FC2ブログ

ラヨーンであった嫌なこと だまされないために

 更新が続いたと思ったら、また途絶えてしまった。くうみんさん、どうしたのかしら?食べ過ぎで腹下しでもしたのかしら?そう思って心配な方もおられたことでしょう。もう、今は台湾の花蓮にいる。明日は知本温泉に繰り出す。

 実はなあ、ラヨーンでだまされたんじゃ。

 ずいぶん変わってしまったラヨーンの街を、うろうろしていたのだが、あそこは川があって、目的の所まですぐそばだと言うのに橋がなくて行けない、そういう所に行ってしまったんじゃ。

 だいぶ疲れてしまった。このまま行っていいものか?でも、道がなさそうだよなあ。そう思いながら歩いていると、婆さん二人と40代前後と思われるサングラスをかけた男がたむろしていた。
 婆さん二人は身なりが貧しいのはいいとして、タバコなんか吸っている。発展途上国でタバコを吸う老婆…差別する訳ではないが、先進国でタバコを吸うのと、発展途上国でタバコを吸うのとはどうも意味が違うように感じる。

 男に道を聞いた。
「このホテルに行きたいんだけど、どう行ったらいいのか?」

 何やら、そこまでバイクで送って行く、80バーツでどうだ、と言う。80バーツならバイクタクシーの相場だ。しかし、こいつ金を払おうとすると、「あとで」と言う。

 くうみんの直感が、
「こいつは怪しい」と言っている。財布を出すと、のぞき込むようなそぶりを見せる。大金は持っていないけど、100バーツ札しか持っていない。それを確認したようだ。

 あやしい。おかしい。

 だけど、疲れていたんだろうなあ。結局そのバイクに乗って騙された訳よ。
 不潔な体から発する臭い。脂肪タポタポの醜い体。触りたくないけど、つかまらない訳に行かないし。ホテルの前に着いて、100バーツ出した。すると、
「おつりがない」
 と言う。嫌だ、返せ!!
 ニヤニヤしながら、奴は100バーツ持って、逃げ去って行った。

 くうみんがバカだった。

 直感があれだけ、警報鳴らしていたのに、それに従わなかった。何より100バーツ渡した後、あいつはいくらでも隙を見せた。100バーツ札奪い取って、ホテルに両替頼めばよかったんだ。
 20バーツは日本円で大体70円くらい。たかがそれくらいで、と言うだろうか?だまされると言うのは気分の悪いことなんだよ。

 海外でだまされたくない皆さん!!
 直感は大事です。直感が、危ない、あやしいと言ったら、いくら疲れていても、魅力的でも、車にも話にも乗らないように。




 朝食に出ていた菓子パン。カスタードクリームだと思ったら…

こんな所にバナナかよ
 なんとバナナだ。こんな所にバナナかよ

金さえあれば食える
 金さえあれば食べられる活きエビ。でも、日本と違うからな
 
鶏
 逞しい鶏。この太い足を見よ。この鶏がおいしいんだよ

ひもの
 タイにも干物がある

キクくらいの大きさの花
 なんて花だろうね。大輪の菊の花くらいの大きさで、蠟梅のような艶がある

マングローブ公園
 マングローブ公園。この近くで事件発生

 気分を取り直して今回見つけたおかず屋さんへ。さつま揚げと、「これ、おいしいわよ。辛くないし」とオバさんお勧めのスープを購入。
「本当は60バーツだけど、50バーツにおまけしてあげる」
 捨てる神あれば拾う神あり。
 コープンカー。

さつま揚げ
 
 おすすめのスープ
 卵豆腐と春雨入りの鳥つみれが入っているスープ。オバさんのおすすめだけあって、うまい

 嫌なことは早く忘れよう。教訓は教訓として生かそう。そう思ったくうみんだったが、一難去ってまた一難。

 さて、このオバさんはどうなってしまうのでしょう?






面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : タイ旅行
ジャンル : 旅行

ラヨーンへ くうみんの試練

 ビジネスクラスでいいのは、並ばなくていいことだ。「プレミアムレーン」と言うのがあって、体の不自由な人や老人、子連れの人の他にビジネスクラスの人間もここに並ぶことができる。長蛇の列をしり目にもうスイスイと…

 到着したのは現地時間の14時30分、空港からラヨーン行きのバスは14時40分。バス乗り場までシャトルバスで10分から15分ほどかかるそうなので、これは間に合わない。次のバスは16時なので、いつも通り東バスターミナルに向かうことにした。

 空港からの電車でphaya thai(ガイドブックではパヤタイと表記しているが放送ではピヤタイに聞こえる)まで行き、スクンビット線に乗り換えて、東バスターミナルのあるエカマイへ。
 15時頃着いたのに、次のバスは満席なので、15時40分まで待つように言われた。しかし、バスが出発したのは16時近くで、これなら空港で16時発のバスに乗った方がよかった。あくまで結果論なので、どちらがいいかは運次第と言ったところか。

 ラヨーンまでの道のりは3時間ほどだ。19時頃到着。もう当りは暗いが、真夜中と言う訳ではない。
 タクシーに乗ろうと、運転手らしき人にこのホテルまで行きたい、いくら?と聞くと、
「ローイハーシップバーツ」

 150バーツか?そんなもんかな~。など思っていると、
「高いだろう?このソンテウに乗って行きなさい」
 と、その運転手が言うではないか!!近くにいた男性が、くうみんの重いトランクをソンテウに載せてくれた。
「コープンカー(ありがとう)」
 もう嫌とは言えない雰囲気になってしまい、そのソンテウで行くことになった。しかし、ずいぶんと街の雰囲気が変わってしまい、どこで降りていいかわからない。

 くうみんの不安はマックスになった。隣にいた若い女性に尋ねると、降りるべき場所はもうすでに過ぎてしまったと言う。ソンテウの乗客すべてが「どうしたらいいか?」考えてくれたようで、女性が下りるときに、ドライバーに
「この人をホテルまで送って欲しい」
 と頼んでいるようだった。
「私、タクシーで行きます」
 そういうと、女性ドライバーは、有無を言わさぬように言い放った。
「タクシーなんてないわよ!!」
 これは下心あり…
 
「大丈夫、このドライバーに送って貰いなさい」
 乗客すべてがくうみんに向かってそう言った(ように感じた)。

くうみん一人を乗せた乗り合いバス
 くうみん一人を乗せたソンテウ。どひゃ~、どうなるんだろう?

 ええい、ままよ!ソンテウに乗っていると、あるところで男性が、走り寄ってきた。
「やっと来た!」
 と言っているように見えたが、ソンテウは男性を無視して走り去った。くうみんはその男性の方を振り返って見た。ぼう然とする男性。来るか来ないかわからないソンテウを待って、やっと来たと思ったら乗車拒否。
「申し訳ない」
 くうみんは心の中で男性にわびた。

 ソンテウは正規のルートではなく、ホテルに直行し、ホテルのロビーに横付けされた。
「ありがとう。いくらになりますか?」
「おほほ、そうねえ…120バーツ、でいい。かな?」
「わかりました、はい120バーツ」
 ソンテウの乗車料金は一人20バーツくらいだ。客の少ないこの時間、くうみん一人で120バーツ稼げるなら、利の薄い商売をするより割はいい。庶民の交通手段を私物化し、迷惑をかけたが助かったのは事実。
  
ホテルに横付けされたソンテウ
 ホテルのロビーに横付けされたソンテウ
 
 ホテル従業員も全く驚いていない所を見ると、ソンテウの私物化はそんなに珍しいことではないようだ。
 
 この後、案内された部屋は、隣の建物の屋根しか見えないひどい部屋だったので替えてもらった。リクエストしたのは、スタンダードじゃなくて、デラックスルームのはずなんだもの。確かに角部屋だったけど、あれじゃ眺望なんてない。

 どうも、同じランク内でも、いいとは言えない部屋に案内されることが多い。これは女一人と見て侮っているのか?それとも代理店をかませているので、手数料分ホテルが損しているからそうなるのか?いずれにしても、言った者勝ち。

 この後はしばらくのんびり暮らせるはず… 
 




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

羽を伸ばしにリゾートへ

 年末年始は家でゆっくりするつもりだったが、母がいるとそうは行かなかった。でも、向こうは楽しんだから、いいか?など思っている。

 その後に自分へのご褒美と言うのもなんだが、実は今、タイに来ているのだよ。
 今まで、家以外ではPCは使えないものと思っていたのだが、ブロ友めろんさんと一緒に旅行した時、偶然教えてもらったのだ。
「PCを旅先で使いたい?何もしなくても普通に使えるよ」
「えっ、でもなんか、器具が必要とか、契約を変えなければいけないとか、ないの?」
「ないよ」

 タイは、電圧が220ボルトだ。だから変圧器が必要なのではないかと、ずっと思っていたが、アダプターを見たら、240ボルトまで大丈夫と書いてあるではないか!!

 よし!PC持って行こう。今まで、国内では持って行ったことがあるが、今回は初の海外進出だ。

 タイのリゾート地、ラヨーンはおじさんと10年ほど前までは、毎年のように来ていた。最後に行ったのは、くうみんが抗がん剤治療をしている、その合間を縫って行ったと思う。

 丸禿げだったので帽子をかぶって行ったが、スーパーのトイレから出た時、なぜか後頭部に熱いものを感じたと思ったら、帽子をかぶっていなかった。
 このとき、本当に「熱い視線」ってあるんだと思ったのだった。

 ちょうどいい時間帯の飛行機は満席だったので、台北の空港近くのホテルで一夜を明かし、それからタイに向かうことにした。

 くうみんは飛行機はチャイナエアラインのビジネスクラスに決めている。ビジネスとは言いつつお手頃価格だからだ。それに最近は燃油サーチャージだ、空港ナントカ料だと航空券代だけでなく、いろいろ払うものがバカにならない。その料金はエコノミーでも同じだから、ビジネスの方がお得感がある。なんと言ってもラウンジでは飲みホだ。

 あまり飲まない人は飲みホは必要ないし、飛行機は移動の手段と割り切っている人もいることだろう。エコノミーとビジネス、どちらがいいかは考え方次第。

機内食ディナービーフを事前予約
 機内食の事前予約をした

 台湾の桃園空港近くのホテルは、MTR桃園駅から2つ先の大園駅下車。進行方向向かって左側に見える。暗くなってからの到着だったので、場所が分かるか不安だったが、ド派手なネオンで一発でわかった。歩いて5分ほど。
 
桃園シティスイーツ
 桃園空港近くのホテル。シティスイーツは、一泊日本円で6700円くらい。寝るだけなので値段重視。バスタブなし、シャワーのみだったがそれもやむを得ん

 朝から食べっぱなしだったので、そんなに腹は空いていないが、暗くなるとビールを飲みたくなる。どこかないかと店を探すと、ホテルのすぐ近くに小さな食堂があった。
 たぶんこのホテルの従業員や、近くで働く人、あるいはくうみんのような旅行者を相手にしているんだろう。ここでビールを4本、ご飯や麺よりつまみになるものをと、ゆで豚を購入。

 ゆで豚
 皮の所がゼラチン汁で柔らかく、かなりうまい。フォトで回転させても写真がどうしても縦になってしまう。どうして?

 ビールは残ったら持って行けばいいや、と思ったが、アルコール分4.5%のものだったので、今回は4本飲んでしまった。普段は6%のモノを3本。アルコール度数によって満足度が違うのね。

 翌日は10時15分の飛行機なので7時半くらいにホテルを出る。ホテルの人がタクシーを手配しましょうかと言ったが、そういう所はケチる。歩いて行くに決まってるじゃん、徒歩5分なんて。

 桃園のビジネスラウンジは第一ターミナルのは大変豪華だ。第二の方は大したことない。

桃園ビジネス 睡眠室
 仮眠室もあるけど、こんな所使う人いるの?ホテル代わりに使う訳にも行かないし
 
シックな室内
 派手好きの台湾人と思えないシックな室内

 この日、くうみんは午後3時半ごろバンコクに到着した。この時間なら、そんなに遅い時間ではなく今宵の宿のあるラヨーンに到着するはずである。

 しかし、くうみんを待っていたのはとんでもない試練だった。

 さて、このオバさんはどうなってしまうのでしょう?



面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村


テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

もう旅行も終わり これからずっと一人

 たらふく朝食を食べられるのも今日限りだ。明日は日本に帰る。朝も早い。
 帰る前に故宮博物院で買った清明上河図を並べてみた。

 おじさんはこの絵が好きだった。でも、土産物屋でお土産として売っていることは今までなかった。それが見つかったので買ってきた。

清明上河図
 買わないとおじさんが拗ねてしまいそうで

 チェックアウトを済ませてバスに乗って知本駅に向かった。今度乗るのは特急タロコ号。

タロコ号
 新幹線によく似たタロコ号。JR九州の特急「白いかもめ・ソニック」を基本になっていて、日立製作所が造っている

 台湾の人はキティーちゃんが好き。

タロコ号側面
 窓にも絵が描いてあるので、おかげでくうみんの座る席は眺めが悪かった

内部

 台北では暇なので、二二八和平紀念公園にある台湾国立博物館へ行った。

 しかし、何をテーマにしているかよくわからない。

博物館1
 この人がマリモを発見したとか

博物館2
 こんな魚の写真があったり

博物館3

博物館4
 森を再現しているのか?

博物館5

はくぶつかん6

博物館7

 なんだか台湾人のセンスはわからんぞ~。

 風呂入ってから食料の調達に。今日はおじさんとよく行った、精進料理のテイクアウトの店に。

台北の路地裏
 趣ある路地裏

 夕方行くと安くなるので、6時半過ぎに行った。1カップ20元。普段は量り売り。
 1カップ20元で、5個100元。しかし、6つでも100元だと言う。なので6つ買ってきた。食べきれるかしら?と思ったが、やはり野菜だけあって食いでがなく、全部食べてしまった。

今日の夕食
 
 翌日の朝は6時頃ホテルを出て今度は地下鉄で空港まで行くことにした。地球の歩き方によると、26分で空港に着くという。そんなに早いなら160元も払う価値があると言うものだ。

 しかし、今日は濃霧のせいか電車が途中で減速し、50分くらいかかった。バスなら105元、1時間弱。どちらを選ぶかは、難しいところだ。

 途中省略

 ✈に乗って~~~日本帰る~~~

 今回は初めての一人海外だったので、大変気疲れした。帰りはバスに乗ればいいのに、何を血迷ったか京成線に乗ってしまい、居眠りしてかなり乗り過ごしてしまった。
 台北は寒いと思ったが、日本はもっと寒かった。

 久々に行ったフィットネスクラブのオバ仲間は、
「一人で行くならツアーにすればいいのよ♡」
 というが、ツアーと自由旅行は全く別物だ。ツアーはツアーでいいのだけれど、自由旅行はこれからもして行きたい。

 この夜、くうみんは夕食を一人食べながら、テーブルの上のおじさんの写真に語りかけた。

「よ~ぉ、おじさん!こんなんでも一応男だから、ハリボテの役ぐらいには立ってたんだねぇ」
 
 女一人だとバカにされることもあるし、怖い目にあうかも知れない。そう思うと、危ないところには近寄らないように、安全のための費用はケチらないように、ケチるところはケチってメリハリのある金遣いをしようと思う。
 台北の新しいホテルは帰って値段を調べたら、華華大飯店よりずっと高かった。これからも華華かな?とも思うけど、ドミトリーにも挑戦してみようかとも思った。

 ドミはおじさんと二人のときは使ったことがない。だって二人だから。

 これからは、ドミトリーも使ってみよう。だって、ずっと一人なんだから…

 って、皆さん心配しなくて大丈夫です。



 さあ!夜遊びだ!!

東京タワー
 ライトアップされた東京タワー。スカイツリーですっかり2番目扱いだが、素晴らしくきれい!

 この日、学生時代の友人、ジミ~ズの一人が上京してきたので、メンバーが集まった。新しくメンバーになったN君は二つ下で、たしか「フリテン君」と呼ばれていた。「フリテン君」という漫画の主人公に似ているからだ。
 
ジミーズの皆さん
 ジミ~ズの皆さん。写真をクリックすると大きくなるのを知っているかな?

地味なオヤジ共
 茶色、グレーなど、地味な色が似あう地味なオヤジ達

 来た所はちょっと派手な六本木某所

派手だ
 派手な皆さん

 ちょっとピンボケだが、黒い衣装をまとったこの男、あつしは、「もとは女だった」などという大ウソをついていた。
「それじゃ、証拠を見せろ!」
 というと、にやにや笑ってごまかしていた。
 証拠を見せられないとは、やはり嘘に違いない!

あつし
 もとは女だったなどと、大ウソをつく「あつし」

 そのうちにくうみんが化けの皮をはがしてやる!!





面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

知本温泉の近くを見物

 このホテルでは朝食がついている。昨日見たところによると、食べ物屋さんはあまりなかった。シーフードを出す店があったが、すごく高そうだ。あの、ワンコのいる食堂くらいしかないので、夕食は栄養源として当てにできないので、朝食で栄養補給をする。さあ、目いっぱい食べよう。

 訳わからないだろうが、サラダ。ニンジン、スプラウト、上に載っているのはキクラゲで、青っぽいのは巻いたシラタキ。こうしてみると、何だか異様だ。

サラダのつもり
 怪しいものじゃありません

 ビュッフェにちょうどいい量のラーメン。これなら他にたくさん食べられる

ラーメン

 おでんもあった。具が日本と違うが、味は同じ…と思ったら、この黄色い練り物の中には甘いあんこが入っていた。おでんの写真、撮ったのになぜがなくなっている。どうして?

おでんの具
 おでんにはトウモロコシも

 お米は「池上米」を使っているとわざわざ書いてあったので、いいコメなんだろう。

 膨れた腹を抱えて、観光に行く。ホテルの近くに滝があるというので行ってみた。

 ちょっと道に迷ったけど、無事に着いた。センチュリーホテルから歩いて30分くらいか?

 白糸の滝
 白玉瀑布 
 
白玉瀑布 滝の近くには野の花がちらほら。

シュウメイギク
 これってシュウメイギクじゃないの?

ランタナ
 ランタナ!こんなところにいたのか!

 本当にこれ、野生なのかな?誰かが種をまいたとかじゃないか?

 1月だから春じゃないかと思うんだけど、ススキがあって木々の葉っぱも黄色くなっているのでなんだか秋みたい。

ススキ
 ススキと何となく黄葉している木々

 さあ、そろそろ次行ってみようか?

 今日のメインは森林遊楽区散策だ。地図で見ると、3キロも離れていないから、3、40分歩けば着くんじゃないかと歩いて行くことにした。

 遅くなったところでどうなる訳でなし。

 途中に見えたもの。
 日本では頭の悪い人のことを鳥頭と言うが…

鳥頭
 鴨頭。なんとなくマヌケさがにじみ出ている

 借金地獄への招待状。どこにでもあるんだなあ。

借金地獄
 電話ください。他で断られた方もオッケー

  ほどなく森林遊楽区に着いた。

森林区
 入場料は休日100元、平日は80元。今日は平日なので80元

 はじめはビジターセンターがあっておとなしめだったが、そのうちに本性を見せてきた。広くて迷子になりそう。

里芋のような植物
 里芋のような植物に花が咲いていた

山道
 どこまで続く山道ぞ

 いろいろなコースがあるので、あっちこっち歩いていると、長い階段を上る羽目になった。

長い、階段
 長すぎるぞ!

 こっいかな~、など思いつつ歩いていると、ハチの巣が…

ハチの巣
 これだとよくわからないけど、羽音がすごくて怖かった

 結構道に迷って、これでも公園かよ、という感じだ。バカにすると遭難するかも知れない。3時間くらい歩いたと思う。帰りも根性で歩いて帰った。

 台湾の人は他の人たちと風呂に入るときは水着を着用する。だから温泉地では水着を売っている。

最新デザインの水着
 素晴らしいデザインだ!

 プラプラしているうち、くうみんはトイレに行きたくなった。まだホテルは遠いし、どうしよう?そうだ、あそこに行けば何とかなるだろう!くうみんは次の観光スポットへと急いだ。

 そこは清覚寺という尼寺だ。知本ロイヤルホテルという高級ホテルの近くにある。急げ!!トイレはこちらという案内に従っていくと、ありました、目的のトイレ。

 ふ~、すっきり。でも、トイレだけ使って出て行くのもなんだかな。観光して行こう。

尼寺

台湾の信仰は道教が多いのだが、ここは仏教なのでお釈迦様を祀っている。
 中にはいると、女性が二人いた。」一人は40代と思われる人で、英語で対応してくれた。こちとら余り英語は得意ではない。でも、少しはわかる。
「あの住職は日本語がわかるんですよ」

 ああ、助かった。片隅に80前後と思われる尼僧がいた。
「よくいらっしゃいました」
 訛りのないきれいな日本語だ。
「初めまして。大変すばらしいお寺ですね」
 そういうと、くうみんは持って来たお菓子を出した。森永のチョコレート菓子、「あまおう」だ。

「食べようと思って持って来たんでしょ?あなたが食べなさい」
「いいえ、お世話になった人にあげようと思って持ってきました」

 そう、いつもお世話になる人が旅先にいる。その人に何とか御礼がしたい。そう思って持って来たのだ。
「それじゃ、まずお釈迦様にお供えしましょう」
 そう言われたので、かごに載せてお釈迦様にお供えした。

尼寺のご本尊

 しかし、トイレ代とは言えなかった。

時刻表
 これが時刻表。さすがかつての日本の植民地だけあって、かなりオンタイム。バスは日本ですらあまり時間はあてにならないのだが。

 この後、無事にホテルに着いた。
 部屋の風呂でしっかり体を洗ってから、露天風呂に入った。それから夕食。夕食は昨日の残りのチャーハンと、朝くすねてきたゆで卵。
 こんな高級ホテルに泊まっていても、本性は治らない。

 明日は台北に戻って、いよいよ旅は終わりになる。




面白いと思ったらクリックしてください。励みになります。Ctrlキーを押しながら、ポチポチと続けて押せば画面が飛びません。
   ↓    


FC2Blog Ranking



にほんブログ村



テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

検索フォーム
面白いと思ったら、クリックしてください。励みになります。
プロフィール

ひねくれくうみん

Author:ひねくれくうみん
 年齢一億歳。
 
 病んだ乳を抱えて今を生きる。また走り始めた。涙を流しながら。

メールフォーム
くうみんにメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事一覧表はこちら ↓

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
今訪問している方は?
最新記事
カテゴリ
お好きなテーマはどれ?
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR