でした買い物の精算だ。
 フロントに並んで係のお姉さんに船内カードを渡した。
 くうみんは大した買い物もしていないので登録したクレジットカードで難なく精算できた。問題は西太后陛下だ。陛下はクレジットカードをお持ちでないので、300ドルのデポジットはしているが、足りないだろう。いくら足りないのか?お姉さんは言った。
「250ドルほど足りません」

 250ドル?!300ドルのデポジットがあったのにそれからさらに250ドルも!!そんなにドル持って来ていないよ!!
「250ドルってどれくらいなの?一万円くらい?」
 陛下はのんびりと尋ねた。
「違う!!」

 日本円での精算は、まず両替をしてからなのだが、そのレートが大変悪く、1ドル120円くらいのレートだ。それでは損なので、くうみんのクレジットカードでとりあえず支払った。

 どうも日本円以外の金銭感覚が全くないらしく、いくら「今は、1ドル100円くらい」と言っても理解できない。ボケも来ているが、若い頃から算数、数学と言うものが全くできない。くうみんも数字は苦手だが、ここまでひどくない。
 
 横浜には17日、朝6時頃着いた。チェックアウトは8時だから8時までに部屋を空けなくてはならない。それを知らなかったので、下船時刻は9時半から10時を希望してしまった。下船時間をもっと早くすべきだった。
 
まだ暗い横浜港
 まだ暗い横浜港

 朝食が混むと嫌なので6時半ころっビュッフェに行ってダイヤモンドプリンセス最後の食事をモリモリ食べた。

 その後…無事下船終了。

 ババはそれなりに楽しかったらしいが、自分でももう最後と思っているらしく、また連れて行ってくれとは言わなかった。
「これからは近場の温泉かね」
 そう尋ねたが、もうそんな気力もないらしい。
「うちの近くで食事するのがいいわ」

 先月見た時はこんなに弱っていなかったのに…80後半を過ぎると月ごとに体力が落ちるらしい。

 体力の低下。それは私自身も感じるけどね。 

 

 


面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村


テーマ : クルーズ
ジャンル : 旅行

最後の寄港地は八代亜紀のふるさと八代

 八代には朝7ごろ到着した。ダイヤモンドプリンセスでは寄港地
の情報を前の晩、船内新聞に折り込んでくれる。しかし、八代の情報チラシがなかった。何でも今回初めて寄港するのでそう言ったものがない。その代わりに船を出たところに地元の人がパンフレットなどを用意してくれていると言う。
 なんでも鼓笛隊の演奏もあるそうだ。

 船を下りるとシャトルバスが待機していた。二つのルートがあって、一つは八代市内、もう一つは日奈久温泉行だ。八代市内行きはすごい行列で、ならぶのが面倒なので空き空きの日奈久温泉行きに乗ることにした。

 バスは何もない田舎道を30分ほど走った。とある海辺の町に着いた。ボランティアの人がにこやかに迎えてくれた。
「遊歩道みたいなものはあるんですか?」
「いや~、取り立ててそんなものは」
温泉街はあちら、と言う案内に従って歩いて行く。旅館らしい旅館も見当たらないが、観光案内によるとそこここに旅館があるはずになっている。民宿のような小さな旅館なんだろう。

 温泉街と言うには静かすぎる小道を2、3分歩くと、そこに「ばんぺい湯」と言う日帰り温泉施設があった。ここなら入湯料200円。近くの店でタオルも安く売っている。5本で200円。安いのは日奈久温泉のコマーシャルが入っているかららしい。船の中にも大浴場はあるが、料金が高い。日本人としてはここで大きな風呂に入りたいところだろう。結構な人が温泉場に入って行った。

 西太后陛下は温泉には入らないで、ここで休んでいると言う。くうみんは山の方に進み、急な階段を昇って行った。そこには温泉神社があった。お参りして、来た道を戻る。

ひなびた温泉地 日奈久
 ひなびた温泉地日奈久 こういうところにはのんびり長逗留したいものだ

 西太后陛下の待つ風呂屋に戻って陛下とともに風呂屋前の足湯に入った。外国人は温泉に入るのは敷居が高いようだ。しかし、くうみん達が足湯をしているのを見て、我も我もと足を入れに来た。
「こんなところに足入れていいのか?!」
「俺達、あの日本人がやっていたのを見たんだもの。日本人がやっているならいいはずだろう?」
 と言っているようだった。

はじめは一人で足湯に浸かっていたが…
 足湯でくつろぐ西太后陛下

足湯でくつろぐ外国人の皆さん
 足湯を楽しむ外国人の皆さん

記念撮影
 船の前で撮ってもらった写真
 
 西太后陛下はずいぶんと疲れた様子だが、足湯に入ってかなり疲労回復したようだ。しかし、ここでは特に見るべきものもないので早々にシャトルバスに乗って引き上げた。途中によるスーパーでビールを仕入れたのは言うまでもない。

しかし、八代の皆さんは、外国人ばかり歓迎していまいか?日本人をないがしろにしてはいまいか?
 再度、この地に来るのは外国人ではなく、日本人だと肝に銘じよ!…八代の人が読んでくれればの話で、ましてや役場でまじめに取り上げられるのは何十万分の一の確率だと思うが。

 帰りの場面で。くうみん達はゆめタウンの正しいシャトルバス用バスストップで待っていたが、外国人が多数待っていた、すぐそこの普通のバス停に、シャトルバスが行ってしまった。これ、気を使い過ぎ。あくまで正しいバス停はくうみん達の待っていたバス停。
 それに加えて、くうみん達の立場はどうなる。くうみんはいいが、足弱な西太后陛下はどうなる。

 船室に帰った陛下は大変お疲れのようだった。
「この間、プールのそばのシャワー室に入ったとき、エステルームのお姉さんが親切にしてくれたのよ」
「ふ~ん、じゃ、体をもみほぐすのに、その人を指名して、行ってくれないいじゃん」
 すぐにくうみんはエステルームに電話をかけ、その親切なお姉さんを指名、西太后陛下をエステルームにご案内した。

 陛下の予約したのは一番短い50分コース。
 「それじゃ、50分後に迎えに来るから」 

 部屋で本を読みながら時間をつぶしていると、突然電話がかかってきた。エステの人からだ。
「お母様は1時間半のコースに延長しましたので」 
「は、どうも」
 やっぱり…お姉さんの口車に乗ったな。でも、デポジットは300ドルあるから、大丈夫だろう。

 終わった時間を見計らって陛下を迎えに行った。陛下はご満悦だった。
「とっても気持ちが良くて疲れが取れたわ~」
「そう、良かったね」
「明日も予約したの」
「ふ~ん…」

 少し嫌な予感がしたのは言うまでもない。陛下は今まで300ドルをデポジットした船内カードで、景気よく洋服や宝石などの買い物をしたはずだ。
 でも、まあ、そう大したことはなかろう。

 しかし、くうみんはこの後、陛下の金使いの荒さに翻弄されることとなる…
 



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

テーマ : クルーズ
ジャンル : 旅行

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
FC2Blog Ranking 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
fc2アフィリエイト
アフィリエイトです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR